世界一面白いぶっちぎり賃管(仮)by石阪久

令和2年度賃貸不動産経営管理士試験合格のための情報発信をします。

賃管30年問40 賃貸支援業務 賃貸住宅のコンセプト

2020-07-11 18:00:00 | 30年過去問編

【問 40 賃貸住宅のコンセプトに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

 

1 サービス付き高齢者向け住宅とは、賃貸住宅又は有料老人ホームにおいて、状況把握・生活相談サービス等を提供するものである。

 

2 賃貸住宅における入居者像の「とりあえず賃貸派」は、家を持つことにはこだわらず、賃貸住宅で十分と考えているのが特徴である。

 

3 ペット可能な賃貸住宅においては、主にペット同士のトラブルを念頭に、共用部分で他のペットとの接触が最小限に抑えられている程度なら許可を与えることを基本ルールとしている。

 

4 シェアハウスとは、宿泊用に提供された個人宅の一部やマンションの空室等に宿泊するものである。

 

正解:1


1 最も適切 

状況把握だけではバツをつけそうだが「居住者の生存安否などの状況把握」であればマルをつけられるだろう。これらの仕組みを提供する住宅をサービス付高齢者向け住宅(サ高住)という。有料老人ホームと賃貸住宅のサ高住の2種類がある。

2 不  切 

家を買うまでは賃貸にいようとする入居者像をとりあえず賃貸派というらしい。ワシは知らん。

3 不  切 

ペットを飼育する方々のトラブルより、ペットを飼育する人とそうでない方々とのトラブルを念頭に、共用部分でのペットとの接触が最小限に抑えられるという考え方である。ペットを飼育する方々同士は根本的に仲良しが多いのだ。

4 不  切 

これは民泊のことを言っている。シェアハウスは部屋は個別又は共有で使用し、台所や風呂、洗面所などを入居者全員で共用していく形態をいう。





コメント   この記事についてブログを書く
« 30年賃管問39 建物や設備 計... | トップ | 賃管令和元年問1 賃貸住宅... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。