ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

試写会「ミュンヘン」@なかのZERO

2006-01-26 02:51:32 | 映画感想
スティーブン・スピルバーグが監督した問題作。
なかのZERO(中野ZEROホール)での開催。
1290余席の会場だが、ある程度の傾斜が確保されていて見やすい。

「トロイ」のヘクトルとしてブラピのアキレスと一騎打ちを演じたエリック・バナが、
イスラエルの特殊部隊モサドの暗殺隊のリーダー、アヴナーを演じる。

5人の暗殺チームメンバーは、リーダーのエリック・バナのほかに、
「ロード・トゥ・パーディション」「トゥームレイダー」
そして「新007」のダニエル・クレイグ、
「トゥームレイダー2」「オペラ座の怪人」などの大御所、キアラン・ハインズ、
「クレムゾン・リバー」「ゴシカ」のマチュー・カソヴィッツ、
「二人のロッテ」などのハンス・ジシュラー(ハンス・ジッヒラー)。

モサドの幹部に「パイレーツ・オブ・カリビアン」などのジェフリー・ラッシュ。

***

物語は、1972年のミュンヘン・オリンピック選手村。
何人かの男が塀を乗り越えて選手村に入り、イスラエル選手を人質にする。

このあたりは、(たぶん本当の)TVニュースなども織り交ぜて語られる。
当時の西ドイツ政府は、犯人の要求を呑んだ振りをして逃亡用の飛行機を用意。
空港で犯人を全員射殺するが、人質9人も全員死亡してしまう。

イスラエル政府はこのテロを計画した11人を特定し、
特殊部隊モサドの除隊者でチームを編成し、暗殺を画策する。

5人はイスラエルから金銭的支援は受けながら、
身元の保証も安全保障もなく、ターゲットを殺していく。

最初は銃を撃つのをためらっていた(結局は撃つのだが)彼らも、
徐々に慣れるとともに、逆に人間性を失っていくのだった。

CIAやKGBも絡んで、暗殺チームの任務はいったいいつまで続くのか。
また、パレスチナも報復を行い、報復合戦となる。
この戦いに終わりは来るのだろうか。

***

久しぶりにシリアスな映画を見ました。
「そんなこと無いやろー」と突っ込めるような部分はなかったです。

射殺、流血などの残酷シーンや爆破、撃ち合いのシーンもありますが、
全体に派手な演出ではなく淡々と事実を見せている、風に作られています。

「シンドラーのリスト」「プライベート・ライアン」が
チラシに取り上げられていますが、
(スピルバーグ映画ではないが)「戦場のピアニスト」の
リアリティに近い物を感じました。

ただ、このいがみ合いはわれわれが一朝一夕に論じたり
理解できるものではなく、どちらがいいとか悪いとか、
正しいとか間違っているとか言える代物ではありません。

スピルバーグは殺し合いでは解決しないということを言いたかったのでしょうが、
平和ボケの日本で通じるかどうかは難しいところです。

***追記(1/27)***

いろんな意味で、あまり詳しく触れたくはないのだが、
と前置きしておいて。

ミュンヘンオリンピックのテロだけをとらえてひどいことだと
書いている人が多いが、そんな単純なものではない。

モサドはもともとはナチのホロコーストの責任を追求する組織。
逃亡していた元ナチのアイヒマンを探し出し捕まえたことでも有名。

モサドによるパレスチナゲリラの暗殺はこの映画の以前からあって、
1970年9月に起きた同時多発ハイジャックの犯人の一人は、
その直前にモサドが暗殺に失敗した女性だったりするらしい。

その結果、パレスチナ人のイスラエル入国が難しくなり、
パレスチナで軍事訓練を受けていた日本人をイスラエルへ潜入させる作戦が浮上、
1972年2月の日本赤軍によるテルアビブ空港乱射事件につながっていく。

このニュースを聞いたときは、外国で大勢の民間人を殺して、
一体、日本赤軍ってなに考えてんの、くらいにしか思わなかったが、
実はパレスチナとイスラエルの戦いの連鎖のひとつだったことになる。

イスラエルはこれに対してPFLPに報復。
さらにPFLPの報復がこのミュンヘン事件だったわけだ。

映画でもあったようにモサドがパレスチナの幹部を殺せば、
PFLPもそれに報復する、の繰り返し。

双方とも「そもそもわれわれは、そもそも相手は」
というところから始まり、互いに相手方による殺戮を非難して
自分たちは正しいと考えている。
その後も対立は延々と続き、現在に至っている。

単純にテロはいかんとか、報復するなとかではすまない根深さで、
軽々にどちらがどうとはいえないものがある。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 試写会「ナイト・オブ・ザ・... | トップ | 今に始まったことじゃない »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして。 (KEN1)
2006-01-27 07:12:54
TBありがとうございます。



