★☆海の幸の日常日記☆★

Copyright(C) 2007 Uminosachi. All Rights Reserved.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

看病上手

2006年06月26日 | 我が娘・海の岬
あー、これはちょっと厳しいな…と分かっていたのに、ちょっと無理なスケジュールを組んでしまい、案の定ウツまっしぐら。
ひーん、こわい、こわい、こわい、こわいっ!

久々に抗うつ剤復活。
案の定副作用も復活。
どうしようもない吐き気と手足・顔のかゆみ。

ぎーぼーぢーわーるーいーーー。
が~ゆ~い~~~。

もうベッドに潜り込んだ不自然な体勢のまま、髪の毛一本動かしたくありません。
うう~、うう~と呻いていたら、旦那さまと買い物に出掛けていた岬が帰宅。寝室に「ただいま」を言いにやって来ました。

が、私の様子を見て取るや、岬はすぐに寝室から出て行ってしまいました。
本気で呻いていたから怖かったかな??

そう思っていると、岬は私の枕元にアイスノン・エチケット袋・冷水が入ったペットボトル・文庫本・詩集・クマのぬいぐるみ・ひよこのキーホルダー・一握りの手芸用わたをずらりと揃えてくれました。

アイスノンで顔や手のかゆみは軽減されました。
エチケット袋の登場で万が一の時も安心。
ペットボトルには岬のお気に入りハンカチが巻き付けられていて、水滴でベッドを濡らさないように配慮されています。
文庫本は私が好きな本。よく分かっています。
詩集も読みやすい手のひらサイズ。これも私が好きなものです。
クマのぬいぐるみは岬の一番の友達。岬と一緒にお見舞いに来てくれました。
ひよこのキーホルダーは「かわいいよ」と貸してくれました。

が…。手芸用わた???

ぬいぐるみを作るときに中に詰める、アクリル製のわたです。
何だろうと思っていると、岬は私の手に手芸用わたを握らせました。
「お母さん、これ、握ってごらん。やさしいよ?」
言われたとおり手芸用わたを握ってみると、手のひらが温かくてふわふわした感触で、確かにやさしい感触。辛かった心が少しラクになりました。へぇ~。

私が手芸用わたをニギニギしていると、今度はクラシックCDをかけてくれました。
音楽が流れ始めるとCDプレーヤーのリモコンを握りしめて私の顔の前にどっかり座り込む岬。顔の前にお尻を向けられて、う~ん鬱陶しいなぁと思っていたら、なんと岬は丁度良く聞こえるように音量を調節してくれたのでした。す、素晴らしい。

しかも私の方へ向き直ると、今度は詩集を朗読してくれました。
「雨ニモマケズ、風ニモマケズ…」
これがまた良いのです。
たまに病院ボランティア募集の記事に「朗読」という項目があって、なんだろう? と思っていたのですが、これは確かに素晴らしい。
本を読む気力・体力がないとき、人の声で本を読んでもらうというのがこんなに癒され、かつ楽しいものだとは知りませんでした。


岬が寝込んだとき、夫が入院したとき、私はこんなに心の行き届いた看病をしてあげたことはありません。30年以上も生きているのに、こんな看病の仕方は思いつきもしなかったのです。
なのに4年10ヶ月しか生きていない岬から、困っている人・辛い人の心に寄り添って行動することの素晴らしさを教えられて、私は心底尊敬しました。


そういう人に、私もなりたい。
コメント (4)

ビッグバンド

2006年06月24日 | 海の幸の小さな楽しみ
近所の小学校は今年開校80周年。
週末ごとにバザーをやったり模擬店をやったりしています。

今日は体育館でミュージカル&コンサート。

ミュージカルはプロのミュージカル役者さんが子ども向けに「オズの魔法使い」を上演してくれて、岬はハラハラドキドキ。怖くて耳を塞ぎながら観ている場面もありました。ドロシーが無事におウチへ帰ることができてめでたしめでたし。

コンサートは小学校の野球チームOBがリーダーを勤めるビッグバンドの演奏。
小・中学校を野球と共に過ごした少年は、現在八百屋さんで働きながらビッグバンドでサックスを吹いていました。

ビッグバンドの演奏を聴くなんて、すごく久しぶり。
誰でも楽しめるようにと選曲も有名なものばかりで、『ムーンライト・セレナーデ』とか『イン・ザ・ムード』とか『ルパン三世のテーマ』とか。楽しかったです。
あんな風に音楽を楽しめたら、きっとすごく楽しいだろうなぁと思う素敵な演奏でした。
私も何か楽器を始めてみようかしら。
(↑15年前にブルグミュラーを終えて、それ以来挫折したまま…)

