THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

日本水産30年振り、ヘリ離着陸可能大型船建造、海外競合漁船はヘリ付き多い、

2015年04月20日 19時43分35秒 | thinklive

*株価はシッカリと証券筋は報じていたが、下降罫線である、1隻だけではカバーできまい、30年以上通う割烹料理店でも、魚ベースベースでは不安定でビジネスにならない、肉素材の料理が増えてきた、イマはじまったことではないが、魚種が増えた、大型化は安定性にも繋がる、

*日本の水産業は世界一と思っていたがチョット勘違い?ヘリ付きの漁船が遠洋業業では標準、新造船が30年振りなんて信じられない、

株価推移 357前日比-2(-0.56%)

1株利益38.01 配当8 利回り0.84

チャート画像

大型船を相次ぎ調達 30億円投じ30年ぶり新船
 20日付「日経新聞」では、同社が大型船を相次ぎ調達すると報じた。主な漁場となる南洋諸国では魚を捕るための入漁料が年々上昇しており、魚の保管能力を高めても入漁料は変わらないため、大型船の導入に踏み切ったとされる、海外の競合漁船はヘリ付きの大型漁船で漁獲能力、操業効率でオクレを取っていた、ズイブンと辛抱していたワケ、今回の新造船にはヘリの離着陸能力は装備されている、760t南洋やインド洋へ出掛けてカツオをトル、760t、
 海外巻き網漁船では、30億円を投じ国内最大級の船を今春に完成させ、4月中に操業を始める。国内を母港とする漁船では約30年ぶりの新船となる。また、近海漁業向けには2016年度中に18億円を投じ、魚のさまざまな輸送方法に対応する運搬船を建造するとされる。


コメント

米で再生電力調整事業、PJMから受注、英RESと住商、東芝、3社共同で受注、

2015年04月20日 17時57分54秒 | thinklive

*日本の電力ネット技術が世界の先進レベルにあることを立証するイイ機会となる、日本の総合商社がナミジャナイ、ことも証明する、もう既にわかっている?だから、注文がくる、

住友商事、米国北東部で東芝製大型蓄電池による電力需給調整事業に参画

住友商事および米州住友商事は、子会社のPerennial Power Holdings(本社:NY)を通じ、再生可能エネルギーデベロッパー兼建設業者であるRESグループの米国法人Renewable Energy Systems Americas (本社:米国コロラド州)よりWilley Battery Utility, LLCの株式を取得しました。

今後、WBU社にて東芝製蓄電池システム(最大出力6メガワット、容量2メガワットアワー)を保有し、米国最大の独立系統運用機関であるPJM(注1)が運営する周波数調整市場向けに需給調整サービスを実施します。日本製の大型蓄電池を使った海外での事業への参画は、本件が日本企業初となります。

米国では、風力発電や太陽光発電などの出力変動の大きい再生可能エネルギー比率の増加、あるいは電力の需要予測のズレ等に対応するための調整電力は周波数調整市場を通じて調達されています。従来、調整電力は火力発電や水力発電などの発電事業者によって供給されてきましたが、再生可能エネルギーの一層の普及拡大に伴い、変動に対する反応スピードがより迅速で、細やかな調整が可能な蓄電池等の新技術の導入が米国では積極的に検討されており、今後の市場拡大が見込まれます。

本事業では、東芝が蓄電システムの納入およびメンテナンスを担当し、RES社が変圧器等の補機の供給や据付、稼働時のシステム管理・操作・制御を行います。オハイオ州ハミルトン郡において15年4月に着工し、同年12月の運用開始を予定しています。東芝が保有するリチウムイオン電池製造に基づく技術力と、北米で7,700メガワットの再生可能エネルギー関連の開発実績(建設中含む)を持つRES社の開発・設計・建設能力および住友商事グループの再生可能エネルギーを含めた電力事業運営ノウハウを融合させ、今後、PJMを皮切りにテキサス州やカリフォルニア州などの潜在市場への参画も検討していきます。
住友商事グループは、再生可能エネルギー普及に伴い電力系統安定化のニーズがますます高まる中、蓄電池に着目し、事業会社であるフォーアールエナジーと協力して国内での実証事業を進めてきました。13年に大阪市夢洲にて、14年からは鹿児島県薩摩川内市甑島においてEVリユース蓄電池を使った実証事業に取り組んでいます。国内外での蓄電池運用を通じ、蓄電池システムの有効性を確認するとともに、発電事業者として米国で運営する既存発電所(風力、太陽光、ガス火力等)と蓄電池ビジネスとの将来的なシナジー創出の可能性も検討していきます。
RESグループは、過去32年にわたり世界で陸上・洋上風力、太陽光、蓄電、送電、需要管理等の再生可能エネルギーに関わる事業に取り組んでおり、これまでに約9ギガワットの再生可能エネルギー発電所等を開発・建設すると共に、1ギガワット超の発電所を管理・運営しています。日本においても、風力・太陽光をはじめとする各種再生可能エネルギーの開発から発電事業までを行い、今後はさらに蓄電・送電等の開発にも取り組む予定です。

