石坂久の賃貸不動産経営管理士合格ブログ!

平成30年度賃貸不動産経営管理士試験合格のための情報発信をします。

29年問3 賃貸不動産経営管理士試験問題と解説

2018-11-12 12:03:09 | 29年過去問編
平成29年度 賃貸不動産経営管理士試験

【問 3】 賃貸住宅管理業者登録制度に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1 賃貸住宅管理業者登録制度は、平成28年度に改正され、宅地建物取引業法に基づく制度となった。

2 賃貸住宅管理業者登録制度に定める一定戸数以上の賃貸住宅の管理業務を営もうとする者は、賃貸住宅管理業者登録制度の登録を受ける必要がある。

3 賃貸住宅管理業者登録制度による登録の申請は、主たる事務所を管轄する都道府県知事を経由して国土交通大臣に対して行う。

4 公営住宅の管理も賃貸住宅管理業者登録制度の対象である。


正解:4
1:登録制度の改正は、事務所ごとに管理士等の設置が義務付けられた等。宅建業法は関係ないので誤り。しかし、なんつう問題だ。
2:あくまでも登録は任意。戸数による義務はないので誤り。
3:登録は国土交通大臣に対して行うので誤り。
4:民間の賃貸住宅のみという規定はどこにも見当たらないのでこれが正しい。

公式テキスト改訂第3版P69〜75あたりをご参照ください。選択肢4は無いような気がします。


eラーニング賃貸不動産経営管理士過去問解説
スマホやタブレット、パソコンで学べます。

初めてご利用いただく方は会員登録からお入りください。

賃貸不動産経営管理士試験「平成29年度過去問解説」 単年度 1200円
【今すぐ購入する】

賃貸不動産経営管理士試験過去問解説講座パック
27-28-29年度の過去問解説 2500円
【今すぐ購入する】


賃貸不動産経営管理士の出題範囲をざっくりと早い時間で見ておきたい方にもおすすめ。

石坂久&キバンインターナショナルの賃貸不動産経営管理士合格力養成オンデマンド講座 10.500円(購入後、365日間見ることが可能です。)

【今すぐ購入する】

サンプル動画(18分くらいあります)はこちら。

ツイッター版賃貸不動産経営管理士試験合格へのつぶやき

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 29年問2 賃貸不動産経営管理... | トップ | 29年問4 賃貸不動産経営管理... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

29年過去問編」カテゴリの最新記事