ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

ジャパン・プレミア「マネーボール」@東京国際フォーラムA

2011-11-11 00:42:26 | 映画感想
2011/11/9、東京国際フォーラム、ホールAでの開催。

映画本編以外のことは別記事にて。

***
  
ブラッド・ピット、フィリップ・シーモア・ホフマン、ジョナ・ヒル、ケリス・ドーシー。



2001年、アメリカン・リーグ、プレーオフ地区シリーズ、
オークランド・アスレチックスは2勝3敗でヤンキースに敗れた。

GMのビリー・ビーン(ブラッド・ピット)は、オーナーによくやったとは言われるが、
チームの要である選手の多くをFAで失ってしまう。

ビリーは有力な選手を抑えるため、もっと金を出してくれとオーナーに頼むが、
オーナーは金持ち球団の真似をする気はないと断わる。

ビリーは自らクリーブランド・インディアンズに乗り込んで交換トレードを申し入れるが、
スタッフの一人に目をつけ、選手ではなく彼を引き抜いてしまう。

そのスタッフ、ピーター・ブランド(ジョナ・ヒル)は、
ビル・ジェームズのセイバーメトリクスを応用した指標で選手を評価、
ビリーは彼を自分の知恵袋として利用する。

スカウトとの対立、選手との軋轢、マスコミの冷ややかな評価、
2002年シーズンの幕開けは、最悪の出だしで、ビリーは苦境に立つ。

はたしてビリーの賭けは吉と出るか凶と出るか。

**

弱小貧乏軍団を独自の理論によって強化、常勝軍団へと変えていった、というと、
何かスポ根もののように聞こえるがそうではない。

言わば経営指標に基づく経営哲学の実践編みたいなもので、
仕事に専心しながらも仕事と家庭の狭間で苦悩するGMの姿が見て取れる。

ただ、映画としてはビリー・ビーンは正しかったで構わないのだが、
現実問題として、松井秀喜や岩隈久志の立場を考えるとやや微妙。

**

セイバーメトリクス理論は、この時急に生まれたものではなく、
1980年代から世に知られていたそうだ。

しかし、一部の愛好家には人気があったもの球団経営には生かされなかった。

1983年ビリー・ビーンの前のGMであるアルダーソンが適用し始め、
1990年代半ばに球団経営が苦しくなってからは
メジャーでも使うようになり、現場との対立が激しくなった。

1997年、GMとなったビリー・ビーンはこの施策を推し進め、
実際には徐々に効果を発揮したということで、
2001年から2002年に急に強くなったわけではない。



「新しい指標」はアメリカではすでに一般的なもので、
細かい分析も日常的に行われている。

日本ではまだまだ評価の低いOBP(出塁率)や
OPS(出塁率+長打率)が重く見られている。

また、打者でいえば対左投手/対右投手、チーム別、スタジアム別、
デイゲーム/ナイトゲーム、カウント別、走者別などの数字が簡単に手に入り、
個人でも分析をする人が多いようだ。

例えば、ボテボテの内野安打もクリーンヒットも同じとするならば、
四球も出塁という点では同じ価値があり、打率よりも出塁率の方が
得点との相関性が高いといえる。

こういった個人の打撃能力指標よりも得点に結びつくかどうかを
評価の対象とした分析が有効とすると、従来指標では
「不当に低く(安く)評価されている」選手がいるわけで、
その分安い年俸で得点能力の高いチーム編成ができる。

しかし、各チームが評価の指標を同じように変えてくれば、
また同じベースになり、金持ちが有利になるのは自明なので、
また新しい観点が必要になってくる。



2001年のアメリカン・リーグ(以下、ア・リーグ)西地区優勝は
マリナーズの116勝46敗。2位はアスレチックスの102勝60敗。
102勝もすごいが、マリナーズの116勝はあきれるほどすごい。

この年、アスレチックスは、ワイルドカードでプレーオフに進出し、
ヤンキースに2勝3敗で敗れている。
2002年、ア・リーグ西地区優勝はアスレチックスの103勝59敗。
しかし地区シリーズでツインズに2勝3敗で敗れた。

