ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

映画 「ザ・マジックアワー」

2008-06-18 09:01:20 | 映画感想
久々の試写会以外の鑑賞です。

国内の興行成績(具体的な金額)は発表されなくなってしまったので、
年間の統計数字でしか見れなくなってしまったが、
今のところ2週連続1位で13億円を稼ぎ出し、
最終的には39億円の興収を上げた。
(2008年度興行成績ランキング、邦画7位、総合10位)

***

三谷幸喜監督最新作。

ありそうでないヨーロッパ調の小さな街を舞台に繰り広げられるヤクザの抗争と、
それに巻き込まれた映画人たちのコメディ。
こんなところに、こんな人が、と言うキャスティングと、
小ネタでも笑わせてくれる。

**

街角のホテル(ミナトホテル)の玄関前。
1台のシトロエンが停まり、中から強面の男たちが降りてくる。

ホテルの2階では、下着姿の女(役名:高千穂マリ、深津絵里)がたたずむ。
下着姿の男(役名:備後登、妻夫木聡)は、ドアをたたく音に驚いて
窓から飛び降りる。

男のひとり黒川(寺島進)は、備後に銃をぶっぱなす。

あっさり捕まった備後とマリはボス(役名:天塩幸之助、西田敏行)に、
コンクリ詰めにされそうになる。

備後は、さっき聞いた名前を使って「デラ富樫がいればなあ」とつぶやく。

デラ富樫とは、天塩の敵対グループ、江洞(香川照之)に雇われた
「幻の暗殺者」だった。

口から出まかせで言い逃れた備後は5日以内にデラ富樫を連れてくる約束をするが、
全く当てがなく、クラブのバーテンダー(伊吹吾郎)、従業員(綾瀬はるか)の言葉をヒントに、
売れない俳優、村田大樹(佐藤浩市)とそのマネージャー(小日向文世)をだまして、
映画「さすらいのデラ富樫」をでっち上げ、ボスをごまかし、逃げおおせようと考えた。

果たして、備後の作戦はうまくいくのだろうか。

**

劇中劇、撮影シーンなどで、中井喜一、天海祐希、唐沢寿明、
鈴木京香、谷原章介、寺脇博文、堀部圭亮などが出演。

このほか戸田恵子、香取慎吾、近藤芳正、浅野和之、甲本雅裕らも出演。

おもしろかった。

特に演技だと信じている村田(佐藤浩市)のオーバーアクションと
リアルヤクザの黒川(寺島進)らのずれた会話/行動が面白い。
ただ一点だけ難を言わせてもらえば、
このところの邦画はそういう傾向が強いのだが、

長い。

最後は、あれはあれで、成功しているとは思うが、
デラ富樫をマクガフィン化した結末があってもよかったかも。

コメント (6)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« たばこ価格の怪 | トップ | MLB、6/16、イチロー30盗塁... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
長いです(笑) (しんちゃん)
2008-06-18 21:54:45
 ぶっちゃけラストシーン前にだれてきたのは事実です(笑)

 それでも、コメディに徹したところは評価されますね。こよなく映画を愛する気持ちも表現できていましたし。
笑わせてもらった。 (はっしぃ)
2008-06-19 12:07:26
こんにちは
TBさせていただきました。

本当に声を出して笑った映画でした。
まぁラストまでコメディで通したところ、三谷幸喜監督作品でこんなに笑ったのはないかも。
 
佐藤浩市はオヤジさんを越えるね。
 
コメントありがとうございます (KGR)
2008-06-19 15:11:05
しんちゃんさんへ

醤油のシーン、箸をバシッと折るとこですね。
デラ富樫が実在することを示すシーンですが、
露出はあのシーンの手だけにしておいてもよかった。



はっしいさんへ

私が観た時も皆さん結構笑ってました。

佐藤浩市のオーバーアクションがいいですね。
「演技している演技」と「演技してない演技」の
切り替えが面白かったし、
寺島進、西田敏行とのずれも面白かったです。


はじめまして (hide)
2008-06-19 21:43:57
『映画と秋葉原と日記』のhideです
KGRさんコメント&TB有難うございます
意外に緻密な脚本でしたし面白かったですね。
私も

>村田のオーバーアクションとリアルヤクザの黒川らのずれた会話/行動

は最高のキモの一つでした。

マクガフィンと言う用語は知りませんでしたが。アラン・スミシーのような映画用語だったのですね。勉強に成りました。

ラストは。映画の裏方(村田大樹のような大部屋俳優も含む)さんへのオマージュと言うか。彼らが主役なんだ。と言う監督のメッセージといえますが。
“デラ富樫”登場の所だけは何とかなら無いかなと思っておりましたが。
(^O^)/マクガフィン化は大賛成ですね
hideさんへ (KGR)
2008-06-20 00:49:27
こちらこそコメントありがとうございました。

用語があるのは知ってましたが、
具体的に何と言うかはもやもやっとしてましたので、
記事を書くときに調べました。

幻は幻に!
いつもどうもです (ひらりん)
2008-06-21 01:54:12
プロモーションでテレビに出まくる、出たがり三谷幸喜監督は、
突出しすぎると、嫌気が差してきちゃいますが・・・
作品事体は、映画に対する熱意が織り込まれてる脚本が、
観客を笑いと感動の渦に巻き込んでました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画感想」カテゴリの最新記事

