ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

「ソルト」ジャパン・プレミア映画以外

2010-07-28 18:52:09 | 映画関連
(映画本編は別記事に)

2010/7/27、東京国際フォーラム、ホールA。

17時開場。

ただ何もない(レッドカーペットの様子は放映されるが)場内に入るだけで長蛇の列。
座席はすでに指定席が割り当てられているんだから、早く入るメリットが感じられない。

レッドカーペットの放映が見たいにしても、18時過ぎに入れば十分なのに、、、。

ともあれ、いつものように東京国際フォーラムホールAへのエスカレーターを登ろうとすると、
係員が立ちはだかり「ソルトの試写会の方は向こうの階段からお願いします。」

外からまわれ、と言うことで、地上に上がってみると、ガラス棟と会議棟の間の広場に、
入場の列ができていた、と言うわけだ。

「まだ座席指定券と交換されていない方は入ってすぐ左で交換してください。」
試写会招待状を座席指定券と替えるブースはいつも通りの場所にあった。

延々と、いや、ぞろぞろと入場する人を横目に連れを待つ。

中には特別招待状っぽいものを持っていて、列に並ばず入場する人もいる。

そんな中の一人、帽子をかぶった黒人、どっかで見たと思ったら
白戸家のお兄さんダンテ・カーヴァーだった。

叶姉妹も来た。
恭子さんは真っ赤なワンピドレスにでっかいメガネ。
美香さんは黄色いドレスだった。
もっと近寄ってみようとしたがその前に入場してしまった。



右手奥の浮いた感じの赤いドレスが恭子さん。
美香さんはその向こうでこの写真には腕がちらりと写っている。

今回のレッドカーペットは、場内。
正面階段の上、2階広場とでもいうか、あそこだった。

レッドカーペット参加当選者や報道陣が取り巻き、仕切りがあって少し離れて一般人。
ここではまだカメラ禁止されていなかったようで大勢がカメラを構えていた(含携帯)

18時半過ぎにアンジェリーナ・ジョリーが登場。
アンジー!の嬌声が飛び交う中、フラッシュが交錯。
レッドカーペット付近は大いに盛り上がったようだが、こちらからはよく見えない。
黒いパンツスーツに長い髪、おそらくあれがアンジェリーナ・ジョリーだったろう。

中では、その様子が放映されていたが、よく見なかった。

やがて19時。
MCの登場。
なんだかんだ説明があって、いよいよアンジェリーナ・ジョリーが登壇した。

髪をアップにし、黒のロングドレス。
しかし、右腕が肩まで、左足は腰までスリットが入っている。

まずは「コンバンワ」「今ので良かったかしら。」と日本語にちょっと自信なさげ。
「また戻ってこれたこと、ここにいられることがとてもしあわせです。
 今回は短い滞在ですけど、次回はもっと長くいたいと思っています。
 映画を楽しんでください。」

司会から質問(うろ覚えなので、的外れかもしれませんがご容赦)

今までのアクション映画、「トゥーム・レイダー」「ウォンテッド」などとの違いは

「今までのアクション映画は、ファンタジーな世界でのアクションだったの。
 でも今回のアクションはより現実的。ドキドキするし、それにとてもきつかったわ。」

先日、現実に米ロのスパイ交換が行われましたが、それについては。

「映画の中の世界だけではなく実際にあることだと分かって驚いたわ。
 スパイだった人にも会って話を聞いたけど、
 同じような人ばかりではなく、みんな個性的でいろいろだった。
 けどみんな愛国心を持って活動しているってこともよくわかったの。」

映画の見所は。

「初めて脚本を読んだとき、予想もできない結末にとても驚いたの。
 皆さんもこれから映画を見てきっと私と同じ驚きを感じると思うわ。
 また近々お会いできることを楽しみにしています。
 どうか、映画を楽しんでください。」

「アリガト」

この後フォトセッション。
スティル・カメラ(スチル=still)、ムービー・カメラ(ムービー)に向かって笑顔。

しかし、司会の方、ライト・サイドくらいはちゃんと発音しましょう。
light side になってました。
勿論、通訳の方が、right side と言ってましたけど。

その後、アンジェリーナ・ジョリー退場。

アンジェリーナ・ジョリーさんは、この後すぐにプライベート・ジェットで
韓国に飛ぶので、お忙しいんです。
次回はもう少し長く滞在したいといわれてましたので、楽しみにしましょう。

ドレスはヴェルサーチのものだそうな。

また、司会はアンジーの旦那役の俳優さんは「イングロリアス・バスターズ」で、
ブラピがとても気に入って今回の役をオファーした、と言っていたけど、
初回はしてもオファー出す権限はないんじゃないの(プロデューサーでもないのに)
コメント   この記事についてブログを書く
« 今朝の東京スカイツリー、201... | トップ | ツマグロヒョウモン、その後 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画関連」カテゴリの最新記事