PATEX HUNTER

マルクス経済学の視点で、「パテック・フィリップ」と「ロレックス」の世界を中立的私見で、社会科学的に分析しています。

116695SATS

2017-12-02 | 日記

正規店から聞くところによれば116695SATSは、今年のバーゼルで紹介された黒文字板が税込675万円。全面ダイヤモンドのそれが880万4千円、

とのことであった。

デリバリー期間は本年10月から11月の二か月間に国内にバラマカレタと考えられている。

だからもう正規店頭にはないはずだ。


私はそれぞれ別のショップから両タイプを見せてもらったが、どちらもひじょうによい。

普段使いなら黒文字板と思う吾人もいらっしゃると思いますが、ベゼルのカラーストーンが非常にきれいで、アンディーウォーホールのポップな感じ

がして、地味な私の職業にはとても普段使いにはならない。


このモデルは、全面ダイヤ50本、黒文字板が150本という生産数らしいが、すべて初回生産分で全世界にはく。

日本には10本前後が成績のよい正規販売店に回される。


デイトナのレインボーは定価1000万弱が2400万円程度になっているが、デイトナのネームバリューに比してヨットマスターにそれほどのもの

はありませんが、ベゼルのカラーストーンの配列とデザイン性はデイトナレインボーよりもこの116695SATSの方が上である。

またラバーベルトは女性購入者も視野に入れているのか、男性陣には非常に短く感じられるので交換が必要だ。


まちがいなくプレミアが付くので、デパートの外商担当のいるお金持ちの方はとりあえず聞いてみてほしい。

買取予想は現状で黒文字板で850~960万円、全面ダイヤで1000~1120万円。

ショップの売値から考えればこれぐらいが妥当である。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 日々雑感。 | トップ | 心配ごと。 »
最近の画像もっと見る

関連するみんなの記事