台ドラ+韓ドラで探せ!

台湾ドラマや中国ドラマ、韓国ドラマ、海外ドラマのあらすじなどが中心です。

ママはアイドルに夢中

2011年08月25日 09時28分27秒 | ドラマ置き場
「ママはアイドルに夢中」を見ました。
とっても面白かったですー♪

【出演】

キム・グァンジャ役…ヤン・ミギョン
チェ・ビョング役…キム・ガプス
ジン役…イ・ジュン(MBLAQ)
チェ・ユンソン役…ハン・ボベ
ナ・ユミ役…ハン・スンリ



◆あらすじ◆

主婦のグァンジャは買い物帰りにケーキを目にする。派出所で巡査長をしている夫と娘が自分のために誕生日を祝ってくれるのを想像するグァンジャ。
だけど、娘ユンソンは図書館で徹夜を、夫ビョングも所長の叔父さんが亡くなったからと、グァンジャの誕生日も忘れ帰ってこない。

2人のために尽くしてきたグァンジャは寂しい思いを亡くなった両親のお墓の前で話す。その帰り、タクシーに乗るグァンジャの耳にある歌が聴こえてくる。その曲に聴き入るグァンジャ。

グァンジャの聴いた曲は、ジンの「Sad Birthday to Me」だった。元気をもらったグァンジャは、カセットテープを買って夫や娘を送り出したあと、この曲をかけながら家事をこなす。

何度も聞きすぎたためか、テープが壊れてしまったグァンジャは、"ジャガイモ鍋より高い"とあきらめてしまったCDを購入。ショップの店員からポスターを貰い喜んでいると、その店員から「ジンのファンカフェに入会するとニューアルバムが発売前に聞けますよ」とアドレスを渡される。初めて見るアドレスに、米国の住所だと思ってしまうグァンジャ。店員はインターネットを習う事をすすめる。

ファンクラブのサイトに入るため、グァンジャはパソコン教室に通い始める。夜中にも勉強し、少しずつ上達していく。
一方、ユンソンは学校でイジメに遭い始めていた。

とうとうグァンジャはジンのファンクラブに会員登録。サイト内でジンを描いた"ファンアート"を見たグァンジャは、美大で絵画が専攻だった頃使っていた道具を引っ張り出し、自分も描いてみることに。その絵をサイトに投稿すると、100件以上のコメントが寄せられ、"雨後のタケノコ"さんとチャットをするようになる。

雨後のタケノコさんからジンのことをいろいろ教えてもらったグァンジャ。だけど、グァンジャは娘を一番愛していると書く。雨後のタケノコさんは"娘がうらやましい"と返事を。"あなたもお母さんにとっては大切な娘のはずよ"と返事をしたグァンジャだったが、雨後のタケノコさんの家庭の事情は、幼い頃母親は家を出て行き、父親は毎日お酒を飲み雨後のタケノコさんを殴る、と複雑だった。男はみんな嫌いだった雨後のタケノコさんは、ジンと出会って考えが変わったとグァンジャに話す。

グァンジャはジンのソロ曲に勇気づけられて立ち直れたと"Sad Birthday to Me"をリクエスト。ジンはそんなグァンジャのリクエストを目にする。

ジンの誕生日パーティーに本人が来て"Sad Birthday to Me"を歌うと知ったグァンジャは行こうと思う。

そして楽しみにしていた当日。
夫の姉の舅が亡くなってしまい、グァンジャは手伝いに行くことに。結局、誕生日パーティーには行けなかった。
残念がる雨後のタケノコさんから"活動を続けて"と書かれ、グァンジャは涙を流し、来週のキャンプには必ず行くと返事をする。

今度こそは絶対キャンプに行く、と思っていたグァンジャの気持ちも知らず、ビョングが「今週末、所長の息子の誕生日だ」と言い出す。夫婦同伴で行かなくてはいけないと言われ、主婦という現実に"心が浮かれて40過ぎてどうかしてた"とグァンジャは思ってしまう。