岬はピカピカ光るいろんなラッパやウッドベースを追いかけて、バンドの人たちの控え室になっていた音楽室まで入り込んでいました。
楽器を見つめる岬の顔を見て、やっぱり何か楽器を習わせてやろうか。。。と思うワタクシでした。
コメント

PTAはちょっと大変

2006年06月23日 | 海の幸の小さな哀しみ
1年に3回だけ行事がある保育園のPTA。
行事と言っても夕方に1時間くらい親子で参加するだけのもので、内容は「子どもと一緒に遊ぼう」とか「おまわりさんから交通安全の話を聞こう」とか「保育園の看護師さんから健康についての話を聞こう」など、働くお母さんの負担にならない程度のもの。

今日は「保育士の先生から子どもと楽しめる遊びを教わろう」でした。
♪とんとん とんとん ひげじいさん~
の歌で、ひげじいさんをアンパンマンに替えて遊んだりしました。
おお、懐かしい~。

先生が弾くピアノの音に合わせて
「はい、では両手を羽のように広げて、つま先立ちで走ってみましょう~」
とか
「次は床にころがって、どんぐりころころです~」
とかもやってみたりして。
最初は軽い軽いと思っていたのですが、そんなお遊戯なんて幼稚園と共に卒園しているお母さんたち。
…だんだんと辛くなってきました

翌日、先生の予告通り筋肉痛になる私。運動不足すぎますね。
コメント

伸びると嬉しい

2006年06月22日 | 海の幸の小さな喜び
昨日は健康診断でした。

ふっふっふ。

身長が150cmになっていました!!!

三十路になって2cmも伸びてるなんて~

もう身長にコンプレックスを抱く年齢でもないけれど、それでもやっぱり150cmというのはちょっと嬉しいものですねぇ。
コメント

やめられない、とまらない。

2006年06月20日 | 海の幸の小さな楽しみ
私は本を読み始めると止まりません。

朝起きて、家族が目を覚ますまでの間にちょっと読む。
岬を保育園へ送っていったあとはもちろん読書三昧。
一人きりのときはご飯を食べながらでも読む。
夕食の支度をしながら台所でお菜箸片手に読む。
場合によってはお手洗いにも持ち込んで読む。
お風呂場にも持ち込んで読む。
家族がテレビを観て和んでいる間も読む。
家族がイトーヨーカドーのゲームコーナーで楽しんでいる間も読む。

とにかく、隙あらば読む。
お行儀なんてお構いなし。

家の中でも、外出時でも、常に持ち歩いて1分でも時間があったら必ず読む。

脳味噌を本の世界にどっぷり浸けるあの気持ちよさはやめられない、とまらない。

二十歳代後半に幸田文にはまって幸田露伴や青木玉にまで手を広げたのを最後にしばらく熱は収まっていたのですが、今は童心に帰って「まるマシリーズ」というライトノベルにはまっています。
これがまた中学生の頃にライトノベルを読みあさったときの気持ちを思いだして懐かしくなっちゃって、やめられない、とまらない。

当然岬は
「お母さん、もう本読んじゃダメ!」
と怒っています。スミマセン。。。

だけど脳味噌が異世界にどっぷり浸る、あの快感が薄れてくるまで、私は本の世界にたゆたうのです。あああ。
コメント (2)

私は作家になれない

2006年06月19日 | 海の幸の小さな哀しみ
私は岬を寝かしつけるとき、『みさきひめのおはなし』を作って聞かせています。

小さな国の、小さなお城に、小さなお姫さまが住んでいました。
お姫さまの名前は岬姫と言いました。
ある日岬姫は。。。

ネタがない。
いや、どんなネタでも良ければ何とかなります。
でも
「え~、お母さん、その話面白くな~い! もっと面白いのないの~?」
「そのお話って『おむすびころりん』じゃん! つまんないよ!」
「またその話なの~? 違う話にしてよぉ!」
とクレームの嵐。

きちんと起承転結があって、話の『起』は岬を惹きつけるものじゃなくちゃいけなくて、結末は予想外のもので、なおかつ面白くてハッピーエンドじゃなくちゃいけなくて、パロディは禁止で、ネタの使いまわしも禁止。

…き、厳しすぎます

私は暗くなった寝室で、脳味噌をギュウギュウ絞ることになります。

世の中の作家という職業をしている人は本当にすごいなぁと思う今日この頃。
私はどう頑張っても作家にはなれそうにありません。
いや、なる予定もないけれど。
コメント

カラオケデビュー

2006年06月17日 | 海の幸の小さな楽しみ
昨夜、ウチの旦那さまと妹の旦那さまが揃って出張だったので、夕方から妹のぐま江ちゃん(仮名)&息子の実くん(仮名・5歳)&私&岬の4人でカラオケに行って来ました。

