I LOVE SHOO-CHO 共に考え・共に歩み・共に咲き笑う 片山謙三・勝央町議会議員

日々の議員活動を通して町民目線で文字にします

☆☆勉強会vol.35☆☆

2017年07月31日 06時20分16秒 | 活動
研鑽



六然フロンティア会の勉強会を28日(金)午前中石浦事務所にて行いました。

久しぶりにメンバー全員が顔を揃えました。

予定していたゲストが都合で来れなくなり残念でしたが、有意義な時間になりました。

六然訓を唱和し、活動報告に入りました。

今回興味深かったのは津山圏域消防組合です。

化学消防車の新規購入の金額に驚きです。軽自動車60台分に匹敵します。
下取りもないそうです。海外へ輸出になるとも。

そして、救急出動のデータが事細かに出ていましたが、特にこの時期は気をつけたいものです。

会として次回の定例会に向けて方向性を話し合いました。

今年も執行部に政策に関しての要望書も検討しなければいけません。

代表質問にする形も考えています。

元気な勝央を目指して。



コメント

☆☆孤食解消☆☆

2017年07月29日 07時12分19秒 | 活動
子ども大人食堂



※2017年7月29日山陽新聞朝刊

今家庭に欠けている、そして、求められているのは団欒です。

特に食事に関しては特に必要で、孤食解消にと立ち上がったのが、子ども大人食堂です。

住民有志が毎月第3日曜、勝間田コミュニティで開催します。

第一回目は8月20日(日)、参加費は¥200で申し込みが必要です。

→ 0868-20-1811(子ども大人食堂ネットワーク)




コメント

☆☆人口対策の一環☆☆

2017年07月28日 07時54分38秒 | 活動
入会金無料



町が毎月1回開く無料相談会「マリッジサポート勝央」の登録料全額助成制度を今月からスタートしました。

県内自治体では助成は初めてです。

5人限定です。

申請や問い合わせは超総務部(0868-38-3111)まで。

~ほどヨイ!田舎♡えーがん勝央~からの話題でした。

※2017年7月28日付山陽新聞朝刊

コメント

☆☆編集作業☆☆

2017年07月14日 07時08分06秒 | 活動
第2校



勝央町議会だよりNo.143号編集作業が始まりました。

まだまだ校正箇所がありますが、次回の3校でほぼ出来上がる見込みです。

編集委員会では読者目線で常に読みやすく、理解しやすく、親しみのある議会だよりを目指しています。

町民のみなさんからの率直な意見・感想が大きな進歩に繋がります。

8月1日以降お手元に届きます。
コメント

☆☆町村議会議員研修☆☆

2017年07月05日 08時24分47秒 | 活動
地域おこしと政治の舞台裏



岡山県内の町村議会議員を対象にした研修会が昨日4日岡山市の岡山県町村振興センターれじょんホールで開催されました。

午前午後それぞれの講師の話を聴きました。

まず、午前は「ひとを動かし、まちを動かす」と題し、住職をはじめ多くの要職に就いている高野誠鮮氏の講演で始まりました。



氏は石川県の羽咋市の職員を長年務めその間、多くの事業に関わり斬新なアイディアで人を動かし、まちを動かしてきました。

特に、米の売り込みは斬新でかつ独創的。ローマ法王に米を食べさせた男として一躍脚光を浴びました。続いて破格値の日本酒を世界に発信したり、農産物のブランド化などアイディアが形になっています。

どれほど勉強したか、そして、どれだけ動いて動かしたかが想像できる講演でした。

氏の話の中で耳に残った言葉は「何もしないと失敗しない」です。



午後は、政治評論家の有馬晴美氏が「舞台裏から見た政治とこれからの政治展望」と題し、独自の視点で旬な話題を中心に話をされました。

話題の中心は何と言っても安倍・小池・萩生田・豊田・稲田関連です。



過去にさかのぼりその舞台裏の生々しい話が聞かれました。

いずれにしても説明責任の所在や任命責任の重さををどう受け止めているのかが重要であり、正していかなければいけないと私は強く思います。





コメント