(注1)米国を代表する地域送電機関の一つ。ペンシルバニア州など米国北東部13州を管轄し、域内の総発電容量は約185,600メガワットと、日本の総発電容量約230,000メガワット(原発除く)に  匹敵する。

(注2)発電所の運転計画や需要予想のズレ、再生可能エネルギーの出力変動等に起因する数秒から数分程度の需給ミスマッチ調整用の予備力を調達する市場

(注3)PJMから2秒ごとに発信される充放電指令に従い、充放電を行い電力需給を調整する事業。充放電指令に対するパフォーマンス実績に応じてPJMから対価が支払われる仕組み。

コメント

海外自動車企業、中国減速市場での投資計画進行、変更せず、*ロイタ-

2015年04月20日 17時16分15秒 | thinklive

*20年に3000万台という新車販売の目標は達成される、都は、ロイターの記者も確信しているのでは、成長率が7%なんて数字が減速した言われるのはスゴイことである、先進国との比較の目線はナイということは、ロイターの記者の中国への期待過剰というものだろう、中国経済の減速のオカゲで100$なんてベラボーな価格構成体系が壊れてくれた、世界の民衆は歓迎すべきであろう、

[上海 20日 ロイター] - 中国の経済成長が大幅な鈍化を記録しているにもかかわらず、海外の自動車メーカーは、世界最大の自動車市場である中国の生産工場に資金投入を続けている。

中国国家統計局が15日に発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)伸び率は、前年同期比で7.0%と、6年ぶりの低成長となった。また自動車業界団体の中国汽車工業協会(CAAM)が発表した1─3月の国内自動車販売台数は前年比3.9%増と、14年1─3月の同9.2%増を大きく下回った。

しかし、独VWや米GMは投資計画を中止する気配は見せておらず、トヨタ自動車や米フォード・モーターも中国で新たな拡大計画を明らかにしている。

フォードと重慶長安汽車の合弁会社である長安フォードは、中国北東部にある工場を取得して改修する。工場取得により長安フォードの生産台数は年間20万台増え、増大する中国の乗用車需要の取り込みに寄与する。フォードは3月にも杭州で新たな工場を開設したばかり、

トヨタも中国広東省広州市で約525億円を投資し、17年に既存工場の近接地に建屋を新設、3番目となる生産ラインを立ち上げる。生産能力は年約10万台だが、需要に応じて拡大を検討する。

VWの広報担当によると、同社は2019年までに中国での生産台数を年間500万台と、14年の350万台から引き上げる計画。GMは18年までに500万台を達成したい考え。

 

コメント

ゴ-プロ、ビデオカメラで世界シェア1位、ユーザーが動画市場をSNS化した、

2015年04月20日 15時56分21秒 | thinklive

  *日経産業新聞がすばらしくシャープになった、Goproの記事も同紙の特集記事、旭硝子の記事も参考になった、

*カメラがスマホにシェアを奪われる時代に、オンライン動画用ビデオカメラで一躍世界市場のトップを奪う、ユーザーが市場を作る,SNS用ビデオ?

