ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

映画「ボーン・アルティメイタム」

2007-11-12 23:59:54 | 映画感想
マット・デイモンをスターダムに押し上げ、
3作すべてがメガヒットとなった
ジェイソン・ボーン・シリーズ、第3弾。

完結編、と言っていいのだろうか。

3作目だけでも楽しめるが、やはり前2作を見ておいたほうがいい。

話は、前作「ボーン・スプレマシー」からつながって始まる、
というか前作のエンディングが今作でも重要なシーンの一部となる。

そのラストシーンを復習。
ニューヨーク、CIAのパメラ・ランディのオフィス。
電話がかかってくる。
「パメラ・ランディ」
「まだ俺を探しているんだって?」
「ボーン?」
「何の用だ。」
「お礼を言いたくて、テープの。」
「じゃな。」
「待って。
 ディビッド・ウェブ。あなたの本名よ。
 生まれたのは、4-15-71、ミズリー州。」
「パメラ、少し休んだら。疲れてるように見えるよ。」

あわてて、後ろのビルを見るパメラ。
しかし、ボーンはそこにはいない。

***

前作では、ボーンを狙った銃弾でマリーが殺され、
ボーン自身は一命を取り留める。
過去に自分が暗殺した政治家の娘をロシアまで訪ねて行くが、
ボーンはマリーを殺した相手(カール・アーバン)との壮絶な戦いの末、
満身創痍になりながらロシアから脱出する。

今作は、その続き。

前作で最後はニューヨークに姿を現すボーンだが、
ロシアからどうしてニューヨークに向かう必要があったかが焦点となっている。

ロシアで官憲の追及を逃れたボーンは、再び姿をくらまし、
CIAもその所在をつかむことができない。

一方、イギリスのジャーナリスト、サイモン・ロスは、
CIAとジェイソン・ボーン、
そして「トレッドストーン」を追っていた。

そして、情報提供者から「ブラックブライア」のことを聞き、
それを記事に書こうとする。
サイモン・ロスがジェイソン・ボーンのことを調べていると知ったボーンは、
サイモン・ロスにコンタクトする。

一方、CIAは通信傍受システム、エシュロンによって
「ブラックブライア」と発した人物がいることを知り、
サイモン・ロスとその情報提供者を追い、
ウォタールー駅でボーンを発見、ロスを殺害する。

CIAは、パメラ・ランディ(ジョアン・アレン)を
ボーン確保作戦に引き込むが、
パメラは次長のノア・ボーソンと捜査方法で対立する。

全ての鍵は「ブラックブライア」にあると見たボーンは、
ロスへの情報提供者をCIAのトリノ支局長ダニエルスと踏んで彼を追う。

CIAはトリノでダニエルスを抹殺しようとするが、
ダニエルスは逃亡してしまい、
逆にボーンにエージェントをつぶされ、
ニッキー・パーソンズ(ジュリア・スタイルズ)もボーンに捕まる。

ニッキーはボーンを憎めず、一緒にダニエルズを追う。
しかし、逃亡先のモロッコでエージェントに襲われ、ダニエルズは爆死する。

ボーンは、ニッキーを逃亡させ、自身は再びニューヨークに潜入する。
そして、前作の最後のシーンとつながっていくのだ。

果たして、「ブラックブライア」とは何か、
そして、隠されたボーンの過去とは、、、

***

カメラワークはまたしても一人称的撮り方。流行りです。
「キングダム」「マイティ・ハート」「ブレイブワン」でも多用されていた。

スリラーでは昔からよく使われた手法ですが、
俳優の動きや視線に合わせてカメラを振り、
また表情にカメラを振り戻すなど、
カメラの視点で観客が同時にその場所にいたような撮影の仕方になっている。

わざとだが、カメラぶれと言えなくもない揺らぎも入れている。

また、ボーンが走ればカメラマンも走る、といった
カメラマン体力勝負の様相もある。
また「ハンディ・カメラで、、、」と書く人が出るでしょう。

単なる手持ちではなくステディカムだと思われますが、
ハイビジョンハンディカムでないとの保証はない。

いったいいつからこのような撮り方が流行り出したのだろう。
「トゥモロー・ワールド」あたりか?と思ったら
「ボーン・スプレマシー」でもそう言う撮り方が多い。
はやりすたりではなく、単なるテクニックの一つ?
ただ、アクションシーンでない場面でも多用するようになったのは最近だろう。

