ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

MLB、Playoff2018 2018/10/13

2018-10-14 16:01:18 | 野球
NLCSは第2戦。
MIL対LAD。

MILは18人、LADは21人をつぎ込んでの総力戦。
投手はLADが8人、MILは6人。

MILの先発マイリーは剛速球こそないものの巧みな配球で打たせて取るピッチング。
LADはリュー。こちらも速球は90マイルそこそこながらMIL打線を翻弄。

投手戦かと思いきや、5回裏、1死から8番アーシアのソロ弾でMILが先行。
続く投手のマイリーにもヒットが出てMILが勢いづく。
打順は1番に還ってケインの二塁打で1死二三塁となってリュー降板。
2番イエリッチ申告敬遠で満塁策とするが、3番ブラウンの緩い遊ゴロの間に追加点。

5回裏には6番ショーがソロ弾を放ち、3-0とMILがリード。

7回表、LADは6回途中から登板の2番手バーンズを攻め、四球と連打で1点。
代わったジェフレスからもヒットを打って無死満塁。
1死後、押し出し四球で1点差としてなお1死満塁。
一気に畳みかけたいところだったが、代打グランダルが463併殺で1点差どまり。

MILは、8回もジェフレス続投が裏目。
1番テイラーの内野安打に続き、2番ターナーがレフトに逆転の2点弾。

LADはその裏、バエズ、ファーガソン、マエケンとつぎ込んで、
9回裏はクローザーのジャンセンで締めて逃げ切り、対戦成績を1勝1敗とした。

第3戦は1日置いて、10/15にドジャー・スタジアムで行われる。

前田健太は前述のように8回途中、2死一塁で7番手登板。
3-0から、1球ストライクの後、右飛に仕留めて無失点。
0回1/3、5球だった。

打線の中心イエリッチは、第1打席でヒットを放ったのと、5回の第3打席で申告敬遠で出塁したが、
いずれも得点に絡めず、あとは凡退。



アメリカン・リーグ・チャンピオンシップ・シリーズ(ALCS)はBOSが
フェンウェイ・パークにHOUを迎えての第1戦。

BOSは先発はセール。対するHOUはバーランダー。

HOUは2回表、2死無走者から四球、死球、四球で満塁として2点適時打が出て先制。
BOSは5回裏、1死一塁からなんとバーランダーから3連続四球を選んでまず1点、
2死後これもまたなんとバーランダーの暴投で同点に追いついた。

HOUは6回表、死球、三ゴロ失で無死一二塁。
2人凡退してチャンス潰えたかと思いきや、中前適時打で1点リード。

2-3とビハインドとはいえ、ここで抑えのキンブレルを使わなかったのが裏目に出て、
5番手ワークマンが打ち込まれた。

ソロ弾で2点差になったまではまだよかったが、1死からアルトゥーベに四球を与えたのが最悪。
連続四球からの3点弾で一気に5点差となり、そのままHOUの先勝となった。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« MLB、Playoff2018 2018/10/12  | トップ | 森下児童館と住吉児童会館 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

野球」カテゴリの最新記事