★☆海の幸の日常日記☆★

Copyright(C) 2007 Uminosachi. All Rights Reserved.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

わたあめ、その後。

2007年05月25日 | 我が娘・海の岬
わたあめの話をぜひ夫にも、岬の口から聞かせてあげたい! と思ったので、夜、家族そろって布団に入ったときに、岬に
「わたあめの材料、お父さんにも教えてあげなよ」
と言うと、岬はもぐりこんだ布団の中からちょっとだけ顔を出して、
「ううん。言わない。だって、本当は違うんじゃないかなって気がするから」
と言いました。

「じゃあ、本当の材料は何だと思う?」
と聞くと、
「あのねぇ、蒸気を集めたものなんじゃないかと思うんだぁ。お鍋でお湯とか、何かわたあめの材料になる液体を沸かして、その蒸気を集めてるんじゃないかなぁ」

なるほどね。
たしかにわたあめ屋さんの様子を見ていると、大きなお鍋から蒸気をかき集めているように見えますね。

蒸気だの、液体だのと、まるで理科の授業のような発言ですが、それでもやっぱり材料は雲だと思ってるってことかな。

へぇ、ほぅ、と聞いていると、岬が
「お母さん、本当のこと知ってるんでしょ。教えてよ」
と言い出し、私もあんまり素敵な話が思いつかなくて、正直に
「わたあめはザラメという粒の大きなお砂糖からできているんだよ」
と答えました。

岬は口をへの字にして、
「そうだと思ったよ。やっぱりね!」
と強がっていました。

私が自分の幼少時代を思い出して、
「お母さんも、ずうっと雲はわたあめでできてるって思ってたんだけどね、小学校で習ってみたら違ったんだぁ」
と話すと、
「あーあ、子どものお母さんってば、大人たちにすっかり騙されちゃったんだね!」
と怒ったように言われてしまい、さらに
「岬は騙されないけどね!」
と怒っていました。

ふんっ! と言って背中を丸めて眠ってしまった岬を見て、岬は本当に、本当に、わたあめは雲でできていると思っていて、そのことを思いついたことがとっても嬉しくって、それで私に教えてくれたはずなのになぁ。と、自分の夢のないお母さんぶりがちょっと悲しくなりました。



…実は、サンタさんもそろそろ危ないんです。。。どうしよう。。。
コメント (2)

わたあめの材料

2007年05月23日 | 我が娘・海の岬

みんな「雲はわたあめでできてる」って言うんだけどさぁ。
違うんだよねぇ。
本当はわたあめが雲でできてるんだよ。
空から落ちてきた雲をわたあめ屋さんがつかまえて、
お砂糖を入れて、甘すぎないようにちょっとお塩も入れて作ってるんだよ。


シャボン玉を作りながら、岬は考え考え言いました。

雲が白いもやもやしたものでできていて、しかも味がしないのに、大人も子どももみんなが雲とわたがしを同じものとして話すので、それでいろいろ考えたようです。

以前、岬と一緒にお祭りに行って屋台めぐりをしたとき、わたあめ屋さんが空を見上げていたのですが、あれは空模様を心配して空を見上げていたのではなく、本当はわたあめの売れ行きがよくて、在庫切れになっちゃいそうで、それでわたあめの材料になる雲が落ちてくるのを待っていたのかもしれません。

コメント

ひとりでできたもん!

2007年04月02日 | 我が娘・海の岬
高熱を出して寝込んでいた私。
体じゅうの関節や筋肉が痛くて辛かったです…。

今朝、熱の下がった私が目を覚ましてリビングへ行くと、岬が一人で朝ごはんを食べていました(旦那さまはすでに会社へ出かけたあと)。

メニューはとろろそばとミルクセーキ。



写真だとちょっと見づらいですが、向こう側に水色の小さなペンギンのおもちゃが飾ってあります。
一人で食べるのもつまらないので、朝食の友として向かい側にペンギンちゃんを置いた模様。

ちなみにとろろそばは、ちゃんとわさびとネギが除けてありました。からいのは苦手なようです。

ご覧の通り、とろろそばはスーパーで売っているやつなので、冷蔵庫に手が届きさえすれば、あとは自分でパックを開けて食べることができるのですが。

…ミルクセーキ?

