初心者シーカヤッカーへの道案内 seakayak;シーカヤック

初心者シーカヤッカーをめざす「わからない」ひと向けの相談どころです。何でも相談してください!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

海は気持ちがいいので好きなのですが「アウトドア」はちょっと苦手なんです・・・

2007年08月12日 01時09分15秒 | ★楽しみ方>仲間がいないけど...
いつも言っている事なのですが、シーカヤックでの楽しみ方は,ひとそれぞれです。さまざまな遊び方があります。キャンプみたいなアウトドアがすべてでもありません。地元の温かいもてなしの民宿で極上の海の幸や温泉を楽しむのもよし、リゾートホテルの休日の一日をシーカヤック&シュノーケリングで楽しむのもイイものです。

最近知り合いになったのですが、東北にRelaxing Program SORAさんというところがあります。
SORAさんは、WEBサイトに「無人島レストランへの旅、アウトドア * ヨガ、オトナ*コドモ*スロフードのたび」というキャッチフレーズを掲げてるように、素晴らしい三陸の海をシーカヤックで行くと共にヨガやロハスキャンプ、そしてスローフードを楽しむという、とてもユニークな活動で注目しているところです。
SORAさんは、自然志向の女性に人気があるようです。このようにこれまでの「アウトドア」とはまた違った新しい『海の楽しみ方』もこれからは注目されてくるように思います。
コメント

やってみたいのですが,一緒に行ってくれる友達もいません

2005年09月11日 18時51分28秒 | ★楽しみ方>仲間がいないけど...
いつも同じことを言うようですが,まずシーカヤックスクールへ行くことをおすすめします。スクールであれば教えてくれるインストラクターがいますから,1人で参加しても安心です。スクールに参加すれば,同じようなレベルの人達と知合いになる機会もありますし,1人でいったから話し相手もいなくてつまらないということはないと思います。

そういった形でシーカヤックに同じく興味を持っている人達と知合いになれば,楽しい仲間達の輪も広がってくるはずです。私の知る限りでも,こうしてみんな仲間を作っていけるようですので心配は要らないと思いますよ。
コメント

海に出て漕いでいるだけで楽しいのですか

2005年09月09日 20時39分04秒 | ★楽しみ方>仲間がいないけど...
シーカヤックの楽しみ方は,ひとそれぞれです。
さまざまな遊び方があります。

私達は基本的に沿岸をのんびり漕いでいって自然を楽しみ,時にはいろいろなテクニックの練習をします。また,ときどき仲間と遠くの海へ出かけてカヤックに荷物を積んで行ってキャンプツーリングを楽しみます。
キャンプみたいなアウトドアがすべてでもありません。地元の温かいもてなしの民宿で極上の海の幸や温泉を楽しむのもよし、リゾートホテルの休日の一日をシーカヤック&シュノーケリングで楽しむのもイイものです。

◎シーカヤックで波乗りを楽しむのが好きな人。
◎シーカヤックのマラソンレースに参加するのが好きで,日頃も距離とスピードのトレーニングを楽しむ人。
◎シーカヤック自体を造るのが好きなカヤックビルダーと呼ばれる人。
◎オープンタイプのシーカヤックで釣りやシュノーケリングを楽しむ人。
◎エスキモーロールなどのテクニックをひたすら練習している人。
◎遠くの島まで渡ったり,海峡横断や日本一周の旅をする人。
◎海外の海や川へ遠征する人。

ほんとうに様々な楽しみ方があります。
別にひとつに決める必要もないですが,この楽しみ方によって,カヤックの種類や道具も違ってきますし,一緒に楽しむ仲間の集団も変わってきたりすることがあります。
 
コメント

キャンプツーリングがやってみたいんです

2005年09月08日 18時54分16秒 | ★楽しみ方>仲間がいないけど...
シーカヤックはキャンプツーリングを楽しむには非常に適した道具と言えます。

日本のまわりは全て海岸線ですから,キャンプツーリングの条件にも悪くない海岸線はたくさんあるでしょう。
また,シーカヤックは,通常のタイプであれば,かなりの荷物を積むことができます。山歩きなどで自分1人で背負って歩ける重さには限界がありますが,カヤックに積む荷物は「持ち上げる」訳ではないので,どんなに重くても「漕ぐ」ことにはそんなに問題はありません。かなりのテントや食料などを積み込むことができます。


大自然の中,シーカヤックでなければ入りにくい入江や浜などに上陸して,波の音と満天の星の下でのキャンプは最高の喜びを感じさせてくれるでしょう。

この喜びの反面,大きな危険もともないます。
急な天候の変化で海は凶暴な面をむき出しにします。
自然天候だけでなく,人家のなく道路などの待避方法のない場所では,病気やケガも大きな危険となります。
1泊以上のキャンプツーリングでは,かなり綿密な計画と準備が大切でしょう。様々なリスクを想定して,あくまでも自己責任でリスク回避できる方法を準備することです。もちろんパドリングのスキルもある程度が必要でしょうし,大勢のグループであれば,グループリーダーなどの適切な判断と統制が重要となるでしょう。

またキャンプのマナーも重要です。
シーカヤックで漕いでいるとわかりますが,水面や浜のゴミは非常に目につきます。自然の中で謙虚に楽しませてもらう私達は,極力,自然のジャマにならないように心掛けた方が良いでしょう。ゴミをおいてくるなんてのはもってのほかですが,いろいろと気を配りましょう。
また,沿岸は,普段,地元の漁民の方々が生活の場としているところでもあります。密漁でシーカヤッカーがエリアから閉め出されるようなことは絶対にないようにしてくださいネ。
 
コメント

テレビで見ましたがアラスカに行ってみたいんです

2005年09月07日 18時56分16秒 | ★楽しみ方>仲間がいないけど...
シーカヤックを楽しむ人にアラスカなどの海外で漕ぐことも憧れの楽しみ方ですね。
私たちもシーカヤックを始めて間もない頃にツアー参加にチャレンジしました。


シーカヤック関連のツアーを企画している旅行会社が幾つかあります。私達はWILD NAVIという会社に「シーカヤックの初心者でも大丈夫ですか?」といろいろ相談して参加を決めました。

しっかりとしたガイド(現地ガイド+日本人ガイドが良いですね)が付いてくれるツアーであれば,危険を避けるコースになっているはずですので,シーカヤックのスキルレベルもそんなに問題ないはずです。
コメント