初心者シーカヤッカーへの道案内 seakayak;シーカヤック

初心者シーカヤッカーをめざす「わからない」ひと向けの相談どころです。何でも相談してください!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホームページを作っていて。。。

2003年10月15日 17時26分43秒 | パドル道にっき
シーカヤックってあの「パドル」で自分で漕いでいくヤツです。
でも少し漕ぎのコツを覚えたら「腕」で漕ぐのではなくて上半身のローテーションで漕ぐので腕は大して疲れないものなんです。自分の行きたい方へ海上を自由に行くことができるんですよ。ベテランでなくても1日10kmぐらいを移動することも簡単ですし,海に浮いている船ですから,20kgぐらいの荷物を積んでいても軽々と進んでいけます。
シーカヤックを始めて間もないころ,本当に何もわからない人にとってどうしたらいいのかに戸惑いました。そこで「初心者シーカヤッカーへの道」というHPを立ち上げたのですが,そこでいろいろな相談も受けてきました。実際に「tetsuyakさんですか?ホームページ見てますよ」と声をかけられる機会も多くて,自分でもびっくりします。シーカヤックを勧めて体験した人から「素晴らしい体験でした。ぜひ本格的にやってみようと思っています」などとメールをもらうと心底嬉しい気持ちになります。ただ初めてで雨に降られたとか,風波がキツかったとかで「2度と・・・」という体験になってしまうこともやっぱりありまして,残念に思うこともあります。自然の中で,自分の行動に責任を持って「安全」管理しながらも自分なりの小さなチャレンジや冒険に挑むことで得られる充実感は何にも変えられないものに思えます。

お天気のいい穏やかな海でカヤックの上でユラユラと波に揺られていると小さな自分が,大きな自然に分け入っていくことの実感がたまらなく幸せに感じます。
コメント

13日の日記

2003年10月13日 17時25分23秒 | パドル道にっき
今日はメンバーになっている地元のカヌークラブで東京都大田区の区民スポーツ祭りでのカヌー体験イベントの手伝いに行ってきました。あいにく強風で,初心者体験には厳しい条件でした。流される危険のある初心者一人乗りの場合にはトーイングすることになり,私がその役割をやらせていただきました。
それにしても子供の果敢さ,覚えの早さには舌を巻きます。全く初めてでも『全く初めて?』と質問してしまう私でした。最初はパドルの持ち方から水に入れてパドルパワーフェースで捉える感覚がわからずバシャバシャやってしまいますが,少し教えてあげるとスゴイ!すぐにカヤックコントロールもできるようになって強風でも行きたい方向へうまく回れるようにさえなっちゃいました。
最初,トーイングロープで引っ張ってあげていても,ロープを外して「自分の行きたい方へ漕いでいっていいよ」というと顔を輝かせてグイグイ漕いで行きます。お兄ちゃんと「競走だ!」といってガムシャラにパドリングしていく姿はイイものです。
とにかくも何ごとも無くて良かったです。
天候が悪いために早めに体験イベントは切り上げになり,片付けて駐車場の車まで歩いている間に土砂降りの雨!!ズブ濡れになっちゃいましたが,体験イベント中に降ってこなくて幸いでした。

少しでもお役に立てて,しかもチビッコカヤッカーのたくましい姿に感心させられて楽しかった一日でした。
コメント