ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

映画「イーグル・アイ」@109シネマズ木場

2008-10-21 01:26:50 | 映画感想
2008/10/20、109シネマズ木場にて鑑賞。

**
   
イーグル・アイとは何か。
それは物語の中盤で明らかになる。
問題はなぜ、この二人、ジェリー・ショー(シャイア・ラブーフ)と
レイチェル・ホロマン(ミシェル・モナハン)が選ばれたかだ。
それがこの物語の肝となる。

**

冒頭は、最近の軍関係のシーンでよく出てくる衛星からの画像。
中東のどこかだろうか。
米軍はテロリストの首謀者と思しき男性の乗った車列を発見。

軍は攻撃許可を求めるが、コンピューターの分析は、ネガティブ。
男たちは、どこかのアジトに集結、
もしくは葬儀のために集まっているようでもある。

コンピューターの分析は、確率は上がったものの依然としてネガティブ。
モニターの前で、攻撃を躊躇する国防長官(マイケル・チクリス)に
大統領から連絡が入る。

国防長官の意見はNoGo、しかし、大統領はGoの指示を出す。
無人攻撃機(おそらくはMQ-9)が、攻撃に入り、
葬儀の列にミサイルが直撃した。

場面は変わって、どこかの控室。
ジェリー・ショー(シャイア・ラブーフ)はポーカーで小銭を稼ぐが、
預金も底をつき、家賃もろくに払えない、コピーセンターの貧乏店員。

大家に家賃をせっつかれていると、双子の兄、イーサンが死んだとの連絡が入る。
優秀で軍に勤めていた自慢の兄、放浪癖のある弟。

葬儀に出ての帰り、父がくれた千ドルの小切手を換金しようとすると、
残高は75万1千ドルになっていた。

アパートでは大家が大量の荷物が届いていると言う。
それは、大量の硝酸アンモニウム、機関銃、拳銃、パスポート、、、、。

そして、突然、電話から女性の声。
「FBIがアパートに30秒で到着する、直ちに逃げなさい。」
「何の事だ」反論するジェリーに電話は続く。
「あと25秒」「あと17秒」
ジェリーは、窓を破って突入してきたFBIに逮捕される。

トーマス・モーガン捜査官(ビリー・ボブ・ソーントン)は、
ジェリーをテロ犯とにらみ詰問する。
おりしもアメリカ国内では、小規模なテロが頻発していた。
そこへ、空軍のテロ対策捜査官ペレス(ロザリオ・ドーソン)が乗り込んできて、
イーサンとジェリーとの関係を探ろうとする。

別室で電話をかけることを許されたジェリー、
電話しようとするとまた例の女性の声が割り込む。
「逃げるように言ったでしょ。方法を考えた、床に伏せなさい。あと4秒ある。」
「なにを言ってんだ」「あと2秒。」
クレーンのアームが壁をぶち壊して部屋に飛び込んできた。

びっくりするジェリーの前に電光掲示板が表示する。
「飛べ、ジェリー・ショー」
電光掲示板の指示通り電車に乗ると、寝ている隣の男に電話がかかる。
「3つ先の駅まで行きなさい。」
従わずに、反対方向の電車に乗ったジェリー。
電車は急停車し、逆走する。
「乗り換えろとは言わなかった」なおも無視するが、周りの客に電話がかかる。
「ドアの所に立つ黒い服、ジェリー・ショーはテロリストだ」と。


バツイチのレイチェル(ミシェル・モナハン)は、
トランペットを吹く小さい息子サムを駅まで送っていく。

サムの入っている子どもの楽団がワシントンDCで演奏するためだ。
その夜、久々にバーで親友と飲んでいると、サムから電話。

しかし、出たのは別の声。
「レイチェル・ホロマン、マクドナルドの店の窓を見て。」
そこには無邪気に遊ぶサムの顔が。
「助けたければ、店には戻らずに、この先にあるBMWに乗って」
レイチェルは、すぐ警察に電話したが、携帯は強烈な雑音を出して切れまたかかってくる。
「従わなければ、列車は脱線する。」

