ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

全米週末興収ランキング(2020/2/7-2/9)

2020-02-12 21:58:27 | 映画関連
毎週金土日の全米興行収入ランキングです。(2020/2/7-2/9)
今週は「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey」が初登場1位。
アカデミー作品賞を取った「パラサイト」は興収を増やしたものの14位から11位へのアップにとどまり、
初のベスト10入りは逃した。



1. Birds of Prey: And the Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn
2. Bad Boys for Life
3. 1917
4. Dolittle
5. Jumanji: The Next Level

6. The Gentlemen
7. Gretel & Hansel
8. Little Women
9. Star Wars: Episode IX - The Rise of Skywalker
10. Knives Out
**
11. Parasite
14. The Turning

16. The Rhythm Section



個人的な見たい度を★★★、★★、★、×の4段階で表示



1. Birds of Prey: And the Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn (★★★)

初登場1位。
3300万ドル。

マーゴット・ロビー、ユアン・マグレガー。
スーサイド・スクワッドですごさを見せたマーゴット・ロビーのハーレイ・クイン。
ジョーカーと破局した後、美女軍団を率いて暴れまくる

「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey」2020/3/20(WB)



2. Bad Boys for Life(★)

1位から2位にダウン。
1/3減って1200万ドル。累計1億6630万ドル。

ウィル・スミス、マーチン・ローレンスによる刑事ものバディ・ムービー。
1995年の第1作、2003年の第2作に続く、17年ぶりの第3弾。
長い間が空いた続編は興行的に失敗することが多いが、前2作を上回る大ヒット。

「バッドボーイズ フォー・ライフ」2020/1/31(Sony)


 
3.1917(★★)

2位から3位にダウン。
ほぼ同額の920万ドル。累計は1億3270万ドル。

第一次大戦下の最前線に撤退命令を伝える兵士の奮闘をサム・メンデス監督が全編ワンカットで描く。

「1917 命をかけた伝令」2020/2/14(東宝東和)


 
4.Dolittle (★)

3位から4位にダウン。
1割ちょっと減って650万ドル。累計6380万ドル。

ロバートダウニーJr。
動物と話ができるお医者さん、ドリトル先生。

「ドクター・ドリトル」2020/3/20(東宝東和)



5.Jumanji: The Next Level (★★)

5位キープ。
1割弱減って550万ドル。累計は2億9840万ドル。
3億ドルに届きそうだ。
続編。
ジュマンジ内のドゥエイン・ジョンソン、ケビン・ハート、ジャック・ブラック、カレン・ギレンは続投。

「ジュマンジ ネクストレベル」2019/12/13(SONY)
 


6.The Gentlemen

6位キープ。
1/4減って420万ドル。累計2680万ドル。

マシュー・マコノヒー、チャーリー・ハンナム、コリン・ファレル。
イギリスで麻薬王国を築いたアメリカ人がイギリスから撤退することになり、その島を狙う輩どもの顛末

邦題未定、年内公開(キノフィルムズ)



7. Gretel & Hansel (×)

4位から7位にダウン。
4割減って350万ドル。累計1150万ドル。

ご存じ「ヘンゼルとグレーテル」
ホラー仕立て。

日本公開未定



8.Little Women (×)

8位キープ。
1/4減って230万ドル。累計1億270万ドル。大台突破。

美女4姉妹の物語=「若草物語」
今作は長女エマ・ワトソン、次女シアーシャ・ローナン、三女エリザ・スカンレン、四女フローレンス・ビュー。
母にローラ・ダーン、叔母にメリル・ストリープ。
しかし邦題の「ストーリー・オブ・マイライフ」はなんで付けたのか。
「私の」は許せるが、「ストーリー・オブ・マイライフ」は無駄。

「ストーリー・オブ・マイライフ 私の若草物語」2020/3(Sony)



9.Star Wars: Episode IX - The Rise of Skywalker (鑑賞済)

7位から9位にダウン。
3割減って230万ドル。累計は5億1060万ドル。
通常なら最終興収はあと300万ドルぐらいなので「ローグワン」の5億3千万ドル超えは厳しい。

マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー、ハリソン・フォードなど懐かしいキャスティングが失敗か。
これで、1977年に始まったシリーズ9作は完結。
ディズニー・スタジオはさらに新3部作を考えているらしい。

「スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け」2019/12/20(Disney)



10.Knives Out (鑑賞済)

11位から10位へアップし再びベスト10入り。
1割減って220万ドル。累計1億5880万ドル。

著名な推理小説作家がナイフで殺害される。
警察も来るが、私立探偵が乗り込んできて事件を解決に導く。
探偵の謎解きは、エルキュール・ポアロか工藤新一か、それともシャーロック・ホームズか
殺されるのは、クリストファー・プラマー、探偵にダニエル・クレイグ。
怪しい親戚、容疑者一同に、ジェイミー・リー・カーティス、トニー・コレット、ドン・ジョンソン、
クリス・エバンス、アナ・デ・アルマス、マイケル・シャノンなどなど。

「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」2020/1/31(ロングライド)

*** 今週ベスト10から陥落した映画

14.The Turning (×)

9位から14位にダウン。
半分の140万ドル。累計は1410万ドル。

家庭教師を襲う恐怖。
小説「ねじの回転」(The Turn of the Screw)の3度目の映画化。
なおTVドラマには何度もなっているようだ。
主演は、「T6」の女性サイボーグだったマッケンジー・デイビス。

日本公開未定。



16.The Rhythm Section (★★)

10位から16位にダウン。
6割減って100万ドル。累計490万ドル。

ブレイク・ライブリー、ジュード・ロー。
「堕天使の報復」の映画化。
飛行機事故で家族を失った女性が暗殺者となって事故の真相を暴く。

日本公開未定

コメント   この記事についてブログを書く
« 今朝の東京スカイツリー(202... | トップ | 今朝の東京スカイツリー(202... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画関連」カテゴリの最新記事