ザ・マイムアワー 

「ザ・マイムアワー vol.11」
2019年10月6日(日)
一心寺シアター倶楽

17時30分回のみチケット発売中

2019年10月06日 | マイムアワーvol.11
 
 

チケット購入方法をお知らせさせていただきます。 


★【出演者からの購入方法】

出演者から事前に直接「前売りチケット」をご購入頂くか、
取り置き予約希望の旨を出演者にお伝え下さい。 

★【メールで申込方法】

1)氏名(フリガナ)
2)17時30分回のみ受付中
3)枚数
4)連絡先お電話番号

上記を明記の上、
themimehour@yahoo.co.jp
までメールでご予約下さい。 
 

毎年早々に完売御礼のザ・マイムアワー!
ご予約を心よりお待ちしております。


ザ・マイムアワーvol.11出演者一同
 
コメント

みなさま、お世話になります。

2019年09月16日 | マイムアワーvol.11
 
 
今年の夏は早いです。 
 
マイムアワーVol.11 は、 
ソロでなく、アンサンブルで出演します。 
 
ソロとアンサンブル。 

 
どちらにしても、演出は自分なのですが、 
今年は、一緒に創っていくという面白さを味わっています。 

 
マイム作品の創り方って、人によって違う。 
私の中には、なかったものに気づかせてもらったり、
動いてみて、その中から生まれるアイデアを取り込んだり、 
アンサンブル作品の醍醐味をたくさん、 味わっています。 
 
それに 読売文化センター“ミニ合同稽古”のおかげで、
他の演者さんの作品に刺激を受けながら 
自分のおしりをたたいています。 

 
そうです。 
なんといっても、ぐうたらな私。 
 
ミニ合同稽古があるから、 
なんとか、その日までに間に合わせなければと、 
くらいつきながら、なんとか作品は形になりました。 
 
あっという間に夏が過ぎ、
ただいま、衣裳に悩み中。
思っている感じが見当たらなければ、 つくるしかない。 

 
ややこしそうな生地ですが、 
どうぞ、10月6日の本番をお楽しみに。
 
お待ちしています。
 
 
北川 優子
コメント

トランク "マイム" について

2019年09月12日 | マイムアワーvol.11
こんにちは、ザ・マイムアワー参加二回目の宮田直人です。

マイムと関わり始めておよそ三年ぐらいになるのですが、特にこのマイムアワーに関わる方々というのは、僕が見る限り "マイム専門" という人は実は少ないように感じます。
台詞芝居の役者であったり、ダンサーだったり、クラウンだったり、マジシャンだったり。
専門分野を別に持ちながら、マイムという分野でも精力的に活動・勉強している人がほとんどなのです。

となれば、勿論それぞれが専門分野の特性を活かし、作品作りに挑んでくるわけですから、結果、従来の "マイム" という範囲に収まらないものになることもしばしば。
それがマイムアワーの魅力の一つだと思います。

さて、かく言う僕もジャグラーです。
芸に限らず物体を扱う分野を "オブジェクトマニピュレーション(=物体操作)" と言い、ジャグリングはその中でも「手で保持できる程度の、1つないし複数個の物体を、難易度をもって操ること」を指します。(※諸説あり)


さて、ここで

有名なマイムの一つに "トランクマイム" ってありますよね。

持っているトランクが引っ張っても動かなくなったり重くなったりするあれです。
あれ "マイム" って言われてますけど、ジャグラーの視点から見たらどう見てもオブジェクトマニピュレーション(物体操作)なんですよね。

トランクマイムで有名な動きの一つに、止まったままのトランクの周りをぐるぐる回るというものがあり、これに至っては明らかに操作の難易度が発生してるので、ジャグリングの要素が色濃くあります。
そもそも、壁、ロープなど主なパントマイムは、実際に必要なその物体を使用せずに行いますが、トランクマイムはなぜか物体を必ず持ちます。


で、僕が何を言いたいかというと。

トランクマイムという分野はジャグリングの観点から考えれば、飛躍的に技術革新が出来る可能性があること。

また、もしかしたらなんですが、トランクマイムという分野がいずれ、マイムではなくジャグリングの分野として認識されていく可能性があるということです。

ジャグリングの世界にはそれがありました。
けん玉やポイなど「ジャグリングではない」と言われていたものが、段々難易度を持っていったことでジャグリングとして認識されるようになっていったのです。


僕は今、ジャグラーの視点から物事を書いていますが、この舞台に関わる人はもっと色んな分野の人がいます。
専門分野をマイムに取り入れれないかと試行錯誤している人がたくさんいます。

こうして、垣根を取り除いていく挑戦を繰り返していくことは、多様性を広げることと同時に

「マイムと他との違いは何なのか」

ひいては

「マイムとは何なのか」

という考えを、この舞台で生まれた具体例を元に考察するよい機会となり、マイムという分野がより一分野として強固に定義付けされることにも繋がると思っています。


宮田直人

---------------------------

「ザ・マイムアワー vol.11」

◆日時:2019年10月6日(日) ①13:00開演 / ②17:30開演
◆会場:一心寺シアター倶楽
◆料金:1,500円

◆チケット取り扱い
 出演者から直接ご購入いただくか
 ①チケット枚数 ②お時間 ③お名前(ふりがな)
 ④お電話番号を明記の上、下記メールアドレス
 themimehour@yahoo.co.jp
 までお申し込みください
 ※13:00回はご好評の為完売しました。

---------------------------

コメント

13時の回完売!!