こうして出会った二人は、正体不明の電話の主に急かされて逃げることに。
追ってくるFBIをかわして一旦は逃げおおせるが、指示に従うしかない二人。

モーガン捜査官は二人を追い詰めていく、そして。
電話の主の正体は、そしてそいつは二人に何をさせようとしているのか。

イーグル・アイの正体と、イーサン・ショーが死んだ訳、
ジェリーとレイチェルがなぜ選ばれたのか。
すべてが氷解したとき、物語は衝撃のラストへ。

***

さすが、盛り上げ方はスピルバーグ流。
よくよく考えれば、不可解な点は多々あって、
あれだけ用意された爆薬や銃器は使われないのに
なぜアパートに送られたのか、とか。

相手はレイチェルでなくてもよかったし、とか。

大体あれだけ念の入ったことをしなくても、
ジェリーはもっと簡単におびき寄せられたろうし、
大統領の暗殺だってもっと簡単な方法があったはずだし、
あれだけの大騒ぎを起こす必要すらなかった、
というか大騒ぎを起こさずともできたはず。

展開の早さがじっくり考えている暇を与えないし、
最後はジェットコースター・ムービーと化して、
息をもつかせないところはさすが。

しかし、結末はやや不満、私的にはみんな死んだ方がよかった、
もっといえば、失敗する結末もありかな、と。

**

国防長官のマイケル・チクリスは、「ファンタスティック・フォー」の岩男。
ロザリオ・ドーソンは「レント」「プルート・ナッシュ」「アレキサンダー」など
に出ているが、私の見たのは「MIB2」だけ。

非常に面白かったが、何となく見たことがある設定だな、
と思ったのは私だけでしょうか。

コメント (13)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« 10/20、本日もアゲハが2匹羽化 | トップ | 全米週末興行ベスト10  2... »
最新の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はっしぃ)
2008-10-21 17:25:50
こんにちは

スピーディであっという間に終わっちゃいましたね。

色々疑問点があったのですが、終わってから解釈した点があるのでコメントさせてください。

1.テロリストとして追われたのはなぜか?
 絶対に必要な人間だったのは確かだから、追い込んだ。
 きっと、アリアが武器弾薬の送付を変更したことと、
 銀行口座からの送金を手引き。
 その情報をFBIにリーク。
 結果として犯罪者扱いかな。

2.レイチェルが選ばれた理由
 これは、確かに納得いかないかも。
 でも、トランペットを吹いているのが息子しかいないことでしょう。
 ※なぜメンバーを把握できるかは情報を全て判っているから可能。

3.その他のメンバー
 この二人を犯罪者として扱う為に楽器屋のオヤジや会場への手引きなど準備させた。
 全ては脅迫されているから行動したと思われる。

以上です。

でも、ラストはジェリー・ショーも死んで終わりかと思ったんだけどね。(^_^ゞ
 
国防長官のマイケル・チクリスはドラマの「シールズ」で目的の為なら手段を選ばない警官の役がイメージなんですけど・・・
雰囲気が全然違いました。
 
はっしいさんへ (KGR)
2008-10-21 20:53:46
コメントありがとうございます。

1.その通りと思いますが、
FBIに狙わせない方が、スムーズに運んだはず。
あんなに大量の物資を送る必要はなく、
もっと少しでよかった。

2.「息子を守るために行動する母」の設定は良いとして、
地下にはジェリー一人を呼び寄せればよかった。
2人でないといけない理由が良くわからない。
ペンダントは別人でもよかった。

3.は異論ありません。

ラストは違和感ありましたが、
そこは人生観と言うか、国民感情の相違でしょうか
見方次第でしょうけどね(^_^ゞ (はっしぃ)
2008-10-22 16:53:55
こんにちは。

①FBIに狙わせない方が・・・
うむ。
確かにそうかもしれないですね。
でも、主人公を追い込むのと兄弟との関係からアリアが欲していたのは確かだし。
警察ではそこまで追求しないだろうし、軍関係者がテロリストならFBIが捜査なのかも。