*35mmからデジタルに発展する過程で当初は3メガピクセルデジタルカメラで10秒撮影だったが現在は広角170度の修正レンズを使って1080pの高解像度で放送レベルのビデオが撮影できるようになった。2つのカメラを組み合わせて3Dビデオを製作することも出来る[2]。用途は新たなアダプタの誕生によりサーフィンだけでなくモータースポーツ、スキー、サイクリングに広がっている。*Wikipedia

スチームボートベンチャーズ(ウォルト・ディズニー・カンパニー傘下)、リバーウッドキャピタル、セージビューキャピタル、ウォルデンインターナショナル、U.S.ベンチャーパートナーズといったいくつかのベンチャーキャピタル企業が出資している

*GoProという名はプロのアングルで撮影できるカメラを実現するために名付けられた、

GoPro(ゴープロ)とはアメリカ、カリフォルニア州サンマテオの企業Woodman Labsが所有する探検での、撮影向けのヘルメットカメラといったウェアラブルカメラ・カムコーダのブランドである。プロからアマチュアに至るまで幅広く使われており、またワニやサメ、ホッキョクグマの口の中を撮影するときにも使用されている、

Goproの出荷台数、

      11年   12年    13年  13/11   14年   14/12

台数  114万台        384万台 3.34倍

売り上       5.260億$ 9.85億$           13.942億 $ 2.6倍

GoPro
Public
Traded as NASDAQGPRO
Industry Electronics
Founder Nick Woodman
Headquarters San Mateo, California,USA
Area served
Worldwide
Key people
Nick Woodman (CEO)
Tony Bates (President)
Products Digital cameras
Revenue $985.73 million (2013)
Profit $60.6 million 利益率6%
Number of employees
869, of Sep 30, 2014
Subsidiaries CineForm
Website www.gopro.com

*日経産業新聞のメールに回答したマーケ担当者の回答の一部

 

コメント

福島原発格納容器調査、2台目ロボット、放射線によるレンズ劣化、回収断念!

2015年04月20日 14時45分31秒 | thinklive

*レンズが破壊されるほどの放射線被爆のpowerとは、スゴイ!100年経っても。この力は変わらない、使用済み原子炉の撤収も同様?原発立地で格納するイガイに持って行く場所もない、原発立地の住民の人々も福島同様に避難民となるリスクは十分に在りうる、福井地裁の判決は、そのリスクを凝視した、”シュクシュクと再稼働する”、なんて、よく言えるものである、

*回収すれば、この放射線の破壊力を居住する地上に開放する可能性がある!放射性物質の拡散現象?

東京電力は20日、福島第一原発1号機の格納容器内に投入した2台目の調査ロボットについて、回収を断念した。ロボットとともに投入された監視カメラが、放射線の影響で劣化して使用できなくなり、回収に必要な動作をロボットがとれるのか確認できないためという。

東電は、1台目のロボットを4/10日に投入したが、途中で走行不能となり、回収を断念。2台目は同/15日に投入し、16日までに1台目とは別の範囲の調査をほぼ予定通りに終え、18日から1台目が調査できていない範囲を調べようとしていた。

 

 2台目は、1台目が走行不能となった場所まで到達し、残されたケーブルなどの位置を確認。戻る段階で、監視カメラが使用できないことがわかったという。東電は「無理にロボットの回収を試みると、逆にリスクが大きいと判断した」と説明している。

 

 
コメント

中国のスマホ市場、1年間でシェアリスト激変、小米がトップシェア奪う!

2015年04月20日 11時46分33秒 | thinklive

*中国のスマホ市場のシェアは激変している、アリババの傘下企業も参入した、アマゾン+アップル=アリババの可能性?この上に、銀行、証券、ドラッグチェ-ン 、多分、オンライン病院も出現する、これは医療コストの巨大な削減と治療の能力を数倍、数十倍に拡大する、しかも尖端病院なみの機能を備える可能性?サムスンは持ち堪えている、

*以下のグラフは日経産業の旭硝子「竜」ガラスで反攻の記事、世界のスマホの7~8割のシェアを握る、コーニングの強力ガラス「ゴジラ」に対し、中国では旭硝子がシェア5割と拮抗している、旭のカバーガラス「ドラゴントレイル」販路開拓の解説記事、原文を読まれたいが、旭反攻の1つの要因は、新興スマホ、シャオミーとの提携関係構築である、コーニングはライバルである、Appleとサムスン電子の両方に食い込んでいるが、一角をクズす可能性もある、新しいスマホメーカーがまだ登場してくる、

*以下のグラフは日経、日経産業

コメント

橋下維新の会の大阪都構想、京大の藤井教授徹底批判、冒頭の5行で真の意図が分かる、

2015年04月20日 10時55分45秒 | thinklive

*橋下大阪市長はタシカ。同和出身者?であると週刊誌が報じていたように思うが、藤井教授がインタビューで述べているように,支持者からの猛烈な個人攻撃が殺到して、この攻撃は在特会などの朝鮮人非難とマッタク同じような絶叫スタイル,身の危険性すら感じさせるもので、種族特有の団結が個人レベルで絶叫される、種族は表には出てコナイから,反撃もできない、そうして、明治維新以来、国民が支配されてきた構図、オマエは日本人か、非国民となるワケだ、

