ビールと鮎釣りをこよなく愛すオヤジです❗

「釣行回数は少ないですが内容は濃く」をもっとうにしています。

永年の課題😞

2019-03-15 09:28:54 | 日記
課題というのは、仕掛け作りには欠かせない「瞬間接着剤」です。「アロンアルファー」を使っているのですが、それが悩みの種なのです。
色々調べて開封後は冷蔵庫に保存することで、中身が固まってしまうことはなくなったのですが、使った時に接着剤の出口(ノズル)からやたら接着剤が垂れてしまうことと、それが原因なのか使用後に針を刺しておいても(蓋をしても)ノズルの中がが固まったり周りがやたら汚くなって結局最後まで使いきることができません。
接着剤を着けるたびにティッシュで拭いたりしているのですが、効果は少ないです。
ホント、考えるとストレスがたまってしまいます😱
最後までしっかりと、且つキレイに使いきるにはどうしたら良いのでしょうか?
どなたかご教授いただけないでしょうか🙇

コメント

なんで?

2019-03-05 13:16:49 | 日記
なんで私は鮎釣りにこんなにもはまってしまったのだろう?フッと考えてしまいました。
ガキの頃から多摩川で鮒やハヤを釣って、そのうちヘラブナをやったり。高校に入る位までやっていました。
高校、大学、就職、そして結婚。釣りとは縁がなく過ぎて行きました。
しかし、家内が長女の妊娠中に「天気が良いのでのんびりどこか行こうか」ということにから、中学時代に行ったことを思い出し、平井川に小魚を釣りにいったのが始まりです。
それを期に渓流釣りの真似事から鮎のどぶ釣りを始めました。秋川の山田の堰の下だったと思いますが、どぶ釣りで釣った鮎を囮に友釣りをしたのがきっかけです。
雑誌で見て、できあいの仕掛けとどぶ釣りの竿で見よう見まねでやったところ、なんとすぐに釣れちゃったんです!凄いアタリとともに凄い引きで、取り込む迄凄く時間がかかったように記憶しています。
一発でドはまり!それから釣り雑誌を読みながら自己流で。



やればやるほど楽しくなってしまい、暫くして中学校時代の同級生の岡野釣具店を思い出し、竿を買いに行ったことから色々な情報を貰うようになり、家族も太鼓判を押すほどの完全なキチガイになってしまいました。
ですから30年以上続けていることになります😁
でも、技術的にまだまだでなかなか思うようにならないことが多いです。でも、だから楽しいのでしょうね‼️



私の本職は自分が50年以上修行していることが糧になっていますが、鮎釣りも修行ですかね❗とても楽しい修行です😁
これからも健康で楽しく安全に修行できるように頑張ります✌
コメント (2)

何とかならないですかね😞

2019-03-03 15:39:25 | 日記
本当、何とかならないか悩みます。
私の手は10年以上前から「異感性湿疹」という面倒くさいものにおかされてしまい、すぐに手の皮が剥けてきてしまうんです。それに人よりも角質化が早いらしく、これが重なると最悪の状態になるんです😢
今、その状態になりかけています。そんな時の針巻きに活躍してくれるのがこれです

これが大活躍してくれて、なんと常時使用しちゃってるんです😁

でも、中ハリスの仕掛けや水中糸など作ろうとすると大変です❗そんな時に活躍してくれる優れものはないですかね😅
コメント