2019年09月10日 | マイムアワーvol.11

【残席情報】


2019年10月6日(日)
13:00→完売しました!!
17:30→まだ余裕がございます。

お陰様で13時の回が完売となりました!


沢山のご予約、本当にありがとうございます!!


17時30分の千秋楽はまだ余裕がございますが、どうぞご予約はお早めに!!

コメント

今年の夏は暑いですね^_^

2019年09月10日 | マイムアワーvol.11

皆さん今年の夏はいかがでしたか??

とにかく暑かったですよね〜
稽古も汗だくになりながらして、シャツがすぐびちゃびちゃになってます^_^

マイムアワー 参加はこれが3回目。

一作品名「doors」
二作品名「糸」
三作品名「??」

三作品目はなんなのでしょうか?
これは見てのお楽しみになるわけですが、まぁ汗だくになります。

思い返してみれば全作品汗だくになる作品やなw

今回も素敵な作品が勢揃いのマイムアワー !
皆さん是非!お待ちしてます!^_^

ゆうま
コメント

今年は? 今年も!

2019年09月09日 | マイムアワーvol.11
こんにちは。昨年から参加の石原ちかこです。

2回目の今年。
テーマは? 人数は? 音楽は? 衣装は? etc. etc.‥‥
一つの作品を完成させるのって難しい。

でも、やっぱり今年のモットーも‥
〈ムリせず、楽しく、真剣に〉です!

そして今年もオカメインコのハーちゃんが耳元でそっとつぶやきます。
〈今年も応援してるよ!〉って。ありがとう❤️。〈‥で、僕の出番は?‥〉えっ、あっ、はい。検討します‥‥‥。

コメント

本日の稽古場

2019年09月09日 | マイムアワーvol.11
本日の稽古場エアコン故障
外気温35度室温はわからない。
職員さん扇風機持ってきてくれて。
廊下の空気を回してます。


でもでもそんなんでは追いつきません。


グッタリでした。

岸本えみこ
コメント

初めてのマイムアワー

2019年09月05日 | マイムアワーvol.11
初参加の佐藤貴子です。

でも、マイムと出会って13年くらいになります。今までは客席からでしたが、舞台の上から見える景色を楽しみにしています。

5分間の作品に盛り込めることってどんなことだろう。シンプルでわかりやすく、でも繊細に。そして一番伝えたいことは何かを忘れずに。たかが5分、されど5分。

そもそもマイムを始めたきっかけは、思いを伝えることの難しさを感じていたから。
自分の思いを、目の前の相手に伝える。観ている人に伝える。2つの「伝える」を心と身体を使って、精一杯やろうと思います。
どうぞよろしくお願いいたします!

コメント

ゴリゴリの青春

2019年09月03日 | マイムアワーvol.11
こんにちは!
今回で6回目の出演になります羽田兎桃と申します。

私がマイムを初めて1番最初にマイム作品で舞台に立ったのがこのマイムアワーでした。
そこで出会ったみなさんの作品たちに
自由さや生き生きと表現することの楽しさを
教えて頂き、今でも自分の作品づくりを
支えてもらっております。
マイムアワーって本当にすごいなぁ…

さて、今回の私の作品は…
ずっとやってみたかった「青春もの」!!!
でも普通の青春ものではないかも知れない…
キャストも私が出て欲しかった人たちが
勢揃いしてくれました!


稽古場は爆笑の渦の中、
着実に作品が出来ていっております。


アレもコレも早く皆さんにお伝えしたいけど
とにかく観て欲しい。

こんなシーンはない。



個性豊かな(癖の強い)キャスト一同、胡散臭い爽やかな笑顔でお待ちしております❤


羽田兎桃
コメント

マイムへの初挑戦

2019年08月21日 | マイムアワーvol.11
おはようございます。 初めまして今回マイムアワーに初出演させていただきます、大形駿也です。 元々僕は声優養成所に通ってまして、今は関西の小劇場で役者として活動しつつ、マイムの勉強もしています。 声だけの表現を目指していた僕にとっては、マイムはとても魅力的で舞台でのお芝居にきっと生かせると思い学び始めました。 ちなみにマイムを魅了されたきっかけは過去のマイムアワーにも何度か出演されている豊島勇士さんととあるワークショップで出合った影響が大きいです。 そんな僕もマイムを習い始めて半年がたち、早くもステージに立てる機会をいただきました。 今回僕は同じくマイムを習い始めて間もない岡一さんとオリジナルの作品を一緒に作っています。 マイムの経験が少ないからこそある既成概念に捕らわれない創造力(あればいいなー)で良い作品を作ろうと励んでいます! もう一つ北川優子さんの演出される作品にも出させていただきます。 それ以外にも個性豊かな面白い作品がたくさんありますので、10月6日一心寺シアター倶楽に是非おこしください!
コメント