THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

2323号、ハニーズ、好調に推移、今期の1株利益は168円の見込みだが、増配は期待薄、

2007年06月18日 21時15分25秒 | thinklive
ハニーズ、好調に推移、今期の1株利益は168円の見込みだが、増配の期待はもてない、
大株主の上位は経営者、家族だが、6位以下の株主には、インベスターズバンク、バンクオブNY、
GMBI、チェースなど、海外有力筋が多く、増配の要求が出される可能性がある、
中国の出店は07.2末で17店舗、通期では、26店を予定、

週間単位の商品回転をベースに生産、物流、販売体制を構築、季節変動に対する適応はユニクロよりも迅速、単品コーディネート商品が主体、
既存店売り上げは、
06.9、99.3%、10月,91.3、11,91%、
07.3、97.2、4、95、5、93.7、
の6ケ月が前期比、マイナス、、

月次売り上げ、通期、07.5期、
   売上  客数 客単価
直営店130.0 129.2 100.7
既存店 98.9 98.8 100.1
出店  168
退店  12
月末  700
年間の出店数、168、売り上げ純増分,130億円、新店舗の売り上げは、平均、
7700万円出店コストが低く、1割程度の営業利益は可能、
SC内出店が主体で、今期も、160-70店の出店を計画、  

株価は昨年、8月の高値6500円、年初来高値、3月の5810円からは25%-17%の下落、既存店ベースが微減収、大量出店による増収が持続している、配当性向が20%を割る現状では、株価の下落傾向は続
株価収益率が30倍を割るレベルまでは落ち着かないであろう、
株価、06.18、4860円-60円(-1.22%)前日比、出来高、80.280株
時価総額、1359億円、発行総額、2790万株、
1株利益、122.6円、配当、20円、配当性向、16.3%、利回り、0.41%
株価収益率、39.36倍、総資産利益率、16.18%、

年度 売上げ 前期比 営業利益 前期比利益率 1株利益配当
03.5 15473      2070      13.3%  
04.5 21601  39.6  3003   45  13.9%  59.3 
05.5 29857  38.2  3924   30.6 13.1%  74.8 20
05.11 19117 43.4   2903   86.1 15.1%  70.7 
06.5 41443  38.9  6618   68.6  15.9% 122.6 20
07.5 54400  18.0  8300   25.4% 15.2%  168.4 20

家族企業に近いので、思い切った配当政策を採用することが、期待するが、概ね家族型企業の配当政策は市場の標準を踏襲して良しとするケースが多い、十分な成長資金を勘案しながら、安定配当を尾0個無いますというのがステロタイプの挨拶だ、リターンに関する意外性の少ない企業、現状の株価でも、利回りから見て高すぎる、株価収益率も過大であ
婦人服のユニクロだといっても自然なほど、高成長、高収益な、SCMの代表的小売業、店舗毎の週間サイクルマネージメントのシステムが出来上がっている、472店舗の若い店長に仕入と返品の権限を与え、完全売り切りシステムを構築する、ハニークラブが実験店、先端商品を導入、トレンドラインを見極める、ユニクロt6オ異なって基本的にはセレクトスタイルショップがベースであ

株価、06.3.20、
5840円 +50円前日比、出来高,43580、時価総額、1629億円、発行総額、2790万
1株利益112.2円,配当、20円、配当性向、17.8%、利回り、0.34%、株価収益率、52倍、総資産利益率、11.98%、単位株、10株、
株主構成、外国、20.4%、浮動株、3.9%、特定株、69.5%、投信、8.9%、
大株主、経営者家族、47.5%、BNPパリバ、チェース、
業績の推移*472店舗、「ハニーズ」「シネマクラブ」「ジェイハニー」「クロスオーバー」,「ハニークラブ」、FC4店舗、
アイテム別売上げ 05.11月  前期比 シェア
トップス      11882  19.8  62.2%
ボトムス      3636   56.9  19%
外衣        2084   31.0  10.9%
雑貨        1458   35.1  7.5%
ほか         55  -33.3%  0.3%
合計        19.117  43.4
*単位100万円、