②地下36階に必要なのはジェリーだけどジェリーを殺す人が必要だったみたい。
実際には失敗しているけど・・・
それから、アリアが証拠隠滅のために関係者を抹殺している感じもあったので母親がペンダントで起爆装置は息子なら納得。
でも、会場に手引きしたあのおじさんは死んでいないからどうなんだろうね。
楽器屋のおじさんは黒こげだったけど・・・


最後にラストは別バージョンがあったりしてと思ったりしたのはおいらだけではないはず。
DVDにはその別エンディングがあったりして・・・(^_^ゞ

 
はっしいさんへ (KGR)
2008-10-22 17:07:04
はっしいさんの最初のコメントは当たっていると思います。

天の邪鬼なジェリーを抜き差しならない状態に追い込むために、
FBIを利用した、と言うのは正しいでしょう。
言うことを聞かないから、なんて説明してましたもんね。
捕まっても次の手を考えればいいし、
逃がす自信はあったんでしょうが、
ちょっと度が過ぎると思ったもので。

まあ、こちらが機械の言う通りに行動しないと、
次の手を考えるのはカーナビでもやりますし。

ジェリーを殺すところまで準備していたのも同感です。
ただ、それはレイチェルでなくてもよかったと
思ったのです。

トランペットとペンダントを近くに置くために、
敢えて親子を選んだ、も賛同です。

トランペットがうまく、音程を狂わせないのは、
サムしかいなかった、でもいいと思います。
こんにちは! (由香)
2008-10-23 10:38:29
お邪魔します♪
私もどこかで観たような映画だなぁ~と、鑑賞中に色々な映画と重ね合わせたりもしましたが、それでも十分楽しめました。
怒涛のスピード感にのせられちゃって、夢中になったのかも、、、
有り得無さは多々ありましたが、それを考える暇もないほどハラハラしました(笑)
由香さんへ (KGR)
2008-10-23 14:13:40
>怒涛のスピード感にのせられちゃって、
>それを考える暇もないほど
同感です。

これがだらだらした展開だと、
ちょっと待てよ、ほんとにそうだっけ?
みたいになってしまうのですが、
そんなこと言っとる場合かぁーって感じでした。
こんばんは☆ (ひろちゃん)
2008-10-25 01:37:28
>非常に面白かったが、何となく見たことが
ある設定だな、と思ったのは私だけでしょうか

いえいえ、私もそう思いました^^
設定もそうですが、シーンとかもそう感じるところが
ありました。
テンポが良くて楽しめたのですが、
普通に面白かったと言う感想になって
しまいました(^_^;)
ひろちゃんさんへ (KGR)
2008-10-25 01:54:24
TB/コメントありがとうございます。

>私もそう思いました^^
>設定もそうですが、シーンとかもそう

やっぱり。
意外性が少ないのでしょうか。
ナイス (iina)
2008-10-30 22:31:08
こちらのコメント欄で、疑問点についての問答になるほどと唸りました。
それも箇条書きなので読みやすく、ナイスでした。
iinaさんへ (KGR)
2008-10-30 23:14:30
お褒めにあずかり、恐縮です。

いろいろと、議論になるようなことはありますが、
疑問を感じたのは観終わってからです。

映画を見ている間は、たたみかける展開のうまさに
おかしいと思う余裕はなかったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画感想」カテゴリの最新記事