*鳩山氏のウクライナ訪問に付いてきたメディアの取材班が、維新の会と同様なノノシリのコトバで鳩山氏を罵倒して廻ったと伝える記事を読んだ、取材費がどこからでたのか、鳩山氏の日本中立論が国賊と罵倒され、米軍の先兵を務めようという従属論が愛国党になる、

都構想の設計図である「協定書」の中身をじっくりと見ると、都構想とは「大阪市を解体して5つの行政区に分割し、大阪市民が自治を失うだけの話」だということが分かります。「大阪都」という名称に変わるわけでもない。大阪市は年間約2200億円分の財源を大阪府に吸い上げられ、巨額の予算を市の判断で使う権限まで失うのです。それによって、大阪市民への行政サービスが低下する恐れもあり、メリットはほとんどありません。

京大大学院・藤井教授が警告「橋下維新が暗示する日本の危機」*日刊ゲンダイ、

――橋下市長は、大阪府と大阪市のいわゆる「二重行政」が解消され、行政が効率化して大阪が活性化すると主張していますが、それはウソだと?

二重行政の解消による財政効果は、11年の時点で「年間4000億円」といわれていました。ところが、都構想が具体化していく中で、どんどん減額され、昨年の府と市による行政的試算によれば「年間平均155億円」にまで激減。市議会では、「年間1億円にすぎない」という市役所からの試算も報告されています。これに呼応するように、当初は財政効果を前面に出して、「これが都構想のすべてといっても過言ではありません」と言っていた橋下市長が、「僕の価値観は、財政効果に置いていない」と発言を修正しています。

――NHKの最新の調査によれば、賛成派の実に3分の2の人々が、都構想に賛成する最大の理由として「二重行政の解消」を挙げています。それがマヤカシだとすると、都構想を進める意義が失われてしまう。

 大阪市という1つの役所を解体して5つの特別区に分ければ、二重行政解消によるコスト節約どころか、業務内容によっては5倍のコストがかかってしまう。それはあまりに非効率ということで、多くの項目で5つの特別区全体で業務を行う「一部事務組合」という“プチ大阪市役所”をつくることが議論されていますが、こんな矛盾はない。これまで大阪市役所1つで済んでいたのに、都 大阪維新の会によるCMで、「大阪都で二重行政を解消し、豊かな大阪をつくる」というメッセージが日々、喧伝されています。万が一、有権者が事実と乖離した認識を勘違いしながら鵜呑みにすれば、これほど危険なことはない。中身を理解しないままに、ムードやイメージで何となく判断を下してしまえば、取り返しがつかない。都構想で大阪が衰退し、関西がエンジンを失えば、西日本全体が沈んでいく。ひいては日本全体が沈没することになりかねません。こんな大事なことが大阪市民だけの住民投票で決まってしまうのですから、有権者の責任は重大です構想によって「大阪府・プチ大阪市役所・特別区」という三重構造が生まれるわけです。学者などの専門家筋では、反対派が圧倒的です。アマゾンで都構想関連の書籍を検索すると、賛成派2冊に対し、反対派は13冊。書いた学者の数でいえば、賛成1人、反対7人です。唯一の賛成派学者にカウントしたのは、「専門的大学人」でなく「特任教授の経験あり」という経歴の堺屋太一さんです。

大阪では、言論の自由が深刻な危機を迎えています。公権力者が自分への批判を許さなければ、それは言論封殺になる。維新の党は、在阪テレビ局に「藤井を出演させるな」という趣旨の文書まで送っています。公党によるあからさまな言論封殺と言わざるを得ない。歴史的に見ても、そういうタイプの政治が最初にターゲットにするのが、報道と学問の自由というのが相場です。

▽ふじい・さとし 1968年奈良県生まれ。京大大学院工学研究科修了後、スウェーデン・イエーテボリ大心理学科客員教授、東工大助教授を経て、09年から京大教授。専門は公共政策論、都市社会工学。現在、内閣官房参与(防災・減災ニューディール)も務めている。近著に「大阪都構想が日本を破壊する」(文春新書)

