ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

第79回アカデミー賞、決定。

2007-02-26 17:50:23 | 映画関連
各賞が決定しました。

作品賞/監督賞は、マーチン・スコセッシ監督の「ディパーティッド」
残念ながら「硫黄島からの手紙」は落選。

そのほか、主演男女、助演男女など主要な賞はほぼ本命が取り、
私の予想は外れたものの特段に大きなサプライズはありませんでした。


以下、アカデミー公式ページ受章者一覧の掲載順に

<助演男優賞> Performance by an actor in a supporting role
★ Alan Arkin Little Miss Sunshine
  アラン・アーキン        「リトル・ミス・サンシャイン」
× ジャッキー・アール・ヘイレイ 「リトル・チルドレン 」(*)
× ジャイモン・フンスー     「ブラッド・ダイヤモンド」
× エディ・マーフィー      「ドリームガールズ」
× マーク・ウォルバーグ     「ディパーティッド」
(寸評)
エディ・マーフィーを予想する声も多かったが、
ゴールデン・グローブ授賞式でのスピーチ失敗が響いたとの噂も。

<視覚効果賞> Achievement in visual effects
★ Pirates Of The Caribbean: Dead Man's Chest
 「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト 」
×「ポセイドン」
×「スーパーマン・リターンズ」

<最優秀アニメーション映画> Best animated feature film of the year
★ Happy Feet
 「ハッピーフィート」   (ジョージ・ミラー)
×「カーズ」        (ジョン・ラスター)
×「モンスター・ハウス」  (ギル・ケナン)
(寸評)
個人的には「カーズ」を予想、見事に外れ。

<最優秀短編映画賞 > Best live action short film
★ West Bank Story
(他の候補作は略)

<最優秀短編アニメーション映画賞> Best animated short film
★ The Danish Poet
(他の候補作は略)

<衣装デザイン賞> Achievement in costume design
★ Marie Antoinette
 「マリー・アントワネット 」
×「満城盡帯黄金甲 (*)
×「プラダを着た悪魔 」
×「ドリームガールズ 」
×「クイーン 」

<メーキャップ賞> Achievement in makeup
★ Pan's Labyrinth
 「パンズ・ラビリンス 」
×「アポカリプト」 (*)
×「もしも昨日が選べたら」
(寸評)
日本人、メーキャップ・アーティスト、ツジ・カズヒロは落選

<助演女優賞> Performance by an actress in a supporting role
★ Jennifer Hudson  Dreamgirls
  ジェニファー・ハドソン    「ドリームガールズ」
× アドリアナ・バラザ      「バベル」
× ケイト・ブランシェット    「あるスキャンダルの覚え書き」
× アビゲイル・ブレスリン    「リトル・ミス・サンシャイン」
× 菊池凛子           「バベル」
(寸評)
ガチガチの大本命、いわゆる鉄板候補。大方の予想通り。
菊池凛子を上げる日本のマスコミは多かったが、ノミネートで十分評価に値。
 
<最優秀短編ドキュメント映画賞> Best documentary short subject
★ The Blood Of Yingzhou District
(他の候補作は略)

<最優秀ドキュメント映画賞>Best documentary feature
★ An Inconvenient Truth
 「不都合な真実」
(略)

<美術賞> Achievement in art direction
★ Pan's Labyrinth
 「パンズ・ラビリンス」
×「ドリームガールズ」
×「グッド・シェパード」(*)
×「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」
×「イルージョン VS.」

<作曲賞>
Achievement in music written for motion pictures (Original score)
★ Babel
 「バベル」
×「ザ・グッド・ジャーマン」 (*)
×「あるスキャンダルの覚え書き」
×「パンズ・ラビリンス」
×「クイーン」

<音響賞> Achievement in sound mixing
★ Dreamgirls
 「ドリームガールズ 」
×「アポカリプト」 (*)
×「ブラッド・ダイヤモンド」
×「父親たちの星条旗」
×「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」

<歌曲賞>
Achievement in music written for motion pictures (Original song)
★ An Inconvenient Truth
 「不都合な真実」     "アイ・ニード・ウェイクアップ"   
×「ドリームガールズ」   "リッスン"             
×「ドリームガールズ」   "ラブ・ユー・アイ・ドゥ" 
×「カーズ」        "アワ・タウン"           
×「ドリームガールズ」   "ペイシェンス" 
(寸評)
「ドリームガールズ」の中から選ばれると思っていた。
その3曲の中ではビヨンセの"リッスン"が良かったのに。

