みちのくの放浪子

九州人の東北紀行

改暦の効用(Ⅱ)

2017年01月31日 | 俳句日記

 部屋の内にいると、どこかで雲雀の声が聞こえてきそうな、見事に晴れわたる朝でした。

ところがパネェ!風が吹いて木々が大揺れに揺れています。その中を文語的に表現すると、

粟粒のような雪が流れ散っています。(ちょっとリテラシーチェック)。

 

 晴天なのに可笑しいと思うでしょう。ところがベランダに出るとやはり猪苗代の上には雪雲

が湧いていました。ここから猪苗代高原までは直線距離で約20Kmです。

 なので吹き運ばれてくるのです。でも手の平をかざしても乗ってくれません。その位の量です。

 

 油断しているといずれ吹雪くかもしれませんので、買い物を早めに済ませてのち、一人で

禅僧のように端然粛々と(ここでもリテラシーチェック)朝食を摂りました。一汁一菜です。

癌のエネルギー源は糖分ですので過剰な糖の摂取は控えるように言われています。

 

 なのに糖類の一種である多糖体は、糖そのものの吸収を阻害するのに有効なのだそうで、

アガリスクや霊芝などのきのこ類は抗癌治療に使われています。ですが、高額なので私は

いつも舞茸やブナシメジを欠かさず食しています。

 きのこ類と言うものは使い勝手がいいですね。手をかけても掛けなくても調味料一つで

どうにでもなる、飽きが来ません。天の恵みですね。日本の女性のようです。

 

 閑話休題(三たびチェック)、改暦のはなしの続きです。

 人の一生は、太陽と月といったいどちらに支配されているでしょうか?

以前書いた「野生の思考」では人の生死や運命は天体の動きに左右されているというのが

野生の人類に共通した認識で、ことに月齢はシャーマンが占う時の基本だそうです。

 

 そもそも暦の始まりは月の満ち欠けでした。太陽の出入りを一日として、月の満ち欠けの

一巡を一か月として、それに四季の移り変わりを観察して十二か月を一年としました。

 この「一日・一月・一年」というのは、経験と観察から創造された新しい概念ですからまさに

「野生の思考」のなせる業ですよね。

 

 使われている間にさらに観察すると、四季の移り変わりから少しづつずれが生じてきた。

そこで「閏」と言う概念が必要になった。でもまだ不都合があるから今度は星を観察した。

 この経験と観測の繰り返しの中から「太陰暦」が生まれました。さらに太陽と星の観察から

より正確な「太陰太陽暦」が生まれたのだそうです。人間てのは凄いですよね。

 

 ということで、まず太陰暦ありきで、そこから経験的にあみ出されてきたのが様々な占いです。

きのう書いたように旧暦は生活実感としての自然との調和、それにプラスして日常生活に宇宙

からのメッセージが年月日の修正なしに届けられる、こんないいことはありません。

 スピリッチャルな人はもろ手を挙げて改暦に賛成でしょう。

 

      < ほのぼのと 八紘一宇の 春節紀 >   放浪子

 

一月三十一日(火) 晴れのち曇り、一時小雪

          日差しはあるが風強し

          終日水音軒をたたく、春まじか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 改暦の効用 | トップ | 改暦の効用(Ⅲ)ちょっと怖い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句日記」カテゴリの最新記事