コメント

15年賃上げ企業、上位19社*日経調査、金額1位、ピジョン、上げ率1位、鉱研工業、

2015年04月20日 09時43分17秒 | thinklive

*下記の日経調査は上げ率ランク、金額トップはピジョンの、13、254円、上げ率では,鉱研工業の、5.25%、10年間切り下げを続けてきた日本企業の、今期の業績の向上と比較すると、上げ幅のトップが5%とは少なすぎる、

*鉱研工業は14/3月、日立建機の出資を受けて傘下企業となった、ボーリングマシン主体、給料の絶対額は24万1695円である、平均年齢を30才とみれば、平均賃金は安きに過ぎると言う感は否めない、2位のユーシン精機が,271186円、3位のカルビーの平均賃金が30万368円、トヨタ自は35万931円、ニトリが32万2310円、ほ乳瓶トップの、ピジョンが38万5290、トヨタよりも3万円も高い、積水ハウス、28万1762円、これは低い,と言う感じ、日本rたばこ、35万3932円、シチズン30万6798円、アイシン精機、28万8401円、トヨタGだから,トヨタより低いのは,当然だろうが、知名度に比べ低い感じ?

*残業手当などの付加給がアルだろうから,所得レベルでは高くはなるだろうが、求人難でもあり、初任給は全日空でUPして,21万円程度、シンガポールなど中小の都市国家に比較すると2割は低い?

*当社は、日立建機株式会社の関連会社であり、同社は当社の議決権の 25.66%を所有し ております 

*当社は、日立建機株式会社グループに属したことに伴い、同社の商品開発部門等との 間で協力関係を強化することを合意しております。また、開発等に関する技術協力、営 業面における販売支援等の分野において、今後相乗効果が見込まれるものと考えており ます

コメント

東亜銀行、テンセント系銀行に30%出資、提携を強化、株価上昇?オンライン効果期待、

2015年04月20日 09時04分43秒 | thinklive

 17日の香港株式市場で香港の地場銀行大手、東亜銀行が続伸した。値上がり率は5%に迫る場面もあり、年初来高値を更新した。16日の大引け後、中国の金融子会社と、中国インターネット大手の騰訊控股(テンセント)が30%出資するウイーバンクとの提携を発表したのが要因、クレジットカード事業や,個人向け融資、資産運用、オンライン融資業務で協力する、

微衆銀行のビッグデータを活用すれば、中国でのより効率的な顧客獲得などが可能となる、ネット誘導で実店舗に顧客を案内する,O2Oの充実する、

Bloomberg、

価格 33.250 前日比0.350 前日比(%) 1.064
出来高  7,314,648
1年間リターン6.730%
 52週高値 (15/04/17) 34.50 52週安値 (15/03/16)29.00
発行済総株式数(百万) 2,613.350
時価総額(HKD)(百万) 86,893.894
株当り利益(EPS) 2.720
株価収益率(PER) 11.597
 


コメント

東亜銀行、国内地方銀行との提携増やす、三井住友追加出資、最大株主へ

2015年04月20日 08時17分10秒 | thinklive
  1. 千葉銀行と提携

    当行は、アジア各国へ進出するお客さまをサポートするため、香港に支店、上海とシンガポールに駐在員事務所を有する他、中国の「交通銀行」、タイの「バンコック銀行」、インドネシアの「CIMBニアガ銀行」、インドの「インドステイト銀行」、フィリピンの「メトロポリタン銀行」およびアジア全域における提携先として英国の「スタンダードチャータード銀行」と業務提携を行うなど、アジア・ネットワークの強化に取り組んでまいりました。

    「東亜銀行」は、中国本土に外銀として最大のネットワークを有する香港最大の独立系地場銀行であり、日本語対応が可能なジャパンデスクも設置しております。今回の業務提携により、中国をはじめとするアジア地域に進出される当行のお客さまに、きめ細やかな金融サービスを提供することが可能となりました。

  2. 株式会社山梨中央銀行(頭取 進藤 中)は、東亜銀行(香港)と業務提携契約を締結いたし ました。 東亜銀行は、香港最大手の独立系地場銀行で、香港と中国本土を中心に幅広く商業銀行業務、 パーソナルバンキング業務、資産管理業務や投資サービスを展開しています。 また、同行本店にはジャパンデスクが設置されており、日本語によるサポートが受けられます。 今回の提携により、香港・中国へ進出されている、または、香港・中国への進出を計画・検討 されているお客さまや、香港または中国の企業との貿易取引をお考えのお客さまに、金融サービ ス・貿易取引支援・各種情報提供等のサービスを提供してまいります

