気儘にブログ

好きなときに 好きなことを 好きなだけ...

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ビヨウヤナギ(美容柳)

2008-07-21 | 平成草木図説






「ビヨウヤナギ」は中国原産。オトギリソウ科オトギリソウ属の仲間ですが、草・木の区分では草(…ソウ)にはあらず、高さ1メートルほどの常緑低木です。昔から庭園などで花木として植栽されていましたが、最近では路側帯や公園・団地の植え込みなどでもよく見かけますね。6月から7月にかけ、大きさが5センチほどの明るい黄色の花を開きます。
この花は逆光で、背景を思い切りアンダーにして撮るとよく映えるようですね。細長い雄シベの群れが黄金色にかがやき、花びらに繊細な影を落としています。(6月中旬、左の2枚は金町駅近くの団地、右は鎌倉 成就院にて)
-画像をクリックすると拡大します-
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« アメリカフウロ(亜米利加風露) | トップ | トケイソウ(時計草) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
美容柳 (Atsuko)
2008-07-21 10:13:43
高橋さん、お早うございます。

ビョウヤナギは「美容柳」と書くのですね。
私はまた雄しべが鋲の様に見えるから「鋲柳」と勝手に解釈して居ました。
写真だけではなく、知らなかった事も判りこれからも楽しみです。ウチにもありますがしかし、こんなに透明感があったかな~?そうかそうか、そこがウデなんですよね~?
我が家でもそのうちに… (tettsuan)
2008-07-22 03:48:52
Atsukoさん お早うございます。 コメントを有難うございました。
ビヨウヤナギの花は豪華で明るいですが、中国生まれだけに姿かたちが東洋的で、どことなく清楚な感じもしますね。南国種のようなケバケバしさもなく、私のお気に入りの花です。そのうちに苗木を入手して、道路ぎわのナンテンなどと植え替えてみようかと思っています。

コメントを投稿

平成草木図説」カテゴリの最新記事