広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天皇皇后両陛下、JR新大久保駅転落事故で死亡した留学生描いた映画を遺族らと鑑賞

2007年01月26日 | news
天皇皇后両陛下、JR新大久保駅転落事故で死亡した留学生描いた映画を遺族らと鑑賞

東京・新宿区のJR新大久保駅で、線路に転落した男性を助けようとした韓国人留学生らが、電車にはねられ死亡した事故から26日で6年がたち、この留学生を描いた映画の試写会が都内で行われ、天皇皇后両陛下が遺族らとともに鑑賞された。
天皇皇后両陛下は、拍手で迎えられ、1人ひとり丁寧に言葉をかわされた。
この事故は、2001年1月26日、東京・新宿区のJR新大久保駅で、韓国人留学生の李秀賢(イ・スヒョン)さん(当時26)らが、線路に転落した男性を助けようと、自らホームを下り、命を落としたもの。
その李さんの半生を描いた日韓合作の映画「あなたを忘れない」の試写会が、7回忌にあたる26日、都内のホールで行われた。
両陛下は、主題歌を担当した歌手の槇原敬之さんや安部首相夫人の昭恵さん、そして李さんの両親らとともに映画を鑑賞された。
両陛下は、花堂純次監督に「この映画が、日本と韓国の橋渡しの良いスタートになることを願っております」と声をかけられたという。
李さんの母・辛潤賛(シン・ユンチャン)さんは「陛下は『立派な映画ですね。立派な息子さんを失ってとても残念です』と」と話した。
李さんの両親は、事故の9カ月後、皇后さまから「日本の人を助けてくださって、どうもありがとうございました」と、お言葉をかけられ、手を握って何度もお礼を言われたという。
また、辛潤賛(シン・ユンチャン)さんは「この映画がきっかけで、日韓の若者たちが仲良くなることを願います」と話した。
[26日20時22分更新]
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20070126/20070126-00000322-fnn-soci.html



天皇皇后両陛下が映画試写会に初出席



乗客が転落男性救助
名古屋のJR金山駅
 26日午後7時30分ごろ、名古屋市中区のJR東海道線金山駅の下りホームに、笠寺発稲沢行き貨物列車が入ろうとしたところ、ホームにいた男性が線路に転落した。中署によると、目撃した男性乗客ら3人が線路に飛び降り、ホーム下の待避所に移動させて救助した。
 転落したのは岐阜県内に住む会社員(36)で、頭を打って病院に運ばれた。
 下り電車7本に最大36分の遅れが出て、約2900人に影響が出た。
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20070127/mng_____sya_____012.shtml





「日韓の橋渡しに」と両陛下=新大久保事故題材の映画観賞
 天皇、皇后両陛下は26日午後、東京都港区のニッショーホールで行われた日韓合作映画「あなたを忘れない」の特別試写会に出席された。 映画は、2001年1月、JR新大久保駅でホームから転落した男性を助けようとして死亡した韓国人留学生李秀賢さん=当時(26)=の人生が題材。 花堂純次監督によると、両陛下は終了後、監督らに対し「この映画が日本と韓国の橋渡しのいいスタートになることを願っています」などと話された。
時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007012600924





天皇夫婦、5年前の約束守る…李秀賢氏追悼映画試写会に出席

明仁天皇夫婦が26日、東京地下鉄駅で日本人男性を助けようとして死亡した義人・故李秀賢(イ・スヒョン)さんの追悼映画試写会に出席した。
「あなたを忘れない」という題名のこの映画は、01年1月26日、JR新大久保駅で線路に落ちた日本人男性を助けようとして死亡した故人の話を扱った韓日合作映画で、6周忌追悼会に合わせてこの日午後、東京の日本消防開館で公開された。
天皇夫婦が民間映画の試写会に出席したのは初めてで、明仁天皇は李さんが死亡した翌年、故人の両親を招待して慰労し、その後、試写会出席の要請を受けて快諾したといわれる。
この日の行事は、追慕映画で故人の役を演じたイ・テソンさんと父役のチョン・ドンファンさん、母役のイ・キョンジンさんら俳優の舞台あいさつと天皇夫婦の入場、,試写会、追悼会の順序で進行された。
行事には安倍晋三日本首相の夫人・昭恵氏のほか、森喜朗元首相、福田康夫元官房長官、日本プロ野球ヒット王の張勲章(チャン・フン、日本名・張本勲)さんなど多数の著名人が出席した。 客席は招請を受けた600人余でぎっしり埋まり、上映が始まると、終始場内は粛然としていた。
東京の外交関係者らは、天皇が韓国関連の民間行事に出席したことには、皇室が韓日関係の改善を希望しているという意志を表す意図があると分析し、天皇の動向が靖国神社を参拝する日本政府要人や右派にとっても無視できない圧力として作用するだろうと分析した。
明仁天皇は2005年6月のサイパン島訪問当時、韓国平和記念塔を初めて参拝したほか、日本軍国主義の韓半島支配についても数回にわたり謝罪してきた。 昨年の記者会見では「戦争に反対し、平和を維持していくことが世界の中での皇室の役割」と強調するなど、「平和主義者」というのが一般の評価だ。 この日の行事出席はその延長線にあると、外交関係者らは指摘した。
これに先立ち、徳仁皇太子は22日、東京で開かれた「韓中日友情の架け橋コンサート2007」で舞台に立ち、「貴重な経験ができてうれしく思う。 日韓中の友好に少しでも寄与できれば幸い」と述べて注目を集めた。
東京=金玄基(キム・ヒョンギ)特派員
2007.01.26 19:06:15

