★☆海の幸の日常日記☆★

Copyright(C) 2007 Uminosachi. All Rights Reserved.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

死んだらどうなる?…という質問にどう答える?

2005年04月28日 | 我が娘・海の岬
今日はちょっと真面目に考えた話です。

3歳になってすぐの頃、岬は「『死ぬ』って何?」「『死んじゃう』ってどういうこと?」「みーんな、みーんな、死んじゃうの?」と『死』についての質問を投げかけてくるようになりました。
私はあぁ、そういうことを聞くくらい成長したんだなぁ…としみじみ思いながら、「生き物はみんな、死んだら『いのちのもと』へ還るんだよ」と答えました。
『いのちのもと』って、なんだか『あじのもと』みたいな感じがするなぁ…と思いながら答えたのを覚えています。

でも、この答えは、私が妊娠したときに覚悟して考えた言葉です。
自分が親になる以上、いつかは子どもに『死』について質問される日が来る。そのときになんと答えるか。

いろいろな宗教入門や哲学入門の本を斜め読みしたり、当時大流行した「葉っぱのフレディ」という絵本を読んだりしました。TBSでやっていた「ピュア・ラブ」というドラマを観たりもしました(まぁ、これは単純に面白くて観ていたのですが)。
そして、その結果が「生き物はみんな、死んだら『いのちのもと』へ還るんだよ」という答えでした。

岬は「お父さんも、お母さんも、おじいちゃんも、おばあちゃんも、ひいおばあちゃんも、保育園の○○ちゃんも、△△くんも…」と思いつく人すべての名前を挙げて「みんな『いのちのもと』へ還っちゃうの?」と聞いてきました。
私は「そうだよ」と答えました。
岬は泣きそうな顔になりました。
私は「怖いの?」と聞きました。
岬は黙ってうなずきました。
私は「『いのちのもと』に還るのが怖いと思っているうちは、絶対に『いのちのもと』へは還らない。自分もいつか『いのちのもと』に還る日が来るんだと思って、そのことが怖くなくなったあとでなくちゃ、『いのちのもと』へ還ることができないんだよ」
岬は「お母さんは怖くないの?」と聞きました。もしお母さんが『いのちのもと』へ還ることを怖いと思っていなかったら、お母さんはいつ死んでもおかしくないと思ったようです。
私は「お母さんは『いのちのもと』に還る日が来ることを、今の岬が怖いと思っているほどには怖いと思わないよ」と答えました。
岬は「お母さんは、もうすぐ『いのちのもと』に還っちゃう?」と不安そうに聞きました。
私は「大丈夫。確かにお母さんは『いのちのもと』に還る日が来ることを、今の岬ほどには怖いと思っていないけれど、岬はまだまだ怖いと思っているんでしょう? だからお約束するよ。岬が『お父さんやお母さんがいのちのもとに還る日が来ても大丈夫。怖くない』って思えるくらいしっかりしたお姉さんになるまで、お父さんとお母さんは絶対に『いのちのもと』には還らない。だから心配しなくていいからね」
3歳になったばかりの岬にとって、私の話し方はだいぶ難しかったかも知れません。でも、その日から岬はぐっすり眠るようになりました。

私は、この岬との会話が正しいとか、合っているとか、そういうふうには思えません。
だいたい、岬が大丈夫だと思えるまで絶対に死なないなんて、そんな保証はどこにもないし。
死に対する畏れがなくなってからでなければ死なない…なんていうのも、会話の中で私が苦し紛れに答えた、まったくのあてずっぽうです。
でも、ひとりで何かを感じ取り、畏れ、おびえ、悩み、寝付きの悪い数日を過ごしたあとの、意を決したような真剣な目をして、問いかけてくる岬を前にした、そのときの私にとってはこれが精一杯の答えでした。



今日の未明、北海道に住む祖母が亡くなったと連絡がありました。
岬には、夫が「北海道のひいおばあちゃんが、いのちのもとへ還ったよ」と話してくれました。
これから、祖母を送りに函館へ行って来ます。
コメント   トラックバック (3)

