ゴルフタイムスの世界   Eagle Eye

ゴルフタイムス編集の古賀のイーグルアイは、焦点を外さないのが自慢です。面白くて、実践的で参考になる記事を提供したい。

  世界的二人の巨人           半田晴久と三浦雄一郎

2013-01-20 | 記事

本稿は、現代の二人の巨人について叙述していく。

現代の巨人、一人は、半田晴久であり、もう一人は、スキヤーで冒険家であり、登山家である三浦雄一郎である。今日は、半田晴久について、詳述する。

彼は、現代のレオナルドダヴィンチである。深見東洲と戸渡阿見という別名も駆使している。劇団公演も東洲定期公演を成功させ、また、ジュリアーノ出身の声楽家でもあり、ヴぇるデイ作曲の傑作、オペラ、(ナブッコ)の主役を演じ、一流であることを証明して見せた。

 

 

半田晴久、(深見東州)(戸渡阿見)の世界

驚くべきエネルギーとその発散と燃焼

記者が最大の評価で迎える半田晴久とは、

 

深見東州の演出に感激した世界的歌手,コナル。コード(ベルギーの英雄)や女性歌手、マリー。テ。ハプク(ニュージランドの歌姫)は、いう。こんな素晴らしい洗練されたオペラはかって、経験がないと。日本で開催されたオペラは、主役が外人で他は、日本人だが、このナブッコでは、主役が日本人で他が外人という全く逆の演出であった。堂々と(愛するわが地球よ)歌いきった深見は、世界的オペラ歌手に対等以上に大きく見えた。現代に文化を高揚させる深見は、凡人ではない。だから、一般人の枠組みでは、評価できない巨人である。

楽団に160ケ国以上で公演するハンガリーのソルノク市立交響楽団を招聘したのも、深見の洞察力の根源を知る一ページである、いかに深見が国際派でしかも、実際に、言動を一致させ、地球という惑星の中で蘇生しているか、驚くべきエネルギーの放出量である。深見は、慈善家活動でも、人を寄せ付けない。全盲の世界ゴルフ大会のスポンサー並びに主催者でもある。

また、ゴルフ分野では、ヨーロッパシニアツアーのスポンサーでもあり、評議委員としてその名も轟き、オーストラリアPGAの会長も兼ねている。また、アメリカでは、ISPO(交際スポーツ振興協会)、女子ツアーの試合をスポンサーしてきた。日本では、シニアツアー選手権をスポンサーし、JPGAとE。ツアーと共同開催でヨーロッパツアーの選手がこぞって参戦、マスターズチャンピオンのイアンウーズナムが優勝したり、その次は、倉本マッシーが優勝などスポンサーシップの貢献も、偉業である。HANDACUPトーナメントはすで世界的興行となっている。これもすべて、半田晴久の偉業である。

絵画にしても、凡人離れの奥深い哲学の絵画をものにして、見る者に感銘を与えずには、いない。画集は、手に入りがたいが、入れば、家宝になろう。また、能の世界も、世阿弥が現存すれば、称賛するほどに、薪能を披露している。記者は、喜多流の能楽の切れ端にいるが、深見は本門の能楽を極める巨人である。数ケ国語を操り、英語は自由で、しっかり演説も原稿なしに、Nativeの言葉を話す。また、食にかけては、通人として、自分で料理を探索する。 食道楽ではない。食の文化を活性化する巨人である。

だから、記者は、半田晴久の世界は、凡人の届く範疇を飛び出て、知る人が知る、現代の巨人のなかの巨人であると認識をしている。

彼を評論するには、記者は、なんども、生まれ変わらなければ、詳述すること叶わず、という世界にいるが、諸氏には、巨人として記憶してもらいた。自分が初めてあったケネデイ大統領が偉大であると思ったが、巨人ではなかった。巨人と思わなかった。

半田晴久は、本物の巨人である。もう一人は、80歳でエヴェレスト挑戦をする、スキーヤーの三浦雄一郎である。その陰で、妥協を許さない猛トレーニングは、凡人の及ぶところのものではない。

現代の日本に、世界に誇れる巨人は、この二人しかいない。

英雄の偉大な横綱大鵬が逝った。72歳であった。(合掌)

現代の英雄は、松井選手とイチロー選手である。

www.thegolftimes.jp

全国消費者国民運動連絡協議会

全国メデイア報道384社連絡会議

国際ゴルフ記者クラブ協会

日本時事新聞社

GDBテレビジョンニュース

古賀剛大

ジャンル:
文化
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 太平洋クラブ倒産事件 65... | トップ | 国際戦略と危機管理 2  ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感です〓 (たか)
2014-01-27 12:53:40
半田晴久さんの本を読み、謡を聴き、お話を伺うチャンスが有りました。本当に半端ではない、凄い御方だと思いました…この先もどんどん御活躍されますことを応援しております

コメントを投稿

記事」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事