Japanese JoongAngIlbo
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=84073&servcode=200§code=200






天皇、皇后両陛下が映画「あなたを忘れない」ご鑑賞

「あなたを忘れない」の試写会で李秀賢さんの両親(奥)と一緒に映画を鑑賞された天皇、皇后両陛下=26日午後、東京・虎ノ門(代表撮影)
 天皇、皇后両陛下は26日、東京・虎ノ門のニッショーホールを訪れ、日韓合作映画「あなたを忘れない」の試写会を鑑賞された。両陛下の映画鑑賞は、平成11年の文化庁芸術祭主催公演「裸の島」(新藤兼人監督)以来。 「あなたを忘れない」は、13年1月26日、JR山手線新大久保駅で、ホームから転落した男性を助けようとして電車にはねられて死亡した韓国人留学生、李秀賢さんの半生を描いた。試写会は李さんの7回忌に合わせて開かれ、両陛下も外務省の要請で鑑賞された。映画は27日から全国公開される。
(2007/01/27 08:39)
http://www.sankei.co.jp/shakai/koshitsu/070127/kst070127000.htm





2001年1月27日朝刊35面

そばに居合わせた男性二人が、助けようとして、線路の上に次々と飛び降りた。その瞬間、警笛を鳴らしながら滑り込んできた。「危ない」。ホーム上に悲鳴があがった。
「三人とも、逃げる間もなくはねられた」と目撃者の男性はいう。自己車両の運転士がJR東日本に語ったところでは、ホームから同時に数人が飛び込んだように見えたといい、非常ブレーキをかけたが、間に合わなかったという。
------------
2002年1月25日夕刊

韓国大統領や日本総領事との夕食会、朝鮮人特攻隊を描いた映画「ホタル」の試写会・・・。
李さんの両親は、今も様々な行事や会合に招待されている。
事故後、両親は4回来日。昨年11月、警視庁殉職警察官の合同慰霊祭に招かれた時には、皇后さまと対面してお見舞いの言葉をかけられた。
「いつの間にか『日韓の親善大使』になってしまった。自分の行動一つにプレッシャーを感じて います」 父親の盛大さん(62)はかみしめるように言った。




新大久保駅事故きょう6年
 東京都新宿区のJR新大久保駅で、山手線の線路に転落した男性を救助しようとした韓国人留学生李秀賢(イ・スヒョン)さん=当時(26)=とカメラマン関根史郎さん=同(47)=が犠牲になった事故から二十六日で丸六年。この日、天皇、皇后両陛下が李さんをモデルにした日韓合作映画「あなたを忘れない」の試写会に出席され、翌二十七日に映画は封切られる。
 李秀賢さんの父李盛大さん(68)と母辛潤賛さん(58)は二十五日、韓国釜山から来日した。試写会と「偲(しの)ぶ会」に出席するためだ。
 二人は二〇〇一年に皇后さまと直接言葉を交わしたことがある。
 李さんら「殉難者」を悼む警察庁の慰霊祭に出席し、ほかの遺族とともに皇居へ。たまたま車で通り掛かった皇后さまが車から降りて「立派な息子さんでしたね」と声を掛けたという。
 試写会への両陛下の出席について「日本の皆さんが息子を忘れていないというメッセージを感じる」と盛大さん。潤賛さんは「息子は『韓国と日本の懸け橋になりたい』と言っていたが、今そうなった気がする」。
 一方、「山手線には絶対乗りたくない」と話す関根さんの姉山崎操さん(57)は、今も悲しみが癒えない。
 山手線の代わりに並行して走る埼京線などを利用。埼京線の電車が新大久保駅に差しかかる際にはいつも、現場のホームと反対方向を向くようにしているという。
 事故直後、マスコミなどの「大騒ぎ」を見て、母と二人で「できればそっとしてほしい」と思った。母は「(息子の)行動は当然のことだったのでは。運悪く命を落としてしまったけれど」と。新聞社が読者から集めた見舞金を受け取ったが、全額の約五千万円を「社会福祉に役立てたい」と関連団体や地元の横浜市緑区に寄付した。
 持病で足が悪かった母は、事故後一度も新大久保駅を訪れないまま、二〇〇五年十月に自宅で倒れて亡くなった。山崎さんも同駅に顕彰碑ができて一度だけ訪れたが、足が震えてホームを歩けなかったという。
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20070126/mng_____sya_____018.shtml





