初心者シーカヤッカーへの道案内 seakayak;シーカヤック

初心者シーカヤッカーをめざす「わからない」ひと向けの相談どころです。何でも相談してください!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3人娘のシーカヤックスクール初体験記!(その5)

2005年09月28日 21時10分55秒 | !3人娘のスクール[初]体験記!

すごいよー


どんどん漕いでいけるよー


人いっぱいの海岸がうそみたいー

その6へつづく>

協力→逗子シーカヤックスクール

コメント

サーフカヤック世界選手権2005

2005年09月26日 18時00分22秒 | パドル道にっき
IZU新聞

→記事拡大

先週末,伊豆でシーカヤックを楽しんできました。台風の影響がありましたが,『海』らしい海を堪能できました。いつも教えてもらっているシーカヤックスクールKAI'TOで一大ニュースを。KAI'TOの長桶さんが中米のコスタリカで開催される「サーフカヤック世界選手権2005」に出場することを一面で報じた伊豆新聞を見ました。

長桶師匠,すごい熱が入ってます。
いいライディングを期待して応援しています!

2005 Surf Kayak World Championship

2005 Surf Kayak World Championship in Costa Rica
→世界選手権HP


コメント

3人娘のシーカヤックスクール初体験記!(その6)

2005年09月25日 21時11分46秒 | !3人娘のスクール[初]体験記!

ピース!楽しいよー!


おーい!スゴイね,もう,こんなに遠くまで来れたよ


初めてなのに,この日は波乗りして遊んだりかなり遊び回りました。
海上でのんびり浮かんで,おしゃべりするのもユラユラ気持ちイイんです。

その7へつづく>

協力→逗子シーカヤックスクール

コメント

3人娘のシーカヤックスクール初体験記!(その7)

2005年09月24日 21時12分54秒 | !3人娘のスクール[初]体験記!

そろそろ体験スクールも終わりです。
「さあ,浜に戻りますよー」
陽が傾きかけた水面がキラキラと眩しくきれいでした。


「お疲れさまでしたー」
手が少し痛いと気にしているようでしたが,ひどいマメはできなかったようです。


「泳ぐのもイイねー」
ライフジャケットを着けているので,じゃぶんとそのまま海に入るとプカプカ浮いて楽しいんです。


「楽しかったね。。。」
3人娘のシーカヤックスクール初体験も無事終了。

「すごく楽しかったよー,次は伊豆の美しい海でシーカヤックをやりたいネ」という話で盛り上がっていました。(実は,この3人娘,本当に9月連休に伊豆の美しい海でのシーカヤックスクール体験を計画中なのです。)



協力→逗子シーカヤックスクール

コメント

服装は?カヌー用のは持っていませんが

2005年09月21日 18時48分55秒 | ★服装関連>格好は...
専用のウエアは当然いろいろありますが,最初に体験スクール等に参加する時などはスクールへ聞いてみましょう。

マリンスポーツですから当然,水に濡れる可能性があります。
それ以外では,ふつうにアウトドアの場合の服装と同様に考えて大丈夫です。

◆少し濡れるぐらいなら寒く無い時期
普通のTシャツと短パンのようなものでも大丈夫ですが,普通のコットン素材のものは一度濡れると急速に体温を低下させ易くなります。肌に触れるレイヤーの服は,できれば化学繊維系のものが良いと思います。

◆寒い時期
上記同様にコットン素材以外のシャツ等の他に防風防水のジャケット等を着て海に出ます。スクール等に専門のウエアなどを貸してくれるか等を相談するのが良いと思います。

◆履物
パドリングジャケットなどはスクールでも貸してくれることもあるのですが,履物は自前で用意となります。濡れてもいいスニーカーでも大丈夫です。サンダルでも可能ですが,浜や岩場で足元/くるぶしなどの擦り傷に注意しましょう。



問題ないですね
コメント

冬は寒くないんですか

2005年09月20日 18時59分25秒 | ★服装関連>格好は...
冬なんて寒くてとても,,,と思いますよね。
でもでも,場所にもよりますが,以外なこともあります。

1)冬の海水温は以外と高い。
海水温は通常の季節よりも遅れた周期になっています。場所にもよりますが海水が一番暖かいのは9月,一番冷たいのは3月だったりするので,例えば12月とかであれば,気温よりも水温の方がずっと高く,手を海中に入れている方が暖かいことがあるくらいです。

2)カヤックの中は以外と暖かい。
シーカヤックは下半身はカヤックのコックピットの中で密閉されていますので,体温で暖められた空気があるためです。

3)身体はヒートアップする。
当然,シーカヤックは自分で漕がないと進まないのです。
ゆっくりと漕ぎ続けていたら身体はゆっくりと暖まってきます。寒いのは冷たい風にさらされる顔や耳,手ぐらいです。それだって装備で何とかする対処はありますから,以外と大丈夫なものです。