2003年、アスレチックスは96勝66敗で地区優勝したが、
地区シリーズでレッドソックスに2勝3敗で敗退。

実は、2000年には91勝70敗で地区優勝したものの
ヤンキースに2勝3敗と地区シリーズで敗退しているため、
4年連続地区シリーズ敗退となっている。

とはいえ4年連続プレーオフ進出はそれはそれですごい。

**

役者としては登場しないが、多くの選手本人が実写で登場、
演技と実写をうまく混ぜている。

劇中でレッドソックスに移籍したジョニー・デーモンが、
もともとは短髪でひげなしとは知らなかった。

ヤンキースとのプレーオフではデレク・ジーター、バーニー・ウィリアムズらが写る。
また、一瞬だがマリナーズ戦の中継画面にイチローの顔が大写しになる。

コメント (5)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
« ジャパン・プレミア「マネー... | トップ | 今朝の東京スカイツリー、201... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今晩は、返事遅れました (パピのママ)
2011-11-28 18:05:53
いつもコメ入れてくれてありがとうございます。
面白かったです。野球やメジャーリーグに関する知識が無くても十分面白かった。
でも、知識が有った方がより楽しめるんでしょうね。
統計から考える野球が良いか悪いか、その野球の実践を最初にやった人の実話。
GMってこういう仕事していてこれだけの力があるのかって初めて知りました。
ブラピの演技が上手いのに驚いた。スター俳優って感じがして好感が持てましたね。でも、オスカーには後一歩かな?
パピのママさんへ (KGR)
2011-11-28 21:31:53
こちらこそいつもどうも。

オスカー候補の呼び声高いですね。

映画としては面白いのですが、この理論の結果、野球そのものが面白くなるのかは疑問もあります。
もちろん札びら切って、有名選手をかき集めたところで面白くないのは言うまでもありませんが。

球団もリーグもいろいろと努力しているし、ただ勝てばいいということではなく、ファン獲得の一環としての強いチーム作りだと理解しています。
こんばんは。 (ヒロ之)
2012-03-23 18:54:06
何時もコメント有難うございます。

これは私も野球好きの為、とても興味深く観れました。
GMという職業は名前だけ知っていましたが、実際どういったことをしているのかは知らなかったので、そういった点では色々と為になる作品だったように思います。

それとやっぱりブラピの演技は渋くて良かったです。
じわじわと感動させられるような作品でした。
ヒロ之さんへ (KGR)
2012-03-23 21:28:47
本当は分析はチームでやっていたそうですが、そこをジョナ・ヒル一人に絞ったおかげで、より旧スカウト陣との対立軸が明確になりました。
でも、マネーボール理論だけに着眼するとちょっと違うかもしれませんね。

理論でロジカルに進めているようで、観に行くと負けるジンクスを信じていたり、それでも観に行かざるを得ない気持ちとか、娘への愛情とか、そういう面も面白かったです。
こんにちは (maki)
2012-04-30 09:50:17
野球には全然興味がなかった私ですけれども
これは面白くみられました
なにをしているのかよくわからないGMの存在などもこの映画でしっかりとわかりましたし、野球には夢がある、というのもやはりわかりました
(まあだからといって急に野球ファンにはなれませんが/笑)
ブラピの人物造形はなかなか良く出来ていてやはり演技達者だな~と感じだ次第でございます

