ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

映画「スター・トレック」@109シネマズ木場

2009-05-29 22:53:39 | 映画感想
2009/5/29、109シネマズ木場

今月は試写会全滅なので、頭にきた!と言うわけでもないのですが、
珍しく金曜初日の初日に見てきました。



クリス・パイン、ザカリー・クイント、カール・アーバン、
ゾーイ・サルダナ、サイモン・ペグ、ジョン・チョウ。
そのほか、エリック・バナ、レオナルド・ニモイ、タイラー・ペリー、
ウィノナ・ライダーなどなど。

***

2233年、USSケルビン(NCC0514)は宇宙船救難に向かうが、
そこには、宇宙船ナラダ号の待ち伏せがあった。

ナラダ艦長のネロ(エリック・バナ)は、ケルビン号を攻撃して反撃不能にし、
艦長のロバウを交渉に呼びつける。

ロバウ艦長は後を副艦長のジョージ・カークに託し、交渉に向かうが、
それは罠で、ロバウ艦長はたちまち殺害され、ケルビン号は一斉攻撃を受ける。

カークは艦長として乗組員や妊娠中の妻らを退避させ、
自らも脱出しようとしたが、自動操縦が破壊され、
カークは敵艦と衝突の寸前まで、操縦桿を握り続ける。

このとき生まれた子供が、ジェームズ・タイベリアス・カークであった。

次いで、10年ほどのちのアイオワ州。
ジェームズ・T・カークは、ワルガキ(ジミー・ベネット)に成長。

一方、バルカン星では、成績優秀ながらも
母親が地球人アマンダ(ウィノナ・ライダー)であることをからかわれ、
感情を抑えされない少年スポック(ジェイコブ・コーガン)がいた。

さらに何年かのち、スポック(ザカリー・クイント)は、
優秀な成績で卒業、上級学校への進学を拒否して宇宙連邦艦隊へ入隊する。

同じ時期、ジェームズ・カーク(クリス・パイン)は、
酒場でウフーラ(ゾーイ・サルダナ)にちょっかいを出し、
連邦艦隊の乗組員といざこざを起こす。

そこで、父親のことを知るパイク艦長(ブルース・グリーンウッド)から、
艦隊への入隊を勧められる。

艦隊に入る時にカークは、文句たれのマッコイ(カール・アーバン)と出会う。

さらに3年後、
コバヤシマルのテスト(艦長シミュレーション・テスト)に落ち続けるカークは、
シミュレーションプログラムを操作してテストをクリアしたことで謹慎処分となる。
おりしも、バルカン星からの救難信号が連邦に届き、艦隊は総出動となるが、
カークは残される。

見かねたマッコイがカークを一時的に病気にし、
主治医としてエンタープライズ号に乗せる。

こうして、艦長パイク、副長スポック、主操縦士のスールー(ジョン・チョウ)、
操縦士のチェコフ(アントン・イェルチン)を始め、
物語の主要人物が、エンタープライズ号に集結する。

いよいよ全艦発進。
次々とワープに入る艦艇。

ところが、エンタープライズ号だけは、スールーのオペちょんでワープ起動に失敗。
ここは新人故のミス、軽く笑い的なエピソードも絡めて、と思いきや、
重要な布石であった。

症状から回復したカークは、前日のウフーラの会話を思い出し、
今回の救難信号はロミュラン人の罠だと感じ、艦長に進言に走る。

(通信士はウフーラが担当することとなりレギュラースタッフの布陣に一歩近づく)

ワープから抜けたエンタープライズ号を待ち受けていたのは、
先発の7艇の残骸。

スールーの失敗で出遅れたエンタープライズ号は
ナラダ号の待ち伏せ攻撃を受けたものの破壊は免れた。

圧倒的な攻撃力でエンタープライズ号に迫るナラダ号。

はたして、エンタープライズ号は、ロミュラン人の攻撃を交わし、
危機を脱することができるだろうか。

ロミュラン人の狙いは?

