お構いもしませんで

せっかく訪ねて下さったのに、気の利いたおもてなしも出来なくって…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

十日経ちました

2016-05-22 01:27:27 | 雑記

蜷川さんが亡くなって。

もう二度と新たな蜷川作品を見ることができない…。

その事実がこんなにも淋しいものなのかと自分でも驚いている。

お通夜の15日、竜也さんの誕生日であることに特別な思いを抱き、そして16日。

テレビから流れる竜也さんの声に、様々なシーンがどっと蘇り、なんとも参った。

彼らしい率直で飾りのない言葉なのに、誰よりも大きな悲しみや無念さが響いた。

それでも前に進むことを力強く誓う声に、少しほっとしたりしていた。

ファンになった14年前、浅はかで勝手な心配をしていたものだから。

あの頃、竜也さんがあまりにも師に依存しているように感じられて、

蜷川さんに何かあったら後を追ってしまうのではないか…なんて。

一観客に過ぎない私も『身毒丸ファイナル』のDVDで人生が変わった。

あの作品に出合わなかったら、きっと今でも一人ではどこにも行けない女だったと思う。

まぁ、家族はよく辛抱したと思うけども。

私が観ることができた蜷川作品は、コクーンのハムレットで始まりロンドンのハムレットで終わった。

ほんとうに幸せな体験だった。私の中でいつまでも光り輝く思い出。

蜷川さんの想いをそれぞれに受け止めた演劇人は、またその輝きを見せてくれるに違いない、きっと。

 

コメント

すっかり春になりまして

2016-04-04 13:09:02 | 雑記

やだわ、前の画像は雪。もう季節ごとのブログね~。

桜の名所、地元大村公園は満開

こうして毎年桜を見ることさえできたら、それだけで良い人生なのではないか…

なんて思ってしまうほど美しい景色だった。

さて竜也さん。

1月、初コメディの舞台から始まってNHKのドラマ(単発に連ドラ!)、怒涛の番宣、映画。

私その間『真田丸』にも嵌ったので、あっという間の4月だわい。

『海底の君へ』は辛くて見直せない。バッグを握りしめる手、歩き方、ためらいがちな声。

存在全てで癒されない傷の深さを、苛めた側の残酷さを表現していた。

主人公の感情にこちらも巻き込まれてしまうので苦しくてたまらん。

その巻き込む力が強烈すぎる彼が本領を発揮するのはやはり舞台。

早く次作のニュースを聞きたいわ。

守り人の帝はとても綺麗だけど、あれね、情緒不安定でちょっと可愛そう。

原作を読んでないので展開にワクワクするんだけど、帝の未来が少し心配

『僕だけがいない街』はとても切なく、後を引いている真っ最中。

プロデューサーの春名慶さんは、作品に「パレード」と「神様のカルテ2」があって、

“藤原竜也の普通の役が観たい”と言ってくれる希少(?)な方。

またお願いします。静かな佇まいと大声を出さない彼も魅力的なんです!と、

手紙でも出すか…

コメント

今更感ありありですが

2016-02-02 13:01:37 | 雑記

明けましておめでとうございます。暖冬どころか大雪降ったじゃん!の冬ですが皆様お元気ですか?

なんと最後の更新から9か月も経っておりました

一応、元気に生きてまして無事に新年を迎えることができました。ありがたやありがたや。

今年もこうしてたまに生存をお知らせいたしますので、よろしくお願いいたします。

 

あ、もしかして長崎ツアーはあさってからかしら?

