青い鳥ことり 今日のあしあと

写真で綴る マメルリハの“そら”と 私の日々

最期の一枚

2017-09-30 21:09:42 | マメルリハ

久しぶりに富士山に会いに行きました。

パンパスグラスにコスモス、蕎麦の花 

秋色にゆれる景色の向こうに顔を出している富士山に

とても懐かしい人に会ったような気持ちでした。

 

 

そこにもここにも小さな秋 そらの分身と楽しみました。

分裂なのかと思ったら、あらあら無くなってしまうの民進党?

選挙ってなんなのだろうと思います。

そもそも安倍首相の自分ファーストで決まった今回の選挙。

「国難突破」て一体なんなんだ。

振り返れば安倍首相が「電源喪失はありえない」と原発の

地震対策を否定したあたりから国難は始まったような気がする。

この発言がなければ、フクシマは防げたのかもしれないのに。

首相とは、日本中でいちばん責任を問われない仕事なのでは?

そのあとも「汚染水のアンダーコントロール」発言。

つい先日、水位計の設定ミスが発覚して、紛れもなく汚染水漏水は

事実となったのだから、今からでも発言を撤回すればいいのに。

集団的自衛権も安保法案も日本を守るどころか、危機は迫るばかり。

丁寧な説明も 李下に冠を正さずも…

首相は、誰かの言った通り、息を吐くように嘘をつく。

自作自演の「国難」はいい迷惑。

希望の党の党首はどうだろう。もともと 安倍首相と同じ

極右日本会議のメンバーで、核武装論者の彼女だも。

原発反対を隠れ蓑に、憲法を変えて日本に戦争を呼び込むのでは。

そういえば初秋の富士山の裾野では、自衛隊の砲撃音が空気を揺らしてた。

そして富士から帰宅すれば、テレビでは希望の党をめぐる報道。

清しい空気も、いまや100%の平和の中にないと現実を突き付けられます。

そらがゲージから出たがって撮った、最期の一枚。

チョコレートコスモスのコサージュの隣で。

春色にも秋色にも そらのブルーグレーはよく似合うねえ。

そんなこと思いながら 撮った一枚でした。

コメント

みかけより中身 そらレポ④

2017-09-26 10:45:38 | マメルリハ

 

佐久からプルーンが届きました。

しわしわで贈答用にはならないプルーンらしいけれど、

これがなんともおいしい。凝縮された甘さが口中に広がります。

まさしく「みかけじゃないよ 中身だよ!」 生で堪能したあと、

コンポートにしましたが、レシピよりずっと砂糖少量で大丈夫でした。

羽繕いするかすかな羽音、餌をついばむ音… 

聞こえた気がして当たり前のように窓辺のゲージに目をやって、

「そうだった」と・・・。ちょうど一月前に旅立ったそらを思います。

 

***

レポート④ 目に見えない空気も注意

そらが突然倒れた原因を考えるけれど、いまだに確たることは

分かりません。

フライパンを新調したあと数日は換気に気を付けていたけれど、

まだ足りなかったか?とか

花束をもらって、そらと一緒に撮影したときの匂いがいけなかった?とか

ほんの少しついばんだパクチーの葉っぱは大丈夫だった?とか

周辺からただよう焚火の煙に、有害なものが混ざっていなかったか?とか

そらが体調を崩してから、空気清浄機を新しくしてそばに置いたりしたけれど、

もっと早くそうしていればと、悔いたりします。

新しく飼い主さんになられた方々には、危険を回避するために、

放鳥前の掃除はもちろん、目に見えない空気にも敏感になって、

小鳥の様子を観察することをお勧めします。

***

さてさて中身こそ大事な仕事人内閣は、見かけさえ整わないまま

瞬く間に解散。所信表明演説もやらぬとは、

とことん国民に向き合わず、回避を貫く安倍首相です。

そういえば国連では「必要なのは対話ではなく圧力」という演説。

どれほどの人が耳を傾けたかと思いきや、会場はガラガラ。

 

今回決まった北朝鮮への制裁強化も、どれほどの効果があるのだろ。

イソップ童話の『北風と太陽』を思います。

やはり私は、圧力より対話を大事にする人、しっかり人と向き合える人、

口先より中身を大事に仕事をする人を 国のトップに臨みます。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント (2)

果てしなく

2017-09-19 15:11:34 | マメルリハ

岩合光昭さんの写真展に行ってきました。

それぞれの景色の中で、いきいきと存在感を示す猫たち。

 楽しみました。

猫グッズもたくさんあって、猫好きの母のために

パズルとカレンダーを買いました。

外を自由に行く猫はいいね。のびのびと世界が広い。

いま、そらは家から解き放たれて自由に飛んでいるだろうけれど、

どこか出かけるたび そらと一緒なら…と思ったものです。

あの樹の高みで…この花の前で…富士山をバックに…

岩合さんみたいに撮ってみたかったな。

 夏の日のそら

台風一過の空、果てしなく青く高く・・・すばらしい。

およそ放射能など感じられないけれど、聞くところによると

東京圏の汚染はチェルノブイリでは避難の権利が保障されるレベル。

子どもや、猫や鳥は、少なからず影響を受けているはず。

目に見えない匂いもしない だけどじわじわ侵される。

しかし安倍首相は勇気がある。商魂たくましい。

何しにインドに行ったのかなと思ったら、

およそ解決の見込みがないフクシマのメルトダウンをよそに、

「世界一安全な原子力技術」と胸をはり、

事故の補償から核のごみ処理まで引き受けてきたというのだから。

国内の捨て場所さえ決まっていないのに、国外のゴミまでも。

どこぞの獣医学部の広大な土地を返してもらって埋めるとか?

