THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

インド携帯事業の再編、4位、5位統合、統合しても、順位は同じ、ARPUは5年前の半分に低下している、

2017年06月02日 08時51分57秒 | thinklive

*RCOM派9月末に巨額の債務返済を控えている、統合によって債務返済への負担の軽減を図る?

ニューデリー=黒沼勇史】インドの携帯電話サービス4位のリライアンス・コミュニケーションズ(RCOM)と、同5位のエアセルは14日、2017年をメドに携帯事業を統合すると発表した。統合後の利用者数は現在のRCOMと同じ国内4位。インドは中国に次ぐ世界2位の携帯利用者を抱えるが、競争は激化しており、両社は統合によって経営効率を高める考えだ。

 RCOMと、エアセルの親会社マクシス・コミュニケーションズ(マレーシア)が合意した。両社は50%ずつ出資する新会社を設立し、インド国内の携帯事業を移管する。RCOMはデータセンター事業などを手元に残す。

 インドの携帯利用者(アクティブユーザー)は6月時点で9億1512万人となっている。うちRCOMのシェアは8%、エアセルは7%。統合後も最大手の印バルティ・エアテル(27%)の背中は遠く、2位の英ボーダフォン(21%)や3位の印アイデア・セルラー(20%)を下回るシェア15%となる。

 携帯事業の収益性を示す利用者1人当たり月間収入(ARPU)は、5年前の約半分に下がり、事業環境は悪化している。通話料の引き下げには一服感も出ているが、各社が収益改善で期待するデータ通信でも競争が激しさを増す。

 RCOMの経営者アニル・アンバニ氏の実兄ムケシュ・アンバニ氏が率いるリライアンス・インダストリーズも子会社を通じて携帯事業に参入しており、第4世代(4G)通信サービスを始めている、

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旭インディア硝子(印ガラス... | トップ | エヌビディアのファンCEOは台... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事