PATEX HUNTER

マルクス経済学の視点で、「パテック・フィリップ」と「ロレックス」の世界を中立的私見で、社会科学的に分析しています。

日々雑感。フランキーなミュラー。

2018-10-10 | 日記

今朝はフランキーなミュラーの、トノーカーペックスマグナムのトリプルカレンダークロノを

着けて出社している。

私の唯一の生き残りピンクゴールドはコイツとPPCの3940となってしまったが、

やはりフランキーのトノーカーペックスの着け心地は、着けてみた者しかわからない至福の時が

流れる。

またこの6850の無垢モデルならではの重量感も素敵だ。

ぜひこれは買うべき時計だと思う。

そんな正規品しかメンテナンスをしない日本正規輸入代理店から嬉しい報告を聞いたのはもう、

10年ほど前だったか。

正規品に限り、委託販売が可能というのだ。

だだしメンテナンスは必要だが、その料金には割引があるらしい。

これはある意味得だ。

またショップのオープンギャラのフランキーは相手にしていないようだが、ここで委託されている

フランキーは正規中古だから、安心料として多少そういうショップの中古より高くても末永く

安心して購入できる。

でも逆を言えば、ここで中古フランキーを買ってもまた高く委託できるのならばレンタル感覚で

買えるのだ。

絶対に、過去のフランキーは東京、名古屋、大阪のウォッチランドで買うに限る。

いや、私ならここでしかフランキーを買うつもりはないのだ。




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 日々雑感。世間の誤り。 | トップ | 日々雑感。 »
最近の画像もっと見る