原発も、オリンピックも、安保法制も、モリカケも・・・

国民にとって、どんなにいい未来につながるのか

「丁寧な説明」の約束は、果てしなく果たされることがないまま

解散総選挙って? ちっとも国の未来は見ていないんだね ( ;∀;)

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント

夏の記憶 そらレポ③

2017-09-12 22:29:55 | マメルリハ

チンチン チンチンチンチン …どこから入り込んだのか

家の中のすぐそこら辺りで、カネタタキが鳴いています。

いよいよ秋が来たんだね。 この夏を振り返れば

どこに旅することもなく、ドライブさえしなかったけれど、

そらに泣き春坊に癒され、記憶に残る夏だった。

***

レポート③ そらの重心

マメルリハの体系は、頭から足までと足から尾の付け根までが3対1と

いうところでしょうか。首を伸ばせば4対1かも?

とにかく足から頭部のほうが圧倒的に長い。

元気な時は、このアンバランスもなんてことなく支えているけれど

筋力がおとろえて姿勢を保てないと、必然的に頭がさがる。

足がかろうじて枝にあるときは、頭と胸を床につけ、尾が上がってしまうのです。

だからそらは、夏の多くを私の胸や手のひらにもたれかかりながら過ごしました。

 

いざ、飼鳥が病になったらどう介護するか。

ゲージの中にどうにもいられなくなったら…

我が家の場合、私が父たちの介護のためにすでに離職していたこと、

ここのところ独居の母たちの調子が良かったこと、

夫の長期休暇と重なったこと などなどなど、

うまい具合に条件が整って、そらを看取ることができました。

***

ペットショップで目があって、どうにもかわいくて購入を決める。

そういう迎え方も少なくないと思う。

けれど、ペットも老いる。病気になったり、事故にあうこともある。

病院にかかるにはそれなりのお金もかかる。家で看るには覚悟がいる。

どうか家に迎えるときは、そういうこと 心にとめておいてほしい。

 癒しの春坊 秋空の下

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント (3)

致命傷  そらレポ②

2017-09-07 22:08:49 | マメルリハ

 お日様が出てると嬉しくなる。青空が気持ちいい。

そらも、雲の上でのびのびしているね。

それとも、はじめての太陽フレアにびっくりしているかな。

今日はそんなふうにそらのことを考えながら、久しぶりにハンドメイドしました。

***

レポート② そらの足

そらのゲージから、高い方の枝をはずしてバリアフリーに踏み切ったのは、

2度目に調子を崩して、天井歩きをしなくなった頃でした。

インコたちは、一本の枝の上で巧みに踏みかえたり蟹歩きしたりするけれど、

 朝一番のそらをよーくみると、それがスムーズにできない時があって

それで、その日の調子がわかりました。

次第につかむ力が弱くなり、時おり立てなくなると、翼をばたばた。

何とか身体を浮かせ、体制を保ちたいんでしょうね。

でも、ゲージの中で飛んでしまうと羽を痛めるので

そういう時は、そっと翼の付け根当たりに手を添えてあげます。

落ち着いたころ手のひらに載せて、大丈夫大丈夫とカキカキしてあげる。

それでもなんとか自立しようと そらは最後まであきらめなかった。

鳥にとって、足が麻痺のように弱ることは致命的なんだなと知りました。

***

さてさて、「不倫で離党」とテレビが騒いでいます。

政治の世界ってへんなの。

麻生氏のように、政治資金で年2260万円も料亭やクラブ・高級ホテルで飲み食いしたり、

稲田氏のように、憲法にふれぬよう言葉を「衝突」と言い換え、人を戦地に赴かせたり、

高市氏のように、白紙領収書を何ら問題ないと言ったり、・・・

国民の血税や憲法をないがしろにしても大してとがめられないのに、

不倫が「致命傷」になるとは。 それをワイワイとりたてるマスコミもおかしいし、

それに視聴者が載せられても いかがなものかと思います。

私は、政治家の不倫の話より、またもや飛び立ち損ねたオスプレイの話を聞きたい。

オスプレイの原価は5億。アメリカは15億、イスラエルは30億で購入したけど、

何と日本は100億円で購入 それも17機で1700億円。

こんな納得できない買い物をした政治家を、マスコミはたたいてほしいと思います。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント (2)