96日記

秋田市大町の「TheBar1996」の3代目オーナーママが、お酒や美味しいもののご紹介や、きままな心情を綴っております。

復興お手伝い旅行してきました(*´▽`*)

2018-07-18 20:27:44 | お酒
皆様、今晩は

週末の暑さから、少し落ち着いた感じですが、じめっともやっとした空気が

ちょっと憂鬱ですねぇ

秋田の梅雨明けは、いつぐらいになりますことやら・・・

さて、日曜・月曜と連休を頂きました当店。

私は毎年恒例になりました、復興お手伝い旅行で気仙沼へ一人旅してきました

一人旅もすっかり手慣れたもので(苦笑)、連休直前でもなんとかなるだろうモード

で、土曜の営業を終え、ざっくり支度はしてあったのですが、まさかの寝落ちをかまし

目覚めたのは、出発予定時刻でした

大急ぎで身支度を整え、空いているお宿を手配し2時間遅れで出発しました

今回は最初、南三陸町を目指す予定でしたがお宿が手配できなかったので

何度か訪れているものの、宿泊はしていなかった気仙沼へ予定変更です

ですが、その前に行ってみたかった所があり、ナビを設定して向かいます

出発が遅れたお陰で、意外と渋滞にも巻き込まれず無事に到着です。

着いたのは、宮城県は遠田郡涌谷町になります、わくや万葉の里 天平ろまん館。



山間にある国史跡黄金山産金遺跡を核とした、歴史館と体験施設です。

その施設の中で、砂金取り体験ができると知って一度経験してみたかったのです

午後も大分過ぎていたので、館内にいる人もまばらですぐに砂金取り体験が出来ました。



30分で大人一人550円。

まずは係の方が、採り方のお手本を見せてくれます。

そして説明をよく聞いたら、砂金採り開始です!!

この場所で、小さな洗面器のような器を使うのですが、中腰で砂を掬っては流す

ので、結構腰に来ます(苦笑)



30分があっという間です。結構ガチで探しました

こちらが、成果です



係りの方が「結構取れましたね。普通初めての方は採れても

2.3個くらいですよ」と。


この量でも専門の職人さんの手に掛かると、ハンカチ1枚分くらいの金箔ができる

そうです

純金なので、ずっと保存できますよと教えていただきました

さて、砂金取りを楽しんだら、気仙沼へ向かいますよ~


                                  続く


コメント