この映画は上映時間が長いですが、無駄なシーンは一切なく、

素晴らしい作品でした。

しかし、日本人(私もそうですが)に、どこまで通じるかは疑問ですね・・・
今後が心配 (KGR)
2006-01-27 13:22:56
この映画を過去の出来事と捉えている方も多いようですが、私には今後のほうが心配です。



http://news.goo.ne.jp/news/jiji/kokusai/20060127/060126155824.dheiq1wo.html



http://news.goo.ne.jp/news/asahi/kokusai/20060127/K2006012701230.html
初めまして (河村瑠衣)
2006-01-27 19:32:45
私、基本的に戦争映画は苦手で観ないので比較は出来ませんが、イスラエルとパレスチナの歴史を知らないと、この映画は深い部分で理解出来ないと思います。



ネタバレにならないように映画の感想を書くのは難しいですね。

しかも、この映画微妙なところで終わりますよね?

その方が考えさせられる事が多いような気もしますが…。



TBさせていただきます (aiai)
2006-01-29 14:09:54
初めまして。

自分がこの映画について消化不良状態なので色々な方のコメントを拝見しているのですが、厳しい意見も多いようです。日本以外の国でも、難しいと受け止められるんじゃないかな。それにアヴナー達は「テロリスト」と言われた人を殺すことには、疑問を感じていなかったように見えました。
平和ボケ (にら)
2006-02-14 16:56:30
『パッチギ!』を観たときも、自分の平和ボケぶりが身につまされました。



でも、平和ボケなおかげで、そうした映画を見る時間的金銭的余裕があるのだとしたら・・・うーん・・・



なんだかとってもちっちゃいことに悩みつつ、TBありがとうございました。
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2006-09-07 18:47:00
いつもありがとうございます!

