★☆海の幸の日常日記☆★

Copyright(C) 2007 Uminosachi. All Rights Reserved.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

5歳児の名言?

2007年02月20日 | 我が娘・海の岬
楽しさの先には、悲しさがあるんだよ。

だって、楽しさと悲しさは、ちびくろさんぼのトラみたいにぐるぐるまわっているんだもん。

…さすがにバターにはならないけどね。



うーむ、うーむ。
夕食をテーブルに並べていたところだったので、
「急にどうしたの?」
と聞いてみたのですが、
「今、そう思ったから、そう言っただけ」
だそうです。

謎。
コメント

初めてのバレエの発表会

2007年02月13日 | 我が娘・海の岬
やってまいりました、バレエの発表会!

岬は…
・プリンセス見習い
・チビ白ネコ
・親指姫

の役をやりました。
ま、いずれも舞台に出て、手を伸ばしたり、膝を曲げたり伸ばしたり、とてとてと歩いたりするだけ、あとは手を振って舞台の上を走るくらいなんですけど、本人はなかなか緊張したようです。


写真1枚目はメイク中。
「撮らないでよっ!」と怒っています。ナーバス。


写真2枚目は楽屋前にて。プリンセス見習いの岬。
やっぱり「撮らないでよ! べ~えっ!」と怒っています。緊張してるのね。
プリンセスのお姉さんを真似て踊って、プリンセスとしての振る舞いを見習う…という振り付けを踊りました。


写真3枚目はチビ白ネコ。
プリンセス見習いとして舞台を踏んだあとなので、ちょっとだけポーズをとる余裕がありました。
向かって右側が岬。左側は同じクラスのお友達です。
写真には写っていませんが、ふわふわの白い尻尾がついています。
足もとがバレエシューズではないのは、床のワックスでシューズを汚さないようにするために、シューズの上からフリーズ素材のシューズカバー(100円ショップダイソーにて315円で購入・笑)を履いているのです。

バレエを始めて10ヶ月。
最後まで振り付けは覚え切れなくて、隣のお友達を見ながら踊ったり、左右を間違えてくるりとまわっていたりしましたが、それもまたご愛嬌。
両手に抱えきれないほどの花束をもらって嬉しく、楽しい一日となりました。

夜寝るときに「楽しかったぁ。プロのバレエダンサーになりたいなぁ」って呟いていた岬です。

出演する子ども本人も大変ですが、親もなかなか大変でした。
でも、舞台の上で楽しそうに踊っている姿を見たら、疲れも吹っ飛びました。
親も楽しかったです。
また、来年も頑張ろうねっ!

※今回は舞台用でメイクが濃いので、岬本人は目隠しナシで載せてみました。
コメント (2)