★☆海の幸の日常日記☆★

Copyright(C) 2007 Uminosachi. All Rights Reserved.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ぴあの。

2006年11月24日 | 海の幸の小さな楽しみ
突然ですが、親子でピアノを習い始めました。
岬にとっては生まれてはじめての、私のとっては15年ぶりのピアノです。

ふたりとも思うように指が動かなくて、楽譜が読めなくて、ちょっとイライラしたりもしていますが、夫が買ってくれた電子ピアノの前で母娘で仲良く練習している毎日です。

岬はさっそく「めりーさんのひつじ」と「ねこふんじゃった」が弾けるようになってうれしそうです。

私は、、、。
復帰第一弾として、歌劇カルメンの「ハバネラ」が弾けるようになりたいと思っていますが、どうなることやら。
コメント (2)

ビッグバンド

2006年06月24日 | 海の幸の小さな楽しみ
近所の小学校は今年開校80周年。
週末ごとにバザーをやったり模擬店をやったりしています。

今日は体育館でミュージカル&コンサート。

ミュージカルはプロのミュージカル役者さんが子ども向けに「オズの魔法使い」を上演してくれて、岬はハラハラドキドキ。怖くて耳を塞ぎながら観ている場面もありました。ドロシーが無事におウチへ帰ることができてめでたしめでたし。

コンサートは小学校の野球チームOBがリーダーを勤めるビッグバンドの演奏。
小・中学校を野球と共に過ごした少年は、現在八百屋さんで働きながらビッグバンドでサックスを吹いていました。

ビッグバンドの演奏を聴くなんて、すごく久しぶり。
誰でも楽しめるようにと選曲も有名なものばかりで、『ムーンライト・セレナーデ』とか『イン・ザ・ムード』とか『ルパン三世のテーマ』とか。楽しかったです。
あんな風に音楽を楽しめたら、きっとすごく楽しいだろうなぁと思う素敵な演奏でした。
私も何か楽器を始めてみようかしら。
(↑15年前にブルグミュラーを終えて、それ以来挫折したまま…)

岬はピカピカ光るいろんなラッパやウッドベースを追いかけて、バンドの人たちの控え室になっていた音楽室まで入り込んでいました。
楽器を見つめる岬の顔を見て、やっぱり何か楽器を習わせてやろうか。。。と思うワタクシでした。
コメント

やめられない、とまらない。

2006年06月20日 | 海の幸の小さな楽しみ
私は本を読み始めると止まりません。

朝起きて、家族が目を覚ますまでの間にちょっと読む。
岬を保育園へ送っていったあとはもちろん読書三昧。
一人きりのときはご飯を食べながらでも読む。
夕食の支度をしながら台所でお菜箸片手に読む。
場合によってはお手洗いにも持ち込んで読む。
お風呂場にも持ち込んで読む。
家族がテレビを観て和んでいる間も読む。
家族がイトーヨーカドーのゲームコーナーで楽しんでいる間も読む。

とにかく、隙あらば読む。
お行儀なんてお構いなし。

家の中でも、外出時でも、常に持ち歩いて1分でも時間があったら必ず読む。

脳味噌を本の世界にどっぷり浸けるあの気持ちよさはやめられない、とまらない。

二十歳代後半に幸田文にはまって幸田露伴や青木玉にまで手を広げたのを最後にしばらく熱は収まっていたのですが、今は童心に帰って「まるマシリーズ」というライトノベルにはまっています。
これがまた中学生の頃にライトノベルを読みあさったときの気持ちを思いだして懐かしくなっちゃって、やめられない、とまらない。

当然岬は
「お母さん、もう本読んじゃダメ!」
と怒っています。スミマセン。。。

だけど脳味噌が異世界にどっぷり浸る、あの快感が薄れてくるまで、私は本の世界にたゆたうのです。あああ。
コメント (2)

カラオケデビュー

2006年06月17日 | 海の幸の小さな楽しみ
昨夜、ウチの旦那さまと妹の旦那さまが揃って出張だったので、夕方から妹のぐま江ちゃん(仮名)&息子の実くん(仮名・5歳)&私&岬の4人でカラオケに行って来ました。

まずはサイゼリアで腹ごしらえして、カラオケ3時間

私はカラオケそのものがすごく久しぶりで、懐かしい歌を色々と歌ってみました。
アニメソングや童謡からビジュアル系バンド、徳永英明まで。

妹のぐま江ちゃんは結構最近の歌も知っていて、偉いなぁと思いました。
私は未だにレミオロメンって名前すら覚えられず、ロミオメロンとか平気で言ってる。

途中で岬が飽きてしまって、私は岬を肩車してあやしながら歌ったりしていましたが、それはそれでまぁ良い経験だったかと

ちなみに岬は今日がカラオケデビュー。
「カラオケってうるさい…」
とむくれていましたが、お開きが近くなる頃には実くんと一緒にマイクを握りしめて『大きな古時計』を歌っていました。