コメント (4)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
« 全米週末興行ベスト10  2... | トップ | スポーツ、全般に盛り上がらず? »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あたしは (miyu)
2007-11-14 23:05:10
あの撮影方法を表現する時
「手持ちカメラ」と書くのですが、
なるほど、「一人称的撮り方」ですか。
多分初めて見る表現ですが、
言いえて妙ですね。
手持ちカメラ (KGR)
2007-11-14 23:27:55
「手持ち」「ハンディ」というと、
どうしても小型のカメラをイメージします。

実際に現場を見ているわけじゃないので
勝手な想像ですが、撮影機自体は、
普通サイズ(見る限りメチャ重い)と思います。

一人称的撮り方は私の造語です。

一人称視点、一人称ショットというと
主人公の目線になるので、
用語として適切でないかもしれませんが、
観客が現場で主人公と同じ体験をしているような
多分に客観的でない撮り方なので
「的」を入れてます。
シャイニング (kossy)
2007-11-30 02:29:21
映画『シャイニング』で息子がおもちゃの車でホテル内を走り回る映像。これが最初のステディカムらしいですね。
ネットで調べてたら、『ワルツ』という映画がステディカムで85分間ワンショットですと!いつから公開されるんだろ・・・
kossyさんへ (KGR)
2007-11-30 09:26:33
「シャイニング」の件、ありがとうございます。
スタンリー・キューブリックの作品なんですね。

ステディカムのおかげでレールやクレーンがなくても、
またそれらが設置できない場所でも
安定した映像が撮れるようになったし、
長回しもできるようになったと思います。