ネロ艦長が、最初にケルビン号のロバウ艦長に見せた写真は、
聞いた質問はどういう意味だったのか。

謎の解明とエンタープライズの活躍は劇場で。

***

オリジナルの最初のシリーズ、USSエンタープライズ号(NCC1701)の、
レギュラースタッフ誕生の物語。

艦長ジェームズ・カーク(ウィリアム・シャトナー=クリス・パイン)
バルカン人の副長スポック(レオナルド・ニモイ=ザカリー・クリント)
船医のマッコイ(デフォレスト・ケリー=カール・アーバン)
操縦士、スールー(ジョージ・タケイ=ジョン・チョウ)
通信士、ウフーラ(ニシェル・ニコラス=ゾーイ・サルダナ)
機関長、スコット(ジェームズ・ドゥーハン=サイモン・ペグ)

なお、スールーは日本のTVシリーズではミスター・カトーとなっていた。
また、私はよくゾーイ・サルダナとズーイ・デシャネルを言い間違える。

***

オリジナルに敬意を表し、それでいてオリジナリティを出そうとした作品。

特にラストの「宇宙、それは人類に残された最後のフロンティアである、、、」を
ニモイが語るところは痺れた。

ところで、レオナルド・ニモイが出てくるのは知らなかったので、正直驚いた。

もし、ウィリアム・シャトナーがドカドカと出てきたらどうしようかと思った。

ヤング・カークのジム・ベケットは「ホステージ」「ポセイドン」では逃げ回る。
「ファイヤーウォール」「エバン・オールマイティ」でも末っ子だった。
1996/2生まれ。

サイモン・ペグは日本でも有名だとは思うが、
ジョン・チョウは「ハロルドとクマール」シリーズのハロルド。
最後にカーク船長を表彰する大男、主演映画は日本未公開、タイラー・ペリー。
コメディ出演者が多いと思えるのは偶然か。

***

いろいろなお決まりごとについて物理的原理はどうなのかなどを言って始まらないが、
一言だけ。

あれだけ広い艦内移動のほとんどが徒歩なのはなぜなのか。
縦の移動はエレベーターがあるが、
横の移動はどんなに急いでも走るだけってのは少し情けない。

コメント (18)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
« 厚生省分割案、立ち消えへ | トップ | MLB、5/28 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (BROOK)
2009-05-30 12:32:25
タイトルくらいしか知らないのですが、
それでも十二分に楽しめました。
すっかりスクリーンの虜に。

ちょっとタイムパラドックス的なことがうやむやな感じもしますが、
面白かったと思います。
BROOKさんへ (KGR)
2009-05-30 18:33:23
もともと現在の科学では、実現できないことはもとより、
理解できないほど進んだ世界ですから、
うやむやな部分もいたしかたないでしょうね。

ウィノナ・ライダーはまんまだと思ってましたが、
老けメイクだったんですね
Unknown (erabu)
2009-05-31 00:01:04
KGRさん、コメントありがとうございました。

>オリジナルに敬意を表し、それでいてオリジナリティを出そうとした作品。
そうだと思います。
ギリギリでオリジナルの枠に留まったようです。
うまいまとめかたではないでしょうか。
想像以上の映像に圧倒されました。
erabuさんへ (KGR)
2009-05-31 14:37:43
こちらこそコメントありがとうございます。

エンディングからTVシリーズにつながるところは憎い演出です。

次回作もありそうです。
2011/夏公開予定。
お邪魔しま~す♪ (ひろちゃん)
2009-06-01 01:18:34
KGRさん、こんばんは☆彡
コメントありがとうございました^^

>ウィリアム・シャトナーがドカドカと出てきたらどうしようかと

ウケました(笑)レナードニモイはスマート
でしたが、シャトナーはどうしちゃったの?っていうくらい太ちゃいましたよね(^^ゞ
確かに彼が出てきたら、ドカドカです(笑)