補正具

2005年04月27日 | 海の幸の和服
今まで、着物を着るときに補正をしていなかった海の幸です。
補正とは、体の凸凹をなだらかにするために、胸のふくらみを押さえたり、くびれたウエストにタオルを巻いたりすることです。
でも不器用なのとめんどくさがりなのとで今まで補正は一切していませんでした。
和装ブラジャーすら使っていなかった…。

ただ、着物を着る機会が増えて、人の着姿や自分の着姿を気にするようになってくると、やっぱり補正は必要かなという気持ちも強くなっていました。

そこで、いつもお世話になっているリサイクル着物のお店で具体的な補正の方法を教えてもらいました。
タオルを畳んで腰の部分(お尻の上)に載せて腰ひもで押さえる、胸はさらしを巻くか和装ブラジャー・スポーツブラなどをする、さらには自分でさらしを使って補正着を作ってしまう…などなど。
懇切丁寧に教えていただいておいて申し訳なかったのですが、正直言って不器用な私は全部挫折しました。
時間ばっかりかかった挙げ句に腰のタオルが逆にぼっこりと飛び出しちゃったりして。

こんな調子で補正してたら、着物を着て友人と出掛けるたびに遅刻します。ただでさえ遅刻魔なのに。
この間だってメガネ忘れて猛ダッシュしたばっかりなのに。

で、悩んだ挙げ句、買ってしまいました。
浅野屋呉服店さんにて、ベスト補正着なるものを。
迅速丁寧な対応で、注文の翌日に手元に届きました。

で、さっそく着用。
なんだか防弾チョッキのような見かけにたじろいでいたのですが…。
全然違いますね~♪
見かけよりも軽くてふわふわしてて、暑苦しい感じもしません。
いつもと同じように着付けをしてみたのですが、余計なシワが激減したし、仕上がりもだいぶスッキリしました。
着付けにかかる時間も5分は短縮できたかな~。
同じ人間が着付けたとは思えません。

問題は…あちこちにパットを入れている分、太っちゃうことです。
あたりまえなんですけども。
今までよりちょっぴり帯が短く感じました。
それでもこの補正具は私にとって必需品となりました。
これからも愛用していきたいと思います。


web拍手←押していただけると嬉しいです。
コメント   トラックバック (1)

帰省してきました

2005年04月25日 | 海の幸の小さな喜び
旦那さまの実家(茨城県ひたちなか市)へ帰省してきました。
本当は着物で帰省しようかと思ったんだけど、さすがにお義母さんが目を回すと困るし、来客予定もあるというので、無難にチノパン&Tシャツ&パーカー(ALLユニクロ)で帰省しました。

来客後はひたち海浜公園へGO
チューリップがいっぱい咲いていて、とても幸せな気分になりました
この公園は季節ごとにいろいろなお花が咲いていて、本当に素晴らしいです。
お花を育てるのが大好きなお義母さん、伯母さん、義妹さんは『お花を育てたい病』を発症し(笑)、帰り道にホームセンターで鉢植えや球根など、色々衝動買いをしていました。

お花を愛するのもステキですよね。
私は春の花といったらせいぜい、桜・木蓮・菜の花・たんぽぽ・チューリップ…程度の知識しかないので、もう少し花への関心を持つことができたら…と思いました。
せめて岬には…と思ったのですが、肝心の岬はタンポポを指さして「ねぇ、お母さん、これってヒマワリ?」とか言っているし、何回「違うよタンポポだよ」と教えてもあんまり関心が湧かないようだったので、しばらくは難しいかも知れませんねぇ…。
コメント (3)

ビーズ半衿

2005年04月20日 | 海の幸の和服
とうとうビーズ半衿なるものを買ってしまいました
レーヨンの糸(レース編みに使うやつだと思います)で、ビーズを編み込んであるのです。
基本的には季節を問わず使えるので便利。
肌に当たる部分はビーズなので、汚れたらビーズを軽く拭くだけで良いという、お手入れも簡単なすぐれもの。