<ミルクセーキの作り方>
・牛乳 1cup
・卵黄 1個
・砂糖 スティックシュガー1本
※これらの材料をボウルに入れ、泡立て器で混ぜる。

簡単とはいえ、作らなくちゃ飲めないはず。
作り方を教えたことなんて、あったかしら?

私:「このミルクセーキ、作ったの?」
岬:「うん。タマゴがあんまり上手に混ざらなかったんだけど…。こんな感じでいいのかなぁ?」

タマゴの白身も一緒に入れちゃったので、それがよく混ざらなかった原因になっているようですが、初めて一人で作った割には、よくできています。

台所を見てみると、ちゃんと作った痕跡としてボウルと計量カップと泡立て器が洗い桶の中に入っていて、からっぽの牛乳パックとタマゴの殻が転がっていました。



改めてチェックしてみると、結構残っていたはずの牛乳パックがからっぽになっていて、タマゴの殻が2個も捨ててあり、スティックシュガーの空き袋は残っていない。…ということは。

「カップ1杯(200cc)」を「計量カップいっぱい!(500cc)」と勘違い。
 ↓
(倍量の牛乳を使っているので)味見をしたときに「普段と比べてタマゴの味が足りない!」と思い、思い切ってもう1個タマゴを入れた。
 ↓
スティックシュガーをしまってある場所(食品戸棚の一番奥)がわからなかったので、料理用の白砂糖(シンク下の調味料置き場)を使った。

と、推察できます。
冷蔵庫からタマゴと牛乳を取り出すだけだって、岬の身長だったら大変だったはず。
踏み台を使って、さらに背伸びをしたりしたんだろうなぁ。
バラバラの場所にしまってある計量カップとボウルと泡立て器まできちんと揃えて、牛乳をきちんと計量カップで量って、お砂糖を探して、ボウルに入れて泡立て器でかき混ぜたんですねぇ。

朝から一人でよく頑張ったなぁと、しみじみ。
コメント (2)   トラックバック (1)

年長さんになります

2007年03月26日 | 我が娘・海の岬
岬、今日から年長組さんになりました。

昨夜はワクワクドキドキでなかなか寝付けず、暗くなった寝室で
「年長さんになって大丈夫か、心配なの…」
と呟いていました。
大丈夫だよ、みんな一緒に年長さんになるんだから、みんな一緒に少しずつ年長さんになればいいじゃない、と話して眠ったのですが、今朝も食欲がなくて、飲まず食わずで登園しました。

丸5年の保育園生活で、朝食をまったく食べずに登園したのは今日が初めてでした。

でも、登園してみたら、担任の先生が一緒に年長組に持ち上がりなことがわかって、親子ともどもホッとしたのでした。

来年は小学生です。早いなぁ。
ピカピカの小学生目指して、岬の年長さん生活が始まりました。
残りの保育園生活を目一杯楽しんでほしいと思います。
コメント (2)

5歳児の名言?

2007年02月20日 | 我が娘・海の岬
楽しさの先には、悲しさがあるんだよ。

だって、楽しさと悲しさは、ちびくろさんぼのトラみたいにぐるぐるまわっているんだもん。

…さすがにバターにはならないけどね。



うーむ、うーむ。
夕食をテーブルに並べていたところだったので、
「急にどうしたの?」
と聞いてみたのですが、
「今、そう思ったから、そう言っただけ」
だそうです。

謎。
コメント

初めてのバレエの発表会

2007年02月13日 | 我が娘・海の岬
やってまいりました、バレエの発表会!

