ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

映画「グリーン・ホーネット」3D字幕版@109シネマズ木場

2011-02-10 11:55:44 | 映画感想
2011/2/9、109シネマズ木場。
3D字幕版。



セス・ローガン(スペル通りにローゲンと書かれることが増えた)、ジェイ・チョウ、
キャメロン・ディアス、クリストフ・ヴァルツ、トム・ウィルキンソン



ジェームス・リード(トム・ウィルキンソン)はLAの新聞のオーナー社長。
息子のブリット(セス・ローガン)は、小さいころからきつく育てられてきたが、
いまだに遊び呆けて父を困らせている。

その頃、LAではチャドノフスキー(クリストフ・ヴァルツ)が町を仕切っていた。
極悪無慈悲なチャドノフスキーは対立組織をつぶすためには手段を択ばない。

ブリットは父に叱られながら女を連れ込み遊び回って帰る時、
リムジンの車内のTVで父の死を知る。
蜂に刺されてのショック死だった。
降ってわいたような新聞社社長のイス。

翌朝、カプチーノがただのコーヒーに代わっていたのを怒りまくったブリットは、
それまでコーヒーを淹れていた運転手のカトー(周杰倫(ジェイ・チョウ))を
呼び出して話を聞く。

カトーはただのコーヒーマンではなかった。
父ジェームスの指示で車を改造し、武器なども用意していた。
悪に立ち向かおうとするジャーナリズムへの攻撃に備えてだった。

ブリットはカトーと父の墓に出かけ、
本当はあまりいい人ではなかった父の銅像の首を切り取る。

そしてアベックがチンピラに絡まれるのを目撃、カトーの活躍でこれらを撃退する。

ブリットは、悪人退治が世のためになる、それが父を見返すことだと思い、
自身がヒールとして悪に近づき悪人退治しようと考える。

ブリットは悪党の名を「グリーン・ホーネット」と呼ばせ、新聞で散々煽ることにした。
そして、新しい秘書のレノア・ケース(キャメロン・ディアス)の意見にヒントを得て、
ブリットはカトーの用意した改造車「ブラック・ビューティ」に同乗して悪退治に出かける。

**

キャストやスタッフにいろいろ変更紆余曲折があったようですが、
結局、セス・ローガンかよって感じ。

実はセス・ローガンを(声以外で)ちゃんと見たのは「スモーキング・ハイ」くらい。
「俺たちステップ・ブラザーズ」では、カメオ程度の出演でした。

周杰倫(ジェイ・チョウ)はなかなかでした。
「王妃の紋章」「カンフー・ダンク」に続いて3作目の鑑賞でしたから、ずいぶん久しぶりです。

キャメロン・ディアスはちょっとミスキャストっぽかったです。
インテリ秘書(グウィネス・パルトロウ)って感じも薄く、
セクシー秘書(スカーレット・ヨハンソン)もちょっと遠い。=「アイアンマン2」より
「ナイト&デイ」では似合ってたので、こういうキャラは合わないのかも。



3Dは後付けらしいですが、それなりに工夫(例の車がズズズズズーとなるやつとか)
されていたので面白かった。
ほんとに3Dが必要な映画かは何とも言えませんが、
エンドロールは3D効果が効いてました。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今朝の東京スカイツリー、201... | トップ | キャッシュカード顛末記 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-02-11 21:44:56
基本的にヒーローそのものに魅力を全く感じられなかったんでダメでした。
良かったのはジェイ・チョウのジークンドーアクションだけかなぁ。ワンインチパンチを久々に観れたのは良かったですけど。
ヴァルツさんの悪人なんか結構良いキャラなんだけど、結局後から出てきた検事のおかげで最後には済みに追いやられちゃいましたし…。
KLYさんへ (KGR)
2011-02-11 22:14:46
>ヒーローそのものに魅力を全く感じられなかった
判ります。
私もセス・ローガンと聞いた時点でこりゃダメだと思いましたもん。

全米ではそこそこヒットですが、黒字はきついでしょう。
B級テイスト (ノルウェーまだ~む)
2011-04-11 06:00:29
こんばんは☆
B級感たっぷりで、私はそれなりに好きでしたけど、キャメロン・ディアスが輝きすぎていて、二人のヒーローの華のなさが際立ってしまい、可哀相な感じになってしまいましたね。
どうせならB級で突っ走って欲しかったです。
ノルウェーまだ~むさんへ (KGR)
2011-04-11 08:34:54
うーん、確かにキャメロン・ディアスは
全体の雰囲気に合ってない感じでしたが、
大体主役がミスキャストっぽいですから。

