ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

全米週末興収ランキング (2019/5/10-5/12)

2019-05-14 21:25:15 | Weblog
毎週金土日の全米興行収入ランキングです。(2019/5/10-5/12)

今週は「アベンジャーズ エンドゲーム」が3週連続1位。
興収は累計7億ドルを突破。

1. Avengers: Endgame
2. Pokemon Detective Pikachu
3. The Hustle
4. The Intruder
5. Long Shot

6. Poms
7. Uglydolls
8. Breakthrough
9. Tolkien
10. The Curse of La Llorona
***
11. Captain Marvel
12. Shazam!
13. Dumbo
14. Little

** 

個人的な見たい度を(★★★、★★、★、× の)4段階で表記



1.Avengers: Endgame (鑑賞済)

3週連続1位。
興収は6割近く減ったが、未だ6320万ドル。累計は7億2370万ドルで史上3位。
全世界計は25億ドルまであと少しで「アバター」の27億8800万ドルに次ぐ史上2位。

全米の史上2位の「アバター」のアメリカ分は7億6千万ドルちょいなので抜くのは確実。
史上1位の「フォースの覚醒」はアメリカ分が9億3千万ドルを超えているが、
海外分が11億ドルと意外と少なく(それでもすごいが)、世界全体計では4位にとどまる。

さて、どこまで数字を伸ばすでしょうか。

「アベンジャーズ エンドゲーム」2019/4/26(Disney)
 


2.Pokemon Detective Pikachu (×)

初登場2位。
5430万ドルと大健闘。

実写版。ポケモンはCGI。
ピカチューの声にライアン・レイノルズ、吹き替えは西島秀俊。
日本の国内動員ランキングでは2週連続1位。(興収はエンドゲームが上)

「名探偵ピカチュウ」2019/5/3(東宝)


 
3.The Hustle(★)

初登場3位。
1300万ドル。

アン・ハザウェイ、レベル・ウィルソン。
デビット・ニーブンとマーロン・ブランドの「寝室物語」(Bedtime Story)(1964)、
マイケル・ケインとスチープ・マーチンの「ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ」
(Dirty Rotten Scoundrels)(1988)の
主人公の男性詐欺師2人を女性に置き換えてのリメイク。

日本公開未定。


 
4.The Intruder (×)

2位から4位にダウン。
1/3減って710万ドル。累計2150万ドル。

デニス・クエイド。
郊外に家を買ったはいいが、元の持ち主が勝手に家に入ったり、嫌がらせする恐怖。

日本公開未定


 
5.Long Shot(★)

3位から5位にダウン。
1/3減って620万ドル。累計1980万ドル。

大統領候補を目指す美人国務長官(シャーリーズ・セロン)と政治記者(セス・ローガン)。
実は幼馴染みで、シャーリーズ・セロンが、セス・ローガンをスピーチライターとして雇用。

邦題未定、来年公開予定(ポニーキャニオン)

* 

6.Poms (×)

初登場6位。
530万ドル。

ダイアン・キートン、ジャッキー・ウィーバー。
老人の居住区に越してきたダイアン・キートンが昔取った杵柄で老人チアリーディングチームを作る。

Pomは、チアリーダーのポンポン(Pompon)のことと思われる。

日本公開未定。
 


7.Uglydolls (×)

4位から7位にダウン。
半分以下の410万ドル。累計1450万ドル。

アニメ。
「アグリードール」
もともとはイラストレーター、デビッド・ホーバスのイラストを恋人のキム・スンミンが
ぬいぐるみにしたのがきっかけで生まれた。
アグリーと言うより、ブサカワ。

「アグリードール」2019/6/24(配給元不明)
 


8.Breakthrough (×)

6位 から8位にダウン。
1/3減って250万ドル、累計3720万ドル。

子供が冬の川で遊んでいたところ、氷が割れて水没。
救助されたものの水死、医者もできるだけのことはした、と言う。
両親が神に祈りを捧げ、何とか助けてほしいと願うと奇跡が起こった系のやつ。

日本公開未定。


 
9.Tolkien (★)

初登場9位。
220万ドル。

ニコラス・ホルト、リリー・コリンズ、デレク・ジャコビ。

1892年、現ドイツ生まれ。
トルキーンではなく、トールキンとして知られる。
J.R.R.トールキン。「指輪物語」(LOTR)や「ホビットの冒険」の作者。
彼の半生をつづる。

「トールキン 旅の始まり」2019/8(20thFOX)


 
10.The Curse of La Llorona (×)

7位から10位にダウン。
半分の180万ドル。累計5140万ドル。

LLORONAのLはYの発音でヨローナ。
ヨローナの呪いの意味でホラー。

「ラ・ヨローナ 泣く女」2019/5/10(WB)
 
*** 今週のベスト10陥落 ***

11. Captain Marvel (★★)

5位から11位にダウン。
6割近く減って180万ドル。10位とは5千ドル強の僅差。
累計は4億2380万ドル。

ブリー・ラーソン、ジュード・ロウ、サミュエル・L・ジャクソン。

「キャプテン・マーベル」2019/3/15(Disney)



12.Shazam! (★★★)

8位から12位にダウン。
6割減の100万ドル。累計1億3710万ドル。

DCコミックスのキャラクター。
謎の魔術師によって、スーパーパワーを与えられたビリー少年。

「シャザム!」2019/4/19(WB)



13.Dumbo (×)

9位から13位にダウン。

半分の74万ドル。累計1億1090万ドル。

おなじみ耳の大きな子象ダンボのお話。
ティム・バートン監督、コリン・ファレル、エバ・グリーン、マイケル・キートン

「ダンボ」2019/3/29(Disney)



14.Little (★)

10位から14位にダウン。
半分以下の68万ドル。累計3970万ドル。

レジーナ・ホール、マーセイ・マーチン。
傲慢でワンマンな女社長がある日突然子供になってしまい、理不尽な扱いを受ける。

日本公開未定。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今朝の東京スカイツリー、201... | トップ | 今朝の東京スカイツリー、201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事