らくがき定食

あら。いらっしゃい。

いとくやし

2019-04-09 21:46:02 | らくがきりれき→
「くそっ、、」と呟いたのは何百年振りでしょう。

12月から始めた仕事が、やっと手早くなってきたと感じていました。
ところが、今日、必死になっても動きについていけず、
悔しさのあまり「くそっ」と品のない言葉を呟いていました。おほほほ。

そこで思い出しました、素の私は勝ち気だったんだ。
できるようになったなんて思い上がりでした。
くそー、できるようになりたい。
勝ち気スイッチがスタンバイ。
コメント

しあわせフル

2019-04-08 18:53:02 | らくがきりれき→
運転中に見える風景のあちこちに桜色があり、「愛された季節だなぁ」と微笑ましくなります。

桜に恋い焦がれないまま、今年もこの時期を過ごしました。
これは私の気持ちがのんびりだったということです。
以前の年度変わりは、決算だの、卒園だの、新年度だのと追い込まれた状態でした。
そんな中で桜を見ては変化を早く感じて、焦り、すがるほどでした。

年度変わり特有の慌ただしさとは今年も無縁で、ぼんやりと存分に桜吹雪を眺めてきました。
しあわせフル
コメント

毛繕いは忘れない

2019-03-21 23:29:50 | らくがきりれき→
ヒトのおしゃべりはおサルでいうところの毛繕い。
その解釈を知って、おしゃべりの不思議な力が府に落ちました。

誰と何を話したかは忘れたことにする。
これはおばあちゃん友人の言葉で、「それいい!」と気に入りました。

このふたつを知ってから、おしゃべりが気楽になりました。
同じ人から同じ話を聞くことも「毛繕い」と思うとゆっくり聞けます。
興味をそそる噂話はその場を離れたら忘れます。
もともと興味がないのか、案外本当に忘れています。

おしゃべりたのしい。
口がすべることもありますが。
コメント

目にも耳にも肌にも

2019-03-16 21:33:16 | らくがきりれき→
ゆきやなぎ。
職場の近くに植えてある小柄の木に、ピンクの小さな花が満開でした。

畑で作業していると空にとどまってひばりが鳴くのがきこえます。

春。
空の下、風を感じる環境が仕事場であることが幸せです。
コメント

いつの間にか開幕

2019-03-01 00:48:56 | らくがきりれき→
リニューアルぶりの温泉に行ってきました。
靴箱が返金ロッカーになり、脱衣棚は10円ロッカーになり、セキュリティが強化されていました。

鍵を手首につけて、ゆったりと温泉を堪能しました。あー、しあわせ。
ぽかぽかになって靴箱の鍵を探しながら玄関へ向かいますが、ありません、鍵が。
バッグを隅々まさぐってもありません。
鍵をかけた後の行動を振り返ろうとしても記憶があいまい、、。なさけない。
困ってフロントにたずねるも、届いていません。
脱衣所に戻って動線を振り返るも、やはりありません。

困惑。
えっと、、落ち着こう。一つずつ進めよう。
まず、靴入れたでしょ。
で、扉閉めて「100円戻ってくるんだ」とおもったでしょ。
で、鍵しめて、ポケット入れて、、どのポケット?
ん? まって 百円玉どこから出した?
ん?百円玉入れた?
あ、、、入れてない。、、ということは?
・・・。
鍵、
かけて、ない。
ぬいてない。

フロントの方へ「ありました。お騒がせしました」と頭を下げてすたこらさっさ。
この時顔が赤かったのはぽかぽかのせいではありません。
ひとりあわてんぼう劇場閉幕。
ちゃんちゃん♪
コメント