>あれだけ広い艦内移動のほとんどが徒歩なのはなぜなのか。

ここも納得。ほんと、不思議ですよね(笑)
ひろちゃんさんへ (KGR)
2009-06-01 15:44:13
コメントありがとうございます。

ウィリアム・シャトナーは、
サンドラ・ブロックの「デンジャラス・ビューティ」で
あまりの変わりようにびっくりしました。

狭い現代の宇宙船ならいざ知らず、
横方向のエレベーターや、
一人乗り人間シューターのようなものが
あっても良いはずです。
こんにちは♪ (dai)
2009-06-02 07:29:16
コメント&訂正ありがとうございました☆

オリジナルはサラッとしか知らないのでスルーしようと思っていたのですが、これは観て正解でした☆改めてJ・J・エイブラムスの凄さを再確認させられました。

ひろちゃんさんも書かれていますが、
>あれだけ広い艦内移動のほとんどが徒歩なのはなぜなのか。

確かにもっと新たな設備などがあっても良いかもしれませんねwここら辺もオリジナルへの敬意なんですかねw
daiさんへ (KGR)
2009-06-02 09:51:42
こちらこそコメントありがとうございます。
>確かにもっと新たな設備などがあっても良いかもしれませんね
>ここら辺もオリジナルへの敬意なんですかね
水平移動メカが出てくるSFは、
私の知る限りWALL・Eぐらいですね。
(テレポートなどの超能力は除く)
エンタープライズ号のあちこちに
転送スポットがあってもよさそうですが、
エネルギーの問題なんでしょうか。
こんばんは~♪ (由香)
2009-06-02 19:05:05
お邪魔します♪
若くもないくせに何故かオリジナルは未見です。
>オリジナルに敬意を表し、それでいてオリジナリティを出そうとした作品
だったようですね~オリジナルをご存じの方にも未見の方にも高評価みたいですね♪
私はイマイチ乗り切れなかったのですが、観ている時は一応楽しんでいた気がします(笑)
由香さんへ (KGR)
2009-06-02 22:51:09
オリジナルは今見るとさすがにちゃっちいです。
メカもそうですが、ストーリーも陳腐。
でも当時としては画期的だったと思います。

タイムスリップを扱うと、どうしても矛盾が生じます。
そこに違和感があるのではないでしょうか。

スポックがスコットにワープ中の転送の公式を教えますが、
あれも典型的なタイムパラドックスの一つです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

