ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

全米週末興行ベスト10  2011/6/24-26

2011-06-28 22:20:59 | 映画関連
毎週金、土、日の3日間の全米興行収入のベスト10です。

今週は、「カーズ2」が初登場1位。
2位にキャメロン・ディアスのコメディ「イケない先生」が初登場。



1. Cars 2
2. Bad Teacher
3. Green Lantern
4. Super 8
5. Mr. Popper's Penguins

6. X-Men: First Class
7. The Hangover Part II
8. Bridesmaids
9. Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides
10. Kung Fu Panda 2



11. Midnight in Paris
13. Judy Moody and the NOT Bummer Summer

***

私の独断による「見たい度」を×、★、★★、★★★の4段階で記載。



1.Cars 2 (★★★)

初登場1位。6610万ドル。
Box Office Mojoの「夏映画の興収予想」(5/25付)では、270M$。

「カーズ2」2011/7/30公開(Disney)



2.Bad Teacher (★)

初登場2位。3160万ドル。

アル中でぐーたらな女教師が玉の輿に乗ろうとして奮闘するお話し。
キャメロン・ディアス、ジャスティン・ティンバレーク、ジェイソン・セーゲル。

「イケない先生」2011/8/6公開(SPE)



3.Green Lantern(★)

一挙に7割近く興収が減って1位から3位にダウン。
1800万ドルで累計は8890万ドル。
尚、5月時点のBox Office Mojoの予想は130M$なので、
こんなものかもしれない。

ライアン・レイノルズが緑のゴムスーツに身を包み、悪を倒すヒーローもの。

「グリーン・ランタン」2011/9/10公開(WB)



4.Super 8 (★★★)

2位から4位にダウン。
4割強の落ち込みで1200万ドルは累計9510万ドル。
ジョエル・コートニー、エル・ファニング。
エル・ファニングは、ダコタ・ファニングの妹。

Box Office Mojoでは、興収を180M$と予想していたが、まず難しい。
監督は「MI:Ⅲ」「スター・トレック」のJJエイブラムス

「SUPER8/スーパーエイト」2011/6/24公開。



5.Mr. Popper's Penguins (★)

3位から5位へダウン。
1010万ドルで3920万ドル。

ジム・キャリー、カーラ・グギーノ。
設定などは変えてあるようだが、
児童文学の「ポッパーさんとペンギン・ファミリー 」の映画化。
ひょんなことから、ペンギンを相続し飼うことになった
ポッパーさんにジム・キャリー。
仕事はそっちのけでペンギンとの生活に自分を合わせるうちに
大切なものに気が付くと言うお話し。

日本公開未定。



6.X-Men: First Class(★★★)

4位から6位にダウン。
これも4割強減って660万ドル。
累計は1億3280万ドル。

若き日のチャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX:ジェームズ・マカボイ)と
エリック・レーンシャー(マグニートー:マイケル・ファスペンダー)が協力し、
そして敵対するまで。
Box Office Mojoの興収予想は155M$。

「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」2011/6/11公開。



7.The Hangover Part II (★★★)

5位から7位にダウン。

これまた4割強の減収で550万ドル。
しかし累計は2億4360万ドルと大ヒット。

こりゃもう「3」をつくるしかありませんなぁ、
と思ったら2014公開で計画はあるらしい。

Box Office Mojoの予想は255M$。

前作はラスベガスでのハチャメチャで、今度はタイでのハチャメチャ。
邦題はまるでTVの2時間ドラマ。

「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」2011/7/1公開。



8.Bridesmaids (★)

7位から8位にダウン。
落ち込みは3割弱で520万ドル。
累計1億4650万ドルと大ヒット。

Box Office Mojoの予想の125M$は軽くクリアーしたし、
製作費が3250万ドルと言われるから高収益間違いなし。

ブライドメイド(Bridesmaids)は花嫁の付添い人で、

その筆頭(メイド・オブ・オナー)を題材にした映画は多いが、
メイド・オブ・オナーと他の(変てこな)ブライドメイドとの
ゴタゴタを描いた映画。

日本公開未定。



9.Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides (鑑賞済)

8位から9位にダウン。
3割弱の減収で490万ドル。
累計2億2920万ドル。
Box Office Mojoの予想は230M$で、間もなくクリアー。
但し、3億ドルは無理で、全米分はシリーズ最低となること必至。

しかし、海外分は7億5千万ドルを突破し
「パイレーツ・シリーズ」最高となるとともに、
海外興収歴代3位の数字をあげている。
合計は歴代8位で8本目の10億ドル映画目前。

「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉」2011/5/20公開。



10.Kung Fu Panda 2(★★★)

興収は半分以下の410万ドルで6位から一気に10位にダウン。

累計は1億5300万ドルと製作費の150M$には達したが、
Box Office Mojoの予想 の285M$どころか2億ドルも苦しく、
昨年12月に「6」まで作ると豪語したのにちょっと無理かも。

主要な声優は続投。

「カンフー・パンダ2」2011/8/19公開。

**/**

今週、ベスト10圏外へ落ちた映画

11.Midnight in Paris (★)

9位から11位にダウン。

興収は15%ほど減って410万ドルで、10位とは僅差。
累計は2820万ドル。
ウディ・アレン監督作。

オーウェン・ウィルソンとレイチェル・マクアダムスがパリに旅行して、
堅苦しい付き合いに辟易したオーウェン・ウィルソンは、
一人真夜中のパリを彷徨い、今までになかった出会いをする。

日本公開未定。



13.Judy Moody and the NOT Bummer Summer (★)

9位から13位にダウン。
ファミリー・コメディ。

7割減って60万ドルだが、公開館数も7割近く減って
そろそろ店じまい。

累計が1340万ドルで製作費の20M$に届かず終わりそう。

ジュディ・モードは3年生。弟のスティンクと両親の4人暮らし。
夏、父が出張でカリフォルニアに行くことになり、
自分も行けると喜んだが、両親だけが行くことになり、チョーがっかり。
その代り叔母のオパールが家に来て、二人の面倒を看てくれると言うのだが、
この叔母が若くて(ヘザー・グラハム:とても40には見えません)
無茶でとんでもないことに。
「ジュディ・モードととってもつまんなくない夏休み」てなとこか。

日本公開未定

コメント   この記事についてブログを書く
« MLB、2011/6/27 | トップ | 今朝の東京スカイツリー、201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画関連」カテゴリの最新記事