モノトーンでのときめき

ときめかなくなって久しいことに気づいた私は、ときめきの探検を始める。

内幸町 稲庭干饂飩(いなにわほしうどん)

2008-04-12 09:52:25 | グルメ

根津にうまい饂飩の店があるという。
オープンの時間を調べたら行きにくい時間しか開いていない。
昼は届かない、夜は早く終わってしまう。
しかも行列と売り切れて閉店があるので寒い時はチョイ難しい。

そこで、内幸町の日比谷セントラルビルB1にある「日比谷いなにわ」に行った。
大分久しぶりの感じがするが、
ランチ時なので、大混雑していた。

(写真)ざるうどん大盛です


かき揚げざる饂飩を大盛で頼んだ。
飲んだ後の稲庭うどんは最高だが、ランチで食べるのは久しい。

のど越しのいいこと、スルッ~と入ってしまう。
ソバに匹敵するぐらい、たれ・薬味なしでも食べれる優れものだ。
一気に食してしまった。
物足りなさがあったが、とりあえずかき揚げに手をつけ、汁で食べると多少の満足感が出る。

淡い琥珀色がにじむ白く光り輝く饂飩、この盛り付けをもう一度見たく、
追加をしようかと思ったが、
眠くなってはいけないのでやむを得ずの我慢であった。

一子相伝の技術を受け継ぐ『佐藤養助 稲庭干饂飩』
食の信頼を裏切らないでさらに長続きして欲しいものだ。


コメント