19 トラックバック

ザ・マジックアワー (2008) 136分 (極私的映画論+α)
 「デラ富樫」はマクガフィン?(笑)
『ザ・マジックアワー』2008・6・8に観ました (映画と秋葉原と日記)
『ザ・マジックアワー』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 暗黒界のボス・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を探し出すハメに・・・だが苦し紛れ
ザ・マジックアワー (Akira's VOICE)
好きな気持ちに気付いた時,人は前を向く!  
2008-40『ザ・マジックアワー』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-40『ザ・マジックアワー』(更新:2008/06/09) 評価:★★★★☆(★★★★★に近い) 久しぶりの三谷幸喜監督作品。 「めざましTV」に精力的に出演して宣伝しまくってましたね。 完全に...
【2008-135】ザ・マジックアワー The Magic Hour (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 最後に笑うのは誰だ?
★「ザ・マジックアワー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末レイトショウは、 最近、宣伝のためにテレビに出まくってる三谷幸喜監督作。
『ザ・マジックアワー』 (ラムの大通り)
----「マジックアワー」というと、 テレンス・マリック監督は『天国の日々』のイメージがあるけど、 やはりそれと関係あるの? 「うん。三谷幸喜監督が前作『THE 有頂天ホテル』のときに、 カメラマンの山本英夫から聞いたらしい。 映画通の三谷幸喜にしては珍しく、 その...
ザ・マジックアワー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
意識したわけではないけれど、今年に入って『月一邦画』のペースが出来ていて、今月の邦画は『アフタースクール』を観に行きました~^^・だってぇ~三谷幸喜監督の作品は、『THE・食わず嫌い』で未見なんだも~んでも、、、あれだけ『コウちゃんズ』とか言ってTVで宣伝...
ザ・マジックアワー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
太陽が消えてから、周囲が暗くなるまでのほんの僅かな時間、それがマジックアワーだ。 物語:「命が惜しければ、五日以内に幻の殺し屋を見つけて来い!」街を牛耳るボス【西田敏行】の愛人【深津絵里】に手を出してしまった手下の備後【妻夫木聡】は、命を助けてもら...
ザ・マジックアワー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『最後に笑うのは誰だ?』  コチラの「ザ・マジックアワー」は、「THE 有頂天ホテル」の笑激から3年、三谷幸喜監督の最新作となる6/7公開のコメディなのですが、やっと観て来ましたぁ~♪東宝系なので、当初は14日のTOHOの日に鑑賞しようと思っていたのですが、なん...
映画「ザ・マジックアワー」(2008年、日) (富久亭日乗)
    ★★★★★  三谷幸喜の監督4作目は、売れない俳優を 本物の殺し屋に仕立て上げるというコメディー。 タイトルの「マジックアワー」とは、 昼と夜の間の、一日で一番撮影に適した瞬間のこと。  港町、守加護ーー。 ギャングの手下でクラブ「赤い靴」の支配人、...
映画:ザ・マジックアワー (駒吉の日記)
ザ・マジックアワー(TOHOシネマズ六本木ヒルズ) 「死ぬのは怖くない、怖いのは誇りを失ったまま生き続けることだ。」 コメディというよりは大掛かりなコント?!もちろん悪い意味ではなく、ものすごく楽しかった!!!舞台セットのような街が劇中劇のようだし、意...
ザ・マジックアワー (Thanksgiving Day)
映画「ザ・マジックアワー」を観に行ってきましたー!! この映画は、三谷幸喜監督の作品ということもあって、公開前からかなり楽しみにしてたんですよ。 三谷監督の作品といえば、THE有頂天ホテル以来ですかね!? 映画館に行ってみると、さすがに人気作品だけあっ...
露出し過ぎだっつーの、三谷さん【ザ・マジックアワー】 (犬も歩けばBohにあたる!)
監督本人が映画宣伝のために出た媒体は150を越えたそうです。 たしかに、来る日も
ザ・マジックアワー (いい加減社長の映画日記)
ポイントが溜まっていたので、公開初日の朝一番の回で。 最近、やけに宣伝している「ザ・マジックアワー」を選択。 「UCとしまえん」は、土曜の朝にしては、ちょっと少なめかな? 「ザ・マジックアワー」は、大きめのスクリーンで4割程度? まずまず、なのかな? 【...
ザ・マジックアワー☆★三谷幸喜監督最新作 (銅版画制作の日々)
  太陽が消えてから、周囲が暗くなるまでのほんの僅かな時間、それがマジックアワーだ。   8月19日、遅まきながら「マジックアワー」を鑑賞してきました。三谷幸喜さん最新作です。とにかく豪華キャストがわんさか出演しています。中には往年の俳優さんも登場...
【映画】ザ・マジックアワー…の記事&鳥栖プレミアム・アウトレット (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
「マンマ・ミーア!」のTVスポットは流し過ぎ{/face_ase2/}だと感じているピロEKです。 さて、 まずは昨日の記事で予告した話題から… …先日15日(日曜日)の午前中は凄く天気の良かった北部九州地方{/kaeru_fine/} 2月中旬だというのに、あの陽気{/ase/}はただ事じ...
『ザ・マジックアワー』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を探し出すハメに。期限の5日が迫ってもデラを見つけ出せない備後は無名の三流役者・村田大樹(佐藤浩市...
映画「ザ・マジックアワー」 (itchy1976の日記)
ザ・マジックアワー - goo 映画 ザ・マジックアワー - Wikipedia 映画 ザ・マジックアワー(公式サイト) ザ・マジックアワー@ぴあ映画生活 ザ・マジックアワー(映画.com) ○スタッフ・キャスト キャスト: 佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向...