日本赤軍、日本も関係していたんですね。

とうてい理解できないことですが、

理解できないでは済まないほど、

世界的規模になっていますからねぇ、、、

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

24 トラックバック

ミュンヘン (cinema capsule)
ミュンヘンオリンピックで実際に起こったテロ事件。 史実を元に描かれる報復と精神のバランスを崩していく 男の姿を描く。 ★「ミュンヘン」 2005年アメリカ 164分 監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:エリック・バナ    ダニエル・クレイグ    キアラン
ミュンヘン (エリ好み★)
席がなくて、前から三列目で観たのが悪かったのか、終わる頃にはどんよりでした(-\"-;)
ミュンヘン (夢見る小悪魔)
ミュンヘン(オフィシャルサイト) 1972年、ミュンヘン・オリンピック開催中に発生した パレスチナゲリラ “ブラック・セプテンバー”による イスラエル選手団襲撃事件。 アスリート11名の尊い命が奪われる― パレスチナへの復讐心に火がついたイスラエル...
映画館「ミュンヘン」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
1972年ミュンヘンオリンピック、パレスチナゲリラによってイスラエル選手11人が犠牲になる。イスラエル機密情報機関“モサド”は暗殺チームを編成しパレスチナゲリラ11人暗殺が実行される。。。という事実に基づいたお話です。 ミュンヘンオリンピックのときに...
ミュンヘン 評価額・1180円 (Blog・キネマ文化論)
●ミュンヘンをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 1972年9月5日、ミュンヘン・オリ
「ミュンヘン」 (●○ゆるゆるシネマ感想文○●)
「ミュンヘン」 公式サイト 劇場鑑賞 ゆづあげの好き度 ★      (満点は★5個) 2006年2月4日公開   民族としての誇り、祖国への誇り・・・。 残念ながら、私はこういった誇りをあまり持ち合わせていません。 しかし、日本も実は他民族国
始まりでも「ミュンヘン」終わりでもない (再出発日記)
「ミュンヘン」監督スティーヴン・スピルバーグ出演エリック・バナダニエル・クレイグジェフリー・ラッシュマチュー・カソヴィッツ1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に、パレスチナゲリラ“ブラック・セプテンバー 黒い九月”によるイスラエル選手団襲撃事件...
ミュンヘン(2005米) (WAKOの日常)
Based on a true story.(Inspired by?)と最初に断りテロップが出てきます。でもまさかこんなことが、私の生まれる少し前に実際にあったとは…。ビックリでした。この内容では「イスラエルの総領事館から非難」「完全秘密主義でプレス試写も公開2週間前」となる訳です。
映画「ミュンヘン」と映画「戦場のピアニスト」(1/2) (make myself just as hard)
映画「ミュンヘン」(Munich, 2005・米国) 映画「戦場のピアニスト」(The Pianist, 2002・仏独英ポーランド) スピルバーグ監督の最新作「ミュンヘン」(昨日より公開中)はさまざまな面から見てすばらしい思うが1、その中でも際立つ点というのは、私がポランスキー監
『ミュンヘン』 2006・2・5に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『ミュンヘン』  公式HPはこちら  ENTTER SITEでFlash版 ●あらすじ 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピックの選手村で、パレスチナゲリラ(黒い九月)のテロにより、イスラエル選手団11人死亡した。イスラエルの機密情報機関(モサド)は、報復の
「ミュンヘン」 (それ、いいかも?)
「ミュンヘン」 謀略史観的な書物では、モサドといえば世界中の情報工作機関の中で最も優秀で最もプロ意識の高い冷徹な集団として描かれるが、この映画に登場する工作員たちはそれにはほど遠い。 水も漏らさぬ完璧な計画を立てるでもなく、表情ひとつ変えずに敵を始末するわ
ミュンヘン (悠雅的生活)
報復が齎す孤独と苦悩
ミュンヘン (ネタバレ映画館)
 また爆弾の量を間違えちゃったよ・・・ってシャレにならないんですけど・・・  イスラエルとパレスチナの仁義なき戦い。復讐が復讐を呼び、際限なき憎しみが連鎖する。ご存知のとおり、スピルバーグ監督はユダヤ人であるけど、どちらが悪いなどといった次元の映画ではな
「ミュンヘン」 (試写会帰りに)
中野ZEROホール「ミュンヘン」試写会。 1972年ミュンヘン・オリンピックで11人のアスリートが殺害された。深い悲しみの中、イスラエル政府が下した決断は報復だった……。史実に基づいた物語。スティーブン・スピルバーグ監督。 スピルバーグ監督の最高傑作と言われている事.
ミュンヘン (Akira\'s VOICE)
事実以上の驚きは無い。 でも,響くメッセージは胸に刺さる。
『ミュンヘン』 (ねこのひたい~絵日記室)
ミュンヘン・オリンピックでテロリスト集団「黒い9月」の犠牲になったのは11名のユダヤ人。
ミュンヘン (toe@cinematiclife)
第78回 アカデミー賞 作品賞、監督賞 ノミネート作品 1972年のミュンヘンオリンピックで実際に起きた事件を元に描かれたこの映画。 その事件は、「オリンピック選手村で11人のイスラエル代表が殺された」というものであり、犯人はパレスチナ人だった。 当時、生まれたばか
「ミュンヘン」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
今から34年前の1972年、西ドイツ(現在のドイツ)のミュンヘンでミュンヘンオリンピックが開催された。開会式は8月26日に行われたのだが、それから10日後の9月5日に世界中を震撼させる大事件が起こった。世に言う「ミュンヘンオリンピック事件」で在る。 パレ
ミュンヘン   -劇場- (坂部千尋のsparrow diary)
   ミュンヘンを観終わってお家に帰った千尋に「私も超観たかったのに{/ee_3/}{/hiyo_cry2/}」と大声で訴えるマミー{/niwatori/}よく考えたらマミーは、学生運動世代で、ミュンヘン事件もリアルタイムでニュース見てて、そういやおまけにエリック・バナのファンでした{/fac
ミュンヘン 06年169本目 (猫姫じゃ)
ミュンヘン 2005年   スティーブン・スピルバーグ 監督エリック・バナ , ダニエル・クレイグ , キアラン・ハインズ , マチュー・カソヴィッツ やっぱり、こういうのが、今のスピルバーグなのね。 ミュンヘン五輪で実際に起きたテロの映画化。  
ミュンヘン (しーの映画たわごと)
ずっとずっと観たかったスピルバーグ作品。スピルバーグといえば、ファンタジーやアドベンチャー、それにB級だけどアイデア作品を作らせたらピカイチな監督というイメージを私は常にもっています。とにかく夢を感じます。ただ、社会派なんちゃらとかという路線ではズッコ...
ミュンヘン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『わたしは正しいのか?』  今日は2/4公開のコチラの映画を観てきました。1972年9月5日にパレスチナの武装テロ集団”ブラック・セプテンバー(黒い9月)”によるミュンヘンオリンピック事件に端を発した事実を基に描いた映画です。  コチラの事件は、全米に中継さ...
「ミュンヘン」試写会招待状 (KGR別館)
スティーブン・スピルバーグ監督。 トロイのエリック・バナの主演。 イスラエルからも非難を受けている作品。 1/25(水)中野ZEROホールでの開催。 週間モーニング編集部の懸賞にて当選。
ミュンヘン(DVD) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「ミュンヘン」の原作「標的は11人」は既に86年に「ギデオン-テロリスト暗殺指令」というTVムービーになっている。両者を比較するとスピルバーグの才能が明確になる。「ギデオン」 ...