子連れでカラオケ、意外と楽しかったです。
また行きたいと思いました


【私信】
今日は楽しかったです。両方のダンナが揃って出張のときはまたぜひご一緒しましょう!>ぐま江ちゃんへ
コメント

初めてのボーリング

2006年04月23日 | 海の幸の小さな楽しみ
旦那さまと岬と3人で、ボーリングへ行きました。
旦那さまと私は10年ぶりくらい?
岬はもちろん初チャレンジです

一番左端のレーンだったので、旦那さまはボールを投げたあとに右足で壁を蹴飛ばし、バランスをとるための左手を壁にぶつけていました
私は左利きなので、その辺は問題なし。
という訳で、1ゲーム目は勝たせていただきましたわ!
おほほほほほほほほ

結局3ゲームやって、2ゲームからじりじりと調子が上がってきた旦那さまに逆転され、結局は負けちゃったんですけどね

でも楽しかったです

ここのところバタバタしていて精神的にもだいぶ疲れていたんだけど、楽しく笑うことができたので、よい気分転換になりました。

誘ってくれた旦那さま、ありがとう


ちなみに写真は初めてのボーリングを楽しむ岬の後ろ姿です。
片手でボールを持てないので、「よいしょ」と両手で転がしています。
コメント (4)

洗足池

2006年02月22日 | 海の幸の小さな楽しみ
今日は気持ちよいお天気

私と岬は保育園をおさぼりして、東京・大田区にある洗足池に行って来ました。

電車に揺られることたったの6分
その割には今まで一度も行ったことがなく、私と岬はワクワクドキドキ

池の周りを時計と反対まわりに散策しました。
子ども用の公園でしばらく遊んだあと、池の鯉やカモなどを眺め、甲羅干ししている亀がじっとしている姿を観察し、ちょっと早咲きの梅の花の香りを楽しんで歩きました。

一番最後にボート乗り場へ。
手漕ぎは途中で岬が落水したり、私の体力が尽きて戻れなくなると困るのでサイクルボートを30分レンタルしてキコキコと漕ぎました。

ボート乗り場周辺だけは私が漕ぎましたが、それ以外はほとんど岬が立ち漕ぎで頑張っていました。
エサを期待して寄ってくるカモを観たりしながらのんびり。

まだまだ冬だと思っていたけれど、柳の枝が黄緑色に芽吹いていて、春は着実にやって来ているのだと嬉しくなりました

まだまだ雪の予報が出たりもしていますが、春はもうすぐ。
岬の進級ももうすぐ「にじぐみ」さんです。楽しみ
コメント (2)

東京タワーへ行って来た

2006年02月19日 | 海の幸の小さな楽しみ
10年以上ご無沙汰だった東京タワーへ行って来ました。

なんだかちょっぴり小綺麗になっていてびっくり。
早速820円を支払って、大展望台へGO

ここからの眺め、久しぶりだなぁ

それにしても…

あぁ、それにしても…



大展望台、低っ!!!

いや、大展望台は今も昔も変わらず地上150メートルの高さにあるのです。
だけど周囲に高層ビルが建ちすぎました。
目の前には高層ビルの窓が見えるばかり。
ちっとも展望している気分になりませんでした。

そこでさらに600円を支払って特別展望台へ。
だけど特別展望台までの合計金額が1,440円って、いくらなんでも高すぎませんか?

そんな気分の私とは関係なく、岬は双眼鏡を覗いて嬉しそうでした


まぁまぁ大東京のパノラマも満喫したので再び大展望台へ戻り、お約束のルックダウンウィンドウから地上を眺めました。

その後さらにエレベータで下りて、リニューアルしたというのにさびれた雰囲気満載の遊園地で岬はじいじと一緒にパンダを操縦。


岬はまだまだ遊び足りない顔をしていましたが、そんな岬をなだめすかしてマクドナルドで昼食をとり、本日のメイン(?)東京タワー水族館

綺麗なグッピーから大きなアロワナまで、たくさんの魚たちが泳いでいました。

ちなみにここの水族館、これらの魚たちを原則販売しています!!!

グッピーは980円くらい、最高金額のレッドアロワナは2,500,000円でした。

鑑賞魚販売店であるという実態を巧妙に隠し、あくまでも水族館だと言い張る姿勢だけは昔と変わらない「東京タワー水族館」、びば!

最後は東京タワーのマスコットキャラクター「ノッポン」と記念写真を撮っておしまいにしました。


しかしこのノッポン、おでこ(?)に絆創膏を貼っています。大丈夫か?