ハウステンボスは車で30分だけども近すぎてかえって難しく…

皆さん、風邪をひきませんように。あすこは海のそばでとても寒いの。

でも長崎でよい思い出をたんと作って帰っていただきたいな

さて、先月の16日は極上のコメディと可愛いグレッグに癒された。

あんまり楽しくてたいそう血行がよくなり、笑うとはやはり身体にいいのね、としみじみ。

竜也さんの舞台の後、観客が笑いながら出てくるなんて初めての経験。

耳を澄ませて人々の感想を聞く。「面白かったね♪」。超同意。

高校生位の女の子が「浅野さん綺麗!(ほんとに素敵だった)私もあんな大人になる」。

お、お~。ゆ、夢は大きいに越したことはない。

あと多いのが、竜也さんがテレビよりかっこいいとか可愛いとか。

もういやね、気付くの遅いって

13年前、エレファントマンで初めて彼を見た時の驚きを思い出す。

この世のものとは思えん透明感のある美しさだったな~。

こうやって年々演じる人物に幅が出てきて、タイプの違う演出家さんと出会って、

いろんな芝居に出て、彼は私たちをますます楽しませてくれるに違いない。

よーし。こっちは衰えるばかりだが、それでもしっかり追い続けるぞ!

と新年の福岡で誓ったわけさ

それから1週間。長崎県は観測史上初の大雪。(17㎝だけども)

私、この年まで生きてきて3日も溶けない雪を初めて見た。

地元では、もう二度と作れないであろうでかいでかい雪だるまが至る所にあった。

初めての雪に凛々しく立ち向かう(?)猫。

最近「可愛い」ではなく「でかい」と言われるようになり、少し悲しい。

 

コメント (1)

戻って参りました♪

2015-05-28 09:15:16 | 雑記

2日前に。寝込んでもいないぞ。

あちらでも4日間絶好調で、観光も十分に楽しんだ。

ほとんど眠れなくて、いつもの私ならフラフラになるはずなのに、がしがしと歩けた。

ロンドンは洗練されたとても居心地の良い街で、初海外の色んな心配事はすべて杞憂だった。

ただねー、英語の方は旅行で使うフレーズを練習したはずなのに一切口から出ず。

「Thank You」と「Hello」以外、呪われたように日本語しか出てこない。

相手が何を言っているかなんとなく分かった場合。

入国審査:「これ(パスポート)です。よろしくお願いします」「あ、そうです」「どうも」

パブでビール注文:「大きいのください!」

順番を譲るとき:「お先にどうぞ」…ま、その他いろいろと。

全然分からない場合は、ガイドさんや英語が堪能なツアー参加者の方の横で無の表情を浮かべる。

それが全く恥ずかしくない雰囲気がロンドンにはある。(いや、恥ずかしがれよ)

財布をレジに置き忘れても、二階建てバスの階段で激しく転んでも、それが全く恥ずかしくない…以下略。

よく考えたら古い街並みや神社仏閣、美術館が大好きな私にとってロンドンは宝石箱だ。

観光の翌日は、初バービカンで初ハムレット。いつものように緊張感で気持ちが悪い。

でも、何年も会えなかった懐かしい方々のお顔を見て少し楽になる。

さて始まったハムレット。私にとってたった一度の観劇。

時間の制約で台詞がかなり早く間がないことが残念。

例えば「あとは沈黙」を一気に素早く言うとかね。(もっとゆっくり死んでくれよ)

あの平さんでさえ焦っていらっしゃるのか、ガートルードに「レアティーズ」と呼びかける。

本人が一番びっくりしてらしたような。

それでも、それでもだ。ハムレットは素晴らしかった。

激しく狂おしい感情の渦に観客も巻き込まれてしまった前回。

その時と同じ言葉が語られているのに、怒りや憎しみは自身の内へ内へと向かう。

揺れる心に常に真実を問い続けるように聞こえる。

芝居が進むにつれ彼の独白は哀切を極め孤独は深くなる。

特に尼寺の場は繊細なお芝居で見事だったな~。

オフィーリアが自分の言葉で語ってはいないことにハッと気づき、驚き傷つく。

なので、その後の彼女を責めたてる言葉が(激しいのに聞いていると切なくなる)ストンと腑に落ちた。

と、書き出すときりがなく取り留めがなさすぎる。整理できずに申し訳ないです。

終わってすぐは喪失感で落ち込んだけど、今はとても晴れやかな気分になっている。

(カーテンコールの彼の表情のように)

