THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

楽天、中国民泊の最大手、 途家と提携、中国人向けの国内民泊市場を開拓する、

2017年08月13日 17時04分58秒 | thinklive

 *ホテル、旅館などの宿泊施設のライバルとなる可能性が高い、海外旅行の内容を深め、海外旅行市場を最終的に拡大するであろう、楽天は中国市場への再参入への道が開ける、

途家の楊昌楽最高執行責任者(COO)は会見で、「中国人旅行客に人気の日本で最適なパートナーを選べた」と笑みを浮かべた。

 中国で約50万件の物件を仲介する途家だが、日本では約5千件にとどまる。来年1月にも数万件の民泊受け入れ先を掲載する楽天と組むことで、日本市場の開拓を加速させる狙いだ。楽天との提携も含めて、2020年までに日本国内で10万件に増やす計画だ。

 日本政府観光局によると日本を訪れる中国人は637万人と、訪日外国人客全体の4分の1以上を占める。ただ、日本で民泊を利用する中国人は1割にとどまり、途らくてん家日本法人の鈴木智子社長は「潜在的な需要は大きい」と期待する。

 住宅に旅行者を有料で泊める民泊を全国に解禁する住宅宿泊事業法(民泊法)が6月に成立し、国内の民泊市場は拡大する。楽天も不動産情報サイトを運営するLIFULL(ライフル)と設立した新会社を通じ、民泊仲介事業に参入する。新会社の太田宗克社長は「途家との提携を通じて、効率的に中国人訪日客を獲得し、人気の旅行先などデータも得られる。将来は途家の物件を我々のサイトに掲載することも目指したい」と語った。(安西明秀)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スカイラーク、4~6期は税前利益は5.6%の減少、下期は、米、北の緊張拡大で外食は減少するのでは?

2017年08月13日 16時17分33秒 | thinklive

スカイラーク株価推移  1,618前日比-85(-4.99%)

1株利益81.07 配当40

チャート画像


すかいらーく <3197> が8月9日大引け後に決算を発表。17年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結税引き前利益は前年同期比5.6%減の115億円に減り、通期計画の300億円に対する進捗率は38.7%となり、4年平均の40.4%二比較、達成率は低下気配、


 会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した7-12月期(下期)の連結税引き前利益は前年同期比10.4%増の184億円に伸びる計算になる。が、安部政権への不信、不安が高まる中で、北朝鮮、アメリカの関係悪化もって、抑制的消費トレンドは持続する可能性が高い、

 直近3ヵ月の実績である4-6月期(2Q)の連結税引き前利益は前年同期比12.7%減の59.7億円に減り、売上営業利益率は前年同期の8.8%→7.5%に悪化した。

18/3期の売り上は前期比3%増の、3650億円、営業利益は5%増の323億円、純益率は8.8%の高レベル、


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イオン、シニア向け業態開発,18/2期二12店舗、来期以降も年間10数店舗を業態転換する

2017年08月13日 15時08分13秒 | thinklive

*高齢者の消費の縮小を抑制するために、イベントでカバーする、という発想だとすれば、それは地域内の消費の集中、あるいは寡占化以外にないように思われる、それも人口減少というベース消費の縮小をカバーは出来ない、社会を人口維持型へ変えることが不可欠の選択だとボク派おもう、

イオン株価  1,697.5前日比+10(+0.59%)

1株利益17.89 配当30

チャート画像

 

 イオンは2025年までに、全国100カ所以上にシニア向け大型店を設ける。巡回バスなど来店しやすい仕組みを盛り込むほか、ステッキや老眼鏡などの商品も充実させる。開業から20年以上が過ぎた店を中心に改装を進め、一部新店もシニア型にする。対象店舗数は大型スーパーの約4分の1から5分の1にあたる。

 グループの中核企業イオンリテールが設置を進める。これまで葛西店(東京・江戸川)やイオンスタイル茨木(大阪府)など4店舗で実験を進めてきた、18/2期までに12店舗程度、来期以降も年間10数店レベルで拡大、習い事の発表会をホボ内日開催、実験店舗で健康に効果がある食品の試食を為たところ、売り上が通常の100倍から1000倍になった商品もある、減塩食品などの試食も積極化する、杖や老眼鏡の扱いも増やす、