岬は…
・プリンセス見習い
・チビ白ネコ
・親指姫

の役をやりました。
ま、いずれも舞台に出て、手を伸ばしたり、膝を曲げたり伸ばしたり、とてとてと歩いたりするだけ、あとは手を振って舞台の上を走るくらいなんですけど、本人はなかなか緊張したようです。


写真1枚目はメイク中。
「撮らないでよっ!」と怒っています。ナーバス。


写真2枚目は楽屋前にて。プリンセス見習いの岬。
やっぱり「撮らないでよ! べ~えっ!」と怒っています。緊張してるのね。
プリンセスのお姉さんを真似て踊って、プリンセスとしての振る舞いを見習う…という振り付けを踊りました。


写真3枚目はチビ白ネコ。
プリンセス見習いとして舞台を踏んだあとなので、ちょっとだけポーズをとる余裕がありました。
向かって右側が岬。左側は同じクラスのお友達です。
写真には写っていませんが、ふわふわの白い尻尾がついています。
足もとがバレエシューズではないのは、床のワックスでシューズを汚さないようにするために、シューズの上からフリーズ素材のシューズカバー(100円ショップダイソーにて315円で購入・笑)を履いているのです。

バレエを始めて10ヶ月。
最後まで振り付けは覚え切れなくて、隣のお友達を見ながら踊ったり、左右を間違えてくるりとまわっていたりしましたが、それもまたご愛嬌。
両手に抱えきれないほどの花束をもらって嬉しく、楽しい一日となりました。

夜寝るときに「楽しかったぁ。プロのバレエダンサーになりたいなぁ」って呟いていた岬です。

出演する子ども本人も大変ですが、親もなかなか大変でした。
でも、舞台の上で楽しそうに踊っている姿を見たら、疲れも吹っ飛びました。
親も楽しかったです。
また、来年も頑張ろうねっ!

※今回は舞台用でメイクが濃いので、岬本人は目隠しナシで載せてみました。
コメント (2)

岬の恋愛模様

2007年01月08日 | 我が娘・海の岬
今日はバレエレッスンの日でした。
子どもたちがレッスンを受けている間、お母さんたちはおしゃべりしているのですが、そのときにRくん(5歳)のお母さんから素敵な一言が。

「うちのRがね、岬ちゃんのことを好きなんだって」

おおおおお
恋は水色ですよ。
これで岬がRくんのことを好きなら、両思いじゃないですか。
一緒にお風呂に入りながら、ちょっと探ってみましょう。

幸:「岬は好きな人っているの?」
岬:「うん、いるよ」

おおおおお
カルピスは初恋の味ですよ。
岬ってばちょっと照れちゃったりしてます。

幸:「誰が好きなのか、教えてくれる?」
岬:「えっとねぇ…、保育園のKくん!」

おおおおお
恋は野の鳥。
ごめん、Rくん。

岬:「Kくんはすぐ意地悪するんだけどねぇ、岬には意地悪しないんだよ!」

おおおおお
岬の恋愛は実るのか?!

岬:「Kくんは、MちゃんとYちゃんとSちゃんと岬には意地悪しないんだぁ!」

おおおおお
これは…微妙、ですな…。

お医者様でも草津の湯でも治せないそうですから、恋愛って難しいですね。

そして。
うちの旦那様の心境がもっとも難しいんじゃないかと思います。
父親が娘の恋人でいられる時間は限りなく短い。。。
コメント (2)

はじめてのおつかい

2006年12月08日 | 我が娘・海の岬
「お母さん、おなかすいたぁ」
「冷蔵庫、からっぽだねぇ。お買い物に行ってこなくちゃ」
「じゃあ、岬はお留守番してるよ」
「………岬じゃなくて、お母さんがお留守番しててもいい?」
「それは、岬がお買い物に行くってこと? 岬がひとりでお買い物してくるってこと?」

私が「そうだよ。行ってみる?」と聞くと、目を輝かせて「行くよ、行く! 本当にひとりでお買い物してきていいの?」とぴょこぴょこ飛び跳ねていました。

と、いうことで。


【おやくそく】
1.くるまにきをつける。
2.よりみちやとおまわりはしない。
3.スーパーについたときと、おかいものをしてスーパーをでるときに、いえにでんわをする。

【かってくるもの】
1.たまご
2.ぎゅうにゅう


首からネコのお財布を提げて、ダッフルコートのポケットに私の携帯電話を入れて。
携帯電話で自宅に電話をかける方法を教えて、練習して、いざ出陣!

いってらっしゃ~い!

