★☆海の幸の日常日記☆★

Copyright(C) 2007 Uminosachi. All Rights Reserved.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ニンテンドーDS登場

2006年06月15日 | 海の幸の小さな怒り
我が家にニンテンドーDSが登場しました。
旦那さまが自分のお小遣いで購入して、私や岬にも貸してくれています。
私は「脳を鍛える大人のDSトレーニング」を、岬は「Newスーパーマリオブラザーズ」をせっせと頑張っています。
岬はまだまだ4歳児、そんなにゲームを楽しむ実力もないだろうとタカをくくっていたら、案外楽しい様子。
楽しいというレベルを超えて、夢中になっています。

「ねぇ、お母さん。マリオやってもいい~?」
「晩ご飯食べてからにしなさい!」

「もうお腹がいっぱいだよ。マリオやってもいい~?」
「全然食べてないじゃないの! あと3口食べなさい!」

「3口食べたから、マリオやってもいい~?」
「きぃ~!!!」

岬は保育園へお迎えに行くとすぐに「帰ったらマリオやってもいい~?」と言い始め、ご飯を食べながらも気がそぞろ。
ものすごく仕方なさそうにご飯を食べて(でも普段の半分くらいしか食べない)、さっさとDSを始めました。

初代ファミコンが爆発的な人気となったのは、私が小学生の頃。
私はファミコンを持っていなかったし、寝食も忘れてゲームに没頭するということがなかったので、友人が母親から口やかましく言われている姿を見てもピンとこなかったのですが、岬を見ていると『あぁ、こういうことだったんだな』と思います。

ご飯食べなさい、お風呂に入りなさい、目が悪くなります、姿勢が悪くなります。
ゲーム機が浸透している今でも母親の心配事は変わらないようです。

子どもをこれだけ夢中にさせるゲーム機。侮れません
コメント

どうして言ってくれないのっ?!

2005年11月01日 | 海の幸の小さな怒り
昨日帰宅した旦那さまの左肘の内側に、白くて四角い絆創膏が貼ってありました。
明らかに採血のあと。

絶対に違うと思いつつ
「どうしたの? 献血?」
と聞いてみたところ…
「ここ2ヶ月くらい心臓がおかしい気がして、循環器科に検査に行ってきた」

はぁ?!

どうしてそういうことを黙ってるの?!
検査結果は異常なしだったそうですが。
もし万が一異常があったとき、私は『2ヶ月間何も知らなかった…気づいてあげられなかった…』という事実と共にその異常を知らされることになる訳です。
それってどんな気分だと思いますか??


私の中学・高校時代の恩師は、私の卒業後、以前から悪くしていた心臓が原因で亡くなりました。授業中に発作を起こし、運ばれた先の病院でそのまま亡くなったそうです。
奥様は心臓を悪くしていることを全く知らされないままでした。
愛妻家な先生は奥様に心配させたくなくて、最後まで隠し通していたようです。
お葬式の喪主挨拶は本当に悲痛でした。
「私は知らなかったんです。毎日一緒に暮らしていて気づかなかったのかと言われても、本当に分からなかったんです…」
あのときの奥様の声は、今でも耳から離れません。


私は彼と結婚するときにその話をしました。
私はあんなに悲しくて辛い思いは、絶対にしたくない。だから、身体にどこか悪いところがあったら、どんなに些細な不調でも絶対に隠さないでねって。
それなのに、あぁ、それなのに。

隠しやがってっ!!!!!

ごぉぉぉぉぉぉ(←火を吐いている)

3年前も大腸憩室炎を我慢しまくった挙げ句に、結局入院したんですよ
2週間以上も絶飲食で大変な思いをしたんですよ
ちなみに大腸憩室炎は我慢しなければ、抗生物質の投与で日帰りできるそうです。

頼むから、頼むから、隠さないでくれよぅ



web拍手←押していただけると嬉しいです。
コメント (3)