コメント

2322号、中国官僚体制の腐敗と中国の法の執行状況、悪い慣習は移動するだけ

2007年06月18日 18時16分16秒 | thinklive
気になる経済事犯の現状、
Forsight7月号が「中国版グラノスチ、、」というタイトルで以下の内容を報道、
根本的な対策ではなく、その場凌ぎを繰り返している構造が見える、
死刑判決を受けた国家食品薬品監督局、鄭篠萸局長、
600万元超の収賄に加え、改竄データによる新薬の不正承認、
この結果、偽抗生物質の投与によって、少なくとも10人以上死亡、
湖南省の製薬会社勤務の研究者、高純が1995年に、当時上記の役職にあった鄭氏に面会して
薬価高騰のからくり、偽薬申請と不正承認の実態を訴えた、その後、局長こそが、これらの
不正の原因であることを認識、局長を告発し始め、2004年にその告発が受理された、
9年間の告訴の後に、告訴が受理され、結果死刑の判決に至ったもの、
この告発の推移が、両名の対話を含めて、ネット上で報道されて、話題となった、
帯病幹部と呼ばれるものを昇格させたり、抜擢してはならなと、常日頃、指導部は主張しているが、
9年間のあいだ鄭局長は就任を維持してきたわけで、中央指導部の対応の遅さは依然として未解決
上海の陳書記、黄菊筆頭副社長(07.6.2、死去)などは、江の家奴と揶揄されながら、07年初頭にいたるまで、処置されることがなかった、
北京の街頭における飲酒運転の取り締まりで逮捕されるものは最初に携帯電話が没収される、
違反者が見つかると、携帯で彼らの後ろ盾の有力幹部に電話して,公安局の上層部に圧力をかけて、違反をもみ消そうとするのを防ぐ為という話である、この結果、飲酒運転は着実に減少し、代行運転業が繁盛し始めてい
売春客の摘発の場合は携帯を残しておく、売春で捕らえた客に、、あなたのご存知のように、売春は厄介ですよ、規定では、党籍剥奪剥奪の可能性までありますよ、とささやいて、公安係官は指を上げる、1本なら、1万元、5本なら、50000元、、手持ちの金が無い人には、だから携帯残しておいてあげたでしょう、お友達に連絡して、直ぐに持ってきてもらいなさい、とや
北京市だけで300万台の車があって、飲酒運転の被害が急増、公安が加害者側にたつと民衆暴動にまで発展しかねない、売春はその面ではどちらが被害者かわからない、飲酒運転と売春を比較すれば、飲酒運転が底線で、底線は守るということが公安の路線、セックスワーカーが男娼を除いて、1000万人の大台に乗ったと言われる、胡、温時代の公安路線の特徴、全部は出来ないから、一線を引いたところは徹底する、という路線、賄賂を全部は除けないが、取り締まる一線は守ると言うわけだ、それにしても、1000万人の売春婦が日常的に行う売春の回数が1日、3人と見ても、3000万人の買春者がいることにな
仏、ダナン社の合弁相手企業の社長を告発、6.16日の日経報道、
ダナン社は合弁相手の企業がその傘下企業の数十社にダナンとの合弁企業で赤くとくしたブランドを自由に使用させていることに幾度も抗議したが、全く相手にされず、逆にダナン社が非難されるという事態になって、遂に合弁相手企業の社長を告訴するという事件に発展したとい
イトキン中国の直営店ビル売却を含む、中国撤退の背景事情が全く明らかにされないことをダナン報道の記事で想起した、中国市場への先発企業が結局これまでの全ての投資がムダになった、という背景の究明が、ジェトロ中国で解明されることを期待したい、
中国の先端小説「人民に奉仕する」、中国の階級社会に対する痛烈なイロニー、
日本であれば、犯罪小説の分類が社会小説になる、
中国赤軍でさえ、極端な階級社会、将軍様の世界とその世界の合理化が活写されている、
同時にまたアダルトの描写の魅力も相当なレベル、200ページ足らずの短い本、
暑気忘れにお読みください
奉仕という言葉が強制である限り、絶対的差別と同意語、現代の表向き社会は奉仕を強制している、