  3. 香港・東亜銀行への追加出資に関する基本合意締結について

     株式会社三井住友銀行(頭取:國部 毅)と香港の大手銀行である東亜銀行は、今後、必要な関係当局からの認可取得を前提に、当行が東亜銀行の実施する第三者割当増資を引き受けることにより222,000,000株(予定)を追加取得することについて基本合意に至りました。両行は、今後、必要な関係当局への申請手続を進め、必要な認可を取得した際には、法的拘束力を有する株式引受契約の締結に向け、協議をする予定です。

     なお、当行は、既に東亜銀行の発行済株式総数の9.6%を保有しており、上記株式引受契約に従って今回の追加取得を行った場合には、当行の持分は17.5%程度となります。また、これにあわせて当行は、東亜銀行に対して当行関係役員を取締役として派遣する予定です。

     1.基本合意の内容*14/9/5

    (1)株数および本件後の出資比率: 222,000,000株、発行済株式総数に対する17.5%

    (2)引受価格: 株式引受契約締結日の直前10営業日(株式引受契約締結日を含みます。)の香港証券取引所における東亜銀行株式の売買高加重平均価格

    (3)出資の前提となる条件: 関係当局の認可および最終的な株式引受契約ならびに付随する契約の締結及びそれらの契約に定める前提条件の成就

    (4)株式取得時期: 関係当局の認可取得次第

  4. [香港 19日 ロイター] - 香港の東亜銀行は新株2億2300万株を65億9000万香港ドル(8億4962万米ドル)で三井住友銀行に売却した。香港経済日報が19日報じた。売却価格は1株当たり29.5576香港ドル。三井住友は株式の17.5%を保有する最大株主となる。

コメント

京大iPS細胞研究所と武田薬品共同研究契約、研究者、双方50人ずつ、山中教授指揮、

2015年04月20日 07時21分55秒 | thinklive

*研究の拠点は武田の湘南研究所(神奈川県藤沢市)、双方の研究者が出向く,併せて100人の研究者が参加、

 武田薬品工業はiPS細胞技術の臨床応用に向けた共同研究契約を、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)と結んだ。契約期間は10年間で、武田薬品は200億円の費用や120億円以上相当の研究設備などを提供する。当初は心不全や糖尿病といった領域の研究に取り組み、協業が軌道に乗った後は10件程度のプロジェクトを同時並行で進める。

 早ければ今秋にも共同研究を始める。武田薬品の湘南研究所(神奈川県藤沢市)を拠点とし、山中伸弥CiRA所長が研究を指揮する。武田薬品とCiRAともに約50人ずつの研究者が従事し、CiRA側が湘南研究所へ出向く。
 心不全や糖尿病、神経疾患などの領域で細胞治療を模索していく。創薬の過程で行われる動物実験をiPS細胞に置き換えることで開発効率の向上も図る。
 クリストフ・ウェバー武田薬品社長兼最高経営責任者(CEO)は提携の意義を「創薬のやり方を変えられ、本当に革新的な治療を提供できる」と述べた。山中教授は「創薬への応用を実現するにあたって必要な人員や資金は右肩上がり。これまでにない規模での提携であり、非常に心強い」と期待を示した、

*武田薬品の湘南研究所、

湘南研究所は、大阪十三研究所とつくば研究所を統合して誕生した、創薬イノベーションを加速するグローバル研究拠点です。約1,200名の研究者が結集し、研究開発プロセスの初期である創薬ターゲットの探索、候 補化合物選定から上市までの非臨床研究に取り組んでいます。

最先端の機器を備えた研究環境を整備するとともに、同一部門間の連携が図りやすいように研究実験棟を機能的にレイアウトしています。また、メイン通路に沿って会議室や「ノマド」と名づけられた多目的室を多く配置し、組織にとらわれない自由なコミュニケーションを促進し、知の融合を図っています。

タケダでは、湘南研究所をグローバルリサーチハブとしてフル活動しながら、オープン・イノベーションを推進します。社外との共同研究施設として「インキュベーションラボ」を設けて、アカデミアなどから同じ創薬マインドを持つ人材を集めることで、外部研究機構との精緻なネットワークづくりを進めています。

コメント