石坂久の賃貸不動産経営管理士合格ブログ!

平成30年度賃貸不動産経営管理士試験合格のための情報発信をします。

27年問3 賃貸不動産経営管理士が賃貸不動産経営に関与する場合の考え方

2018-08-13 14:33:21 | 27年過去問編
問3 賃貸不動産経営管理士が賃貸不動産経営に関与する場合の考え方に関して、次の記述の内、最も不適切なものはどれか。

1. 賃貸不動産経営管理士は、管理業者の従業員であったとしても、プロフェッションとしての独立したポジションが求められるから、所属する管理業者が、賃貸不動産経営管理士として取るべきでない管理業務の手法を取ろうとしたときには、コンプライアンスに従った対応を取るように、求めなければならない。

解答・○

2. 賃貸不動産経営管理士は、業務を引き受ける際には、業務を第三者に再委託することができるかどうか考える前に、その内容が自らの能力や知識で対応し得るものか否かを十分に精査する必要がある。

解答・○

3. 賃貸不動産経営管理士は、職務上知った事項について、その事項が関係者の秘密に該当するもので、かつ、本人の同意がない場合であっても、法令上の提供義務がある場合には、その秘密を第三者に提供することができる。

解答・○

4. 賃貸不動産経営管理士が賃貸不動産経営に関与するにあたっては、依頼者である賃貸不動産の所有者が不動産を売却して利益の確定を図る場合のように、依頼者の一時点での利益の確定及びその最大化を求めなければならない。

解答・×(本問の正解)
解説・賃貸不動産経営管理士の場合は売却時点ではなく、所有期間にわたって、依頼者の利益の最大化を求めていく必要がある。



eラーニングで賃貸不動産経営管理士!

賃貸不動産経営管理士合格力養成オンデマンド講座 10.500円(購入後、365日間見ることが可能です。)
【講座にアクセスする】

サンプル動画(18分くらいあります)はこちら。
賃貸不動産経営管理士過去問解説
スマホやタブレット、パソコンで学べます。
初めてご利用いただく方は会員登録からお入りください。

賃貸不動産経営管理士試験過去問解説講座パック
27-28-29年度の過去問解説 2500円
【講座にアクセスする】

賃貸不動産経営管理士試験「平成29年度過去問解説」 単年度 1200円
【講座にアクセスする】

ツイッター版賃貸不動産経営管理士試験合格へのつぶやき

TAKKYO賃貸不動産経営管理士試験スーパー速習講座 ライブ講義 はこちら。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 27年問2 個人情報保護法 | トップ | 27年問4 賃貸住宅管理業... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

27年過去問編」カテゴリの最新記事