大リーグやアメフトの中継でもフィールドで
ステディカム(TVカメラ)が活躍してますね。

本来、揺れはほとんどないはずですが、
最近は「手ぶれ」風に撮るのが流行りなのでしょうか

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

22 トラックバック

ボーン・アルティメイタム (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『彼<ボーン>が「記憶」を取り戻すとき 最後通告<アルティメイタム>が下される。』  ●関連作品レビュー● ・シリーズ第1弾「ボーン・アイデンティティー」 ・シリーズ第2弾「ボーン・スプレマシー」  コチラの「ボーン・アルティメイタム」は、ロバート・...
ボーン・アルティメイタム (Akira's VOICE)
自分を見つけました。 生まれ変わります。
【2007-164】ボーン・アルティメイタム(THE BOURNE ULTIMATUM) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 記憶を奪われ 愛するものを殺され 存在を抹消された男 ジェイソン・ボーン <記憶をなくした暗殺者> 失われた記憶を求めて 戦いが始まる 彼(ボーン)が「記憶」を取り戻すとき 最後通告(アルティメイタム)...
ボーン・アルティメイタム (小部屋日記)
The Bourne Ultimatum (2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:ポール・グリーングラス 出演:マット・デイモン/ジュリア・スタイルズ/ジョアン・アレン/デヴィッド・ストラザーン/パディ・コンシダイン/スコット・グレン 彼が「記憶」を取り戻すとき 最後通告が...
「ボーン・アルティメイタム」 第4位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 309オープニング土日興収: 3.25億円「アイデンティティ
映画「ボーン・アルティメイタム」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「ボーン・アルティメイタム」に関するトラックバックを募集しています。
映画「ボーン・アルティメイタム」 (しょうちゃんの映画ブログ)
■邦題:ボーン・アルティメイタム ■原題:THE BOURNE ULTIMATUM ■上映時間:115分 ■製作国:アメリカ ■ジャンル:アクション、サスペンス ■配給:東宝東和 ■提供:ユニバーサル・ピクチャーズ ■公開:2007/11/10 ■劇場:TOHOシネマズなんば(スクリ...
ボーンからの最後通牒☆『ボーン・アルティメイタム/THE BOURNE ULTIMATUM』☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
マット・デイモンが唯一カッコ良く見える作品。←失礼 『ボーン』シリーズの中でも、本作が一番私は面白かった マットのアクションもさることながら、とにかく脚本、演出、映像が素晴らしい 特にウォータールー駅のシーンではゾクゾク、ワクワク、スクリーンに釘づけ...
ボーン・アルティメイタム (★YUKAの気ままな有閑日記★)
何気に好きなこのシリーズの完結編だもの。見届けなくっちゃー【story】自分を暗殺者に仕立て上げたCIAの極秘プロジェクト『トレッド・ストーン』に関する取材を進めていた新聞記者ロスとロンドンで接触しようとしたボーン(マット・デイモン)。しかしCIAに監視されてい...
『ボーン・アルティメイタム』 (Sweet*Days**)
監督:ポール・グリーングラス  CAST:マット・デイモン、デヴィッド・ストラザーン 他 記憶を無くした暗殺者、ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)はCIAに追われな...
「ボーン・アルティメイタム」を観る (紫@試写会マニア)
走りまくる、飛び越えまくる、車と道具を駆使しまくる、ボーン。記憶喪失の元CIA秘密工作員ジェイソン・ボーンシリーズ、最新作にして最終章「ボーン・アルティメイタム」を観てきました。相変わらずの格闘シーン・カーアクション、そして頭脳戦。期待を裏切らない、体...
『ボーン・アルティメイタム』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト「ボーン・アルティメイタム」□監督 ポール・グリーングラス □原作 ロバート・ラドラム □脚本 トニー・ギルロイ、スコット・Z・バーンズ、ジョージ・ノルフィ □キャスト マット・デイモン、ジュリア・スタイルズ、ジョアン・アレン、デ...
77『ボーン・アルティメイタム』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 77『ボーン・アルティメイタム』 評価:★★★☆☆ 原題「THE BOURNE ULTIMATUM」です。 終わったかと思われた『ボーン・アイデンティティー』。 終わっていないことを知らしめた『ボーン・スプレマシー』...
ボーン・アルティメイタム (ネタバレ映画館)
今回は指紋に気遣ってなかったボーンだったけど、金庫で巧く利用してたような。
ボーン・アルティメイタム (The Bourne Ultimatum) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ポール・グリーングラス 主演 マット・デイモン 2007年 アメリカ映画 115分 アクション 採点★★★★★ スケールアップされた予算と火薬量の割に物語が薄かったり、広げ過ぎた風呂敷を収集する為に矢継ぎ早にイベントばかり起きたり、毛むくじゃらのチビッコが無敵...
★「ボーン・アルティメイタム」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日休みも川崎のシネコンはしごしての2本立て。 その2本目。 いまや、ギャラ当たりの興行収入が一番多い売れっ子俳優のマット・デイモンが主演。 シリーズ3作目で最終回という触れ込み。
ボーン・アルティメイタム 2007年米 (Movie heart beat)
2007/11/19号  ポール・グリーングラス監督。マット・デイモン、ジュリア・スタイルズ出演。モスクワでCIAの追っ手から見事に逃れたボーンは、トレッドストーン計画の秘密を知る新聞記者がいることを知る。そしてCIAもその記者の存在をつかんでいた。 ボーン・アル...
ボーン・アルティメイタム THE BOURNE ULTIMATUM (描きたいアレコレ・やや甘口)
『Who?』自分のアイデンティティーを探すジェイソン・ボーンの明日は、どっちだー!! ボーン・シリーズで、最高にカッコよく見えるマット・デイモンでした!! 今までのマット...
ボーン・アルティメイタム (CINEMA正直れびゅ<ネタバレあり>)
なかなかの出来だった前作だが、あれから1年9ヶ月も経ってしまい、ストーリーやキャストを忘れかけた頃だ。ちゃんと話に入れるかしらん?...
ボーン・アルティメイタム☆ジェイソン・ボーンは一体誰? (銅版画制作の日々)
    ジェイソン・ボーンシリーズ、「ボーン・アイデンティティー」、「ボーン・スプレマシー」に続く第三弾「ボーン・アルティメイタム」。   前作2つとも観ないで、いきなり鑑賞。なんと大胆な話です。昨年11月23日にMOVX京都にて。マット・ディモン...
【映画】ボーン・アルティメイタム…多分3本まとめて観るべき?…と花見 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日は雨{/kaeru_rain/}なんだけど、昨日は良い天気{/kaeru_fine/}だったので小倉城に花見{/s1_spr_sakura/}に行ってきました。 花見といっても嫁さんと娘を連れて行って、お弁当{/silver/}食べただけなんですけどね。 残念ながらまだまだ桜{/s1_spr_sakura/}は開いていな...
『ボーン・アルティメイタム』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじCIAの極秘プロジェクト「トレッドストーン計画」によって暗殺者にされ、同時に記憶を失ったジェイソン・ボーン。そんな彼の写真が、イギリスの新聞の一面に掲載された。記事を書いた記者のロスは「トレッドストーン計画」に代わる「ブラックブライアー計画」の...