3ヶ月前に着物アドバイザーの人が使っているのを見て以来、欲しくて欲しくて。
定価9,600円、ネット通販で安いと言われているお店でも6,800円位します…。
かといって自分で作れるほど器用でもないし。

でも、インターネット、本当に万歳

きもののきらくやさんにて、3,150円(税込)+送料500円(郵便局のエクスパック使用)にて購入しました。

しかもものすごく迅速で丁寧な対応で、本当に幸せなお買い物でした~
あぁ、幸せだ…
きもののきらくやさん、本当にありがとうございました

来週は岬と一緒に、またもやおでかけの予定です。
さっそくこの半衿をつけておでかけするぞ~っ


web拍手←押していただけると嬉しいです。
コメント (6)

思い切って

2005年04月19日 | 海の幸の和服
↑の写真は、我が家のお風呂場です。
干してあるのは、夏の着物です。
ところどころ茶色いシミがあったので、思い切って洗濯してしまいました。
祖母にもらったモノなので、着物の素材は不明。
おそらく麻とかサマーウールとかそんなもんだろうと勝手に判断してGO
ごく普通の洗濯洗剤『ニューダイヤ』で洗ってみました。
全部のシミが落ちたわけではありませんが、まぁ、着ても気にならない程度にはなったかな~?

半乾きになった頃を見計らってアイロンをかけようと思っています。
その結果、張りがなくなってクタクタになるようだったら、アイロン用のスプレー糊もGOしようと思います。

この記事をご覧になった方が自宅で同じようにお洗濯された結果、見るも無惨な姿になったとしても当方は一切責任を負いません。ご了承ください。

…だって、私だってまだ結果はわからないんですもの。
どうなることか、ちょっとドキドキな海の幸です
ダメだったら諦めて悉皆屋(しっかいや=着物のメンテナンス屋さん)へ持っていきます。
でも、業者さんに頼むと当然お金がかかる訳でして。

あぁ、着物よ…
♪頼む、ガンバレ、頑張ってくれ~(by海援隊)



web拍手←押していただけると嬉しいです。
コメント (4)   トラックバック (3)

思い切って…その後。

2005年04月19日 | 海の幸の和服
さて、思い切って洗濯をしたわけですが、その後。
無事に洗い上がりました~
色落ち&色移りも全くなく、キレイさっぱりな仕上がりとなりました。
全体的に薄汚れていたようで(なにぶん年数が経っておりますので)、クリーム色が薄いクリーム色になり、着るのが楽しみなさっぱりした色合いになりました。

これで心おきなく夏を待つことができるぞ~っ
今年の夏も着物で遊ぶぞっ


<着物のお洗濯のおさらい・私の場合>

1.洗濯洗剤で手洗い。
※今回はごく普通の洗濯洗剤で手洗いしましたが、
・『エマール』など自宅でドライクリーニングができる系の洗剤で、着物を洗濯ネットに入れ、洗濯機のドライコースで洗う方
・シャンプーを使ってお風呂場で手洗いされる方
なども多いようです。私も普段は洗濯ネットに入れて洗濯機で洗っています。

2.物干し竿に通して半乾きにする。
※今回は夏物素材だったので、ネットに入れて1分間脱水しただけで半乾きになりました。

3.裏側からアイロンをかけて乾かす。
※完全に乾いてからだと、シワが伸びませ~んっ!

4.完全に湿気が飛ぶまで一晩着物ハンガーに掛けておく。

5.完全に湿気が飛んだことを確認してから畳んでしまう。
※湿気が残っているとカビるそうです。


た~だ~し~。何度も申し上げますが、
この記事をご覧になった方が自宅で同じようにお洗濯された結果、見るも無惨な姿になったとしても当方は一切責任を負いません。ご了承ください。

ちなみに私は浴衣や単衣(ひとえ=裏地なしの着物のこと)のウールや木綿の着物なども自宅で洗ってしまいます。
…絹の単衣の着物も手早く洗濯すれば、色移りを防げると聞いたことがありますが、いまだにその勇気は持てず。
いずれにせよ裏地がついている着物や刺繍がほどこしてある着物は着物専門のクリーニングを利用するしか手段はなさそうです。裏地の色や刺繍糸の色がほかへ移ってしまうので。
絞りなど凹凸がある着物も着物専門のクリーニングを利用するしか手段はなさそうです。アイロン掛けをしたら凹凸が全部ダメになってしまいますので。

しつこいようですが、着物を自宅で洗濯するというのは、あくまで個人の責任でお願いします

以上、海の幸の洗濯報告記でした。


web拍手←押していただけると嬉しいです。
コメント

黄八丈で猛ダッシュ!

