THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

7420.アマゾンの「アーティストセントラル」は作家を最大限のボリュームへリアルタイムでつなぐ

2010年09月04日 17時01分22秒 | thinklive
「アーティストセントラル」のケースは音楽であるが、あらゆるジャンルのアーティストの
リアルタイムコミュニケーションを構築することになる、重たい彫刻を運ぶ必要はない、作者が欲すれば、制作の過程からフアンとのコラボレーションの展開も可能である、どえらいことになってきた、SHSの多核化の極限がどういうことになるのか、流通の物理的な制限がなくなってきた、

Amazon、アーティスト自身が情報を掲載できる「アーティストセントラル」開始

アマゾンジャパン株式会社は30日、Amazon.co.jpの「ミュージックストア」のアーティストのページで、アーティストが情報を発信できるプラットフォーム「アーティストセントラル」の提供を開始した。
「アーティストセントラル」は、アーティスト自身や所属するレーベルがコンテンツを掲載できるプラットフォーム。アーティストはページ内のバイオグラフィーや写真、動画など、ファンに紹介したいコンテンツや最新情報を自由に追加・更新できる。
 また、Twitterアカウントを持つアーティストは、ページに最新のツイートを連動させて自動的に表示することが可能。日本でのアーティストセントラルのTwitter連動は、多くのフォロワーを持つ広瀬香美が第1号となった。

この記事は「中小アーティストが情報を発信するとても良い場になるのではないか」という期待感を込めた記事でしたが、本日9/1に、書籍カテゴリにおいて「著者セントラル(著者ページ )」という、アーティストセントラルの書籍バージョンが続いて開始となりました。
 単純に、本の著者も音楽アーティストと同様の機能を使うことができるようになります。
しかし、機能は同等ですが「音楽アーティスト」と「書籍の著者」同じ芸術系セグメントでも、この2つの層はかなり性格が異なります。
なので、使い方もそれに合わせて考えなくてはなりません。
そこで今回は「著者セントラル」について、その差異を中心に、著者セントラルを始めるに当たって「気をつけなくてはならないこと」「こういった活用法がいいのでは」というお話をさせていただこうと思います。

この記事は「中小アーティストが情報を発信するとても良い場になるのではないか」という期待感を込めた記事でしたが、本日9/1に、書籍カテゴリにおいて「著者セントラル(著者ページ )」という、アーティストセントラルの書籍バージョンが続いて開始となりました。
単純に、本の著者も音楽アーティストと同様の機能を使うことができるようになります。
しかし、機能は同等ですが「音楽アーティスト」と「書籍の著者」同じ芸術系セグメントでも、この2つの層はかなり性格が異なります。
なので、使い方もそれに合わせて考えなくてはなりません。
そこで今回は「著者セントラル」について、その差異を中心に、著者セントラルを始めるに当たって「気をつけなくてはならないこと」「こういった活用法がいいのでは」というお話をさせていただこうと思います。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 7419、東電の子会社、ユーラ... | トップ | 7421、東急百貨店本店7Fの丸... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事