そして週末。美容室で偶然グァンジャは卒業したパソコン教室の講師と会う。講師はグァンジャから多くを学んだと話す。おばさんのグァンジャがパソコンを覚える姿にもう一度チャレンジする勇気がわいたと。そして「何を選択するかによって人生は変わる。勇気を出せば人生は裏切りだなんてバカなことは思いません」と講師は言う。

講師から言われた事で決心をしたグァンジャはキャンプに向かう。
若いファンたちと一緒にグァンジャが最後尾に並んでいると「娘さんをお捜しで?」と声をかけられる。私もファンだとグァンジャが言うと、周りから笑い声が…。ところが、グァンジャがハンドルネームを言ったとたん、笑っていたファンからたちまち囲まれてしまう。
そして、声をかけてきた人が、雨後のタケノコさんだった。

所長の息子の誕生日会。
グァンジャが行った美容室の辺りで、拉致して国道付近の山に捨てる事件が起きているとビョングの同僚が言い出す。被害者の遺体が4体発見された、と。心配になってくるビョング。

ビョングが美容室に聞きに行くと「男性と一緒に帰られました」との返事が。そして目撃者の証言からタクシーでリゾート地に行った事が分かる。そのグァンジャを乗せたタクシーの運転手に話しを聞くと、四方を山に囲まれた場所で降ろしたが、そこは異様な雰囲気だった、と話すからさあ大変。ビョングもユンソンもますます心配でたまらなくなる。
その頃グァンジャは楽しい一時を過ごしていた。

ビョングとユンソンはグァンジャを降ろしたという場所へ向かう。
会場の中に入ると抽選で撰ばれたグァンジャがステージ上に立っていた。「ママ正気?」と叫ぶユンソンと、隣に立つ夫に驚くグァンジャ。そして、もう1人、雨後のタケノコさんもユンソンを見て驚く。雨後のタケノコさんはユンソンをいじめていたクラスメイトだった。

あきれる2人に"騒音デシベル"のゲームをしようとしていたグァンジャが「私が必要としている時は冷たくあしらっておいて、自分達が必要な時だけ求めるのが家族なの?」と叫ぶ。その声でグァンジャがゲームに勝ってしまう。

勝った者にはジンからキスがもらえるはずだった。だけどグァンジャはキスの代わりに"Sad Birthday to Me"を頼む。ここに来たのはキスのためじゃない、ジン君の歌を聴いて笑顔を取り戻したの、と。

グァンジャの横で"Sad Birthday to Me"を歌うジン。グァンジャの瞳はキラキラと輝き涙が溢れてくる。そんなグァンジャをジンは抱きしめる。

学校の給食の時間。ユミ(雨後のタケノコ)はトレーを持ってユンソンの所に来ると「グァンジャさんの娘だから、私の姪ね」と言う。そして隣の席に座ったユミが微笑むと、戸惑っていたユンソンも笑顔になる。



ーおわりー



すごく面白かった~
共感できるところがいっぱいあったし、同じように共感できる人はきっと楽しめると思う。

チャングムでおなじみのヤン・ミギョンさん。綺麗で大好きな女優さんなのですが、良い意味で"おばさん"を演じきってくれました
おばさんが欲ばらず、ささやかな楽しみを見つけて奮闘する姿がとっても好感もてて。そんなグァンジャにみんな影響を受けていく。ステキでした。
ジンもすごく格好良かったです~

1時間しかないドラマだけど(しかも私が見たのはカットされてるよね…)楽しめました





↓励みにさせていただきます。
 よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

 人気ブログランキングへ




コメント   この記事についてブログを書く
« 日韓共同テレシネマ「19」(後編) | トップ | 晴れのちボクらは恋をする(8話) »

コメントを投稿

ドラマ置き場」カテゴリの最新記事