2005年04月18日 | 海の幸の和服
さて、今日は友人DOE嬢と渋谷でランチ&映画の約束をしていました。
お互い『黄八丈の着物で行こうね』とメールをしつつ楽しみにしていたのに、ワタクシってばメガネを忘れて大遅刻。
黄八丈をはためかせながら猛ダッシュとなりました。

DOE嬢とハチ公前で合流後、ZARUでランチ。そのあと映画『真夜中の弥次さん喜多さん』を観に行ってきました。
ZARUのランチはフリードリンク(アルコールは別料金)なので、猛ダッシュでのどが渇いていた私は3杯もがぶ飲みしました。
映画の内容についてはこれから観る人もいると思うので、割愛します。
が。ワタクシ的な感想を申し上げると、で、あとからちょっぴり考えることがあるような映画でした。クドカン炸裂で面白かったです。

DOE嬢もワタクシも黄八丈の着物を着ていったので、本当は写真を撮ってブログにupしようと思ったのですが、何を間違えたかプリクラをとってしまいました。
…最近のプリクラってすごいんですね。オバチャン、すごく戸惑っちゃったよ
しかもプリクラには本名を落書きしてしまったので、今回はそのプリクラ画像すらupできません。
ごめんなさい。

代わりに以前撮影した黄八丈の着物の写真をupします。
今日も同じコーディネートだったので、こちらでお許しを。


ここのところgooブログのサーバーが負荷に耐えきれず、全く使い物にならない状態だったので、ちょっと放置気味でした。
放置していた間にも日常のちょっとした出来事はあったので、過去の記事もさかのぼって書いていきたいと思っています。よろしければチェックしてやってください。


web拍手←押していただけると嬉しいです。
コメント (3)

ひいおばあちゃん

2005年04月17日 | 海の幸の小さな喜び
私の祖母は傘寿を過ぎたというのにとても元気です

今日はお天気が良かったので、祖母と旦那さまと私と岬の4人で、またもや城南島海浜公園へピクニックに行って来ました。

岩場で焦げ茶色の小さなカニを釣ることができるのですが…
私「足場がちょっと悪いんだけど…、あっちの岩場でカニ釣りができるんだ。おばあちゃんも行く?」
この質問をしながら、私は『私の足じゃ自信がないから、ちょっとここでのんびりしてるわ』という返事を想像していたのですが。

祖母「あら、面白そうね」

…元気な祖母です。
本当に岩の隙間へあたりめをくくった糸を垂らし、カニ釣りを楽しんでいました
しかもヒョイヒョイと岩場を歩き回っています。すげえ。

私が傘寿を迎えたとき、果たしてこんなことができるのでしょうか

祖母にはいつまでも元気で快活でいたもらいたいと思う海の幸でした。


web拍手←押していただけると嬉しいです。
コメント

雨コート

2005年04月12日 | 海の幸の和服
雨コートを買ってしまいましたよ~っ!!

雨の日だって着物で出掛けてやると決めてしまえば、やっぱり必要性を感じてしまう訳で。
写真の雨コートはリサイクル着物のお店で3,150円也(税込)。
まるで誂えたようにぴったりサイズ。
しかも私が大好きな矢絣模様。
雨の日は矢絣のポリエステル着物がメインになりますから、お揃いになるじゃありませんか
もちろん即決してしまいました。
しかもその場で値札だけはずしてもらい、着て帰ってきたのでした。

おおっ!
本当に雨をはじくよっ!!
嬉しくてひとりでニヤニヤしてしまうワタクシでした。

次に狙うは番傘と雨下駄&つま皮です。にやり。


web拍手←押していただけると嬉しいです。
コメント (2)   トラックバック (1)

念願の雨

2005年04月12日 | 海の幸の和服
ようやく雨が降りましたよ!!