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画感想」カテゴリの最新記事

27 トラックバック

マネーボール (LOVE Cinemas 調布)
日本人の松井秀喜が在籍していることでも知られるメジャーリーグ、オークランド・アスレチックス。この貧乏球団をGMビリーの独自のマネーボール理論によって常勝球団へと生まれ変わらせる過程を描いたドラマだ。主演はブラッド・ピット。共演にフィリップ・シーモア・ホ...
試写会招待状「マネーボール」 (KGR別館)
11/9、東京国際フォーラム。 ジャパンプレミアです。 ブラッド・ピットが登場予定。 MoviePlusのご招待。 リアル・スティールとかぶりました。 誰がどちらに行くか、家族会議です。
「マネーボール」貧乏球団でも勝てる! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ブラッド・ピット] ブログ村キーワード  今シーズン、あの“ゴジラ・松井”が所属していた“MLB”(メジャーリーグベースボール)のチームが“オークランド・アスレチックス”。若くして、そのアスレチックスのGM(ゼネラルマネージャー)となったビリー・ビー...
「マネーボール」 Moneyball (2011 SONY) (事務職員へのこの1冊)
原作の特集はこちら。 野球映画は当たらないというジンクスがある。日本の話ではなく
統計学最強。でもお金は必要。 【映画】マネーボール (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】マネーボール メジャーリーグの貧乏球団を独自の理論で 常勝球団に育て上げた実在の男の半生を描く。 【あらすじ】 元プロ野球選手で短気な性格のビリー・ビーン(ブラッド・ピット)は、アスレチックスのゼネラルマネージャーに就任する。チームはワー...
「マネーボール」お金だけではない本当の能力価値を見つけて編成するチーム作りの在り方 (オールマイティにコメンテート)
「マネーボール」はオークランド・アスレチックスのゼネラル・マネージャ(GM)ビリー・ビーンが突出した数字に目をつけて他の球団が獲らない選手を獲得してこれまでの常識だっ ...
映画:マネーボール Moneyball 今年有数の面白さ ≒ 原作の内容 × 映画のドラマ性 × 俳優陣 × 現代性! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
2004年発行マイケル・ルイス著、マネー・ボール Moneyball: The Art of Winning an Unfair Game の映画化。 数年前、楽天が球団経営に乗り出した時にも話題になったこの本の冒頭には、以下のフレーズが。 「貧乏球団アスレチックスはなぜ3分の1の選手予算でヤンキース....
『マネーボール』 経済学は冷たいか? (映画のブログ)
 「経済学は冷たい」  そんなツイートを目にすることがあった。ひとつの学問に冷たいだの温かいだのと体感温度はないはずだが、そういう思い込みを持つ人がいることに興味を引かれた。  『マネーボール...
マネーボール (食はすべての源なり。)
マネーボール ★★★★☆(★4つ) 常識を打ち破る理論で 野球を変えた ひとりの異端児の戦い。 まさかの133分!!長いぜ・・・。 てか、上記キャッチコピーが私の中で「常識を打ち破る理論でチームを優勝に導いた」と勝手に脳内変換されてた・・・そこまで出来過ぎ...
マネーボール 野球好きかブラピ好きか、の為の映画だったかも・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=61 -10-】 間違っちゃったよ~、予告編に欺されたよ・・・好きな映画ではなかったよ~  メジャーリーグの野球選手だったビリー・ビーンは、引退後オークランド・アスレチックスのゼネラル・マネージャーとなる。しかし、財政が苦しいアスレチックスでは、せっかく...
マネーボール (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
メジャーリーグの弱小球団アスレチックスを、独自の“マネーボール理論”で強豪に作り替えたビリー・ビーンの実話に基づくベストセラー書を映画化。球界の常識を打ち破った型破り ...
マネーボール (だらだら無気力ブログ!)
MLBの裏側の一端が垣間見れて面白い。
『マネーボール』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「マネーボール」 □監督 ベネット・ミラー □脚本 スティーブン・ザイリアン、アーロン・ソーキン □原作 マイケル・ルイス □キャスト ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル、ロビン・ライト、フィリップ・シーモア・ホフマン、     ...
マネーボール/Moneyball (いい加減社長の映画日記)