<音響編集賞> Achievement in sound editing
★ Letters From Iwo Jima
 「硫黄島からの手紙」
×「アポカリプト」 (*)
×「ブラッド・ダイヤモンド」
×「父親たちの星条旗」
×「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」

<最優秀外国語映画賞> Best foreign language film of the year
★ The Lives Of Others
(他の候補作、略)
(寸評)
殆ど日本語の「硫黄島からの手紙」がなぜ選ばれないのかの意見もあったが、
あちらは作品賞にノミネートでむしろ良かったと思っている。

<編集賞> Achievement in film editing
★ The Departed
 「ディパーティッド」
×「バベル」
×「ブラッド・ダイヤモンド」
×「トゥモロー・ワールド」
×「ユナイテッド93」

<主演男優賞> Performance by an actor in a leading role
★ Forest Whitaker   The Last King Of Scotland
  フォレスト・ウィテカー   「ラスト・キング・オブ・スコットランド」 
× レオナルド・デカプレオ   「ブラッド・ダイヤモンド」
× ライアン・ゴスリング    「ハーフ・ネルソン」 (*)
× ピーター・オトゥール    「ビーナス」 (*)
× ウィル・スミス       「幸せのちから」
(寸評)
こちらも大本命、鉄板候補。下馬評通りの結果。

<撮影賞> Achievement in cinematography
★ Pan's Labyrinth
 「パンズ・ラビリンス」
×「ブラック・ダリア」
×「トゥモロー・ワールド」
×「イルージョニスト」 (*)
×「イルージョン VS.」

<主演女優賞> Performance by an actress in a leading role
★ Helen Mirren  The Queen
  ヘレン・ミレン     「クイーン」
× ペネロペ・クルス    「ボルベール<帰郷>」
× ジュディ・デンチ    「あるスキャンダルの覚え書き」
× メリル・ストリープ   「プラダを着た悪魔」
× ケイト・ウィンスレット 「リトル・チルドレン」 (*)
(寸評)
これも大方の予想通りか。
個人的には薄いと思いつつもメリル・ストリープでも面白いと思っていたが。

<脚色賞> Adapted screenplay
★ The Departed
 「ディパーティッド 」
×「ボラート」 (*)
×「トゥモロー・ワールド」
×「リトル・チルドレン」 (*)
×「あるスキャンダルの覚え書き」

<脚本賞> Original screenplay
★ Little Miss Sunshine
 「リトル・ミス・サンシャイン」
×「バベル」
×「硫黄島からの手紙」
×「パンズ・ラビリンス」
×「クイーン」

<監督賞> Achievement in directing
★ The Departed
 「ディパーティッド」    (マーティン・スコセッシ)
×「バベル」         (アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ)
×「硫黄島からの手紙」    (クリント・イーストウッド)
×「クイーン」        (スティーブン・フリアーズ)
×「ユナイテッド93」    (ポール・グリーングラス)
(寸評)
マーチン・スコセッシ監督が6度目の正直で受賞。
あまり撮りたくなかった作品だったらしい。
上の4つは誰が取ってもおかしくなかったと思う。

<最優秀作品賞> Best motion picture of the year
★ The Departed
 「ディパーティッド 」
×「バベル」
×「硫黄島からの手紙」
×「リトル・ミス・サンシャイン」
×「クイーン」
(寸評)
「硫黄島からの手紙」との一騎打ちとか、
「バベル」との一騎打ちとか、いろいろ言われていた。
個人的には「硫黄島からの手紙」を期待してたが。
アカデミー会員には「インファーナル・アフェア」のことを知らない人が
多いと言われている。(リメーク感が薄い)


<注>
・賞の日本語名は、KGRの勝手な訳です。
 一般的に使われている日本語訳と異なる物もあります。

・賞の順序は、アカデミー賞公式ページの発表順です。

・邦題が未定のものはKGRの独断でカタカナにし、(*)をつけました。
 仮題や原題のままでも、一応邦題になっている、配給会社の情報がある、
 ものは、そのまま記載しました。
 また、邦題は一旦決定しても公開までに変更されることがあります。

・歌曲賞の曲名もKGRの勝手な訳になっています。

・ドキュメント映画各賞、外国語映画賞、短編映画各賞については、
 ドキュメント映画の「不都合な真実」以外、全く知識なく、
 適当な日本語訳も思いつかないため省略としました。

コメント   この記事についてブログを書く
« 第79回アカデミー賞、ただ... | トップ | カラスの密談 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画関連」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事