THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

ヤマダ電機の、ポイント制度廃止、株価下落の背景には業績不振、店頭激変の気配?

2017年11月10日 21時44分29秒 | thinklive

*ヤマダ電機への消費者の不信感、拡大の可能性、対策が見えない?店頭の変化を消費者が指摘する!

*この記事を読む前、昨日、渋谷に出たときにヤマダ電機の前をpassした、チョット除いた店内に人気が無くて、ガランとした空虚感を感じた、オカシイなと重いながら通りすぎた、明日また店をの覗いてreportします、

2010年4月30日をもって廃止だとぉぉ(  ̄ロ ̄)!

そうか、ついに来店ポイントまでもが無くなってしまったか・・・。

家電量販店の熾烈な競争はここまで影響があるのかと思いながら、15,000円分の商品を持ってレジに向かう。

5%のポイントだったら750ポイントだなぁと思いながら商品を店員に渡す。

「ポイントカードをお持ちですか?( 'o')」から始まり金額を言われてお金を渡し、お釣りとレシート・ポイントカードをもらって立ち去る。

ふとポイントカードを見ると来店ポイントの回数は4回になっているのに入っているはずの750ポイントが入っていない・・・。

ぉぉ!?何かのミスかと思い店員に聞いてみた( `皿´)


「ポイントカードは廃止になりました( 'o')」


だったら支払う前に言ってよヽ(`Д´*)ノ

ポイントつかないなら他の店の方が安いのに。
"amazon"ならさらに2,000円安いときたものだ_| ̄|○

どうやら携帯電話を使ったポイントシステムに移行しているようで、「会員登録しますか?」と聞かれたがメールアドレスがいるとのことで拒否した。

ちなみにケイタイポイントシステムに登録したらついさっき買った分のポイントつくか聞いたら「つかない」とキッパリ断られた。

せめて支払う前に「ポイントつきませんけどいいですか?」とか「ケイタイdeポイントにしませんか?」とあってもいいんじゃないのかねぇ。
もっと大きい買い物してたら返品要求してたかもしれん。

それより何のためにポイントカードの提示を求めたらのやら・・・。

あちこちでポイントカードを導入する店舗が増えて財布が太っていくばかりの中、ポイントカードがいらないシステムの導入は大変嬉しいのだが、ケイタイdeポイントのメリットは私にとって今までのポイントカード以上のものでもないし、店頭価格も他店より高いようならさらに足が遠のきそうだ。

まだポイントカードのルーレット端末が残っているところを見ると様子見て復活するんじゃないかとも思うが、私の行動範囲にあるヤマダ電機5店舗ともに少し前に比べて商品点数どころか商品棚も減ってガランとしてるし、食料品売ってる店舗もあるし活気が無くなってる気がする。





コメント   この記事についてブログを書く
« ヤマダ、家電、住宅、同リフ... | トップ | ユニ・チャーム、インドで3つ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事