岬はちょっぴり緊張していたみたいで、何度も何度も私のほうを振り返りながら「行ってきまぁす」「本当に行ってきまぁす!」「…行ってくるねぇ」と言っていました。

私はそんな岬を見送って、自宅の電話の子機を握り締めながらベランダに出ました。
ベランダに出ると、自宅からスーパーまでの道がところどころ見えるので、ちょっと見守っていようかと思ったのですが。

「岬、歩いてないなぁ…」
目立つように真っ赤なダッフルコートを着せたのに…?

ベランダできょろきょろしていると、自宅の電話が鳴りました。
「スーパーについたぁ。こわくてちょっと走っちゃった」
私の観測ポイントなど、とっくに通り越していたようです。
徒歩3分のスーパーまで、2分弱で到着しました。
初めて持たせた携帯も何とか使いこなせているようで一安心。

電話を切ってすぐ、また電話が鳴りました。
「タマゴ売り場って、どこぉ?」
自分で探してごらん。

するとまた電話。
「タマゴは6個入りはないんだって。11個入りのMサイズとLサイズがあるんだけど」
11個入り??? たぶん10個入りだよ、数えてごらん。
タマゴはLサイズを買ってきてね。
(っていうか、アルファベットのMとLが読めると思わなかったよ)

さらに電話。今度は牛乳で迷っているのか? と思ったら…
「これからスーパーを出て、帰りまーす。牛乳は、大きいのは重くて持てなかったの。だから小さいほうの牛乳を買ったよぉ」
気をつけて、歩いて帰っておいでね。
(自分で牛乳の大きさを選ぶとは思わなかったよ)

再びベランダから外を見てみれば、線路沿いの坂道を買い物袋を提げ、ちょっとうつむき加減に歩く赤いダッフルコートの女の子がいました。
ああ、お姉さんになったなぁ。

「ただいまぁ!」
「おかえり。お買い物ありがとう。頑張ったね。こわかった?」
「うん。こわかったけど…、ちょっとこわかったけど…、こわいなって思うのと一緒にわくわくもしたんだ。楽しかったよ! またお買い物に行くね!」

岬が買ってきてくれた卵と牛乳を使って、二人で一緒にバナナのロールケーキを焼いて食べました。

はじめてのおつかい、お母さんもすごくこわくて、わくわくしたよ。
コメント (2)

歌ってみました

2006年09月27日 | 我が娘・海の岬
♪みんな違う人生だけどぉ
同じように雪は降るぅぅぅ~♪


と、岬が歌っていました。
5歳児なりになにか人生について思うところがあったのでしょうか。

乙女心は難しいようです。
コメント

高揚してます

2006年09月12日 | 我が娘・海の岬
春に岬が習い始めたバレエですが、今のところ特に嫌がることもなく、普通に続いております。
来年の2月には発表会に出させていただけることも決まり、岬くらいの小さな女の子たちは全員お姫さまになるそうで、ちょっとだらけていた岬も次の目標が決まって楽しそうです。

さて。今日、テレビ「学校へ行こう! MAX」(TBS系)でクラシックバレエのダンサーが踊っていました。
その姿を見た岬、こらえきれなくなって、テレビを観ながら一緒になって踊り出しました。
足を伸ばしてみたり、クルクル回ってみたり。
私がちょっとリフトしてやると、嬉しそうに足を広げてポーズを決めていました。

最近の岬はそんなに情熱的に練習している感じでもなかったのですが、やっぱり刺激されるんでしょうか。

バレエの話が終わっても、岬の興奮は冷めなかったようで、彼女を一人きりにすると楽しそうな声で歌ったり、何やら大きな独り言を叫んだりしているのが聞こえました。
私が一緒にいると、私の目を気にするのか歌声は止んでしまうのですが、気分が高揚しているらしく、明らかにそわそわしていて、自分の気持ちをなだめるように何度か深呼吸していました。

きっと心の中はワクワクしているんでしょうね。そういう気持ちのままでずっとバレエを楽しんでいってくれたら…と思いました。
コメント (2)

夏だ! プールだ!