こんな軍隊では戦争は出来ない、最終章の合理化が主題とならなければ遅れている、
重たいけれども、愉しく読ませてもらえる、ジュリエットとロメオだ、
閻連科著、文芸春秋社刊、
中国陸軍の階級感、モラルの根幹がなんとなく分かる、軍隊における絶対服従はどこの軍隊も同じ、
多分それは人間性の腐食を生むが、腐食の中で個人的に蘇るケースもありうる、という小説
小説の主役は、師団長の2度目の若い、30才台前半と推定される、美貌の夫人、柳蓮と、師団長宅で料理、掃除、野菜畑作り、買出しなど家事一切をサービスする、公務班班長の30才前後の呉大旺、この2人の狂恋に近い情事が、師団長の2ケ月の北京出張の期間に展開す
師団長の居宅の施設、仕官居宅との格差、哨兵によって24時間セキュリティされているが、居宅区域内へへ入ることは絶対に近いほど禁止されている、公務員の選任は、管理科長、警護隊中隊長による入隊以来の詳細な成績評価資料を提出の上、師団長夫妻の面接を経て決定される、6人の候補者が選任され、師団長居宅での数日の勤務を経てその比較の結果、最終的に呉が決定された、
呉は中国のド田舎の村の生まれで、その村の指導員の娘と結婚し、一男児がある、この結婚が成立する為には呉は義父、娘に対して。保証書、誓約書を入れた上で結婚を認めてもらい、且つ結婚の初夜には、妻に対して、誓約書の文章を三度も暗誦させられた上で行為を揺るされている、保障の内容は、軍隊で幹部身分となって、都市の戸籍を獲得、妻と生まれる子どもを街へ呼び寄せ、家族に豊かな暮らしをさせることである、軍隊での成績は抜群に高い評価を得ているが、なかなか幹部になれず、結婚の許可が貰えず、低頭して幾度かの誓約の上で結婚をしたもので、愛の喜びや性愛感というものが妻のサイドには無い、という夫婦だ、それでも行為は行われて子どもは生まれ
上官の家で奉仕することは即、人民に奉仕すること
聞くべきでないことは聞かず、するべきでないことはせず、言うべきでないことは言わず、さらに大切なことは言ったことは必ずやらねばならないということ、「人民に奉仕する」と彫られた木札が卓上におかれており、呉が常軌を超える行為に走る際の小道具に使われ
師団長の夫人の性的要求を一旦は断りながら、断ったために首になる寸前にまでゆく、”このヘタレチンコのデクノボウが!、あんたが、こがいな役立たずたあ、思いもよらんかったわ”
その後は2人は性的な世界の極限に住むことになる、極限を超えるキッカケが毛沢東の大きな写真額を落として粉々とし、家中の毛沢東記念物全てに対する徹底した侮蔑、汚損、破壊行為を繰り返す、毛沢東タブーが性的シゲキを加速する、”七日七晩、裸でいてやりまくるんだ”ありえない、治外法権的特権が師団長社宅、師団長留守の夫人には存在する、
この毛沢東汚損行為の全ページが発禁処分の対象となった物と推定される、
結局、柳蓮は身ごもることになる、師団長は中国革命遂行の過程で不能者となっていることが明かされる、師団長帰宅の知らせと帰宅の前日に、柳蓮は呉の休暇命令、帰郷命令を実現、列車の手配まで行
師団長も夫人も子どもが生まれることを期待して、呉を採用したという読み方もできるのである、毛沢東の性的生活も、夫人と呉に劣らぬもので、晩年は特に毎夜のダンス会が彼のベッド生活のために中南海で開催される、ダンスホールの次ぎの部屋が毛沢東の寝室であった、*彼の最後の侍医の手
師団長の2ケ月にわたる講習は中共軍の合理化のシュミレーションとその実行の手配であった、師団長は部隊の解散手続を実施、呉と夫人との情事は責められず、呉の妻に対する保障と誓約を柳蓮は黙って実現することを、呉は帰隊後に知ることになる、部隊の解散に夫人の情事を隠すという意図があること部隊の幹部は気ついているが、誰も触れず、ただわが身の出世が全てパーになった不運を怨
その後については小説を読んでもらうとして、こんなことは日本の自衛隊ではありえないのでは無いか、同時に中国社会の全階層に同様な特権が当然のこととして行われている感がする、
コメント

