THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

ギリシャを食い物にした、世界ファンド、政府官僚組織=国家、軍需産業など!

2015年07月01日 08時26分04秒 | thinklive

*国家が破産すれば世界レベルのファンドが大儲け!アテネ五輪バブルを思わせる五輪競技場予算、下村文科省のキマエのイイ風呂敷増枠、チェックする機関がない、
 
ギリシャは01年にEUに加盟したが、破綻の始まりはこの時の「加盟条件の偽装」にある。当時ギリシャの借金はGDP比8%で、3%のEU基準を大幅に上回っていたのだが、アメリカ・ウォール街の巨大ファンドの1つゴールドマン・サックス社が甘いささやきを…「その借金は我々が何とかしましょう。借金を20%も減らすうまい方法がありますよ」と、そのマジックとは?
ドル建てギリシャ国債をユーロ建てに交換する際に、為替レートを操作して実際の借金を24億ユーロ分少なく見せかける…というトリックだ。この禁断の誘惑に負けたギリシャの経済相は、しかしこう反論する。「このトリックについてはユーロ本部も承知していたはずだ。なぜなら他の国も同様の手口で加盟を果たしたのだから」と。
*GSの利益は半分の12億$、
 
ユーロになって信用が大幅アップしたギリシャ国債は面白いように売れ始め、道路や鉄道といった公共事業を立ち上げて好景気、バブルになったほど。その上04年にアテネオリンピックがあったため、競技会場建設などに国債の金が湯水の如く使われた。人口たった1100万人なのに公共事業が1兆円だ。住宅ローンも銀行がばかばか貸し出した。浮かれてはしゃいだ国民は調子に乗って、ドイツの高級車ベンツやBMWを我も我もと買いまくった。
 
さらにギリシャ政権は人気取りのため公務員をどんどん増やし、何と5人に1人が公務員にまで。更にドイツやフランスやアメリカから、武器を必要もないのに大量に購入した。人口1100万人の小国のくせにEU最大の武器輸入国となり、GDP比2.8%(08年)にものぼった。もちろんこれは政治家や役人が軍需産業からワイロをもらっていたからだ。潜水艦にフリゲート艦にF16戦闘機…
どう考えたってこんな「愚者のパラダイス」がいつまでも続くわけがない。オリンピックが終わったとたんにバブルが弾け、残ったのはスタジアムと借金という負の遺産だけ。インフラ整備だったはずの鉄道や道路も、観光客がへり却って借金を垂れ流すだけの不良債権となった。それでも政権はまだ国債を発行し続け去年(09)とうとうGDPより借金が上回ってしまった
 
ところがギリシャの破綻を見越して大儲けした者がいる…誰か? ヘッジファンドだ。世界中から集めたカネを投資して、巨額の利益を得るハゲタカどもだ。ちょうど一年前の09年10月にギリシャは政権交代したが、新首相のパパンドレウはそれ迄の政権が隠蔽していた巨額の財政赤字を公表した。
 
いずれギリシャ国債が紙屑になると目をつけていたファンド・マネージャーたちは、半年も前から国債を空売りしてCDS(※追記参照)を大量に買い込んで、ギリシャが奈落へ落ちる日を待った。潜水艦やら高級乗用車をギリシャに売って荒稼ぎしたドイツが、当然救済の手を差し伸べるだろうという予測や、EUのヨーロッパ中央銀行が「ユーロ危機を回避するため、ギリシャ国債を買い上げる」という期待もあったが、両者とも財布のヒモは固く救済額は一時しのぎ程度と分かり、今年(2010)の5月6日国債は暴落した。
 
「待ってました!」とばかりに、ハゲタカどもは5月の一ヶ月だけで23億円儲けた。彼らはギリシャ同様に危ない国、ポルトガル・イタリア・スペイン(合わせてPIGSと呼ぶ)を虎視眈眈と狙っている。いやユーロそのものにも攻撃をしかけている。ユーロはEUの統一通貨だが各国の財政事情がバラバラなため、PIGSのような不良国に足を引っ張られて不安定な上に、「金融取引税」(ファンドのような投機マネー制限)導入でも仲々足並みが揃わないのだ。
 
さて日本の財政赤字は860兆円でGDP比9.3%。ギリシャ(9.1%)よりひどい。しかし決定的に違うところがある。ギリシャの借金が国外の金融機関からのものであるのに対し、日本国債の9割は国内で消化されている。つまりサラ金から借りているか家族から借りているかの差だ。つまり日本は国民(預金や貯金)から借金している状態だからすぐ破産するわけではない
 
菅首相は何を勘違いしているのかそれとも経団連と何か密約でもしたのか、まだ「消費税を含めた財政改革」などとトンチンカンをいっているが、ギリシャは10年間で法人税を40→24%に、消費税を18→23%にした結果がパンクだ。増税対象と減税対象を正反対に取りちがえているとしか言いようがない。ホント菅は“官”になってしまった
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 副島2号基に投入の東芝製調査... | トップ | 日本の富裕層の国外脱出を支... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事