17/3期の連結営業利益が過去最高の、340億円だった、ただし、売り上の4文の1から、5分の1を占めるGMS事業は67億円の営業赤字であった、

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青山商事,紳士服最大手チェーン、4~6期、売り上1%増、603億円、純利益29億円、利益率、4.8%

2017年08月13日 14時07分34秒 | thinklive

 株価推移 3,800前日比-5(-0.13%)

1株利益234.81 配当170

  1. チャート画像

  紳士服チェーン最大手の青山商事が10日発表した17年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比22%増の29億円だった。海外で製造する衣料品が多く、以前の円高局面で縫製した商品を中心に仕入れコストが下がった。

 売上高は1%増の603億円。純利益率は、4.8%、主力のビジネスウエア事業の既存店売上高は3%減ったが、焼肉店などを手掛ける飲食事業で下支えした。18年3月期の業績予想は据え置いた。純利益は5%増の122億円を見込む。

売上推移 コメント


売上推移データ (Excel / 38KB)
対前年度比(%)
4月5月6月7月8月9月
全 店売上高
103.2 95.0 96.6 102.2     99.2
既存店売上高
101.8 93.6 95.3 99.7     97.5
客 数
102.3 95.7 95.5 101.0     98.5
客単価
99.5 97.8 99.8 98.7     99.0
カジュアル・
リユース事業
全 店、売上高
88.7 83.8 99.2 99.8     92.1
既存店売上高
95.0 95.2 99.4 99.3     97.1
客 数
98.9 95.1 99.0 100.0     98.3
客単価
96.1 100.1 100.4 99.3     98.8
合計全 店売上高
103.0 94.8 96.6 102.1     99.1
既存店売上高
101.7 93.6 95.4 99.7     97.5
客 数
102.2 95.6 95.7 101.0     98.5
客単価
99.5 97.9 99.7 98.7     99.0
【月末店舗数】
洋服の青山 他
814 814 814 815     815
TSC 他
78 79 79 80     80
キャラジャ 他
31 31 31 31     31

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

香港の長江実業、傘下の固定通信網事業を米ファンドに売却、2100億円、携帯事業に投資

2017年08月13日 11時08分14秒 | thinklive

*英国のインフラ事業へ、持続的で大規模拿な投資を持続的に行っている、その功績で、英国の爵位を李嘉誠氏は受けているほど、英国以外の欧州への投資を拡大し始め、独投資はその一環、

【香港=粟井康夫】香港の複合企業、長江和記実業(CKハチソンホールディングス)は、傘下で固定通信網事業を手掛ける和記環球電訊を米インフラファンド運用会社のアイスクエアドキャピタルに売却すると発表した。売却額は145億香港ドル(約2100億円)。長江和記実業は売却で得た資金を、携帯電話事業に集中投資する。

  和記環球電訊は企業向けに固定通信網やWi―Fi(ワイファイ)、クラウドサービスを提供してきた。16年12月期の税引き後利益は4億香港ドル。長江和記実業は10月をめどに取引を完了したい考えだ。

 長江和記実業は香港を代表する大富豪、李嘉誠氏が率いる長江実業グループの中核企業の一つ。同グループは不動産開発を手掛けるもう一つの中核企業、長江実業地産の事業再編も進めている。中国本土や香港の不動産を売却する一方、安定した利回りが見込める海外のインフラ事業への投資を加速。7月下旬には45億ユーロ(約5800億円)を投じ、ドイツのエネルギー管理会社イスタを買収すると発表した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17年にBMWの電動車(PHV)の世界販売台数は20万台に到達する、

2017年08月13日 10時55分37秒 | thinklive

BMWグループ電動車両世界販売、80%増 2017年上半期

BMWグループは7月12日、17年上半期(1~6月)の電動車両(EVおよびプラグインハイブリッド車)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は4万2573台。前年同期に対して、79.8%増と大きく伸びた。