2321号、2008年の「セカンドライフ」の経済圏は、1.25兆円、みずほコーポ銀予測

2007年06月18日 10時08分37秒 | thinklive
トヨタ自、ホンダ、日産自、ソニーなど日本企業の進出が加速、
07.4時点の、加入者数、580万人は08年末には、2.4億人を突破する、
2006年の仮想通貨,リンデンドルの取引量は、104億円
07年には、1350億円、08年には、1.25兆円、9.2倍、

大衆化するためには以下の関門がある、当初の消費者の動員が難しい、

Second Life 日本語版 情報サイトに以下の記事がある、
Second Life ”不”人気の、7つの理由
1、始めるまでの手続きが面倒
2、要求PCスペックが高い
3、操作が難しすぎる
4、何をしていいか分からない
5、何をするにもお金がいる
6、右も左も広告だらけ
7、人気の場所はエロかギャンブル、
結局、パソコンの出始めと同じ現象だ、ゲームがお得意の人にはなんでもないが、一般のパソコン使用者には,なれるまではそれなりに、面倒、とにかく、時間は24時間しか無いのだから、その争奪戦に1枚、飛車角が加わった感じなのda,

最初のコンセプトとして、視点が2つあることの慣れ、
プレイヤーの身代わりである、アバターには、アバターを後ろから眺めている3人称モードと画面がアバターそのものである1人称モードだ、2つ無いと操作ができない、モードの切り替えは,Mキー、escキーのいずれかで行う、またSecond Lifeの人間は生まれながらに飛行する、飛行の為の3人称操作を皮膚化しないといけない、この3人称操作はモードの切り替えを含めて、11ほどある、だから習熟の為の簡単なセミナーを企業サイドの出店者はやったほうがい
不人気の要因の6、については、ディズニーランドも同じ、いやな人は一遍で懲りてゆかない、
6,7、については、パソコンも最初はそうであった、と言うしかない、エロというよりもアダルトだ、

*日経産業,07.6.14、デジタル時評
セカンドライフ、現実の世界を仮想空間メタバースに置き換え、実世界の規制を全部取り払って、企業と個人のやりたいほうだいをビジネスに出来る世界、
グーグルは検索機能の可能性を全面的に提供したが、リンデンラボ社は現実と空想レベルの商品の可能性を全面的に提供する、
現在のユーザーは300万人超だが、1年後には3000万人に限りなく接近の可能性
出店企業もブログ並みの開設速度で増加する、1社が1店とは限らない、ジャンル別に専門家するはず、
リンデンラボ社、仮想通貨とリアル通貨の交換システムを開発、オークションによる変動性を採用、不足の場合はリンデンラボ社が通貨発行、
メタバースに連邦準備銀行ができたようなものだ

開発社のリンデンラボ社は、バーチャルワールド内の通貨リンデンドルを、リアル通貨と交換する、通貨交換所(リアルマネートレードRMT)を設立、
仮想空間内での連邦準備銀行になるわけだ、仮想空間といっても、現実の社会空間よりははるかに多元性を持った空間で、無限に分散化して、仮想世界を作ることが可能なのだ、その面ではワールドいうよりは、宇宙社会的である、

ユーザーは登録すれば無料で遊べる、現実の社会のように、税金を払う必要もない、無宿モノでもやってゆける、10ドル支払うと土地を所有する権利が与えられる、ただし、家を建てようとすれば、それなりのリンデンドルは必要となる、ただし、自分で家をデザインして、その家のデザインを売ることは出来るわけだ、
知的財産として、その家のデザインを量販することは出来る、あらゆる商品のジャンルでのデザインやシステム、あるいはシステムのプランでも、望む人がいれば販売が出来る。仮想空間の家で満足し,実際のマンションは買わないといった、欲望の仮想化現象が発生する可能性もある、極めてエコロだ、
仮想と現実が入り混じっているところが、また1つの魅力となるであろう、

おそらくこの、リアルマネーと仮想通貨の交換が無限に拡大すれば、仮想通貨ではすまなくなって、何らかの通貨規制が必要になる可能性が高い、野放しのパチンコの景品交換に似て、さらに大規模なチケット交換市場みたいなものが氾濫する、直近野24時間でみると、150万ドル近くが動いているという、米ドルに換算されているのは、2000ドル程度。これまでのオンラインゲームの換金制度はその国限りのことであったが、リンデンドルは世界共通である、規模性が全く異な
売りたいユーザーと買いたいユーザーとの間のオークションが出来るようになった。
パチンコの景品交換所をオンライン化したようあものだ、リンデンラボ社(カリフォルニア本社)はその取り引きの手数料を頂戴する仕組み、買いたい人が多い場合は、リンデンラボ社が通貨を発行して市場で販売する、
07.4月時点で、月間取り引き高は、700万ドル、8.5億円、年換算では、100億円を超えることになる、

