☆♪☆ 鉄のみゅーじしゃん ☆♪☆

作編曲家・ギタリスト塩塚博のブログ。
近年は駅メロディの作曲で知られています。

本日から、JR桐生駅で

2011年06月15日 16時37分49秒 | 駅メロ情報
僕が制作した発車メロディーが使用開始されます。

JR両毛線・桐生駅でご当地メロ「八木節」の駅メロが
6/15・今日から流れます。
上下線用に実は2バージョン制作しましたが、結果としては
上下線とも同じものが流れます。

今日は駅でセレモニーなどもとり行われたようです。

お陰さまで、今月は関内駅の「横浜ベイスターズ応援歌」に続いて
2件目のご当地駅メロとなりました。

ちなみに、僕が手がけたJRのご当地駅メロは、
大宮/大宮アルディージャ応援歌
浦和/浦和レッズ応援歌
三鷹/「めだかの学校」
関内/横浜ベイスターズ応援歌
に続いて、5件目となります。

(京急の駅メロは、全部、ご当地メロでしたね。)

そんなわけで、3-5月にやった仕事が続々と世の中に公開されていきます。
ありがとうございます!!
次のニュースをお楽しみに。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   この記事についてブログを書く
« JOYSOUNDのカラオケに!! | トップ | 7月のライブ予定です »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ekimero1375F)
2011-06-15 19:45:24
最初の「ラッ、ラッ、ラッ」を聞いた時は塩塚さんだとは思いませんでしたが「ソラードレミソミソラー」のところで塩塚さんの音色が聞こえたなぁと思いながらも何回も聞いていたら明らかにそうじゃないか~!と思いこちらにアクセスしてみたら…
このような曲もよいですね!

次のニュースをお楽しみに。
↑この文章がとても気になります!!
Unknown (しおしお/塩塚博)
2011-06-16 00:19:06
すごい!!
早速桐生の駅まで行って、聴かれたのですね。
その行動力に、拍手です。

それにしても、作者の名前を出してくれればいいのですが・・。
まだ、マイノリティなのですね。
がんばります。
Unknown (ekimero1375F)
2011-06-16 05:44:58
あ、行ったのではなくネット上にある音声を聞きました。

http://local55.jp/local-news.jp/pwm/newsdetail-1005_21743.html
確かにこういう予告はあるのに編曲者の名前がどこにもないってのは寂しいですね。

ところでスイッチからご当地メロディだけを集めたCDみたいなものは発売されませんか?
それなりに売れると思うのですが…
Unknown (しおしお/塩塚博)
2011-06-16 11:01:41
そうでしたか。了解。

ご当地もの、CDにまとめるにはまだ数が少ないと思いますが、提案してみます。
Unknown (ekimero1375F)
2011-06-16 16:40:08
さっそくのご対応感謝です!!

全てスイッチの音源かどうかは存じ上げませんが少なくとも100曲以上はあると思いますよ!

このあいだの「次のニュースをお楽しみに」は大○町駅のことですか?
Unknown (しおしお/塩塚博)
2011-06-16 20:01:11
大○町駅、というのは僕は関わっておりません。

何か駅メロに関する変更などがあるのですか。
Unknown (けいよう)
2011-06-16 23:54:58
はじめまして。
大井町駅ですが、6月21日(月)より、駅最寄の四季劇場「夏」で公演されている、「美女と野獣」を取り入れた発車メロディーに変更されるようです。
Unknown (しおしお/塩塚博)
2011-06-17 00:05:19
けいようさま

情報ありがとうございます。
Unknown (おたりみなみ)
2011-06-17 20:50:03
はじめまして。個人的な要望で申し訳ないのですが、私は発車メロディーが好きなのですが塩塚様がご当地メロディーの編曲をされたという情報を事前に公表するのは控えて頂けないでしょうか?
ご当地メロディーがどんなアレンジになるのかは皆が気になる事ですが、誰が編曲をしたというのが分かると、その方の編曲特徴が分かる人も多く音色などの想像がついてしまうのです。
そうなると、楽しみが減ってしまう気がするのです。塩塚様も使用開始されてからの公表でも良いのではないでしょうか?
失礼でしたかもしれませんが、ご検討の程宜しくお願いいたします。
Unknown (しおしお/塩塚博)
2011-06-17 23:39:13
おたりみなみ様

なるほど、おっしゃる事は分かります。

この先何かご当地駅メロを手がける際は留意します。

僕としましては、作編曲を職業としている者として、少しでも自分の作品を知っていただきたいという、営業的なマインドは当然あります。
そこはご理解下さい。

音色に関しては、毎回今までと違ったアレンジもプレゼンしてみるのですが、結局「ゴージャスオルゴール」のものが採用されてしまい、本人としても不本意な点はあります。
しかし、その音色に魅力を感じていただき駅メロとしてふさわしいと当事者が判断していただいた、ということであれば、それはありがたくお受けすべき事、と考えております。

コメントを投稿

駅メロ情報」カテゴリの最新記事