BMWグループの電動車両には、「i」ブランドのEVおよびプラグインハイブリッド車(PHV)の『i3』と、PHVスポーツカーの『i8』がある。

また、BMWブランドでは、『2シリーズ アクティブ ツアラー』、『3シリーズ』、『5シリーズ』、『7シリーズ』、『X5』に、プラグインハイブリッド車(PHV)の「iPerformance」を用意している。

 
BMWグループの2016年の電動車両の世界販売は、6万2000台以上。2017年は6月、新型MINI『クロスオーバー』のプラグインハイブリッド車、MINI 『クーパー S E ALL4』を発売すしたばかり。電動車両を年間10万台販売することを目指す。

BMWグループのイアン・ロバートソン営業およびマーケティング担当取締役は、「年内には、BMWグループの電動車両の世界累計販売台数が、20万台に到達するだろう」と述べている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米国でのライドシェア企業への信頼感は消費者レベルではキワメテ低い?4%という調査がある、

2017年08月13日 10時45分11秒 | thinklive

自動運転技術の研究開発には、自動車メーカーだけでなく、さまざまな企業が参入している。ライドシェア企業もそのひとつだが、米国の調査で、ライドシェア企業の自動運転分野への参入に、米国の人々が否定的な見方を示していることが分かった。

これは、米国に本拠を置くINRIXが発表した「Connected&Autonomous Vehicle」調査の結果から明らかになったもの。同社が米国、英国、ドイツ、フランス、イタリアの5か国のドライバー5054人を対象に、自動運転やコネクトカーに関する調査を行い、その結果を公表している。

米国においての調査結果で注目されるのは、米国の人々が、ウーバーやリフトなど、ライドシェア企業の自動運転への参入に、否定的な見方をしている点。ライドシェア企業の自動運転車を信頼するとの回答は、4%。これに対して、アップルやグーグルなどの技術系企業の自動運転車を信頼するとの回答は27%、自動車メーカーの自動運転車を信頼するとの回答は23%。ライドシェア企業よりも、高い信頼を得ている。

INRIXのBob Pishueシニアエコノミストは、「自動車メーカー、ハイテク企業、ライドシェア企業の間で、新たな戦いが起きている。数十億台のコネクトカーが、今後15年間で道路を走行することが予想される。消費者の信頼を得ることができる企業が、市場シェアを獲得するだろう」と述べている

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家庭用ゲーム機市場,PS4好調で、ソニー首位奪う、

2017年08月13日 09時00分15秒 | thinklive

ソニーの家庭用ゲーム機『PlayStation4』(以下、PS4)は、全世界で空前の大ヒットとなりましたよね。

なぜ、ここまでPS4が好調となったのでしょうか?今ではPS4proや、容量500GBながら3万円を切るようになったPS4スリムも発売されています。今後、PS4がさらに売上を伸ばしていくことが予想されますよね。当記事では、PS4が世界中で人気となっている理由について探っていきたいと思います!

~デバイス設計変更が奏功し、競合のマイクロソフト、任天堂に大差~2016/4/22

16年2月時点でのPS4の累計販売台数は何と3600万台を超えて独走状態に入った。競合する米マイクロソフトのXbox Oneは約1900万台、任天堂のWii Uは約1200万台にとどまっており、大差をつけている。家庭用ゲーム機の世界はソニーが大勝利したという事実は大きい」

ゲーム機業界の専門誌のあるトップ記者の談。家庭用ゲーム機といわれる据置型の世界市場は、あまり伸びていないと見る向きが多い。しかしこの3年間で日本市場だけが縮小しているものの、北米や欧州では再び勢いを取り戻し、世界市場は伸び続けているの。

 エリア別の家庭用ゲーム機の市場規模は14年段階で世界市場が約2.4兆円となっており、このうち半分が北米マーケットで、1.2兆円を超えている。欧州もまた一大市場であり、1.1兆円に拡大しているが、2年前の12年段階では8000億円であり、一番伸びたエリアであるのだ。日本市場は12年段階で5000億円にも届かず、14年にはついに4000億円を割ってきた。
日本ではスマホ向けゲームが一気に台頭し、家庭用ゲーム市場を大きく圧迫している。かつての世界チャンピオンである任天堂の苦戦はここにある。基本的に、任天堂のターゲットは国内であったのだ。これに対してPS4は出荷台数の9割を海外が占めている。世界で戦うソニーが、やはり断然の強さを発揮し始めたといえるのだろう。