David D.Fleck、リンデンラボ社、マーケティング部長
マーケティングソフトウエア開発キャリア、17年、前職はマクロメディア社で、モバイルの新規開発担当、携帯端末にフラッシュを導入した経験、ゲーム、エンタテインメンツ系コンテンツをモバイル開発業者と共に開発してきた、現在はオープンウエーブ、ノベルの新規事業の開発責任者、世界の提携先と共
マーケティング、会計処理、新規事業、ローカライズ、テストなどの事業統括、
テレビCM崩壊~マス広告の終焉と動き始めたマーケティング20」著書、翔泳社
リンデンラボ社(99年創業)は「セカンドライフ内経済」の詳細なデータを公表、
創業者;フィリップ.ローズデール、
通貨オークション取り引き手数料とリンデンドル販売だけで、月間、100万ドル程度の収入が見込まれる、加えて、バーチャル不動産のリース収入が月間、400万ドル近いという、有料会員からの会費総額の80万ドルを超えてい
リンデンドルと米ドルの相場は変動性、セカンドライフの会員数が拡大を続ける限りは、リンデンドルの相場は上昇を維持するだろう、人気が下落しても、リンデンドルの相場を維持する責任も義務も法律的には存在しない、現実の不動産のように、セカンドライフ内でも不動産価格はハイパーインフレーションが発生している、百万長者も沢山誕生しているという、競合他社がワールド内貨幣を乱発、コアユーザーからの激しい反発も生まれているという、*韓国ではRMTの禁止法案が通過したが、セカンドライフ自体の人気が低いので、問題にはなっていな
リンデンラボ社は島を、%1675/1エーカー、月額管理費、%295で提供しているが、教育機関(世界の60大学がバーチャル教室を運営)やNPO(フランスの大統領選挙では、候補者の選挙事務賞が設置され、右派と左派が抗争)など割り引き制度もある、政治も企業も進出、米のバーチャル議会では民主党議員が演説している、米議会ではセカンドライフ内の商取り引きに課税する意見も出てい
島を分割して、小さな土地を低額に提供することは出来る、企業島の開発、構築やコンサルトを手がけている代理店は、現在の段階で、65社、日本から3社が参加、ソニーはセカンドライフを第二のゲームソフトと考えている、

セカンドライフは、例えば、キッザニア東京の成人化とリアル化を四次元で、無限時間で供給する、待つ必要は全く無い、
既に、世界の大学60校が設置され、リアルな教科の受講も可能だ、あるいは、大学の教科を作成、その販売も可能になる、
料理学校にしても、現実の材料を使用しなくても仮想空間の材料で調理の過程を教習するkとも可能だ、
キッザニア東京現在予約で満杯、web予約中止、豊洲の集客度向上、
各ショップは企業が出店、消費者との直接的なコミュニティ空間として、メディアリアル、人材払底を背景に出店要請は増加、このGWでは超満員、年齢層が拡大している感がある、
テーマパーク「キッザニア」、開園8ケ月で、平日料金引き上げ、満員状態続く
6.1日から平日料金を休日料金と同じに、4-15才、2400円から3000円に
2-3才は1200円から、1500円に、16才以上の入園料は、1600円から,2000円に、
第一号店は、1999.9、メキシコシティ、2号店、モントレイ、3号店、東京、
4号店が中東のドバイ、07.9、開園予定、その後、ポルトガル、ジャカルタに建設中、
ディズニーランド的消費型、物販販売型から学習キャリア獲得型へ、テーマパークの大きな移行運動が
始まるであろう、あるいは多様化、ゲーム市場における地殻変動的ソフトの変化が娯楽全分野に浸水していると考えることも出来る、、
キッザニア、年内予約完了、1/1-8日地、完全予約制、新しいマルチテーマパーク、
脳力トレーニング系ヴァーチャルビジネスパーク、ディズニーランドの進化系、、
株キッズシティジャパン、本社、千代田区有楽町1-7-1、設立、H16/9・27、
施設立地、江東区豊洲2-4-9、アーバンドック ららぽーと豊洲、
事業内容、キッザニアという、こどもの、ロールプレイング商業施設、エドュチュイメント、子ども向け体験型テーマパークなど、多様なコンセプトネーミングがある、
*2-12才の子ども対象、大人の付き添いは入場できるが、各パピリオンの入場は子どものみ、
*1999年にメキシコで初施設、施設内ではこどもの体格にあわせた職業服を着て、擬似職業を体験する、それぞれの施設はスポンサー企業の提携、米国の施設では、パイロット、医師、警官など約、50の職業、が体験できる、2号店、モントレイ、3号店、東京、4号店が中東のドバイ、07.9、
開園予定、その後、ポルトガル、ジャカルタに建設中、
*子ども企画準備室、雑誌公募によって集めた子ども達が、キッザニアの企画を準備してきたが、開園以降はこども議会として、施設の運営に参画する、
資本金、1.68億円,代取CEO、住谷栄之資、
主要株主、
伊藤忠商事、株ABCホールディング、カーギルインベストメンツジャパン、
ケネディクス、都市デザインシステム、野村證券、住谷栄之資、
*CEOの住谷氏は前WDI(レストランチェーンの代表者,WDIの社長はさくら銀行出身の清水謙)
*出資者の顔ぶれが興味深い、カーギルは世界最大の穀物商、ケディクスはアメリカ系の投資企業、
都市デザインシステムズは三井不動産と協同でコーポラティブハウス、ヴィレッジの建設を集中的に実施中、
現在、1、空港以下、2、ハンバーガーショップ、3、デザイン教室、4、料理スタジオ、5、食品開発センター、6.ボトリング工場、7、お菓子工場、8、科学研究所、9、パン工場、10、火災現場、11、テレビ局、12、劇場、13、ソフトクリームショップ
14、ファッションブティック、15、マジックスタジオ、16、薬や、17、ピザショップ、18、住宅建築現場、19、建設現場、
20、警察署、21、裁判所、22、カーディーラー、23、レンタカー、24、運転免許試験場、25、洗車機
26、ガソリンスタンド、27、警備センター、28、宅配センター、29、銀行,30、理容店、31、消防署、32、商店街、
33、ジューススタンド、34、病院、35、新聞社、36、フォトスタジオ、37、デパート、38、クレジットカードセンター、
39、ビルクライミング、40、歯科医院、41、携帯電話ショップ、42、トラベルセンター、43、電力会社
44、ビューティサロン、45、おしごと相談センター、46、観光バス、47、独立の泉、48、エターナルスピリット