険しい山を越えた彼は、きっとまた違う世界を見せてくれるに違いないから。

ひとつ、とても嬉しいことがあった。

私のアシスタントをして下さったロンドン在住の女性。芝居を観たことがなかったらしい。

あの街で芝居を観ずに過ごせるなんて、ちょっと驚き。

シェークスピアも興味がないが、評判がいいので思い切って観ようかな、と仰る。

「決して後悔はしませんよ」と私も勧め、当日券でご観劇。

芝居が終わり笑顔で近寄ってきた彼女が「シェークスピアってこんなに面白いんですね!」と。

「そうでしょう~♪(とばかりは言い切れんがね)」と答えたが、責任は持てない。

でも、芝居に無関心だったひとが興味を持つきっかけになるんだから、やっぱり蜷川さんは凄いね。

お疲れさまと言いながら、次の舞台は?とぼんやり考える。

ファンは貪欲。


コメント (2)

行ってくるぜ!

2015-05-21 09:25:01 | 雑記

いよいよ明日、ハムレット観劇にロンドンへ出発だ。

なにしろ初の海外旅行。パスポートだって生まれて初めて取得して、もう分からんことばかり。

当初の予定と違い、ひとりで行くことになったので尚のこと。

12時間も飛行機に乗ったことないし、もうさー、私にとっては命がけの大冒険よ。

何か月もガイドブックを読み倒した結果、英語三重苦(話せない・聞き取れない・読めない)の私じゃ、

ひとりではホテルから一歩も出られねー、と気づく。

というよりホテルに行きつくかも分からない。

で、フリーツアーを「ハムレットロンドン公演千秋楽鑑賞ツアー」に変更。

これなら必ずホテルと劇場には到着するわけだ。観光だって日本語アシスタントさんをお願いした。

どうです、これならなんとかなりますよね、ねっ?(必死)

ところで、初めて買った大きなスーツケースが思ってたよりでかく変な色で泣きそうになっている。

ネットじゃだめだね。

とにかくそんなこんなで数か月があっという間に過ぎ、今日はロンドン初日。

体調がどれだけ悪くなるか見当もつかんが(悪くなることは前提)、千秋楽は這ってでも行く。

…あー、でもほんとうに這って行ったら迷惑この上ないよね。

ロンドンの殿下を見届け、無事に帰国しましたらご報告いたします。

コメント (2)

『くちびるに歌を』

2015-03-16 10:52:40 | 映画

公開されすぐ観に行こうと思っていたが、たまたまこの週末に。

すると嬉しいことに、主演の新垣結衣さんと合唱部員を演じた10人の若手俳優さんの長崎凱旋舞台挨拶付き

泣いた。号泣だ。私の故郷である五島列島が舞台。

自然がただ美しいだけでなく、人々を包み込むような大らかさと優しさを持つということを再認識させてくれた。

そして、その景色を背景に心に響く物語を紡いでくれて、なんだかとにかくありがとうー!

それから映画そのままに爽やかな歌声を聴かせてくれた若い若い俳優さんたちと、陶器の人形のように可憐

でありながら先生の佇まいだった新垣さんもありがとー!