 PS4は13年11月に市場投入された機種であり、プレステシリーズのなかで大きな設計変更を行った。実はこれが奏功した。発表時のデバイスの仕様を見てみれば、CPUはかなりスタンダードなAMD製であり、CPUコアは「Jauar」による8コア構成。GPUはこの段階で詳細が公表されていないが、「Radeon」をベースとしていると見られる。メモリーはGDDR5で8GBが搭載された。 これまでのプレステはPS3のCellに代表されるようにCPU、GPUともにソニー・コンピュータエンタテイメント(の自社設計チップを採用していた。しかし、PS3で問題として浮上したのは開発費の高騰であった。つまり、儲からないプレステ。そこで、PS4では汎用チップに改良を施すという方針転換を図っている。分かりやすくいえば、パソコンに使われている米インテルのX86アーキテクチャーを採用したのだ。パソコンと同じようなシステムで開発できるために手間や費用が抑えられ、多くのソフトウエアメーカーが参入しやすくなった。ハードの普及に欠かせないのがソフトの供給量である。PS4の利益はハードの開発・製造投資の抑制で非常に高いことも特徴なのだ

 さて、ゲーム機部門が今やソニーの孝行息子に再びのし上がったことは確実であり、15年度のゲーム部門の売り上げは1兆5200億円となる見通しであり、全社売り上げ見通しの7兆9000億円に対し、約2割を占めている。ゲーム機分野における利益は、15年度中間期で800億円と発表していたが、上方修正され850億円となる見通しだ。これは実に全社利益の26.5%にあたり、ソニーの儲けの4分の1強をプレステで叩き出している。

 ちなみに、半導体のCMOSセンサーで大暴れするソニーであるが、CMOSセンサーをコアとする電子デバイス分野の15年度売り上げは9500億円にとどまる見通しであり、デバイス部門の利益はリチウムイオン電池の不振、中国マーケットの伸び悩みなどにより、390億円に下方修正されている。*だが、利益率は4.1%に過ぎない、寡占的な利益率であれば、10%は超えるハズ?
泉谷 渉)略歴

神奈川県横浜市出身。中央大学法学部政治学科卒業。30年以上にわたって第一線を走ってきた国内最古参の半導体記者であり、現在は産業タイムズ社 社長。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米,GPUのエヌビディア、5~7月期、売り上、前年同期比、56%増,22.3億$、純利2.2倍の5.83億$、純利益率26.1%、

2017年08月13日 08時37分21秒 | thinklive

 *寡占的シェアをもつエヌビディアの純利益率レベルはAppleの20%台後半乗レベルと同じレベル。印象的である、

株価推移 155.96前日比-8.78(-5.33%

1株利益3.06

チャート画像

【シリコンバレー=兼松雄一郎】自動運転や人工知能(AI)関連サービス向けチップで業界標準を握る米画像処理半導体(GPU)大手エヌビディアの急成長が続いている。10日発表した5~7月期決算は、純利益が前年同期比2.2倍の5億8300万ドル(約636億円)、売上高が56%増の22億3千万ドルだった。任天堂のゲーム機「ニンテンドースイッチ」を含む主力のゲームや、データセンター、AI向けに加え、仮想通貨のデータ処理向けも好調だった。

 GPUは論理的に順を追って処理する必要性が小さい膨大なデータの高速並列処理に強い。もとは膨大な画像を処理するゲーム機向けから需要が拡大したが、AIを急激に進化させている開発手法「深層学習」でも大量に使われている。エヌビディアは8~10月期の売上高は最大20%の増収を見込む。自動運転向けでは、来年から自動運転タクシー向けの需要が本格的に拡大し始めると見込む。

 「イーサリアム」など仮想通貨向けの需要拡大も目立っている。決算公表後の電話会見でジェンスン・ファン最高経営責任者(CEO)は「GPUは仮想通貨のデータ処理に適している。今後多くの通貨で需要が増える」と述べた。データ処理で稼ぐ顧客向けに設定を最適化した製品が好評だという。

 一方、データセンター向けでは、成長が前期比で鈍化した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加