2006年07月04日 | 我が娘・海の岬
7月になりました。
東京はまだまだ梅雨明けしていないとはいえ、晴れた日の空はもうすっかり夏の色です。

岬が通う保育園ではプールが始まりました。
岬はピンクの水着と水泳帽でプール開きに臨みました。

プール開きには「えりりんさん」というフラダンスを踊る魔法使いのお姉さんがやってきて、プールに「安全を祈る魔法のけむり」を撒いていってくれたそうです。

へぇ~と聞いていると、

「えりりんさんの声がね、(岬の担任の)ササキ先生とそっくりだったんだよ。ササキ先生はえりりんさんとお友達だって言っていたけど、本当は従姉妹とかなんじゃないかなぁ? 岬も従兄の実くんと声が似てるって言われるもんね」

え~と、それはおそらく同一人物…。言えないけど。

「魔法のけむりはなんだか蚊取り線香に似た匂いがしたんだよ。きっと蚊をやっつける匂いってプールの事故もやっつけてくれるんだねぇ」

う~む、それもおそらく蚊取り線香そのもの…。言えないけど。


謎の「えりりんさん」を魔法使いだと信じている岬。
保育園のフミヨ先生とササキ先生は魔法使いだと信じている岬。
ついでに私の妹も魔法使いだと信じている岬。
岬の周りにはたくさんの魔法使いがいます。
魔法使いがいるって思いながら過ごす毎日って、なんだかちょっとキラキラしてて素敵なんじゃないかと思うワタクシです。
コメント

看病上手

2006年06月26日 | 我が娘・海の岬
あー、これはちょっと厳しいな…と分かっていたのに、ちょっと無理なスケジュールを組んでしまい、案の定ウツまっしぐら。
ひーん、こわい、こわい、こわい、こわいっ!

久々に抗うつ剤復活。
案の定副作用も復活。
どうしようもない吐き気と手足・顔のかゆみ。

ぎーぼーぢーわーるーいーーー。
が~ゆ~い~~~。

もうベッドに潜り込んだ不自然な体勢のまま、髪の毛一本動かしたくありません。
うう~、うう~と呻いていたら、旦那さまと買い物に出掛けていた岬が帰宅。寝室に「ただいま」を言いにやって来ました。

が、私の様子を見て取るや、岬はすぐに寝室から出て行ってしまいました。
本気で呻いていたから怖かったかな??

そう思っていると、岬は私の枕元にアイスノン・エチケット袋・冷水が入ったペットボトル・文庫本・詩集・クマのぬいぐるみ・ひよこのキーホルダー・一握りの手芸用わたをずらりと揃えてくれました。

アイスノンで顔や手のかゆみは軽減されました。
エチケット袋の登場で万が一の時も安心。
ペットボトルには岬のお気に入りハンカチが巻き付けられていて、水滴でベッドを濡らさないように配慮されています。
文庫本は私が好きな本。よく分かっています。
詩集も読みやすい手のひらサイズ。これも私が好きなものです。
クマのぬいぐるみは岬の一番の友達。岬と一緒にお見舞いに来てくれました。
ひよこのキーホルダーは「かわいいよ」と貸してくれました。

が…。手芸用わた???

ぬいぐるみを作るときに中に詰める、アクリル製のわたです。
何だろうと思っていると、岬は私の手に手芸用わたを握らせました。
「お母さん、これ、握ってごらん。やさしいよ?」
言われたとおり手芸用わたを握ってみると、手のひらが温かくてふわふわした感触で、確かにやさしい感触。辛かった心が少しラクになりました。へぇ~。

私が手芸用わたをニギニギしていると、今度はクラシックCDをかけてくれました。
音楽が流れ始めるとCDプレーヤーのリモコンを握りしめて私の顔の前にどっかり座り込む岬。顔の前にお尻を向けられて、う~ん鬱陶しいなぁと思っていたら、なんと岬は丁度良く聞こえるように音量を調節してくれたのでした。す、素晴らしい。

しかも私の方へ向き直ると、今度は詩集を朗読してくれました。
「雨ニモマケズ、風ニモマケズ…」
これがまた良いのです。
たまに病院ボランティア募集の記事に「朗読」という項目があって、なんだろう? と思っていたのですが、これは確かに素晴らしい。
本を読む気力・体力がないとき、人の声で本を読んでもらうというのがこんなに癒され、かつ楽しいものだとは知りませんでした。