しばらくさぼってたけど、そろそろ映画レビューも再開www といっても、1週間以上遅れての投稿だけど^^; 巨人の清武GMが、渡辺会長(ナベツネ)に反乱を起こして騒ぎになってるけど、この作品は、メジャーリーグ・アスレチックスのGMのお話。 【ストーリー】 メ....
マネーボール/Moneyball (いい加減社長の日記)
しばらくさぼってたけど、そろそろ映画レビューも再開www といっても、1週間以上遅れての投稿だけど^^; 巨人の清武GMが、渡辺会長(ナベツネ)に反乱を起こして騒ぎになってるけど、この作品は、メジャーリーグ・アスレチックスのGMのお話。 【ストーリ...
★マネーボール(2011)★ (Cinema Collection 2)
クリックよろしくお願いします MONEYBALL 常識を打ち破る理論で 野球を変えた ひとりの異端児の闘い。 上映時間 133分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月 2011/11/11 ジャンル ドラマ 映倫 G 【解説】 ...
マネーボール (映画的・絵画的・音楽的)
 『マネーボール』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)『ツリー・オブ・ライフ』では、出演している意味合いを余り感じなかったブラッド・ピットですが、今度の主演作はどうかなっと思って映画館に出かけてみました。  見る前は若干の不安はあったものの、本作におけるブ...
マネーボール (映画の話でコーヒーブレイク)
高校時代、数学のK先生がトラキチで、阪神が負けた翌日は先生のご機嫌が悪くバンバンあてられるので 阪神の勝敗が気になったもんです。大好きだったK先生は随分前に鬼籍に入られました。 今は全く興味が亡くなりましたが、20代のころ野球ファンだった時期があります....
ある男の挑戦 (笑う学生の生活)
29日のことですが、映画「マネーボール」を鑑賞しました。 アメリカ メジャーリーグ アスレチックスの GM ビリー・ビーンの物語 メジャーリーグとはいえ 野球映画というよりは 人間ドラマ要素が強くて ビリー・ビーンの生き様がカッコ良く 相変わらず ブラピの演技....
映画「マネーボール」 (itchy1976の日記)
マネーボール - goo 映画 マネーボール - オフィシャルサイト マネーボール - Wikipedia マネーボール(映画.com) 映画/マネーボール 映画作品情報 - cinemacafe.net 『マネー・ボール』を検証する マネーボール@ぴあ映画生活 ○スタッフ(goo映画より) 監督 ベネット・...
マネーボール (C'est joli~ここちいい毎日を~)
マネーボール'11:米◆原題:MONEYBALL◆監督:ベネット・ミラー「カポーティ」◆出演:ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル、ロビン・ライト、フィリップ・シーモア・ホフマン、クリス・プラ ...
映画『マネーボール』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-79.マネーボール■原題:Moneyball■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:133分■字幕:菊池浩司■料金:1,800円■鑑賞日:11月19日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ□監督:ベネット・ミラー□脚色:スティーヴン・ザイリアン、アーロン・ソーキン□...
マネーボール (銀幕大帝α)
MONEYBALL/11年/米/133分/ドラマ/劇場公開 -監督- ベネット・ミラー -製作- ブラッド・ピット -出演- ◆ブラッド・ピット…ビリー・ビーン 主な出演作:『ツリー・オブ・ライフ』 ◆ジョナ・ヒル…ピーター・ブランド 過去出演作:『僕の大切な人と、そ...
マネーボール (Moneyball) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ベネット・ミラー 主演 ブラッド・ピット 2011年 アメリカ映画 133分 ドラマ 採点★★★ ちょいと行き詰ってたり、にっちもさっちもいかなくなったお店の立て直しに出向くことが多いんですが、そういうお店で最初に苦労するのは出来上がってしまった常識と習...
マネーボール (いやいやえん)
ブラッド・ピット主演。 う~ん、私野球にまったく興味がないからなぁ、下手するとマイナーとかメジャーとかGMとか、ルールやもいまいちよくわかりませんぞな。じゃあ何でこれを借りたかというと、母が見たいといっ
マネーボール (Akira's VOICE)
これから,アスレチックスの成績が気になってしまうやないか!
『マネーボール』 (Somthing Better)
マネーボール [DVD](2012/03/21)ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル 他商品詳細を見る 資金潤沢な球団に主力が出ていった弱小球団アスレチックス。 資金の少ないチームをいかに強くしていくのか、GMのビリー・...