いろいろあった末にこうなったらしいですけど。
おじゃまします。 (ピロEK)
2011-11-06 23:42:13
おじゃまします。
過去のゴンドリーから警戒していた割には面白くて、無期待とか期待薄ってのはスパイスだなぁ…と感じさせられる映画でした。
ミスキャスト風主演俳優の事からも分かるようにゴンドリーらしい捻くれた映画ではありましたけどね。

>エンドロールは3D効果が効いてました。

エンドロールが一番飛び出すっていう映画ってのは多い気がします…それではだめだと思うのですが。
そんな事に関わらず、どうも3D映画を見るのが苦痛になってきている私は、最近では映画館でも2Dを選択するようしています。

では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
ピロEKさんへ (KGR)
2011-11-06 23:52:04
「エターナル・サンシャイン」は好きだったんですが、これはちょっとどうかなって感じでした。

>それではだめだと思うのですが。
同感です。
ことさら「飛び出す」必要もないとは思いますがせっかくやるなら、奥行きの距離感を有効に使ってほしいです。


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

9 トラックバック

グリーン・ホーネット (LOVE Cinemas 調布)
ブルース・リーが出演していた往年のTVドラマを劇場長編にリメイク。昼は新聞社の社長、夜はグリーン・ホーネットとして犯罪者と戦う正義の味方の活躍を描いたヒーローアクションだ。主演は『スーパーバッド 童貞ウォーズ』のセス・ローゲン。共演にジェイ・チョウ、キ...
映画「グリーン・ホーネット(3D版)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「グリーン・ホーネット(3D版)」観に行ってきました。 1936年~1952年にかけてアメリカで放送されたラジオ番組を原作とする同名作品の現代版実写映画。 物語は主人公であるブリット・リードと、その父親で新聞社デイリーセンチネル社の社長であるジェー...
グリーン・ホーネット (だらだら無気力ブログ)
ブルース・リーも出演し人気を博した往年の米TVシリーズを「エターナル ・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー監督が劇場長編としてリメイクした アクション・エンタテインメント。昼間は新聞社の社長を務める主人公が、 夜には相棒と共にヒーロー“グリーン・ホー...
グリーン・ホーネット(2D) (メルブロ)
グリーン・ホーネット(原題: THE GREEN HORNET) 344本目 2011-04 上映時間 1時間59分 監督 ミシェル・ゴンドリー 出演 セス・ローゲン(ブリット・リード/グリーン・ホーネット)  ...
映画『グリーン・ホーネット 3D』を観て (KINTYRE’SDIARY)
11-11.グリーン・ホーネット 3D■原題:TheGreenHornetIn3D■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:119分■字幕:松崎広幸■鑑賞日:2月1日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(...
グリーン・ホーネット (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『俺たちが、悪を刺す!』  コチラの「グリーン・ホーネット」は、往年のTVシリーズをミシェル・ゴンドリー監督が、紆余曲折の末、セス・ローゲン主演で実写映画化した1/22公開 ...
「グリーン・ホーネット」カトーなのに (ノルウェー暮らし・イン・London)
相棒はカトーなのに、「ケイトゥー」だし 日本人なのに上海生まれで、ストリートチルドレンだし 御曹司なのにダメダメだし ヒーローなのに悪者だし 弱っちかったのに、いきなり強くなるし・・・・・ そんな今までのヒーローものとは一味違ったダメダメ感が、非現実的...
グリーン・ホーネット (The Green Hornet) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ミシェル・ゴンドリー 主演 セス・ローゲン 2011年 アメリカ映画 119分 アクション 採点★★★ 私が子供の頃の30代40代ってすっげぇ大人に見えたんですが、いざ自分がその年代に入ってみると、さっぱり大人になった気がしない。まぁ、身体はヨボヨボですが。...
【映画】グリーン・ホーネット…勝手なだけのゴンドリーじゃなかった (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
明日は健康診断なのに体重は(去年より)増えている感じのピロEKです。 ダイエット用にとある健康器具を買ったのですが、健康診断には間に合いませんでした 昨日2011年10月15日(土曜日)は月イチペースの休日出勤。夕方から深夜までのお仕事でした。 本日2011年10月1...