どれだけ小綺麗になっても、やっぱりどこか的はずれな感じは変わらない東京タワーを充分に満喫しました
コメント (2)

東京ディズニーリゾート(最終日)

2006年01月26日 | 海の幸の小さな楽しみ
前日の不調が嘘のように元気になった岬の強い希望によりディズニーシーへ。
マーメイドラグーンを中心にのんびり過ごしました。大のお気に入りとなった『スカットルのスクーター』に3回も乗ったり、『アリエルのプレイグラウンド』で水遊びしたりしたあと、余裕を持って帰宅しました

ディズニーシーは大人向けというのが一般論(?)なようですが、岬にとってはディズニーシーの方が楽しかったようです。とくにマーメイドラグーンは岬でも充分に楽しめるアトラクションばかりでしたし、全体的に見ても身長制限が117cm以上のアトラクション2つに乗れないだけでそれ以外は身長104cm・年齢4歳の岬でも充分に楽しめました。


途中、岬が風邪をひくというアクシデントがあったものの、結果としては思う存分楽しんで過ごすことができました
思わず「将来孫に『おばあちゃん、ディズニーランドに行きたい』って催促されるまで行かなくてもいいや」と発言して旦那さまに笑われてしまうほど存分に遊びました。幸せ
私のわがままを叶えてくれた旦那さまに大感謝です
めでたし、めでたし

…の、はずが。
帰宅後、今度は旦那さまが激しい嘔吐。岬の風邪がそのまま旦那さまに伝染してしまったようです
旦那さまは夜中じゅう嘔吐をくり返し、それでも今日は仕事があるからと言って顔色が悪いままヨロヨロと出社していきました。なんと不憫なことよ…。

そんな旦那さまを横目に、一人風邪もひかず、のんびりと遊び疲れを癒しているワタクシです。
コメント

東京ディズニーリゾート日記(2日目)

2006年01月25日 | 海の幸の小さな楽しみ
ミニーのモーニングコールで爽やかなお目覚め
今日もたっぷり遊ぶぞ~

まずは楽しみにしていた『シェフ・ミッキー』にて思う存分朝食…のはずが、岬が2回も嘔吐(汗)。丁寧かつ迅速に対応してくださったホテルキャストの方々に大感謝でした。どうやら岬、風邪をひいた模様です。ミッキー、ミニー、ドナルド、グーフィー、プルートと写真を撮るも、笑顔が引きつっていた岬です。
それでも根性でディズニーランド行きを強行した不良な母親のワタクシ。前回は岬の身長が足りなくてあきらめた『スペース・マウンテン』に家族3人で搭乗しました。「ねぇ、なんか怖い感じがするよ? 岬の嫌いな場所な気がする」と不信感いっぱいな岬です。察しがいいね~。たしかにちょっと怖いかも知れません。でもだましだまし搭乗させた結果…満足顔の私とは対照的に岬は大泣きで超不機嫌となりました。「もう…もう…、大人になるまでは絶対に乗らないんだから! お父さんとお母さんは世界でゼロ番、岬を楽しませるのが下手だ~」と怒っていました。ごめんね。
ちなみに「ゼロ番」とは岬の造語で、「一番」よりも最高ランクです。

本当は18時から『シンデレラの戴冠式』を鑑賞予定だったのですが、岬がひたすら体の不調を訴えたため、早々にホテルへ帰還。夕食は旦那さまがイクスピアリの成城石井でいろいろ調達してきてくれて、部屋でのんびり食べました。
岬は夜になっても不調が続き、イオン飲料すらも嘔吐。風邪薬も胃腸薬も全部出ちゃって、ひたすら不機嫌でした。
コメント

ディズニーリゾート日記(1日目)

2006年01月24日 | 海の幸の小さな楽しみ
結婚5周年を記念して、旦那さまに東京ディズニーリゾート2泊3日の旅へ連れて行ってもらいました
本当の結婚記念日は11月3日なのですが、この日は毎年文化の日でディズニーリゾートは混雑必至
元・東京ディズニーランドのキャストだった方から1月下旬の火曜~木曜が一番空いていると教えていただきまして、今日まで延期しておりました。

家族3人分の荷物をスーツケースに詰め込んで、防寒対策の為に雪だるまのように厚着して、さぁ出発


まずはディズニーシーに行きました。旦那さまがサクサクとルートを決めてくれて効率よくまわることができました。ほとんどの待ち時間が5分以下だったこともあり、アッという間にアトラクションの8割くらいを制覇 思う存分楽しみました 岬は『スカットルのスクーター』が大のお気に入りとなったようでした。
思う存分遊んで、アンバサダーホテルに宿泊。アンバサダーホテルは只今ディズニープリンセス・バージョンとなっております。エレベータもミッキーではなくミニーの声でご案内。私と岬は何を見ても大喜びで、アメニティもせっせと頂戴いたしました
夕食は『青龍門 イクスピアリ店』にて。味付けが旦那さまの好みにクリーン・ヒットだったようで、とってもゴキゲンな旦那さまでした。
夕食後はホテル内でお土産を買ったり、おじいちゃん・おばあちゃん宛に岬が絵はがきを書いたりして過ごしました。
コメント

お気楽極楽?

