台ドラ+韓ドラで探せ!

台湾ドラマや中国ドラマ、韓国ドラマ、海外ドラマのあらすじなどが中心です。

私の億万LOVE(最終話)

2010年08月18日 23時11分25秒 | ドラマ置き場
~かいつまんだあらすじ(ネタバレ?)~

借金のため捕まってしまった進来と善美。殺されそうになった時現れたのは萬老人だった。
萬老人は元大親分で二人は助かる。
「わしに変わって善美さんを大事にするんだぞ」と言う萬老人。

二人きりになり進来が善美に何かを言おうとした時、善美の友達黄玲瓏と善美の事が好きな金恩浩がやってくる。
金恩浩が「君のせいだろ」と言い進来に殴りかかろうとしたが、それを止める善美。
進来は本当の気持ちを善美に伝えられないままそこから立ち去る。

荷物をまとめ善美の飼っていたハムスターに「善美に伝えてくれ。金恩浩と幸せになれって」と言う進来。二人で一緒に住んでいた家を出ようとした時、おばあさんの具合が悪いという電話が入る。
急いでかけつける進来。
しかしおばあさんは元気だった。そこに善美が現れる。
おばあさんを大切に思うなら謝ってやりなおせばいいと言う善美。

その晩、おばあさんの家に泊まる二人。
おばあさんと二人きりになった時「進来が好きなの?」と聞かれ、言葉につまる善美。それを見て「進来は幸せ者だ。あんたがいれば私も安心できる」と言うおばあさん。
それを陰で見ている進来。

翌日、おばあさの家を後にしようとする二人。
なかなかおばあさんに謝れない進来だったが、やっと素直になりおばあさんを抱きしめる。抱き返すおばあさん。

バス停。
善美に「ありがとう」と言う進来。「私こそ」と言う善美。
その時「将来彼女を幸せにしたい」と言う金恩浩の言葉が進来の頭をよぎる。
自分は無力だから好きな女はふさわしい男に譲るべきだと思い「戻ったらお別れだ」と言う進来。
別の女性を好きだと思っている善美は「頑張って」と言う。
そして進来も「金恩浩を手放すな」と言う。

帰りのバスの中、二人は今までの出来事をそれぞれに思う。
バスが目的地に着き「幸せになれよ」と言う進来に「あんたもね」と言う善美。
二人はそのまま別れる。

数ヶ月後、ニセ大家が捕まり進来の手に指輪が戻ってくる。
その指輪を見て善美の事を思い出す。
二人で住んでいた家にまた住んでも良い事を知り戻る事にした進来。

六ヶ月後、善美と金恩浩の結婚式。
控え室で進来が好きだと思っていた女性に「彼が好きなのはあなたよ」と言われた事を思い出すが、一度家族を捨てた罪滅ぼしのため、お金持ちの金恩浩と結婚すれば家族は幸せになれる。そして自分も…と思う善美。
父と一緒に花婿の金恩浩もとへ歩く善美に笑顔はない。複雑な顔の父親が突然止まる。
花婿の金恩浩も参列者の顔も変わる。
「お前は充分家族に尽くした。これからは自分の幸せをつかめ。迷っちゃいかん」と善美に言う父。
泣きながら金恩浩を見る善美に優しく笑いうなづく金恩浩。
駆け出す善美。

二人の住んでいた家に来た善美。そこに後ろ姿の進来。
「蔡進来!!」と叫ぶ善美になかなか振り向けない進来。ようやく振り向くと「ドレミ、フランクって呼べ!」と言うのだった。
「蔡進来…」、「ドレミ…」と何度も涙し笑いながら呼び合う二人。

〈善美との縁は末永く〉

終わり。





~感想~

これも以前見た事があるのですが、また見ちゃってました。

初めは最悪な感じの二人だったけど、なんとかハッピーエンドになって良かった~
金恩浩も最後に笑顔で見送ってくれていい人だなぁ。好きな人には幸せになってほしいと思ってもなかなか出来ないですよね。

私も進来に善美がいてくれて安心

あ、進来もあんなに嫌っていたハムスターと仲良くなれて良かったな
私もゴールデンハムスター大好き!ハムスターの中で一番好き。
だから登場するたびに「かわいい~」とデレデレになってました

チャン・ユーチェン(ジャーホイ)はぴー夏がいっぱいの夏芽の友達、茶子よりもこの作品の方が好き。
でもジョセフはぴー夏の方が好きだったかも………




もどる






*昨日と今日(この時間までに)見たドラマ*
■台湾
・P.S.男
■韓国
・君は僕の運命
・春の日
■日本
・ホタルノヒカリ







コメント   この記事についてブログを書く
« タムナ(1話) | トップ | 秋のコンチェルト(11話) »

コメントを投稿

ドラマ置き場」カテゴリの最新記事