桜はもうダメっぽいですが、私には雨が降ったら試してみようと思っていたことがありました。
そう。↓です。



ビニール製の草履カバー。効果はいかに

以下、私の主観で。☆は5つが満点です。

<見かけ>
☆☆…まぁ、これはこれでアリだと思うのですが。やっぱり下駄につま皮とか、あらかじめ雨の日用として作られているカバーつき草履なんかを履いて歩いている方とすれ違ったりすると、ちょっと切ない気持ちになります。

<履き心地>
☆☆☆…悪くはありませんが、やっぱりビニール製なだけあって、ぶにゃっとした感触が。

<機能>
☆☆☆☆…濡れていて滑りやすくなっている床(駅ビルの中など)もしっかりと歩くことができました。ただ前述したぶにゃっとした感触で若干バランスをとりづらく、また自分自身が『ビニール製だ』という先入観からイマイチこの商品そのものを信用しきれなくて緊張して歩く羽目になったので、-1。

<トータル>
☆☆☆…悪くはないです。むしろ「今日は小紋以上の着物でおでかけ! 草履を持って歩いて室内で草履に履き替えるなんてのはイヤだけど、かといって草履を履いて水が染み込んでべちょべちょになるのはもっとイヤ!!」という用向きには打ってつけです。
が、下駄もつま皮もそんなに高いモノではないし(もちろん上には上がありますが)、晴雨兼用の下駄につま皮を着脱すれば元もとれると思うので、思い切って新調しても良いかもしれません。
ちなみに私が住んでいる地元の商店街だったら、下駄が3,500円くらいから、つま皮が1,500円くらいからで入手できるようです。

 結論。とりあえずはこの草履カバーでしのいでおいて、次号の「美しいキモノ」誌上で雨の日のおでかけについて特集が組まれるようなので、それを熟読し、熟考してから結論を出すことにします。


web拍手←押していただけると嬉しいです。
コメント (2)

ただいま!

2005年04月10日 | 海の幸のご報告
結構あっさり復活しました。
今日のお昼頃は「あぁ…だめだ…」と思っていたのですが、旦那さまが城南島海浜公園へ誘ってくれて、思い切って出掛けてきました。
本当にウツがひどいときはそういうのって逆効果ですが、今回はごくごく軽い症状だったので、とても良い気分転換になりました。
写真のようにコンビニのおにぎりを食べたり、岩場でたこ糸にスルメをくくりつけてカニを釣ったり、走ったり、寝転がって読書したり…。
やっぱり自然の力は偉大ですね。
ちょっとまだ不安は残りますが、明日から始まるカルチャースクール(文芸系)には参加できそうです。
保育園の送り迎えも…できたらいいなぁ…。

帰り道はまたもやイトーヨーカドー大森店経由。
小学生以下専門の美容院で、岬の髪の毛をショートヘアにしてもらいました。
岬はおかっぱさんよりもショートヘアのほうが爽やかで似合っているように思います。
親ばかさんな私の主観ですけど。

私もそろそろ髪を切りたくなりました。
でも、着物を着るときを考えると、悩んじゃうんですよね。
何か良い髪型はございませぬか…。
コメント

ちょっと休憩

2005年04月06日 | 海の幸のご報告
ちょっとウツの揺り戻しが来ているので、数日間休憩します。

今回の揺り戻しはそんなに大きくないし、対処方法もわかっているので、そんなに長引かないと思います。
しばらく何も考えずに眠っていれば大丈夫。

申し訳ありませんが、その間の日常生活はまかせた。>旦那さま&岬&実家の両親

文章もいつも以上にまとまりませんが、何も書かないでブログを放置しておくのもなんだかアレなので。

復活したらまた遊んでやってください。
では、ちょっと休憩してきま~す♪
コメント

らくちん、らくちん♪

2005年04月04日 | 我が娘・海の岬
今日は岬と二人、自宅でのんびり過ごしました。
多少お腹の調子が悪いものの、私よりも元気な岬。
ダラダラ過ごしている私のかわりに「いいよ、お母さん休んでなよ。食器洗ってあげる」と…。