2006年01月10日 | 海の幸の小さな楽しみ
岬と旦那さまは、旦那さまの実家に帰省中です。
私はちょっと体調がすぐれなかったのでお留守番。

そんな訳で2泊3日、好き放題しています

ご飯も作らなくて良いし~
TVもDVDも自分の好きなものを観たい放題
大好きな長風呂も入りたい放題
お菓子だって食べたい放題

あぁ~お気楽極楽じゃ~

そんなお気楽極楽気分もあと半日ほど。
今日の夜、帰宅予定。
アッという間の2泊3日でした。

でもね、正直言うと一人暮らしは寂しかったりもしたので、早く帰っておいで~というのが本音なワタクシ。
今夜はまた家族3人、川の字になって寝ようね


web拍手←押していただけると嬉しいです。
コメント

さざえさん

2005年12月02日 | 海の幸の小さな楽しみ
魚屋さんに「家の中の一番暗くて、一番寒いところに置いておいて」とアドバイスされたため、現在、玄関にて待機中。

今夜はつぼ焼きです。
コメント (2)

私もまねっこ

2005年11月16日 | 海の幸の小さな楽しみ
こちらの記事を拝見して、釣られて編み物を始めました。

不精者の私は材料を100円ショップで買いそろえました。
私は自分用のベストでも編んでみようかと。
10号という太い棒針なので、飽きっぽい私でもそんなに時間をかけずに出来上がるんじゃないかしら…と自分に期待。
ガンバレ、私

できあがったらご報告します。
(できあがらなかったらご報告しないので、そっとしておいてください



web拍手←押していただけると嬉しいです。
コメント (3)

学祭に行ってきました

2005年11月07日 | 海の幸の小さな楽しみ
旦那さまの母校の学祭に、旦那さま・岬・祖母と私の4人で出掛けてきました。
旦那さまは母校で仕事(懐かしの母校も今では会社のお得意様)だったので、その間、岬と祖母と私は模擬店で色々買って食べたり、マーチングバンドやチアリーディングの発表を楽しんだりしたのでした

写真は岬が祖母に綿菓子を食べさせてあげているところ。
岬は活気づいた雰囲気にウキウキです
マーチングバンドのパレードにくっついて歩いたり、チアリーディングの演技に合わせて踊ったりして楽しんでいました

祖母に『大きくなったらここの大学に入る?』と聞かれると、真面目な顔で将来を考えていた岬です。



web拍手←押していただけると嬉しいです。
コメント (2)

結婚記念日は…

2005年10月28日 | 海の幸の小さな楽しみ
11月3日は結婚記念日です。
おかげさまで5周年。
平穏無事に過ごしております。

旦那さまが「もうすぐ結婚記念日だけど、どうする?」と聞いてくれたので、張り切って「ディズニーランド」と答えておきました。

昨年の結婚記念日にディズニーランドへ出掛け、『待つ』『並ぶ』『人混み』が大嫌いなために散々な思いをした旦那さまは絶句

岬も張り切って(?)迷子になり、迷子センターのお世話にもなりましたしね。
私は楽しかったけれど、旦那さまはかなり辛かったようです。

折衷案として「結婚記念日にこだわらず、一番空いているシーズンの一番空いている日に会社を休んででもディズニーランドへ行く」ということになりました。

友人に教えてもらったところ、お正月イベント終了~春休み前までという、寒い時期の火・水曜日が一番空いているそうですので、行くとしたらそのあたりかな

まだ確定ではありませんが、ひょっとしたら1泊2日で遊びに行けるかも知れないそうです。ビバ

さっそくamazonでディズニーランドのガイドブックを購入して、なるべくスムースに楽しめるよう研究を始めるワタクシでした。

今日は『風邪を引いて熱が38℃を越えてしまっているからおとなしくしていようday』なので、お布団にもぐってじっくり研究したいと思います。
…というか、研究などせず治療に専念しなさい、私。

東京ディズニーランドに関する耳寄り情報をお持ちの方、どんな些細なことでも構いませんので、ぜひコメントをお願いいたします



web拍手←押していただけると嬉しいです。
コメント (4)