まずはサイゼリアで腹ごしらえして、カラオケ3時間

私はカラオケそのものがすごく久しぶりで、懐かしい歌を色々と歌ってみました。
アニメソングや童謡からビジュアル系バンド、徳永英明まで。

妹のぐま江ちゃんは結構最近の歌も知っていて、偉いなぁと思いました。
私は未だにレミオロメンって名前すら覚えられず、ロミオメロンとか平気で言ってる。

途中で岬が飽きてしまって、私は岬を肩車してあやしながら歌ったりしていましたが、それはそれでまぁ良い経験だったかと

ちなみに岬は今日がカラオケデビュー。
「カラオケってうるさい…」
とむくれていましたが、お開きが近くなる頃には実くんと一緒にマイクを握りしめて『大きな古時計』を歌っていました。

子連れでカラオケ、意外と楽しかったです。
また行きたいと思いました


【私信】
今日は楽しかったです。両方のダンナが揃って出張のときはまたぜひご一緒しましょう!>ぐま江ちゃんへ
コメント

でろりん。

2006年06月16日 | 我が娘・海の岬
岬、朝からぐったりしていて保育園をお休みしました。

スライムのようにでろりんとしていて、持ち上げでも持ち上げでも「あー」とか「うー」とか呟いて白目を剥いたまま。怖いよ。

「どうしたの?」と尋ねると、「ねむい…」とひとこと。
「保育園で誰かとケンカしたの?」と尋ねると、「ううん、ほいくえんは、たのしー」と呟いています。

熱を測ってみたりしましたが、特に体調が悪い感じでもなく。
睡眠時間も生活サイクルもいつも通りなんだけどなぁ??

先ほどようやく起きあがり、「おトイレ…」と呟いてお手洗いへ行ったと思ったら、ゴロンという物音が。見に行ってみると力尽きてお手洗いの床にころがっていました。
だ、大丈夫か

とにかく今日はゆっくり休ませようと思います
コメント (2)

ニンテンドーDS登場

2006年06月15日 | 海の幸の小さな怒り
我が家にニンテンドーDSが登場しました。
旦那さまが自分のお小遣いで購入して、私や岬にも貸してくれています。
私は「脳を鍛える大人のDSトレーニング」を、岬は「Newスーパーマリオブラザーズ」をせっせと頑張っています。
岬はまだまだ4歳児、そんなにゲームを楽しむ実力もないだろうとタカをくくっていたら、案外楽しい様子。
楽しいというレベルを超えて、夢中になっています。

「ねぇ、お母さん。マリオやってもいい~?」
「晩ご飯食べてからにしなさい!」

「もうお腹がいっぱいだよ。マリオやってもいい~?」
「全然食べてないじゃないの! あと3口食べなさい!」

「3口食べたから、マリオやってもいい~?」
「きぃ~!!!」

岬は保育園へお迎えに行くとすぐに「帰ったらマリオやってもいい~?」と言い始め、ご飯を食べながらも気がそぞろ。
ものすごく仕方なさそうにご飯を食べて(でも普段の半分くらいしか食べない)、さっさとDSを始めました。

初代ファミコンが爆発的な人気となったのは、私が小学生の頃。
私はファミコンを持っていなかったし、寝食も忘れてゲームに没頭するということがなかったので、友人が母親から口やかましく言われている姿を見てもピンとこなかったのですが、岬を見ていると『あぁ、こういうことだったんだな』と思います。

ご飯食べなさい、お風呂に入りなさい、目が悪くなります、姿勢が悪くなります。
ゲーム機が浸透している今でも母親の心配事は変わらないようです。

子どもをこれだけ夢中にさせるゲーム機。侮れません
コメント

1日2000kcal

2006年06月14日 | 海の幸の小さな疑問
ご無沙汰しておりました。
私は今日も元気です。

1ヶ月以上もご無沙汰でした。
もう誰も見ていないだろうと思ったんですが、ちょこちょこ覗いてくださる方もいらっしゃるようで。ありがとうございます。

では、近況などちょこちょこと。

私自身の体調はだいぶ良くなっていて、あとは軽い睡眠障害だけ何とかなればとりあえずは大丈夫かと。
娘もとっても元気です。風邪も引かず、虫歯もなく、毎日笑顔で保育園に通っています。週1回のバレエ教室も楽しそうです。

夫も元気ですが、昨日人間ドックを受診して「食事を1日2000kcalに抑えてください」と言われて帰ってきました。
1日2000kcalってどのくらいだろう??

20日に栄養指導があるそうなので、夫にくっついていって話を聞いてこようと思っています。

でもカロリー計算って苦手だなぁ。
いや、苦手とか言っている場合じゃないんですが。
コメント (2)