★もちろん寒い時期にカヤックがひっくり返って海中に投げ出された場合の体温低下は「ハイポサーミア」症状といって死にいたる危険な状況ですから,安全対策としては重要な問題です。


コメント

メガネでも大丈夫ですか

2005年09月19日 18時53分27秒 | ★服装関連>格好は...
メガネの場合は,下の写真のような「メガネ止め」を使います。
ひっくり返った時などにメガネを落とさないようにするためです。私は今は,水中に沈んでしまわないようにフロートが付いているタイプのものを使っています。


これでメガネが落ちないようにしてあれば,水中でも全く問題ないです。私はこうやってメガネのまま水中で目を開けて泳いだりしています。(近視用のメガネですが)

●コンタクトレンズでは?
私の場合,ほとんどはコンタクトレンズのままで漕いでいます。
ソフトコンタクトの場合,レンズの径が大きいので,水中でも薄目を開けるぐらいなら大丈夫のようです。私の場合,波にもまれてひっくり返って海中に脱出してしまったような場合でも,ソフトコンタクトレンズが流れて外れて紛失したことは今までありません。
それでも危険がないわけではないので,使い捨て1日タイプのソフトコンタクトレンズを使い,メガネとスペアを持参しています。

ハードコンタクトレンズは私は使ったことがないので実感がありませんが,水中では外れてしまい易いように思います。

コメント

アウトドアに,防災用に優れたヘッドランプ

2005年09月19日 17時59分05秒 | パドル道にっき
昔から持っていたプリンストンテックのLED防水ヘッドライトは電池が非常にに長持ちするので重宝していたのですが,今回,新しく購入したコレはスゴイ!今時の性能のすごさにビックリでした。

単4電池3本で頭に着けていても気にならない程の軽さ!
明るさおよび点滅モードの切り替えワンタッチスイッチ!
集光モードと散光モードの切り替えスライド!
一時的に強力に遠くまでを照らすブーストモード!
電池残りが何となくわかるバッテリーインジケーター!

素晴しいです。
アウトドア用に購入したのですが,さっそくこのスグレモノを防災非常用としての場所に置くことにしました!

ペツル・ヘッドランプE86P ティカ XP
集光で遠くを照らすハイアウトプットLEDを1個搭載したコンパクトヘッドランプ『ペツル ティカXP』
税込6048円
コメント

グリーンランド・スタイルって何だ?

2005年09月19日 17時57分09秒 | パドル道にっき
昨日,内房総で開催された「G-style2005」イベントに参加してきました。
快晴のお天気も最高でしたし,とてもとても楽しかったです。いろいろな方々ともお会いできて嬉しかったです。

g2005_1
最初は,講師陣+GREENLANDERSでのグリーンランド・ロールのデモンストレーションでした。

g2005_3
この2人一緒に1本のパドルでやるロールは何と言うのかわかりませんでしたがスゴイ!お互いのカヤックに渡したパドルが支えになって,二人で簡単にロールして上がってきます。バウレスキューをお互いで同時にやるような感じでしょうか!素晴しいアイデアです。

g2005_4
西ドイツ在住のFreya Hoffmeister女史のこの逆立ちポーズは驚愕です!

g2005_5
ロールデモの後は豪華講師陣によるパドリングレクチャーです。基本パドリング講習の後みんなで海に出ました。

g2005_6
テールスープシチューなどのチョー美味しかった昼食の後は,Gパ(GREENLANDパドル)製作・メンテ講座です。
塩島さんが持っているこの「羽子板」(切り出しただけの材料)を購入してきました。これをじっくり削り出して1本パドル製作に挑戦です。

g2005_7
午後のパドリングレクチャーの後は,参加者が2組に別れて「イルカアタック」リレーレースです。勝ち組には賞品付きでしたので,みんな張り切って漕ぎまくりました!

g2005_8
たくさんの参加者と素晴しい天気に恵まれたG-style2005も終わりました。
GREENLANDERSの皆さん準備ご苦労さまでした。そして講師陣のGreg Stamerさん,Freya Hoffmeisterさん,塩島さん,本当にいろいろありがとうございました。グレッグさんに会うのも4回目なのですが,本当にナイスガイです。



コメント

泳ぎは苦手ですが駄目でしょうか

2005年09月16日 18時50分23秒 | ★安全>ひっくりかえる...
泳げない人でもシーカヤックを楽しむ人は沢山います。

もちろん泳げないより泳げた方がいいのでしょうが,泳げなくても駄目なわけではありません。

シーカヤックを楽しむ時には必ず「PFD(ピーエフディー)」を装着します。
これは,いわゆるライフジャケットで,まったく動作をしない状態で,仰向けになって水面に顔が出るように設計されています。水中に落ちても慌ててバタバタと暴れないでいれば,自然と顔が水面に出て呼吸ができるようになることということです。

泳げなくても沈むことはないので,恐いでしょうが,パニックにならないように普段から練習をしておく必要があります。
コメント