岬が寝込んだとき、夫が入院したとき、私はこんなに心の行き届いた看病をしてあげたことはありません。30年以上も生きているのに、こんな看病の仕方は思いつきもしなかったのです。
なのに4年10ヶ月しか生きていない岬から、困っている人・辛い人の心に寄り添って行動することの素晴らしさを教えられて、私は心底尊敬しました。


そういう人に、私もなりたい。
コメント (4)

でろりん。

2006年06月16日 | 我が娘・海の岬
岬、朝からぐったりしていて保育園をお休みしました。

スライムのようにでろりんとしていて、持ち上げでも持ち上げでも「あー」とか「うー」とか呟いて白目を剥いたまま。怖いよ。

「どうしたの?」と尋ねると、「ねむい…」とひとこと。
「保育園で誰かとケンカしたの?」と尋ねると、「ううん、ほいくえんは、たのしー」と呟いています。

熱を測ってみたりしましたが、特に体調が悪い感じでもなく。
睡眠時間も生活サイクルもいつも通りなんだけどなぁ??

先ほどようやく起きあがり、「おトイレ…」と呟いてお手洗いへ行ったと思ったら、ゴロンという物音が。見に行ってみると力尽きてお手洗いの床にころがっていました。
だ、大丈夫か

とにかく今日はゆっくり休ませようと思います
コメント (2)

林試の森公園

2006年03月25日 | 我が娘・海の岬
岬と二人で林試の森公園に行ってきました。

いつの間にやらすっかり春
特にミカドヨシノという桜は満開で、とても素敵でした

逆行&携帯カメラの為、あまり上手く撮れなかったのが残念


たくさんの木々に囲まれ、桜の花を見上げながらお昼ご飯を食べました。
スーパーマーケットで買ったごく普通のパンでも、こういうところで食べると味が違いますね


その後、園内放送で「森のアトリエ」の案内があったので、出合いの広場まで行きました。

「森のアトリエ」とは、ボランティアの方々が毎週土曜日の午後開催してくださる工作教室のこと。
今日は和紙を水性絵の具で染める和紙染め(実費50円)&毛糸と段ボールを使う機織り(実費100円)をやりました。
私と岬ももちろん参加

まずは和紙を折り畳んで水に溶かした絵の具で染めて、風に任せて乾かします。
みんなでいろんな模様を楽しみました。


そして機織りにチャレンジ。
段ボールに縦糸を掛け、横糸を通していきます。
夢中で頑張っている岬。


ほぼできあがり。
このあと段ボールから縦糸をはずし、2本ずつ結んで端を始末したらできあがりです。


ちなみに写真に写っている岬の髪型がガチガチに固めたシニヨンなのは、バレエ教室の帰りだから。
まだまだ通い始めたばかりのバレエ教室ですが、本人なりに楽しんでいるようです。

バレエ教室で体を動かし、公園で工作を楽しみ、充実した土曜日を過ごした岬でした。
コメント (4)

バレエ教室決定

2006年03月11日 | 我が娘・海の岬
バレエ教室の見学&体験レッスンに行ってきました。
バレエ教室は向かうまでの道のり、岬は
「…見るだけだから。岬はバレエやらないから!」
と緊張した顔で言い続けていましたが、お教室に入るなり一気にヒートアップ

先生からレオタードやバレエシューズなどをお借りし、せっせと着替える岬。
いそいそと体験レッスンに参加する岬。
途中、「痛い」「疲れた」などと言っていたりしましたが、それでも目をキラキラ輝かせてとっても楽しそうでした

レッスンが終わるなり私のところへ走ってきて
「明日から通う!!!」
と宣言。
さすがに明日から毎日は無理なので、今度の土曜日から正式に通うことになりました。

帰り道、早速バレエ用品のお店で練習用のレオタード・タイツ・バレエシューズを買いそろえました。
岬は練習用にしてはフリフリが多すぎるんじゃないかと思うほどのピンク色のレオタードをみつけると、それ以外にも目をくれず、
「これがいい ほかのなんて絶対にヤダ
と頑張り、幸い定価の半額というセール品だったので、あっさり決定。

来週からは楽しいバレエ教室が始まります
コメント (2)