2006/10月オープン以降のプレスリリース
10.4、ニチレイフーズ「食品開発センター」のパピリオン出店、
10.2、三井リース事業、シアターパピリオン「ネクスト.アクアクララ」2F、130席の中劇場、
演劇、ファッションショー、マジックショー、役者、モデル、マジシャンとして舞台に上がることも可能、観客席は保護者の入場が出来る、
楽屋:スポンサー無し、劇場の横、大道具、小道具、本番前の登場人物の稽古が出来る、
マジックスタジオ:スポンサー無しマジシャンの為の小劇場、
9.27、JCB「クレジットカードセンター」
9.27、オルビスが「ビューティサロン」、9.20、大日本印刷、「印刷工房」、
9.15、ソニースタイルジャパン、「株フォトスタジオ」、9.4、サンウエーブ工業、「ウルバノハウス」
8.30、三菱自動車工業、「運転免許試験場、カーディーラー」、日世、8.17「ソフトクr-ムショップ」
8.9、ドンク「パン工場」、7.27、8社が出店、7.11、タカラトミー「ファッションブティック」
7.4、ロック.フィールド「ジューススタンド」,7.3、リソー教育「幼稚園」
6.20、セイコー「街時計」J&J、「病院」、セントラルスポーツ「キッザニア東京」、
4.18、森永製菓、「お菓子工場」、貝印「理容店」、朝日新聞社「新聞社」、
3.6、Jウエーブ「ラジオ局」エプソン販売「デザインスタジオ」、
3.13、三井住友銀行「銀行」、3.2、石川島播磨重工「警察署」、2.23、東京電力「エネルギー」
2.23、モスフードサービス「ハンバーガーショップ」,2.22、JTB「トラベルセンター」
2.20、ANA、「空港、飛行機」、2.7、三井不動産、2.7、ライオン「歯科医」、
2.1、はとバス「バスツアー」、ピザーラ「ピザショップ」、ヤマト運輸「宅急便センター」、
豊洲、都心住宅地域として、トップレベルへ
豊洲、2010年頃には、5500-6000戸数のマンション開業、
東京建物、野村不動産も進出、
造船所撤退跡地に、アーバンドックららぽーと豊洲、06.10、開業、
売り上げ目標310億円、年間来場者、1300万人突破は確実、
店舗面積、6.2万m2、200テナント、19世紀のパイプオリガン、
「キッザニア東京」、子供たちの職業の疑似体験、パピリオン、50、
コメント