32 トラックバック

映画『スター・トレック』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、J=J=エイブラムス。脚本、ロベルト=オーチー、アレックス=カーツマン。2
劇場鑑賞「スター・トレック」 (日々“是”精進!)
スター・トレック「スター・トレック」を鑑賞してきましたTVシリーズ「LOST」、「クローバーフィールド/HAKAISHA」のヒット・クリエイター、J・J・エイブラムス監督が放つスペース・アドベンチャー。1966年に創作されたTVシリーズ「スター・トレック/宇宙...
スター・トレック (Akira's VOICE)
チョーおもしれ~!!  
映画 【スター・トレック】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「スター・トレック」 1960年代から続くシリーズをJ.J.エイブラムス監督が再構築。 おはなし:伝説の艦長を父親に持つカーク(クリス・パイン)は無軌道な青春時代を送っていた。新型艦USSエンタープライズのキャプテン直々の誘いにより、父と同じ惑星連邦艦...
スター・トレック (★YUKAの気ままな有閑日記★)
過去のスター・トレックは観たことがありませ~ん  そんな私でも楽しめるかな?―【story】ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)が宇宙艦隊に入隊して3年。USSエンタープライズに乗ることに成功したカークだったが、船内のトラブルメーカーになってしまう。それが気...
[映画『スター・トレック』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆昨夜、仕事の後でレイトショーにて『BABY BABY BABY!』(クリック!)を観て、未明にかけてレビューをエントリー・・・、  そして、今朝早起きし、遅番の仕事だったので、その前にモーニングショーで『スター・トレック』を観てきました。  ・・・で、帰宅して、明...
「スター・トレック」これは、傑作! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[スタートレック] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年5月14日1:05 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  1966年の初放送以来、5本のTVシリーズと10本の劇場映画が製作され、40年以上に亘って我々を楽しませてくれた偉大な“宇宙活劇シ...
★スター・トレック(2009)★ (CinemaCollection)
STARTREK>「LOST」『クローバーフィールド/HAKAISHA』のJ.J.エイブラムスが、次に何を仕掛けるのか──。上映時間126分製作国アメリカ公開情報劇場公開(パラマウント)初公開年月2009/05/29ジャンルSF/ドラマ/アドベンチャー【解説】TVシリーズ「LOST...
映画「スター・トレック」@一ツ橋ホール (masalaの辛口映画館)
 試写会の主権はアニマックスさん。客入りは8割ほどで年齢層は高く気のせいか男性客が多い。  映画の話 ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)が宇宙艦隊に入隊して3年。USSエンタープライズ号に乗ることに成功したカークだったが、船内のトラブルメーカーになっ....
スター・トレック (小部屋日記)
Star Trek(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:J.J.エイブラムス 出演:クリス・パイン/ゾーイ・サルダナ/ザッカリー・クイント/サイモン・ペッグ/エリック・バナ/ウィノナ・ライダー/カール・アーバン/レナード・ニモイ なぜ挑むのか TVシリーズや映画でお...
スター・トレック/Star Trek (いい加減社長の映画日記)
久々に金曜日のミーティングが早めに終わったので、公開初日の「スター・トレック」を鑑賞。 深夜のテレビドラマで観たことはあるが、いろんなシリーズがあって、頭の中で、いろいろなキャラが混乱^^; 「UCとしまえん」は、金曜のレイトショーにしては多いのかな。 「...
2009-51『スター・トレック』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-51『スター・トレック』(更新:2009/06/01) * 評価:★★★★☆ 仕事が忙しいから、時間があるのは飲み会の後だけ! ってことで、映画観に行きました。 土日も仕事で感想が書けなかった。ゆるして!...
スター・トレック (Memoirs_of_dai)
サイラーっぽさが若干垣間見えたスポック 【Story】 突然の非常事態に見舞われる惑星連邦軍戦艦USSケルヴィンの中で生を受けたジェーム...
映画「スター・トレック」 (Andre's Review)
star trek アメリカ 2009 2009年5月公開 試写会鑑賞 『スタートレック』、久々のカーク船長登場の映画です。監督はテレビ界で大ヒットを飛ばし続けるJ・J・エイブラムス。 親が好きだったこともあり、オリジナルの『宇宙大作戦』や80年代の『新スタートレック』は子供の...
「スター・トレック」☆鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
「宇宙大作戦」の頃からのファンもそうでない人も楽しめる映画でした!(←ここ重要)ファンならニヤリとしてしまう場面も、勿論多々あります。しかしそれだけでは終わらない、スリルも笑いも涙も織り込んで娯楽映画として「ダークナイト」以来の良作だと思いますよ!!以...
スター・トレック (P&M_Blog)
Star Trek 2009年 米 監督:J.J.エイブラムズ 出演:クリス・パイン、ザッカリー・クイント、レナード・ニモイ  公開初日の初回上演を早速...