子育ては大変だ~と思うこともあるけれど、らくちんだ~と思うこともあるワタクシです


全然関係ないけど、私にとっては教育テレビ「クインテット」のアキラさんでおなじみな宮川彬良氏がマツケンサンバの作曲者だったことを知り、ビックリしました
改めて宮川氏のサイトを見てみれば、劇団四季の「夢から醒めた夢」の作曲を手がけていることなんかまで知ってみたり。
小学校6年生のとき、日生劇場に観に行ったなぁ>夢から覚めた夢


web拍手←押していただけると嬉しいです。
コメント (2)

お花見に行きました

2005年04月03日 | 海の幸の和服
靖国神社へお花見に行きました。
中学・高校時代を一緒に過ごした友人たちと一緒にお花見をしようということになり、飯田橋で集合。
私は岬と一緒に着物を着て行きました。

数年前に新築された母校を外側から眺め、受付から出てきてくださった事務の方と思い出話。
先生方の思いがけない人事異動にびっくりしたりしました。
あの先生が副校長で、あの先生が教頭かぁ…

その後、靖国神社へ。
気象庁の方が開花宣言をするために観察していた桜の木を探しました。
う~ん。どれがそうなのかちょっと見つけられなかったのですが、一応それらしき桜の木を背景に、
岬にポーズをとらせて撮影しました。
本当は写真屋さんがポラロイド写真撮影900円也…をやっていて、母子で撮ってもらったのですが、スキャナーを使えないのでupは断念。
もし旦那さまが暇なときにスキャニングしてもらえたらupするかも知れません。
桜の開花状況はまだまだでしたが、裏千家の野点が催されていたり、露店がずらりと並んでいたりして、お花見気分を満喫しました。

その後はれもん屋でランチ
予想以上におなかいっぱいになりながらも、大満足。

さらにその後は軽子坂のスターバックスでお茶。
岬の運転士さんごっこなどを眺めつつ、相手役を強制されつつ、またもやおしゃべり。

それでもおしゃべりは尽きず、ラムラをぶらぶら歩いて、夕食は笑笑へ。
またもや飲んで、食べて、しゃべって過ごしました。

岬も飛んだり跳ねたり転んだり。友人たちに相手をしてもらって大満足だったようです。

また、みんなで集まろうねっ


web拍手←押していただけると嬉しいです。
コメント (3)

今日から進級

2005年04月01日 | 我が娘・海の岬
岬、今日から正式に進級しました。
いつも仲良くしてくれていたお姉さんも卒園&入学です
昨日は小さなブーケを渡して「おねえちゃん、そつえんおめでとう。これからもなかよくしてね」とご挨拶した岬です。
ちなみに岬にも私と旦那さまから進級のお祝いにブーケをプレゼント。
マグカップに飾って満足げに眺めながら、夕食・朝食を食べていました。

そんな岬は今朝から「おなかいたい…」とトイレに行くこと数回。
何とか岬を保育園へ連れて行き、朝の準備をしているときも、職員室には欠席の電話がかかっていました。
「○○ちゃん、おなかが痛いのでお休みです」
「□□くん、おなかが痛いのでお休みだそうです」
「△△ちゃん、腹痛でお休みです」
みんな、進級で緊張し過ぎちゃってるんでしょうか
保育園に登園している子も、「今日はおなかが痛いので、おやつの牛乳はお茶に換えてください」という申し送り多数。
岬も今日は牛乳→お茶に変更です。

ベテラン先生の笑顔のむこうで、新任の先生が笑顔を引きつらせてバタバタしています。
大人も子どももしばらくは大変ですね。

今日は夕方から小児科へ行ってこようと思います。


web拍手←押していただけると嬉しいです。
コメント