皇后陛下公認“カップル”誕生…日韓合作映画「あなたを忘れない」初の天覧試写会

試写会に出席した(左から)イ・テソン、マーキー、金子貴俊、浜口順子
 日韓合作映画「あなたを忘れない」(監督・花堂純次、27日公開)の特別試写会が26日、東京・虎ノ門のニッショーホールで開かれ、天皇、皇后両陛下が出席された。両陛下そろって公務で映画試写会に出席されるのは初めて。厳戒態勢の中、主演の韓国人俳優、イ・テソン(21)と歌手のマーキー(19)は「これからも仲良くしてくださいね」と言葉を掛けられ、“皇后陛下公認カップル”となった。 「あなたを?」は、01年の1月26日、JR新大久保駅で線路に転落した男性を救おうとして電車にはねられ死亡した韓国人留学生、イ・スヒョンさん(享年26歳)の実話を基に描かれた作品。勇気ある行動に感銘を受けた両陛下は、電車が迫り来るラストシーンで目頭を押さえていた。 2時間10分の作品が終わると、ホール内で出演者や花堂監督と歓談された。スヒョンさん役を演じたテソンに、皇后さまは「いい映画を見ることができて、とてもうれしいです。日本の国民にも、この映画があることを広く知らせてください」。また「マーキーさんとも仲良くしてくださいね」と、日韓親善を象徴する“公認カップル”に期待を寄せられた。 天皇陛下は花堂監督に「日韓のスタッフの間で、大変なことがありましたか」と質問。「両国の深い歴史を感じた」と答えた監督に「日韓の橋渡しの良いスタートになることを願っています」と語られた。沖縄出身のロックバンド「HIGH and MIGHTY COLOR」のボーカルで、今回が映画初出演となったマーキーには、皇后さまが琉球舞踊について語られたという。 両陛下は99年10月に日本映画名作観賞会「新藤兼人の世界」に出席されたことがあるが、一般映画の“天覧試写”は今回が初めて。会場では皇宮警察、警視庁から100人近い警官が目を光らせた。報道陣も100人以上に上ったが、両陛下が会場内にいた約3時間は、退出禁止という厳戒態勢が敷かれた。 事故から9か月後、警察官らの殉職者慰霊祭のため来日していたスヒョンさんの両親が皇居を見学していたところ、偶然通りかかった皇后陛下が励ましの言葉を掛けられた経緯から実現した。この日、試写会場で久々に対面したスヒョンさんの両親は「両陛下の優しさで胸がしめつけられた」と目を潤ませていた。 ◆槙原2人にささげる主題歌 スヒョンさんが亡くなった午後7時ごろ、新大久保駅にある顕彰碑前では、イ・テソン、マーキー、主題歌を歌う槙原敬之(37)と両親が献花し、スヒョンさんを追悼した。 槙原は試写会前に主題歌「光?あなたを忘れない?」を披露。上映後は両陛下とも懇談した。物語に共感し、一晩で書き上げた同曲について「2人(スヒョンさんと一緒に線路に飛び込んだカメラマンの関根史郎さん)にささげる気持ちで作りました」。 また、試写会終了後の会場では、スヒョンさんをしのぶ会が行われ、安倍晋三首相夫人の昭恵さんや福田康夫元官房長官、衆院議員の田中真紀子氏らが献花を行った。
 【事件のあらまし】 2001年1月26日午後7時20分ごろ、JR新大久保駅のホームから酒に酔った日本人男性(当時37歳)が転落。イ・スヒョンさんとカメラマン・関根史郎さん(同47歳)が男性を助けようと線路へ飛び降りたが、3人とも進入してきた山手線内回り電車にひかれ、死亡した。当時の森喜朗首相がスヒョンさんの葬儀に参列するなど、日韓両国で話題となった。
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070127-OHT1T00096.htm





この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 【台湾有情】総統府に日本人... »
最新の画像もっと見る

news」カテゴリの最新記事