26 トラックバック

イーグル・アイ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それは、全てを見ている。』  コチラの「イーグル・アイ」は、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮&シャイア・ラブーフ主演の「トランスフォーマー」コンビが再びタッグを組んだ10/18公開のサスペンス・アクション大作なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~...
2008-75『イーグル・アイ』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-75『イーグル・アイ』(更新:2008/10/20) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) イーグル・アイ。 あらゆる電子媒体からの情報を元に犯罪者、テロリストなどを特定して処罰(暗殺)する為の支援...
イーグル・アイ (Akira's VOICE)
卑怯なアリア  
イーグル・アイ (eclipse的な独り言)
 今日はとある資格試験だったのですが、何も勉強していませんので撃沈しました。80
劇場鑑賞「イーグル・アイ」 (日々“是”精進!)
「イーグル・アイ」を鑑賞してきましたスティーブン・スピルバーグが製作総指揮を務め、「ディスタービア」のD・J・ジャルーソ監督&シャイア・ラブーフを起用したサスペンス・アクション。敵とも味方ともわからない謎の人物に監視される男女が、国家を揺るがす任務にか...
映画「イーグル・アイ」(2008年、米) (富久亭日乗)
    ★★★★☆ Steven Spielberg 製作のSFサスペンス。 原題は「EAGLE EYE」。       ◇ 名門大学を中退してコピー屋で働く Jerry Shaw (Shia LaBeouf)の元に、 国防総省に勤務する双子の兄が 交通事故で死んだとの知らせが届く。 その直後、 Jerryの銀行口...
★「イーグル・アイ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末レイトショウは・・・ スピルバーグが製作総指揮してて、秘蔵っ子のシャイア・ラブーフ主演作。 ミシェル・モナハンはんも「近距離恋愛」以来の登場。
『イーグル・アイ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「イーグル・アイ」□監督 D・J・カルーソ □製作総指揮・原案 スティーヴン・スピルバーグ □キャスト シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ロザリオ・ドーソン、ビリー・ボブ・ソーントン、イーサン・エンブリー、アンソニー・アジ...
「イーグル・アイ」 (てんびんthe LIFE)
「イーグル・アイ」TOHOシネマズ錦糸町で鑑賞 みようかみまいかずっと悩んでいましたが、予定の時間内に終わる作品がこれしまなかったので、みてきました。 思っていたよりは断然面白かったのですが、そこまで辿り着くまでには、連れともども、前半の長い睡眠時間...
すべてお見通し「イーグル・アイ」を鑑賞 (映画感想 瞼のスクリーン 第二章)
EAGLE EYE 評価 7  スピルバーグ製作総指揮と主演シャイア・ラブーフそして「ディスタービア」の監督D.J.カルーソーという人物が撮った映画。“面識のない2人の男女が謎の女性からの脅迫ともとれる電話の指示によって誘導され国家的事件に巻き込まれる”というストーリ...
イーグル・アイ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
観たい映画がたまっちゃったよぉ~とりあえず今回はコチラです♪【story】互いに面識のないコピーショップ店員のジェリー(シャイア・ラブーフ)と法律事務所で働くレイチェル(ミシェル・モナハン)は、謎の女性からかかってきた電話により引き合わされた。その声の主は...
イーグル・アイ(2008年) (勝手に映画評)
コピーショップの店員ジェリー(シャイア・ラブーフ)が、外出から帰宅すると、部屋には最新の武器が部屋一杯に。不思議に思っていると、携帯電話に謎の女から「FBIが来る。直ぐ逃げなさい。」と言う電話が・・・。一方、シングルマザーのレイチェル(ミシェル・モナハン...
★イーグル・アイ(2008)★ (CinemaCollection)
EAGLEEYEそれは、全てを見ている。映時間118分製作国アメリカ公開情報劇場公開(角川映画=角川エンタテインメント)初公開年月2008/10/18ジャンルアクション/ドラマ【解説】シャイア・ラブーフが主演作として「トランスフォーマー」のスティーヴン・スピルバーグ、「ディ....
【イーグルアイ】☆シャイア・ラブーフ (猫とHidamariで)