スター・トレック (だらだら無気力ブログ)
テレビドラマでおなじみの『スター・トレック』をJ・J・エイブラムス 監督が再構築し、ジェームズ・T・カークやスポック達の若き日の姿を 描いたSFアドベンチャー。連邦の宇宙船USSケルヴィン号は突如目の前に現れた謎の宇宙船から攻撃を 受ける。ジェームズ・...
★「スター・トレック」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みの2本目・・・ このシリーズ・・・何本も映画化されてるのに、超シンプルなタイトルでリリースするとは・・・ 内容的には船長の誕生秘話なので、「ライジング」とか「ビギニング」系といったところか。
STAR TREK(2009)☆★ (銅版画制作の日々)
 新「スター・トレック」が上映開始されました。5月30日、東宝シネマズ二条にて鑑賞しました。 スター・トレックとは? 懐かしいテレビドラマ「宇宙大作戦」はアメリカのSFテレビドラマ。「スタートレック」シリーズの最初の作品であり、NBCネットワークにおいて196...
映画:スタートレック 「復活」を超越した「リ・イマジネーション」。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
一度死んだシリーズが「復活」というだけでは言い足りない、極めて優れた「リ・イマジネーション」。 (どう死んじゃったかは、2006-10-12アップ「コンテンツの成長と衰退を考えさせられる ~ ENTERPRIZE 最終回(STARTREKシリーズ)」を読んでいただければ良いかな?) ...
スター・トレック (犬・ときどき映画)
スター・トレック[StarTrek] 公開当初はぜんぜん興味がなかったのですが、すごく評判が良いので観に行きました。 STORY 伝説のキャプテンであるカークを父に持つ、カーク。しかし彼の父は皆を救うために犠牲になり、父は息子の顔を見ることなく宇宙に消えたのだった。 ...
『スター・トレック』試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)が宇宙艦隊に入隊して3年。USSエンタープライズ号に乗ることに成功したカークだったが、船内のトラブルメーカーになってしまう。それが気に入らないスポック(ザカリー・クイント)は、カークを船から追い出そうとするが……。(...
映画 「スター・トレック」 の感想です。 (MOVIE レビュー)
「スター・トレック」を観てきました。この映画はTVシリーズの他に、映画でも過去に10作品も作られていたらしいけど、私は映画もDVDもこれまで殆んど観たことが有りませんでした。でもこれだけ長年にわたり露出量が有った訳ですから、こんな無関心な私でもキャラの名...
スター・トレック★★★★☆劇場63本目:これぞワクワクするエ... (kaoritalyたる所以)
5/31はお父さんと待望の?!映画を観てきました。私はトリッキーじゃないけど、お父さんは結構好きなTVドラマだったようで、観終わった後、登場人物名とかそのままだ・・と感慨深げに語ってました。まずは解説等をYahoo!からのコピペで。解説:テレビドラマや映画で....
スタートレック(2009) / 78点 / STAR TREK (FUNNY GAMES?)
シリーズもの王道エンターテイメント映画の第1作としては完璧か!? 『 スタートレック(2009) / 78点 / STAR TREK 』 2009年 アメリカ 126分 監督 : J・J・エイブラムス 脚本 : ロベルト・オーチー、アレックス・カーツマン 出演 : クリス・
『スター・トレック(2009)』 (つれづれなるままに)
昨日は、HTB映画試写会 『スター・トレック(2009)』に 行ってきました。
スター・トレック / STAR TREK (うだるありぞな)
今回は、その昔、毎週ワクワクしながら見ていた「Star Trek スター・トレック」 ランキングに参加してます。    幼い頃、惑星連邦軍艦隊の優秀なキャプテンであった父親を亡くしたジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)は、自暴自棄になりケンカに明け暮れる...
「スター・トレック」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
幼い頃、そして大人になっての再放送、テレビドラマで見たお話にこんな“前”があったんですねぇ
mini review 10434「スター・トレック」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
企画の
【映画】スター・トレック…基本古臭い宇宙冒険モノですが高評価 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_rain/} 2年連続夜勤週に誕生日を迎えてしまったピロEKです(昨日)。 昨日{/kaeru_rain/}の行動ですが…息子が就職先の研修センターに荷物を送らないとイカンということで、不足材料を調達に小倉まで。研修に必要だという運動靴やら上履きやらジャージやらを購...
スター・トレック (Star Trek) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 J・J・エイブラムス 主演 クリス・パイン 2009年 アメリカ/ドイツ映画 126分 SF 採点★★★★ ファンというのは、なんとも面倒臭い生き物で。私も「デヴィッド・ボウイが大好き!」と公言するそんなファンの一人なんですが、ボウイが売れに売れて10人中...
スタートレック (映画大好きだった^^まとめ)
1 : 名無シネマ@上映中 : 2009/05/31(日) 12:02:27 ID:NmphkDmK監督・製作: J・J・エイブラムス原作: ジーン・ロッデンベリー脚本・製作総指揮: ロベルト・オーチー脚本: アレックス・カーツ ...