あと、作品の出来の鍵を握っていたといっていい渡辺大知さんに感謝だわ

全く感想にも何にもなっていないな~

ただ「観てください」と言いたい。

ままならないこと色々あるけれど、いま一歩、ほんの少し前に進もうという気持ちになれる。

コメント

悩む…

2015-02-06 13:49:42 | 藤原竜也さん

先月の21日、るろ剣コンプリートBOXが届く。

7枚もディスクがあるんだから「これで長く楽しめるね♪」と言いながら、ちょうど仕事が休みだった息子と

二日で見倒し、親子でふらふらになる。

丁寧に作られた作品は何度見ても面白い

さて、志々雄様も素敵だがハムレット殿下。もう始まって二週間。

はじめの一週間、個人の方の感想や新聞の劇評など手当たり次第に読み、ずぶずぶと落ち込む。

蜷川さんだし12年前と同じことやったってしかたないし、とある程度覚悟はしてたんだが、

「え…?」という部分が多すぎて、これを遠くロンドンまで観にいくのかと何度も何度も自問自答。

それでも写真なんか見ると、前回のハムレットとは明らかに違う空気を纏っていて、つい見惚れてしまう。

で、思ったね。いい役者は「な、なんで?」という演出に負けたりはしないのさ。

そうさ、あれこれの演出に心乱される観客も引きずり込む力があるのさ。

そしてそれが藤原竜也さ!ということで、今じわじわと浮上中

取りあえず『地球の歩き方・ロンドン』を買ってみる。

だいたい日本のチケットを潔く用意しなかったので、まぁ行かないと観られない追い詰められた状態なん

だが…

コメント

初笑いかも

2015-01-16 16:04:28 | 映画

先週観に行った『ST』。

テンポよく飽きさせない展開で、それでいてほのぼのしていて楽しかった。

お客さんもよく笑ってたな

私たち夫婦の両隣、70代位のご夫婦2組が一番楽しそうに笑ってらした。

しかも、ドラマ見てたからこそ笑えるシーンで。仲間だぜ。

とても出来がよろしかったので、あのチームをまた見てみたいと思う。

『バンクーバーの朝日』も観る。

題材的に、今流行りの“泣ける”映画(BGMガンガン)にしようと思えばいくらでも出来るだろうが、

監督は、過酷な状況の中で自分らしく生きようともがく人々を静かに真摯に見つめる。

特に、後姿のショットが好きです。

石井監督あんなに若いのに、私の100倍は落ち着いてるんだろうな~。

さて、これで去年からの映画祭りは終わり。少し寂しい…

が!来週からいよいよハムレットではないか

実は気になりすぎて、明け方まで眠れないのさ

コメント

明けましておめでとうございます!

2015-01-02 23:05:08 | 雑記

寒い年明けになりましたが、皆様穏やかに新年を迎えられましたでしょうか?

わたくし、この寒さで初詣に行くのも億劫になり、元旦から一歩も外に出ておりません。

今日は昨日の残り物を家族に喰わせ、半日猫と寝ておりました。

こんなずぼらな私ですが、本年もよろしくお願いいたします

今月はST映画と、いよいよのハムレット。

元日に届いたシアターガイドを食い入るように読み、美術の中越さんのお話にちょっと混乱する。

『唐版 滝の白糸』のセットが基本だとか。

一生懸命、ハムレットの登場人物をあの背景に当てはめようとするが失敗。

素人の貧弱な想像力じゃダメだわ。

どんなセットにしろ、役者さんの力がまっすぐに伝わる舞台になりますように。

写真はまるでメリックさんで、彼を初めて見た『エレファントマン』から今までの舞台を振り返った。

いつも苦しみつつ役と格闘していたな~。そして今年、再びのハムレットか。

その間、私もいろいろあったわ…。とかなんとかしみじみ思い、よい年明けとなった。(?)

コメント

待ち焦がれたシェイクスピア

2014-11-04 12:47:37 | 舞台

今年の夏から秋にかけて、るろ剣で楽しかったわ~。

どっちかというと谷垣アクション監督に夢中になってしまったんだが…

映像作品てんこ盛りだった今年のしめは、ファンとして7年も待ったシェイクスピア!

生きのいい横田さんのシーザー、キュートな吉田さんのキャシアス、紳士的な阿部さんのブルータス、

そして…待った甲斐があったよ、のアントニー

インタビューなどを見ると随分と苦労したようだが(いつもの通り)、彼はシェイクスピアの台詞を

私等に伝えるために生まれてきたんだと思うのよ、多分。

演劇は宗教的祭祀として誕生したらしいが、彼の言葉は人々の心を絡めとりつつ神に届くのさ。フッフッフッ 

あー、もうハムレットが楽しみすぎる。ロンドンまで我慢できるかな…

画像は買わんでいいのにまんまとこうてしもうた、かいどう君のマルチケース。

コメント