それは、すべてを見ている。しかし、その姿は決して見えない。イーグル・アイイーグル・アイ-goo映画監督 : D・J・カルーソー製作総指揮・原案 : スティーヴン・スピルバーグ出演シャイア・ラブーフ : ジェリー・ショーミシェル・モナハン : レイチェル・ホ...
『イーグル・アイ』2008・10・19に観ました (映画と秋葉原と日記)
『イーグル・アイ』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ コピーショップ店員の青年ジェリー(シャイア・ラブーフ)は、或る日米軍に所属する双子の兄弟の急死で実家へ帰り。自宅への帰途ATMに立ち寄ると、何故か口座に75万ドルもの大金が振り込まれ、帰...
「イーグル・アイ」遠距離操作の先にみた恐怖の暴走抹殺計画の全貌 (オールマイティにコメンテート)
「イーグル・アイ」は突然掛かってきた1本の携帯電話によって何者かに監視され、そして命令通りに行動していく事になり、その先に恐ろしい展望を迎えるストーリーである。何時何処で誰かが監視している現実を最近感じるが、このような想定が有り得る今の現代に対する警告...
「イーグル・アイ」“オチ”はイマイチ…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
 スティーブン・スピルバーグ製作総指揮。予告編はとっても面白かった(まあ、意地の悪いこと(^^;)、「イーグル・アイ」(角川映画/角川エンタテインメント)。聞くところによるとスピ様は、10年前からこの企画を温めていたとのこと。う~ん、その気になればもっと早く...
映画「イーグル・アイ」 (Andre's Review)
eagle eye 2008年 アメリカ 予告編でなんとなくヒッチコックっぽさを感じ、なかなか面白そうなサスペンスなのでは?と思い気になっていた作品。何か映画を観ようと思っていたところ、たまたま時間があったので観ちゃいました。そして平日昼間の映画館、客が2人だけって・...
【映画】イーグル・アイ (新!やさぐれ日記)
▼動機 予告編が面白そうだったので ▼感想 手塚なら手塚と先に言ってくんないと・・・ ▼満足度 ★★☆☆☆☆☆ いまいち ▼あらすじ アリアという謎の女性の電話で引き合わされた互いに面識のないコピーショップ店員のジェリー(シャイア・ラブーフ)と法律事...
イーグル・アイ(@_@)期待はずれでした。 (銅版画制作の日々)
 それは全てを見ている。               しかし、その姿は決して見えない。 11月11日、MOVX京都にて鑑賞。スティーブン・スピルバーグが10年前から構想していた題材を元に製作されたそうですが・・・・。今ひとつのような感じがします。ハリウッド映画...
『イーグル・アイ』 @丸の内ピカデリー (映画な日々。読書な日々。)
「私の言うとおりにしなさい さもないと死ぬことになる」突然かかってきた1本の電話。その瞬間から、コピーショップの店員ジェリーと、法律事務所で事務係として働くシングルマザーのレイチェルの平凡な生活は一変する。アリアという謎の女性に引き合わされたまったく面...
「イーグル・アイ」斬新なのにありきたり (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
一回も息をつく暇がない。 この目まぐるしさは、劇中の主人公と同化するのに充分である。 斬新で新しい展開とスリルは、まさにジェットコースタームービーと呼ぶに相応しい。 しかし、途中から、あら?あらら・・・・?どっかで観たことあるんだけど~~え~とえ~っと...
イーグル・アイ (映画鑑賞★日記・・・)
【EAGLE EYE】2008/10/18公開(10/18鑑賞)製作国:アメリカ監督:D・J・カルーソー出演:シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ロザリオ・ドーソン、マイケル・チクリス、アンソニー・マッキー、ビリー・ボブ・ソーントンそれは、全てを見ている。
イーグル・アイ (映画初日鑑賞妻)
★★★ とっても忙しいストーリーだった。 あちこちから見ている「眼」が怖いよ~。 どこへ逃げたらいいの~。 でも、女の正体を知った途端、話が面白くなくなった。
【映画】イーグル・アイ…今度の相手役は少しお姉さんだけどメゲるなよシャイア君 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/kaeru_fine/}は朝から山口県の滝部というところまで散髪{/m_0056/}に行ってきました。 しかし今日は天気良い{/kaeru_fine/}ですねぇ。 散髪の行き帰りにサイクリング{/bikes/}なチャリメットマンを何人も見かけました。まだ涼しいからサイクリングには最適な日かも...
映画『イーグル・アイ』を観て (KINTYRE’SDIARY)
87.イーグル・アイ■原題:EagleEye■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:117分■字幕:林完治■鑑賞日:11月1日、吉祥寺セントラル(吉祥寺)スタッフ・キャスト(役...