★☆海の幸の日常日記☆★

Copyright(C) 2007 Uminosachi. All Rights Reserved.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日のネタ、チョコレートだと思ったでしょ?

2005年02月14日 | 海の幸の感想文
今日のネタ、絶対チョコレートだと思ったでしょ?
…思わなかった? 失礼しました。
写真見れば分かるしね。

今日のネタは、あえて「どらやき」です。
文明堂が期間限定で「ドラえもんどら焼き」を発売中。
ドラえもんと同じ誕生日の私としては、やはりこちらが気になります。

専用の手提げ袋もついています。
娘の岬(仮名・3歳)を連れて買いに行ったら、手提げ袋を1枚余分にいただきました。
岬は大事に大事に大事に大事に…引きずって歩いています。もうボロボロ。

さて、肝心のお味は…普通の文明堂のどら焼き。普通に美味しいです。
ただ、どら焼きの表面にドラえもんの絵が焼きごてで押してあります。
岬はどうしてもドラえもんの絵を食べることができなかったようで、ドラえもんだけを丁寧に残して食べていました。

そんな心優しい岬が残したどら焼きは…勿体ないので夜中に私がこっそり食べました。
デリカシーのない母親でゴメンよ。



今日はそれでもバレンタインデーなので、結局私も日本人らしくお菓子業界の策略に乗っかりました。
今年はゴディバのチョコレートです
友人・リエさまが先日言っていたのですが、「男の人に贈るならゴディバ。自分で食べるんだったらぜんぜん違うメーカーのチョコレートが売れるんだって。男の人って高級チョコレート=ゴディバしか知らないから、ゴディバ以外の美味しい○×王室御用達チョコレートとかもらっても、ありがたみがわからないらしいよ。だから、男の人にはゴディバ。自分用にはもっと美味しいチョコレートってことになるんだって」だそうですよ。

うちの旦那さまもどこまでチョコレートに詳しいか…。

私の親戚が北海道にいるから、「六花亭」と「ロイズ」を知っていることは間違いない

「白い恋人」のチョコレートムースとチョコレートドリンクがあることを知っているのも間違いない

それから私が昨年の秋~年末にかけて、地元商店街の銀座コーGーコーナーでアルバイトしていたので、銀座コーGーコーナーがチョコレートを扱っていることを知っているのも間違いない

でも、ほかは…どうなんだろう?
特に聞いたこともないし、わからないけども。
下手に過去の話とかしないほうが、家庭の平和も保たれるような気がするので、適当にスルーで。

…と、結局はチョコレートネタも書いてしまいました
コメント

居酒屋風?

2005年02月01日 | 海の幸の感想文
今日は「3年目の真実と…」にも書きましたが、目黒へ行ったのです。
目黒駅のすぐそばには建設現場があって、職人さんたちがバケツリレーをするように資材の受け渡しをしていました。
この写真はその作業風景を撮ったもの。
逆光だし携帯のカメラだし、ちょっと見づらいかも知れませんが、職人さんがお仕事している姿です。
これそのものは別に珍しい風景ではないと思うのですが、私が見上げてしまった理由は…。

「うおりゃ~」→「『うおりゃ~』一丁入りました~」→「はい、喜んで~!!」
といいながら資材の受け渡しをしていたからです。

駅前なので結構人も多かったのですが、職人さんたちの下界を気にしない楽しそうな掛け声に、通行人はニヤニヤしながら歩いていました。
コメント (2)

DVDを観た…

2005年01月30日 | 海の幸の感想文
ここ数日、DVDを観ています。
映画についてそんなに語れるほどいろいろ観てないし、そんなに好きなわけでもないんですけど、近頃のDVDって交通費払って映画館まで行って…ってするよりもお手軽な料金で買えるでしょ?
子どもと一緒でも気兼ねなく観られるし、娘が「お手洗い~」とか言い出しても一時停止しておけばいいからラクですよね。
で、もっぱら自宅でDVDな訳です。
幸か不幸か我が家はTVも大きいし、スピーカーは5.1chだし。

で、ここ数日で観たDVD。
『モンスターズインク』『メリー・ポピンズ』『プリティ・プリンセス』『プリティ・ウーマン』
の、4本です。

『モンスターズインク』は数回観たのですが、娘は自分がびっくりしちゃうシーンをすぐにおぼえて、2回目以降はそのシーンになると玄関へ逃避していました。時々戻ってきてまだそのシーンが終わってないと静かに玄関へ戻っていき、終わっているとなんてことない顔で戻ってきて続きを楽しんでいました。

『メリー・ポピンズ』は娘には今ひとつだったようで、遊びながらちらちら観る程度。私も娘に合わせて日本語吹き替えで観たのでなんだか消化不良。歌も日本語に吹き替えられているのがちょっと…。今度は一人でゆっくり英語で日本語字幕にして観ようと思います。

『プリティ・プリンセス』はキャッチフレーズ通り、21世紀のシンデレラストーリーでした。ジュリー・アンドリュース最高!! 主役のアン・ハサウェイとその親友リリー役のヘザー・マタラーゾも好演でした。

『プリティ・ウーマン』。結局これが一番王道ですよね。1990年制作だから何度も観ていて見慣れているというのもあるかも知れないけれど…。久しぶりに観たので、印象的なシーン以外全部忘れていた私にとってはおさらいのような感じでした。
結末を知っていても観たくなっちゃう作品のひとつです。

ちなみに私は『マイ・フェア・レディ』も好きだし…。
女性はやっぱりシンデレラストーリーが好きなのかもね、と思ってしまうのでした。
わ、私だけ??
コメント (2)